今週のお知らせ

『大殺陣』(日本映画、東映時代劇)


 神戸新聞の朝刊に、コメディアンで俳優の坂上二郎さんが脳梗塞のため死去したという記事が掲載されていた。76歳だったということである。

 坂上二郎さんといえば、萩本欽一さんと「コント55号」というコンビで活躍していた姿を思い出す。俳優としても独特のキャラクターで活躍されていて、私も狸に似ているような愛嬌のある印象を受けていて好感をもって見ていた。坂上二郎さんの脳梗塞と脳梗塞の再発の経過は父に似ているところがあって何ともいいがたいものがある。

 コント55号 坂上二郎さんが死去
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000564-san-ent

 欽ちゃん、二郎さんに「ありがとうしかない」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000533-sanspo-ent

 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第23週「スタートライン」の第138話を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ヨンソププロデューサー、ムン・ボミ制作、ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、チョン・ミンジュ(ユン・ソイ)、キム・ジュンソン(イ・ジヌク)、パク・ソンジン(キム・スンス)、キム・ドゥヒョン(パク・クニョン)、ユン・インギョン(パク・ウォンスク)、キム・ジュンヒ(ユ・ソジン)、キム・ギュソン(チャン・ヒョンソン)、オ・ユラン(ヤン・ジョンア)、キム・ムソン[事故死]、パク・スルギ(イ・ジュヨン)、ユン・インスク(チョン・ジェスン)、イ・ジュヒ(ユン・アジョン)、カン・ヘヨン(ハン・ヨルム)、ソン・ガンミン(シン・ドンウ)、チャン・テス(ユン・ジョンファ)、チョン・オクチャ(キム・ソナ)、ハン・ヤンスク(イ・ヘスク)、ソン・ドンシク(イ・ハヌィ)出演、SBSで2008年9月6日から2009年3月1日まで放送された韓国ドラマ『ガラスの城』の第21話「裏切り」を見る。

 サンテレビで放送された、チョン・ハヨン脚本、イ・ヨングク演出、チャン・ノクス[張緑水]/淑容張氏[スギョンチャンシ](パク・チヨン、子役:チュ・ハヌル)、燕山君[ヨンサングン](ユ・ドングン[柳東根]、子役:チュ・ハヌル)、廃妃慎氏(チェ・ソニ)、キム・ジャウォン[金子猿](チョン・ホグン)、仁粋大妃[インスデビ](パン・ヒョジョン)、成宗[(ソン・ジョン](ヒョン・ソク)、安順王后(チェ・ウンスク)、貞顕王后(パク・ヨンギ)、月山大君[ウォルサンデグン](シン・グィソク)、月山大君夫人朴氏(ヤン・ミギョン[梁美京])、斉安大君(ペク・ユンシク)、斉安大君夫人金氏(イ・サンスク)、任士洪[イム・サホン](イ・ヨンフ)ほか出演、1995年に韓国KBSで放送された韓国ドラマ『王妃 チャン・ノクス −宮廷の陰謀−』の第33話「射止めた地位」を見る。

 午後2時過ぎに2階にいるあややから内線で階下にいる私に電話があった。何事だろうかと受話器を取ると、さっき仰向けに横になっていたら照明器具が少し揺れていたので地震かもしれないと思い、地震情報を見るためにテレビをつけたら大変なことになっていることがわかったという。それで、私にテレビをつけて津波情報を見るようにと連絡してくれたのだ。早速テレビをつけて見てみると、三陸沖で地震があり津波の警告警報が発令されたとかで日本列島の広範囲にわたる沿岸で津波の警告警報が表示されていた。どうやらマグニチュードにしても震度にしても大きく、かなりの広範囲にわたって地震が起きていることらしいこともわかってきた。それにしては被害情報が少ないなあと思った。広範囲にわたる巨大地震にしては被害が少なかったのは良かったと思えた。ところが、時間が経過するにしたがって被害状況が少しずつ報告されるようになってきて、被害が少ないどころかかなりの被害が出そうだということがわかってきた。地震直後からしばらくの間はまだ被害情報が入っていなくて被害に関する放送ができないだけだったのだということもわかった。気象庁は地震を東北地方太平洋沖地震と命名したということである。東北地方・太平洋沿岸地震と名称も見受けられる。今後被害状況が徐々に明らかになってくるだろう。痛ましい災害で被害者の方のことを考えたら胸が痛む。

 モンキー・D・ルフィ (田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ (岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ (山口勝平)、サンジ (平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー(大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン(山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー(矢尾一樹、野田順子[幼少期])出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』9th エニエス・ロビー編の第301話「スパンダム驚愕! 司法の塔に立つ英雄」と第302話「ロビン解放! ルフィ対ルッチ頂上決戦」と第303話「勝てなきゃ誰も守れない! ギア3始動」を見る。

ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 piece.11 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 piece.11 [DVD]

 工藤栄一監督、松平乗道企画、池上金男脚本、鈴木静一音楽、古谷伸撮影、堀池幸三編集、神保平四郎(里見浩太朗)、星野友之丞(大坂志郎)、日下仙之助(山本麟一)、別所隼人(河原崎長一郎)、渡海八兵衛(稲葉義男)、助七(砂塚秀夫)、浅利又之進(平幹二朗)、岡部源十郎(成瀬昌彦)、山鹿素行(安部徹)、山鹿みや(宗方奈美)、北条氏長(大木実)、酒井忠清(大友柳太朗)、徳川綱重(可知靖之)、堀田正俊(原田甲子郎)、林甚兵衛(加賀邦男)、神保加代(三島ゆり子)、中島外記(尾形伸之介)、小出治兵衛(春日俊二)、新見但馬守(堀正夫)、立田川(園佳也子)、星野たよ(赤木春恵)出演、1964年(昭和39年)6月公開の日本映画『大殺陣』(東映時代劇)を見る。

 この『大殺陣』という映画は集団抗争時代劇の最高傑作と評される映画『十三人の刺客』に優るとも劣らない作品であった。『十三人の刺客』の監督であった工藤栄一氏が監督を務め、『十三人の刺客』の脚本を担当した池上金男氏が脚本(シナリオ)を執筆している。

 『十三人の刺客』のストーリーも登場人物たちのキャラクターは単純であるが、『大殺陣』のストーリーと登場人物たちのキャラクターはより複雑で物語の深みが増している。

 あらすじは以下の通り。徳川幕府4代将軍の徳川家綱の大老である酒井忠清は、甲府宰相の徳川綱重を次期将軍に推すことを交換条件に自らは幕府の執権の地位を得よう企んでいる。

 この陰謀を知った山鹿素行を中心とする一派は酒井大老の陰謀を阻止しようとするが、酒井大老は一味の存在に気づき一派に関わる者を謀反の罪で一斉摘発に乗り出す。そのため、一派は壊滅的な状態になる。

 ところが、生き残った一派の残党の一味は酒井大老の陰謀を阻止せんと動き出す。そして、山鹿素行の計画によって、次期将軍候補の徳川綱重を暗殺を企てる。

 レビュー・評価・感想は以下の通り。『大殺陣』は『十三人の刺客』との比較で見る楽しみがあるといって良い。どちらを高く評価するかは意見が分かれるところであろう。どちらも集団抗争時代劇の傑作であることは間違いない。私は両方を見たが、殺陣シーンでは『十三人の刺客』に軍配が上がるであろう。人間ドラマとしては『大殺陣』に軍配が上がる。私としては見る観点によって評価は変わることを指摘するだけに留めておきたい。

 個人的には、この映画に赤穂とも縁のある山鹿素行が登場しているのは嬉しかった。



過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。