今週のお知らせ

『ゼロの焦点』(日本映画、2009年)と『タイタンの戦い』(アメリカ・イギリス映画、2010年)


 神戸新聞の朝刊の一面には、「福島原発で炉心溶解」「東日本大震災 原子炉建屋で爆発 半径20キロに非難指示」「死者・不明1700人超 避難者5県で30万人」などの見出しが掲載されていた。

 東日本大震災(東北地方・太平洋沿岸地震)で被災地の犠牲者や行方不明者の数が増えている。被害状況がわかってくるにしたがって信じられない思いがした。テレビで被災地や被災者の方々を見るにつけ事態の深刻さがわかる。何とか救出活動が進んでいただきたい。

 今日のニュースは福島原発の放射性物質の拡散が中心になっていた。メルマガの中には関東地方より東側は危険性(現時点ではあくまでも可能性)があるため、海外へ行くか、大阪よりも西へ行くほうが良いという意見も見受けられた。

 犬童一心監督、島本雄二、島谷能成製作総指揮、服部洋、白石統一郎、市川南、梅澤道彦エグゼクティブプロデューサー、雨宮有三郎企画、本間英行製作、犬童一心、中園健司脚本、上野耕路音楽、中島みゆき「愛だけを残せ」主題歌、蔦井孝洋撮影、上野聡一編集、鵜原禎子(広末涼子)、室田佐知子(中谷美紀)、田沼久子(木村多江)、鵜原憲一(西島秀俊)、鵜原宗太郎(杉本哲太)、宗太郎の妻(長野里美)、鳴海享(崎本大海)、本多良雄(野間口徹)、金沢署警部(モロ師岡)、江藤漢斉、葉山警部補(小木茂光)、山室刑事(本田大輔)、上条保子(黒田福美)、「大隈ハウス」のおばさん(左時枝)、鵜原憲一夫婦の仲人(小泉博)、青木所長(本田博太郎)、板根絹江(市毛良枝)、室田儀作(鹿賀丈史)出演、2009年11月14日公開の日本映画『ゼロの焦点(Zero Focus)』を見る。

 この映画は、先日の2011年3月6日にABCテレビの日曜洋画劇場枠で地上波初放送されたのだけれども、他に見る番組と録画している番組が重なってしまい見ることができなかった。それでDVDをレンタルして見ることになったものである。

 私は既に最近になって1961年に公開された野村芳太郎監督の映画『ゼロの焦点』を見ている。したがって、今回見た2009年の映画『ゼロの焦点』は1961年版と比較して見ることができた。

 結論を先に言えば、2009年版はミステリーとサスペンスという点では1961年版に及ばないが、ドラマという点では優っていると言える。

 2009年版はミステリーとしては謎を感じさせるところが乏しく、サスペンスとしては間延びした感じでハラハラ、ドキドキ感も味わえない。

 反面、室田佐知子と田沼久子の人間ドラマとしては1961年版よりもくわしく描かれている。

 作品の評価としてはやはり1961年版のほうが上であろう。

ゼロの焦点 (新潮文庫)
ゼロの焦点 (新潮文庫)

ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版
ゼロの焦点 カッパ・ノベルス創刊50周年特別版

ゼロの焦点―長編推理小説 (カッパ・ノベルス (11-1))
ゼロの焦点―長編推理小説 (カッパ・ノベルス (11-1))

ゼロの焦点(2枚組) [DVD]
ゼロの焦点(2枚組) [DVD]

ゼロの焦点(特典DVD付2枚組)<Blu-ray>
ゼロの焦点(特典DVD付2枚組)

「ゼロの焦点」オリジナル・サウンドトラック
「ゼロの焦点」オリジナル・サウンドトラック

 モンキー・D・ルフィ (田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ (岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ (山口勝平)、サンジ (平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー(大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン(山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー(矢尾一樹、野田順子[幼少期])出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』9th エニエス・ロビー編の第305話「戦慄の過去! 闇の正義とロブ・ルッチ」と第306話「幻の人魚現る? 薄れゆく意識のなかで」と第307話「砲火に沈む島! フランキー無念の叫び」を見る。

ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 piece.12 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 piece.12 [DVD]

 ルイ・レテリエ監督、リチャード・D・ザナック、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ウィリアム・フェイ製作総指揮、ベイジル・イワンイク、ケヴィン・デラノイ製作、トラヴィス・ビーチャム、フィル・ヘイ、マット・マンフレディ脚本、クレイグ・アームストロング、マッシヴ・アタック音楽、ピーター・メンジース・Jr撮影、ヴァンサン・タベロン、デイヴィッド・フリーマン編集、ペルセウス(サム・ワーシントン)、ゼウス(リーアム・ニーソン)、ハデス(レイフ・ファインズ)、アクシリオス王/カリボス(ジェイソン・フレミング)、イオ/語り手(ジェマ・アータートン)、王女アンドロメダ(アレクサ・ダヴァロス)、ドラコ隊長(マッツ・ミケルセン)、アポロ(ルーク・エヴァンス)、アテナ(イザベラ・マイコ)、ソロン(リーアム・カニンガム)、イクサス(ハンス・マシソン)、オザル(アシュラフ・バルフム)、ジンの長老[Sheikh Sulieman](イアン・ホワイト)、エウセビオス(ニコラス・ホルト)、ケフェウス王(ヴィンセント・リーガン)、王妃カシオペア(ポリー・ウォーカー)、年老いたカシオペア(キャサリン・レオプキー)、預言者プロコピオン(ルーク・トレッダウェイ)、老父スピローズ(ピート・ポスルスウェイト)、マーマラ(エリザベス・マクゴバーン)、テクラ(シニード・マイケル)、ペシェット[アンドロメダの侍女](カヤ・スコデラリオ)、ヘルメース(アレクサンダー・シディグ)、アレース(タマー・ハッサン)、ポセイドン(ダニー・ヒューストン)、ヘラ(ニーナ・ヤング)、ヘスティアー(ジェーン・マーチ)、アルテミス(ナタリー・コックス)、アプロディーテー(アギネス・ディーン)、メデューサ(ナタリア・ヴォディアノヴァ)、グライアイの魔女()出演、2010年4月2日(2010年4月2日、日本)公開のアメリカ・イギリス映画『タイタンの戦い(Clash of the Titans)』を見る。

 本作は、1981年公開のスペクタクル映画『タイタンの戦い』のリメイク作品である。私はオリジナル作品を見たことがあるのかどうかわからない。

 神の王であるゼウスの息子ペルセウスの活躍を描いた物語である。ストーリーとしては既に知っている話の二番煎じといった感じである。ただ、映像は素晴らしいものがある。したがって、この映画はストーリーを楽しむよりも、アクションシーンの映像を楽しむ作品である。

タイタンの戦い [DVD]
タイタンの戦い [DVD]

タイタンの戦い [Blu-ray]
タイタンの戦い [Blu-ray]

タイタンの戦い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
タイタンの戦い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

タイタンの戦い 特別版 [DVD]
タイタンの戦い 特別版 [DVD]

タイタンの戦い 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]
タイタンの戦い 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]

「タイタンの戦い」オリジナル・サウンドトラック
「タイタンの戦い」オリジナル・サウンドトラック

CLASH OF THE TITANS:タイタンの戦い
CLASH OF THE TITANS:タイタンの戦い

【ムービー・マスターピース】 『タイタンの戦い』 1/6スケールフィギュア ペルセウス
【ムービー・マスターピース】 『タイタンの戦い』 1/6スケールフィギュア ペルセウス



過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。