今週のお知らせ

PROMISE



金盛哲二『(ノ´∀`)・・・販売戦略ノウハウだよ・・・(ノ´∀`)』の情報商材を購入する。3日に値上げするというので急遽購入することにした。


金盛哲二『(ノ´∀`)・・・販売戦略ノウハウだよ・・・(ノ´∀`)』


http://www.rikigaku-seitai.com/rd/cm/hanbaisenryaku.html


DVDで映画の『PROMISE <無極>』を見る。真田広之(日本)、チャン・ドンゴン(韓国)、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー(香港)、などアジアの人気スターを集めたアクション大作である。


アジア映画の常識を大きく塗り替えるとして、前評判が高かった作品である。映像はいかにも中国映画らしさが出ていて色彩が美しい。ストーリーも中国ならではの幻想的な夢物語のような話である。


セシリア・チャンが演じる傾城(チンション)は、幼い頃に、貧しさから抜け出せるのなら、真実の愛を放棄してもよいと神と約束する。そして、王の寵愛を一身に受ける王妃となる。チャン・ドンゴンが演じる昆崙(クンルン)は、天から俊足を与えられながらも、それ以外は望むことを知らず奴隷として生きていた。そして、大将軍・光明の奴隷となる。真田広之が演じる光明(クァンミン)は、この世でただひとり伝説の花の甲冑を身に纏うことを許された無敗の大将軍でありながら、愛のため一筋の涙を流して破滅すると神に告げられる。ニコラス・ツェーが演じる無歓(ウーホァン)は、幼い頃に出会った傾城に騙されて、何ものも信じることができなくなってしまう。そして、北の公爵・無歓となり、傾城と光明と昆崙の前に立ちはだかる。それぞれの運命は、それぞれに与えられた約束として、決して変えることはできないはずだった。しかし、昆崙が負傷した大将軍・光明の身代わりとなって甲冑を身につけ王を救いに行ったことで運命は大きな展開を見せ始める。王によって王妃・傾城が殺されそうになっている場面に遭遇した昆崙は、家臣たちが見守る前で王妃・傾城を救うため王を殺害してしまう。王妃・傾城を連れて逃げた昆崙は、追っ手に追いつめられ王妃・傾城にどんなことがあっても強く生きることを諭し、王妃・傾城のため命がけで滝へ飛び込む。昆崙が自分の甲冑を身につけていたせいで、王妃・傾城は大将軍・光明を愛するようになり、大将軍・光明は王殺しの大罪という汚名を受けてしまう。しかし、大将軍・光明は王妃・傾城の愛を得るため、あえてその嘘を隠してしまう。ところが、北の公爵・無歓によって大将軍・光明が王殺しの大罪人として捕らえられ、王妃・傾城が昆崙に大将軍・光明を助けるようにと仕組んだ嘘が、昆崙こそが甲冑を身につけていた本人だあるという真実を明らかにしてしまう。王妃・傾城が愛する甲冑の人が昆崙と知ったとき、北の公爵・無歓によって大将軍・光明と昆崙が殺されてしまう。王妃・傾城の真実の愛を得られないという運命は果たして変えられないのか。死の淵にある昆崙が最後にとった行動によって変えられないはずの運命の歯車が大きく展開し始める。


昆崙が疾走するシーンはCGが拙いせいか劇画チックであり、これがまた面白かった。リウ・イェが演じる刺客の鬼狼は、この映画の中では悲しい運命を背負った影の役割を果たしていて記憶に残る存在であった。


この映画では、あたかも約束されているように見える未来の運命は変えられるのかという命題がテーマになっているのであろう。映画のラストシーンを見る限りでは、運命は変えられるという結論を言いたいのであろうか。




PROMISE (無極) 特別版

PROMISE (無極) 特別版








PROMISE (無極)

PROMISE (無極)








PROMISE (無極) プレミアムBOX

PROMISE (無極) プレミアムBOX








PROMISE (無極) (UMD Video)

PROMISE (無極) (UMD Video)







サンテレビで韓国ドラマ『新貴公子』の第9話を見る。



新貴公子 DVD-BOX

新貴公子 DVD-BOX







DVDで韓国ドラマの『若者のひなた vol.01』の第1話を見る。




若者のひなた DVD-BOX(1)

若者のひなた DVD-BOX(1)








若者のひなた DVD-BOX(2)

若者のひなた DVD-BOX(2)








若者のひなた DVD-BOX(3)

若者のひなた DVD-BOX(3)







過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。