今週のお知らせ

『結婚してください!?』(韓国ドラマ)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、近藤正臣、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩)、連続テレビ小説『カーネーション』の第18週「ライバル」の第99話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】宮崎美子、石田純一、浜中聡子[日本抗加齢医学会専門医]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、【リポーター】宮下純一、『あさイチ』の「スゴ技Q しのびよる薄毛 ▽女の薄毛 間違いだらけの洗髪 ▽劇的!?改善法」を見る。

 今回のあさイチでは、薄毛のためのシャンプーの選び方か正しいシャンプーの仕方、シャンプー後の髪の乾かし方(ドライヤー乾燥)を紹介していた。厚生労働省が唯一発毛効果があると認めた成分「ミノキシジル」が含まれた薬を使った治療も紹介していた。

 浜中 聡子 (著) 『「女性の薄毛・抜け毛」お悩み解消BOOK: 女性頭髪専門医が教える、本当のヘアケア [単行本] 』(主婦と生活社)

「女性の薄毛・抜け毛」お悩み解消BOOK: 女性頭髪専門医が教える、本当のヘアケア
「女性の薄毛・抜け毛」お悩み解消BOOK: 女性頭髪専門医が教える、本当のヘアケア

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第56話(最終話、最終回)「今までも幸せ、これからも幸せ」を見る。

 この韓国ドラマ『結婚してください!?』はホームドラマである。視聴率は良かったようであるが、ホームドラマとしては特に面白いといえるほどのドラマではなかった。ドラマの後半まで夫婦や家族の問題を引っ張り、最終回であっさりほとんど解決してしまう。もっとも、ラスト近くシーンで離婚したキム・テホとナム・ジョンイムがお互いに昔のクリスマスの思い出の場所へ行き偶然会うところで二人の関係は描かれていない。視聴者にとってキム・テホとナム・ジョンイムは離婚してまた同じ相手と再婚するのかどうかが一番の関心事なのに、あとは視聴者の想像に任せるという終わり方であるのが不満である。現実なら、キム・テホはナム・ジョンイムと離婚した後、あれだけ惹かれていたユン・ソヨンと再婚するはずである。ところが、婚姻中はナム・ジョンイムに冷たかったキム・テホが離婚後になぜか急にナム・ジョンイムを愛していることになってしまったのは納得いきかける心の変化である。

 キム・ジョンデは話の通じない頑固でいかにもステレオタイプの父親という感じが良く出ていた。

結婚してください!? DVD-BOX1
結婚してください!? DVD-BOX1

結婚してください!? DVD-BOX2
結婚してください!? DVD-BOX2

結婚してください!? DVD-BOX3
結婚してください!? DVD-BOX3

結婚してください!? DVD-BOX4
結婚してください!? DVD-BOX4

結婚してください!? DVD-BOX5
結婚してください!? DVD-BOX5

結婚してください 韓国ドラマOST (KBS)
結婚してください 韓国ドラマOST (KBS)

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第1話「王子の帰還」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】田ヶ谷浩邦[北里大学教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「眠りの常識・非常識「睡眠薬を上手に使いこなそう!」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第5話「宣戦布告」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、【スタッフ】脚本:龍居由佳里、林誠人、旺季志ずか、黒岩勉、演出:佐藤祐市、石川淳一、音楽:林ゆうき、企画:成河広明、佐藤未郷、プロデュース:高丸雅隆、江森浩子、制作著作:共同テレビ、制作:フジテレビ、【主題歌】GReeeeN「ミセナイナミダハ、きっといつか」(ユニバーサルミュージック)、【キャスト】姫川 玲子[30][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係姫川班主任 警部補](竹内結子、高校時代:岡本あずさ)、菊田和男[36][姫川班 巡査部長](西島秀俊)、石倉保[48][姫川班 巡査部長](宇梶剛士)、橋爪俊介[49][警視庁刑事部捜査第一課管理官 警視](渡辺いっけい)、今泉春男[44][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係係長 警部](高嶋政宏)、日下守[41][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係日下班主任 警部補](遠藤憲一)、勝俣健作[56][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査五係勝俣班主任 警部補](武田鉄矢)、井岡博満[42][亀有西署強行犯係 巡査長→巡査部長](生瀬勝久)、國奥定之助[66][東京都監察医務院監察医](津川雅彦)、小峰薫[警視庁刑事部鑑識課主任](田中要次)、姫川瑠江[玲子の母](手塚理美)、葉山則之[28][姫川班 巡査長](小出恵介)、湯田康平[26][姫川班 巡査長](丸山隆平[関ジャニ∞])、朝倉圭吾[勝俣班 巡査長](戸田昌宏)、大山聡[科捜研](中林大樹)、姫川忠幸[玲子の父](大和田獏)、ゲスト:倉田修二[英樹の父親・元所轄刑事 警部補](杉本哲太)、倉田英樹[川口少年刑務所受刑者](石黒英雄)、水本[神奈川県警察刑事](阪田マサノブ)、安井五郎[女子中学生殺害・前科者](TOMO)、連続テレビドラマ『ストロベリーナイト』の第4話「過ぎた正義」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの火曜22時ドラマ枠で放送されている、【スタッフ】脚本:大森美香、演出:本橋圭太、白木啓一郎[関西テレビ]、木内健人、音楽:大橋トリオ、プロデューサー:河西秀幸[関西テレビ]、平部隆明[ホリプロ]、制作:関西テレビ、制作著作:ホリプロ、【楽曲】主題歌:THE BAWDIES「ROCK ME BABY」(ビクターエンタテインメント)、挿入歌:安田奈央「真夜中のひだまり」(ユニバーサルミュージック)、劇中曲:THE BAWDIES「HUNGRY」(ビクターエンタテインメント)、【キャスト】山手英介[29](向井理、7歳:長島暉実、13歳:飛田光里)、大楠千絵[20](瀧本美織)、橘まりあ[32](国仲涼子)、麻生時男[39](稲垣吾郎[SMAP])、住吉賢太[30](塚本高史)、平塚拓[25](三浦翔平)、藤沢剛[30](川畑要[CHEMISTRY])、海老名睦子[45](片桐はいり)、和泉佳奈[29](宮地真緒)、柏木一平[29](石黒英雄)、東則夫[55](田山涼成)、戸塚杏[24](林丹丹)、高木奈々[20](山下リオ)、山手華子[享年56](片平なぎさ)、山手太朗[57](大杉漣)、大楠義明[52](橋本じゅん)、大楠佐助[14](佐藤勝利[Sexy Zone])、白山祐希[37](鈴木砂羽)、ゲスト:美咲(谷村美月)、フミ(佐々木すみ江、少女期:横田美紀)、テレビドラマ『ハングリー!(ハングリー!)』の第4話「オマール海老で真剣勝負だ! 恋は涙の味だ…」を見る。

 NHK総合テレビのドラマ10で放送された、【スタッフ】 脚本:金子ありさ、演出:梛川善郎、制作統括:海辺潔、音楽:江藤直子、【主題歌】井手綾香「きっと、ずっと」、【出演】十倉由梨(池脇千鶴)、十倉恭子(高岡早紀)、永沢吉行[顧問税理士](小澤征悦)、高木旭(本田博太郎)、橋本昌治(佐川満男)、榊敬一郎(石田卓也)、古谷勇人(姜暢雄)、十倉龍司(田村亮)、小野田克己[十倉ワイヤ社長](笹野高史)、その他:蟷螂襲、木内義一、松寺千恵美、みれいゆ、紅萬子、宮田圭子、押谷かおり、山路梨瀬、テレビドラマ『タイトロープの女<全6回>』の第2回「借金は8億円」を見る。

『大祚榮(テジョヨン)』(韓国ドラマ)

 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第16話「闇との対決(Shadow)」[登場魔物・妖怪:ダエバ]を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、近藤正臣、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩)、連続テレビ小説『カーネーション』の第18週「ライバル」の第98話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】大沢たかお、室井佑月、山口もえ、【ゲスト】大日向雅美[恵泉女学園大学院教授]、『VTR専門家ゲスト】野口啓示さん[神戸市の児童養護施設「神戸少年の町」の施設長]、【講師】橋本幹造[日本料理店店主]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、中谷文彦、『あさイチ』の「誰か教えて!子育てのしかた〜今注目のどならない子育て〜 ▽育児悩むママ必見!どならない子育て ▽8割に効果の人気講座 ▽怒り抑える裏技」を見る。

 大日向 雅美 (監修), ひよこクラブ (編集), こっこクラブ (編集) 『0‐6才 新しい「しつけ」の本―「自分でしたい」「自分でできる」の見守り方がわかる (たまひよ新・基本シリーズ) [単行本] 』(ベネッセコーポレーション)

0‐6才 新しい「しつけ」の本―「自分でしたい」「自分でできる」の見守り方がわかる (たまひよ新・基本シリーズ)
0‐6才 新しい「しつけ」の本―「自分でしたい」「自分でできる」の見守り方がわかる (たまひよ新・基本シリーズ)

 大日向 雅美 (著) 『「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせない [単行本] 』(岩波書店)

「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせない
「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせない

 野口 啓示 (著), のぐち ふみこ (著) 『むずかしい子を育てるペアレント・トレーニング [単行本]』(明石書店)

むずかしい子を育てるペアレント・トレーニング
むずかしい子を育てるペアレント・トレーニング

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第55話「自信がない」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第134話(最終話、最終回)を見る。

 今日で韓国テレビドラマのテ・ジョヨンが終わった。テ・ジョヨン[大祚榮]役を演じたのはチェ・スジョンさんである。このテ・ジョヨンを見て思ったのは、韓国ドラマ『海神 -Heshin-』(2004年)でチャン・ボゴ役を演じたチェ・スジョンさんほどテ・ジョヨンはカッコいい主人公ではなかったということである。テ・ジョヨンが出世する過程に飛躍があって彼が成功していく経過に抜けているところがある。また、テ・ジョヨンの最大のライバルであるイ・ヘゴの人生のほうがドラマチックでイ・ヘゴのほうが目立ってしまったということもあろう。相関図を見ればわかるがその他主要な登場人物として重要な役割を演じていてテ・ジョヨンの影が薄くなっているところもある。ドラマのほとんどはテ・ジョヨンが建国するまでが描かれていて、建国後のテ・ジョヨンの軌跡をくわしく知ることができないのも物足りないところがある。そうは言っても、世界史で渤海という国名しか知らなかった私が渤海の初代王の名前と生涯を知ることができたことはありがたいドラマであった。何と言っても、高句麗滅亡後に渤海を建国するテ・ジョヨン[大祚榮]の一代記を描いたドラマであるので壮大なスケールになっている。特に、ドラマの前半の戦闘シーンは大掛かりである。

 最終回では、テ・ジョヨンとチョリンの息子イ・コム[李剣](チョン・テウ)が皇太子になるのかどうか跡継ぎ問題が大きな焦点になっていたが、結局イ・コムは後継者問題を察してテ・ジョヨンの下を去っていく。

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 1
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 1

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 2
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 2

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 3
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 3

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 4
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 4

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 5
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 5

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 6
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 6

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 7
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 7

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 8
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 8

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 9
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 9

大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 10
大祚榮 テジョヨン DVD-BOX 10

大祚榮 テシ゛ョヨン
大祚榮 テシ゛ョヨン

大祚栄 テジョヨン オリジナル・サウンドトラック
大祚栄 テジョヨン オリジナル・サウンドトラック

韓国ドラマ公式ガイドブック「大祚榮(テジョヨン)」 (MOOK21) (MOOK21 韓国ドラマ公式ガイドブック)
韓国ドラマ公式ガイドブック「大祚榮(テジョヨン)」 (MOOK21) (MOOK21 韓国ドラマ公式ガイドブック)

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】藤吉久美子[女優]、【講師】有賀悦子[帝京大学准教授]、大西秀樹[埼玉医科大学教授]、辻哲也[慶応義塾大学講師]、【出演】三森由香子[理学療法士]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「がん緩和ケア あなたの疑問に答えます!」を見る。

 録画をするのを忘れていて気がついて録画を開始したのは番組が始まってから10分ほど経過してからであった。

 NHK Eテレで放送された、【講師】田ヶ谷浩邦[北里大学教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「眠りの常識・非常識「生活習慣を見直そう!」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第4話「決意」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第57話「真の役人」と第58話「ヨンシルの帰国」を見る。

『マイティ・ソー』(アメリカ映画)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:松原智恵子、プレゼンター:パックンマックン、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ 家庭に隠れた危険!転倒予防&ナゾ 足腰きたえて長生きだ!元気のヒケツ転倒予防」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、スタジオゲスト:大沢あかね、森永卓郎[経済アナリスト]、『がっちりマンデー!!』の「がっちり 修理の神様壊れたアレ元通り(秘)技 神ワザ続出!修理の神様 第2弾 信じられないほど元通りになります!」を見る。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の最後の海 新世界編の16th魚人島編の第527話「魚人島上陸 うるわしき人魚たち」を見る。

 NHK Eテレで放送された【講師】戸辺誠[六段]、【司会】つるの剛士、『将棋講座 戸辺流振り飛車で目指せ!初段』の「(4)すっごい破壊力!石田流三間飛車入門「最強の攻撃形! 石田流本組み」」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【解説】王銘琬、【きき手】長島梢恵、【司会】福山知沙、『囲碁・将棋フォーカス』を見る。

 今回の番組は、王銘エン九段が張栩棋聖 対 高尾紳路九段「第36期棋聖戦 第2局」を解説していた。フォーカス・オンでは、「2012年 注目の若手棋士にフォーカスオン!」と題して、今年活躍が期待される若手棋士を紹介していた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】溝上知親[八段]、【きき手】新垣未希[アマ6段]、『囲碁講座 溝上知親 定石のソムリエ』の「(4)根拠のセレクション「眼を奪う禁断の攻め」」を見る。

 加藤ミリヤさんのベストアルバム『M BEST』の中古盤を購入する。

 加藤ミリヤ | 形式: CD 『M BEST』(SMR)

M BEST(初回生産限定盤)(DVD付)
M BEST(初回生産限定盤)(DVD付)

M BEST
M BEST

 【スタッフ】監督:ケネス・ブラナー、脚本:アシュリー・エドワード・ミラー、ザック・ステンツ、ドン・ペイン、原案:J・マイケル・ストラジンスキー、マーク・プロトセヴィッチ、原作:スタン・リー、ラリー・リーバー、ジャック・カービー、製作:ケヴィン・フェイグ、製作総指揮:ルイス・デスポジート、スタン・リー、パトリシア・ウィッチャー、音楽:パトリック・ドイル、撮影:ハリス・ザンバーラウコス、編集:ポール・ルベル、【キャスト】ソー(クリス・ヘムズワース)、ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)、ロキ(トム・ヒドルストン)、オーディン(アンソニー・ホプキンス)、エリック・セルヴィグ(ステラン・スカルスガルド)、ダーシー(カット・デニングス)、フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)、ヘイムダル(イドリス・エルバ)、ラウフェイ(コルム・フィオール)、シフ(ジェイミー・アレクサンダー)、ヴォルスタッグ(レイ・スティーヴンソン)、ホーガン(浅野忠信)、ファンドラル(ジョシュア・ダラス)、フリッガ(レネ・ルッソ)、シットウェル(マシミリアノ・ヘルナンデス)、クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー[クレジット無し])、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン[クレジット無し])、2011年5月6日(2011年7月2日・日本)公開のアメリカ映画『マイティ・ソー(Thor)』を見る。

 マイティ・ソーは、マーベル・コミックが刊行する複数のアメコミ登場するスーパーヒーローである。

 この映画『マイティ・ソー』は神話的な内容を映像化した映像には素晴らしいものがあるものの、如何せんストーリーがいまいちな感じが拭えない。特に、中盤は中弛み気味で退屈だった。後半はアクションで盛り上がるので何とか面白い作品にはなっている。

マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

マイティ・ソー [DVD]
マイティ・ソー [DVD]

マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]
マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 マイティ・ソー  ブルーレイ&DVDセット スチールブック仕様 [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】 マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット スチールブック仕様 [Blu-ray]

Thor
Thor

マイティ・ソー 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

【ムービー・マスターピース】 『マイティ・ソー』 1/6スケールフィギュア ソー
【ムービー・マスターピース】 『マイティ・ソー』 1/6スケールフィギュア ソー

【ムービー・マスターピース】 『マイティ・ソー』 1/6スケールフィギュア オーディン
【ムービー・マスターピース】 『マイティ・ソー』 1/6スケールフィギュア オーディン

マイティ・ソー ムービー/ベーシック ハンマー
マイティ・ソー ムービー/ベーシック ハンマー

マーヴルセレクト/マイティ・ソー/ソー アクションフィギュア
マーヴルセレクト/マイティ・ソー/ソー アクションフィギュア

 MBS・TBS系全国ネットで放送されている、【スタッフ】企画:サンライズ、原作:矢立肇、富野由悠季、監督:山口晋、ストーリー/シリーズ構成:日野晃博、キャラクターデザイン:長野拓造、メカニックデザイン:海老川兼武、石垣純哉、寺岡賢司、 企画協力:レベルファイブ、制作協力:創通、ADK、製作:サンライズ、毎日放送、【キャラクター・声優】アセム・アスノ(江口拓也)、ユノア・アスノ(大亀あすか)、フリット・アスノ(井上和彦)、エミリー・アスノ(遠藤綾)、バルガス・ダイソン(坂東尚樹)、ロマリー・ストーン(花澤香菜)、シャーウィー・ベルトン(石井一貴)、マシル・ボイド(梶裕貴)、ミレース・アロイ(嶋村侑)、ウルフ・エニアクル(小野大輔)、アリーサ(小清水亜美)、マックス・ハートウェイ(阪口大助)、オブライト・ローレイン(遊佐浩二)、ディケ・ガンヘイル(大畑伸太郎)、フレデリック・アルグレアス(子安武人)、ゼハート・ガレット(神谷浩史)、メデル・ザント(稲葉実)、ナレーション(井上和彦)、テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE(ガンダムエイジ、AGE[エイジ、アゲ]』の第2部・アセム編の第16話「馬小屋のガンダム」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【スタッフ】作:藤本有紀、演出:柴田岳志、渡辺一貴、中島由貴、制作統括:磯智明、落合将、プロデューサー:櫻井壮一、【出演】平清盛[平太→平清盛](松山ケンイチ、幼少期:前田旺志郎)、平忠盛(中井貴一)、宗子(和久井映見)、舞子(吹石一恵)、祇園女御(松田聖子)、平忠正(豊原功補)、平盛康(佐戸井けん太)、鳥羽天皇(三上博史)、璋子[璋子→待賢門院璋子](檀れい)、堀河局(りょう)、北条政子(杏)、平正盛(中村敦夫)、源為義(小日向文世)、平家貞(中村梅雀)、藤原忠実(國村隼)、白河法皇(伊東四朗)、源頼朝(岡田将生)、鱸丸(上川隆也、幼少期:小林廉)、武者丸(玉木宏)、伊藤忠清(藤本隆宏)、鎌田通清(金田明夫)、高階通憲(阿部サダヲ)、西行[佐藤義清→西行](藤木直人)、平維綱(尾美としのり)、平次(大東駿介、幼少期:藤本哉汰)、NHK大河ドラマ第51作『平清盛』の第四回「殿上の闇討ち」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)の日曜劇場で、【スタッフ】原作:山崎豊子「運命の人」(文藝春秋刊)、脚本:橋本裕志、演出:土井裕泰、、吉田健ほか、音楽:佐藤直紀、プロデュース:瀬戸口克陽、製作著作:TBS、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】主要人物:弓成亮太(本木雅弘)、弓成由里子(松たか子)、三木昭子(真木よう子)、山部一雄(大森南朋)、佐橋慶作(北大路欣也)、毎朝新聞:司修一(松重豊)、清原了(北村有起哉)、金田満(遠藤雄弥)、萩野孝和(梶原善)、恵比寿史朗(でんでん)、荒木繁(杉本哲太)、大館智文[社長](錦引勝彦)、久留[主筆](吉田鋼太郎)、外務省:安西傑(石橋凌)、吉田孫六(升毅)、山本勇(小松和重)、林外務次官(石丸謙二郎)、北米課長(奥田達士)、弓成家・八雲家関連:弓成正助(橋爪功)、弓成しづ(吉村実子)、弓成洋一(今井悠貴)、弓成純二(山崎竜太郎)、八雲泰造(山本圭)、八雲加世(高林由紀子)、青山芙佐子(柴本幸)、鯉沼玲(長谷川博己)、三木家:三木琢也(原田泰造[ネプチューン])、弁護士:大野木正(柳葉敏郎)、高槻(伏見哲夫)、坂元勲(吹越満)、週刊誌記者:鳥井裕三[週刊ジャーナル記者](斎藤歩)、松中雄也[週刊潮流記者](眞島秀和)、政治家:横溝宏(市川亀治郎)、愛川輝一(大和田伸也)、曽根川靖弘(本田博太郎)、田淵角造(不破万作)、鈴森善市(田窪一世)、福出赳雄(笹野高史)、小平正良(柄本明)、警察:十時正春(伊武雅刀)、井口捜査二課班長(小市慢太郎)、検察:森靖之(浅野和之)、その他:坂元千恵子(黒沢あすか)、枝川清美[女性運動団体「三木さんを守る会」構成員](ふせえり)、テレビドラマ『運命の人』第3話「裏切りの代償」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、チョ・ジュンヒョン企画、イ・ビョンフン、キム・グノン演出、キム・イヨン、イム・セヒョン脚本、キム・ジョンハクプロダクション制作、イ・サン[李祘]・チョンジョ[正祖]役(イ・ソジン、川島得愛/幼少期:パク・チビン、本城雄太郎)、ソン・ソンヨン[成松淵]・宣嬪昌寧成氏役(ハン・ジミン、花村さやか/幼少期:イ・ハンナ、前田瀬奈)、パク・テス[朴大壽]役(イ・ジョンス[李鍾洙]、宮内敦士/幼少期:クォン・オミン、新井海人), ヨンジョ[英祖]役(イ・スンジェ、大塚周夫)、サド[思悼]世子[セジャ]役(イ・チャンフン、咲野俊介)、ヘギョングン[恵慶宮]・豊山洪氏役(キョン・ミリ、宮寺智子)、チョンスン[貞純]王妃・慶州金氏役(キム・ヨジン、高島雅羅)、ファワン[和緩]翁主役(ソン・ヒョナ、岡寛恵)出演、韓国時代劇ドラマ『イ・サン(이산 李祘)』の第37回「失われゆく記憶」を見る。


『天空の城ラピュタ』(日本アニメ映画、3回目)と『サイエンスミステリー2012 見えざる禁断の世界II』


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第97話を見る。

 昨日の午前中に来所された会員さんから治療院ニュースレター「あすなろ通信自生」の配布を開始し、今日の午前中に来所された会員さんにも手渡したところ家で読みますと持って帰られた。ニュースレターを要らないと言われる会員さんもおられるかもしれないが、これまでのところ概ね好意的に受け取っていただけている。

 先日、ケイ・オプエィコムのeo光サービスから平成24年2月1日より利用開始から3年目以降のユーザーの月額料金が割引となる長期継続割引プラン「長割(ちょうわり)」を提供することになったことを知らせる書簡が届いた。しばらくどうするか考えていたが、もうすぐ受付開始になるので今日申し込んでおいた。私はまだ3年目ということで4,900円のところ4,750円になる。6年目以降は4,500円になるようなので待ち遠しい。

 「長期継続割引プラン 長割」光ファイバーならeo(イオ) 光インターネット by ケイ・オプティコム
 http://eonet.jp/longplan/

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】荻野文子[予備校講師・文筆家]、嵐山光三郎[作家]、【キャスター】堀尾正明、瀧口友里奈、『100分de名著 兼好法師“徒然草”』の第4回(最終回)「人生を楽しむために」を見る。

 今回の100分de名著では、吉田兼好の『徒然草』を解説していた。吉田兼好の『徒然草』といえば私も中学と高校の古典で習ったて前文くらい記憶しているが、その内容にいたってはいったい何が書かれているのか知らなかった。今回の100分de名著で吉田兼好の『徒然草』にどういうことが書かれているかあらましを知ることができてよかった。

兼好法師『徒然草』 2012年1月 (100分 de 名著)
兼好法師『徒然草』 2012年1月 (100分 de 名著)

 日本テレビ系列の読売テレビの金曜ロードショーで2011年12月9日に放映された、【スタッフ】原作・脚本・監督:宮崎駿、プロデューサー:高畑勲、製作:徳間康快、企画:山下辰巳、尾形英夫、音楽:久石譲、作画監督:丹内司、美術監督:野崎俊郎、山本二三、仕上・色指定:保田道世、撮影監督:高橋宏固[高橋プロダクション]、編集:瀬山武司、音響監督:斯波重治、原画頭:金田伊功、原画:遠藤正明、前田真宏、高坂希太郎、近藤勝也、名倉靖博、鍋島修、友永和秀 ほか、仕上げ:見田竜介、ほか、制作:原徹、スタジオジブリ、【楽曲】主題歌:作詞:宮崎駿、作曲:久石譲、編曲:富澤裕、歌:井上杏美(徳間ジャパン)『君をのせて』、イメージソング:作詞:松本隆、作曲:筒美京平、歌:小幡洋子(徳間ジャパン)『もしも空を飛べたら』[本編では未使用]、劇中曲:演奏:数原晋『ハトと少年』[劇中でバズーが演奏するトランペット曲]、【声の出演】パズー(田中真弓)、シータ(横沢啓子[現・よこざわけい子])、ドーラ(初井言榮)、ムスカ(寺田農)、モウロ将軍(永井一郎)、ポムじいさん(常田富士男)、シャルル(神山卓三)、ルイ(安原義人)、アンリ(亀山助清)、老技師(槐柳二)、親方(糸博)、おかみさん(鷲尾真知子)、マッジ(TARAKO)、シータの祖母(鈴木れい子)、軽便鉄道の機関士(西村知道)、黒眼鏡(大塚芳忠、菅原正志)、子分キ(大滝進矢)、子分ク(平井隆博)、子分ケ(峰恵研)、子分コ(菅原正志)、青い服の婦人(林原めぐみ)、役名表記なし(福士秀樹、古田信幸、田中和実、関俊彦)、1986年8月2日公開の日本長編アニメーション映画『天空の城ラピュタ』を見る。

 『天空の城ラピュタ』は何度か繰り返し見ている。最初から最後までちゃんと見たのでも今回で3度目にはなるのではないかと思う。今回の放映は劇場公開時のフィルム風合いを再現したニューマスター版を通常より40分拡大して初放送されるというのでまた見てみることにした。

 前回2度目を見たときは、あらすじが天空の城ラピュタへ行くだけでストーリーが直線的で展開の少ない単純さに物語が短い物足りなさを感じた。しかし、今回は天空の城ラピュタの物語を満喫というのか堪能できた気がした。

天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD]

天空の城ラピュタ [Blu-ray]
天空の城ラピュタ [Blu-ray]

天空の城ラピュタ(サントラ)
天空の城ラピュタ(サントラ)

天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎
天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎

天空の城ラピュタ イメージアルバム 空から降ってきた少女
天空の城ラピュタ イメージアルバム 空から降ってきた少女

天空の城ラピュタ シンフォニー 大樹
天空の城ラピュタ シンフォニー 大樹

小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)
小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)

小説 天空の城ラピュタ〈後篇〉 (アニメージュ文庫)
小説 天空の城ラピュタ〈後篇〉 (アニメージュ文庫)

天空の城ラピュタ (徳間アニメ絵本)
天空の城ラピュタ (徳間アニメ絵本)

映画天空の城ラピュタGUIDE BOOK復刻版(ロマンアルバム)
映画天空の城ラピュタGUIDE BOOK復刻版(ロマンアルバム)

天空の城ラピュタ (ロマンアルバム)
天空の城ラピュタ (ロマンアルバム)

天空の城ラピュタ 全4巻セット ―フィルムコミック
天空の城ラピュタ 全4巻セット ―フィルムコミック

天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉
天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉

1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5
1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5

1/20 FG4 「天空の城ラピュタ」ロボット兵 (戦闘Ver.)
1/20 FG4 「天空の城ラピュタ」ロボット兵 (戦闘Ver.)


 NHK Eテレで放送された、【スタッフ】原作:大場つぐみ・小畑健、監督:カサヰケンイチ・秋田谷典昭、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン:下谷智之、美術監督:柴田千佳子、色彩設計:店橋真弓、撮影監督:岩井和也、音楽:Audio Highs、音響監督:渡辺淳、アニメーションプロデューサー:松倉友二、アニメーション制作:J.C.STAFF、制作統括:斉藤健治・野島正宏・齋藤雅弘、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK・小学館集英社プロダクション、オープニングテーマ:「Dream of Life」(作詞:伊藤祥平・カワムラユキ、作曲:伊藤祥平、編曲:菱川亜希、歌:伊藤祥平)、【キャスト】真城最高(阿部敦)、高木秋人(日野聡)、亜豆美保(早見沙織)、見吉香耶(矢作紗友里)、新妻エイジ(岡本信彦)、福田真太(諏訪部順一)、中井巧朗(志村知幸)、蒼樹紅(川澄綾子)、岩瀬愛子(藤村歩)、服部哲(利根健太朗)、服部雄二郎(野島裕史)、瓶子副編集長(川田紳司)、佐々木編集長(堀内賢雄)、川口たろう[真城信弘](浜田賢二)、平丸一也(森田成一)、港浦吾郎(桐井大介)、田幸司(子安武人)、相田聡一(風間勇刀)、テレビアニメ『バクマン。2』の第17話「特別な仲と田舎」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの土曜プレミアムで21時から23時10分まで放送された、【出演】所ジョージ、比嘉愛未、【サイエンスコメンテーター】福岡伸一[青山学院大学教授、生物学者]、『サイエンスミステリー2012”カラダと心”見えざる禁断の世界〜極限の運命と闘う人々SP〜(サイエンスミステリー2012 見えざる禁断の世界II)』を見る。

 今回のサイエンスミステリーは2003年の初回から数えてシリーズ第9弾になる。

 番組の内容は、「たった2年で“老婆の顔”になった26歳の美女[皮膚弛緩症]」「皮膚から“虫”が… “地球上に存在しない謎の物体”[モルゲロンズ病]」「頭部結合双生児タチアナとクリスタ その後の物語[頭蓋結合双生児]」「悪霊vs科学“未知の奇病が襲ってきた!”[ノッディング・ディジーズ]」「見るとは…この不可思議で当たり前のこと」であった。

『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』(日本映画)と『浅見光彦シリーズ43 還らざる道』(テレビドラマ)


 日本テレビ系列の読売テレビの木曜ミステリーシアターで放送された、【スタッフ】原作:滝田務雄『田舎の刑事の趣味とお仕事』『田舎の刑事の動物記』(創元推理文庫)、脚本:大宮エリー、演出:本田隆一、島崎敏樹 ほか、チーフプロデューサー:坂口良則、プロデューサー:福田浩之、河内俊昭[よしもとクリエイティブエージェンシー]、音楽:藤原いくろう、【主題歌】YU-A「あなたの笑顔」、【キャスト】黒川鈴木[40](板尾創路)、白石高作[37](田辺誠一)、赤木忠志[26](田中圭)、黒川静江[35](鶴田真由)、ゲスト:和田明夫(渡部豪太)、田口(中川礼二[中川家])、テレビドラマ『デカ黒川鈴木』の第4話「脱出劇の謎」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第96話を見る。

 今日の午前中に来所された会員さんから治療院ニュースレター「あすなろ通信自生」の配布を開始した。午前中の会員さんは「まあ、こんなことを始めたのですか?」と嬉しそうに受け取ってくださった。午後の会員さんは既に日記を読んでニュースレターのことを知っておられて「これがそうですか」と実物を確認され、帰りの電車の中で読みますと言われ持って帰られた。

 NHK Eテレで放送された、【出演】乾貴美子[タレント]、【出演】鈴木裕樹[俳優]、【講師】増山修[アニメーション美術家]、【語り】関山美沙紀、『あなたもアーティスト 水彩絵の具で描く増山修のアニメ流風景スケッチ術<全8回>』の第8回(最終回)「写真から描く」を見る。

 今回の増山修のアニメ流風景スケッチ術は水彩画の描き方の参考になった。

あなたもアーティスト 水彩絵の具で描く 増山修のアニメ流風景スケッチ術 (趣味工房シリーズ)
あなたもアーティスト 水彩絵の具で描く 増山修のアニメ流風景スケッチ術 (趣味工房シリーズ)

ゆめ画材セレクト アニメ流 風景スケッチセット B
ゆめ画材セレクト アニメ流 風景スケッチセット B

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第54話「わかって欲しくて…」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[ソ・リンギ][薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第133話を見る。

  今回のテジョヨンは、唐のソ・リンギが病気で息を引き取った。またしても、重要な登場人物が亡くなった。

 【スタッフ】監督:山田洋次、原作:山田洋次、脚本:山田洋次、朝間義隆、製作:島津清、企画:高島幸夫、小林俊一、音楽:山本直純、美術:出川三男、録音:中村寛、照明:青木好文、撮影:高羽哲夫、編集:石井巌、【キャスト】車寅次郎(渥美清)、諏訪さくら(倍賞千恵子)、島田良介(中村雅俊)、福村幸子(大竹しのぶ)、島田藤子(藤村志保)、車竜造[おいちゃん](下條正巳)、車つね[おばちゃん](三崎千恵子)、諏訪博(前田吟)、桂梅太郎[タコ社長](太宰久雄)、源公(佐藤蛾次郎)、諏訪満男(中村はやと)、御前様(笠智衆)、巡査(米倉斉加年)、神父(桜井センリ)、連絡船船長(石井均)、旅回りの一座の座長(吉田義夫)、大空小百合[旅回りの一座の座員](岡本茉利)、パチンコ店の客(杉山とく子)、1977年12月24日公開の日本映画『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』[ロケ地:長崎県(平戸市)、観客動員:188万1千人、興行収入:11億円]を見る。

 この映画『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』は、映画「男はつらいよ」シリーズの20作目である。

 今回のマドンナは、島田藤子役を演じている藤村志保さんである。福村幸子(大竹しのぶ)に失恋してしまったと思い込んで故郷の長崎県平戸市へ帰ってしまった島田良介(中村雅俊)のことを心配して訪れた寅さんは、島田良介の姉・島田藤子(藤村志保)が結婚していないことを知って一目惚れしてそのまま島田藤子の家へ居ついてしまう。ところが、当の島田藤子には寅さんの気持ちには一向に気づいてもらえず一方的な片思いで終わってしまう。

 今回の映画『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』で一番印象に残るのは、福村幸子にフラれたと勘違いした島田良介がとらやの2階でガス自殺を図り大爆発を起こしたことである。まさか「男はつらいよ」でスペクタクル映画のような爆発シーンがあろうとは思っていなかったので度肝の抜かれたというのかとにかく驚かされた。

「男はつらいよ HDリマスター版」プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様<全53枚組> [DVD]
「男はつらいよ HDリマスター版」プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様<全53枚組> [DVD]

第20作 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! HDリマスター版 [DVD]
第20作 男はつらいよ 寅次郎頑張れ! HDリマスター版 [DVD]

隔週刊 男はつらいよ 寅さんDVDマガジン Vol.28 2012年 2/7号 [分冊百科]
隔週刊 男はつらいよ 寅さんDVDマガジン Vol.28 2012年 2/7号 [分冊百科]

男はつらいよ 寅次郎頑張れ! [DVD]
男はつらいよ 寅次郎頑張れ! [DVD]

 1月27日(金)にフジテレビ系列の関西テレビの金曜プレステージで午後9時から10時52分まで放送された、【スタッフ】原作:内田康夫、企画:成河広明、加藤達也、プロデューサー:小林俊一[彩の会]、大下晴義[彩の会]、金丸哲也[東映]、脚本:峯尾基三、音楽:渡辺俊幸、演出:林憲昭[彩の会]、音楽:渡辺俊幸、制作:フジテレビ、彩の会、【キャスト】浅見光彦[ルポライター](中村俊介)、雨宮正恵[瀬戸一弘の孫](浅見れいな)、瀬戸一弘[白陽インテリア会長](宝田明)、狩野刑事[恵那東警察署](赤塚真人)、早川純一、中山義雄[萬林通商会長](堀内正美)、浅見陽一郎[警察庁刑事局長](榎木孝明)、野際陽子、テレビドラマ『浅見光彦シリーズ43 還らざる道』を見る。

 言わずと知れた、ルポライターの浅見光彦(中村俊介)が難事件を解決する浅見光彦シリーズの第43弾である。今回は愛知県豊田市足助町や岐阜県恵那市串原がドラマの舞台になっている。リーくんから毎年桜を見に行くと聞いていた香嵐渓や五平餅の店も映っていた。ドラマの内容は相変わらず同じようなパターンだった。

還らざる道
還らざる道

還らざる道 (祥伝社文庫)
還らざる道 (祥伝社文庫)

還らざる道 (ノン・ノベル)
還らざる道 (ノン・ノベル)

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(日本映画、劇場)


 ABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】監督:呉建新、原作:ななじ眺「パフェちっく!」(集英社マーガレットコミックス)、プロデューサー:馮家瑞、王信貴、黄萬伯、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】亀山風呼(リーン・ユウ)、新保大也(ケルビン[飛輪海])、新保壱(アーロン[飛輪海])、小森(幃幃)、大林(王怡文)、藤秋桜(シンシア・ワン)、伊織恵(パティ・ホウ)、磯部智(脩[東城衛])、2010年の台湾ドラマ『パフェちっく!〜スイート・トライアングル〜』の第8話「新しい恋の始まり」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第95話を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第53話「置手紙」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第132話を見る。

 今回のテ・ジョヨンは、テ・ジョヨンがイ・ヘゴとの決闘の末斬り殺してしまう。イ・ヘゴの死体に寄っていったチョリンは毒薬を飲んでイ・ヘゴの後を追って自殺してしまう。主人公のテ・ジョヨンの次に重要な登場人物だったイ・ヘゴとチョリンの死によって、ドラマ『テ・ジョヨン』も大きなヤマ場を越えた感じである。

 NHK Eテレで放送された、【講師】饗場直美[神奈川工科大学教授・管理栄養士]、【講師】菰田欣也[中華料理店 総料理長]、【キャスター】武藤友樹、『きょうの健康』の「食で健康「辛みで冬の健康管理」」を見る。


 あややと映画館のプラット赤穂シネマへ行き、【スタッフ】監督・VFX:山崎貴、原作:西岸良平「三丁目の夕日」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)、脚本:古沢良太、山崎貴、製作総指揮:阿部秀司、奥田誠治、音楽:佐藤直紀、編集:宮島竜治、【主題歌】BUMP OF CHICKEN『グッドラック』、【キャスト】茶川竜之介(吉岡秀隆)、茶川[旧姓:石崎]ヒロミ(小雪)、古行淳之介(須賀健太)、鈴木則文(堤真一)、鈴木トモエ(薬師丸ひろ子)、鈴木一平(小清水一揮)、星野六子(堀北真希)、大田キン(もたいまさこ)、宅間史郎(三浦友和[特別出演])、菊池孝太郎(森山未來)、富岡(大森南朋)、茶川林太郎(米倉斉加年)、奈津子(高畑淳子)、2012年1月21日公開の日本映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を見る。

 映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64』の感想はこちらから
 http://movie.nabetsugu.net/article/331816075.html

「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町のひとびと』
「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町のひとびと』

「ALWAYS三丁目の夕日 ’64」オリジナル・サウンドトラック
「ALWAYS三丁目の夕日 ’64」オリジナル・サウンドトラック

ALWAYS 三丁目の夕日’64 (小学館文庫)
ALWAYS 三丁目の夕日’64 (小学館文庫)

ALWAYS三丁目の夕日’64 ロクちゃんの恋 (小学館ジュニアシネマ文庫)
ALWAYS三丁目の夕日’64 ロクちゃんの恋 (小学館ジュニアシネマ文庫)

ALWAYS三丁目の夕日’64オフィシャル・フォト・ブック (日テレBOOKS)
ALWAYS三丁目の夕日’64オフィシャル・フォト・ブック (日テレBOOKS)

三丁目の夕日の時代 ´64(昭和39年)篇 (小学館C&LMOOK)
三丁目の夕日の時代 ´64(昭和39年)篇 (小学館C&LMOOK)

三丁目の夕日’64 映画化特別編 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
三丁目の夕日’64 映画化特別編 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

【映画パンフレット】 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 監督:山崎貴.出演:吉岡秀隆.堤真一.小雪.堀北真希
【映画パンフレット】 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 監督:山崎貴.出演:吉岡秀隆.堤真一.小雪.堀北真希

ALWAYS 三丁目の夕日’64 情景フィギュア’64 (1BOX)
ALWAYS 三丁目の夕日’64 情景フィギュア’64 (1BOX)


 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第3話「身代わり」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)の木曜ドラマ枠で放送された、【スタッフ】原作:河原れん『聖なる怪物たち』(幻冬舎文庫)、脚本:荒井修子、演出:藤田明二[テレビ朝日]、ゼネラルプロデューサー:内山聖子[テレビ朝日]、プロデューサー:船津浩一[テレビ朝日]、霜田一寿[ザ・ワークス]、池田禎子[ザ・ワークス]、【主題歌】キャサリン・ジェンキンス『アヴェ・マリア(シューベルト)』(ワーナーミュージック・ジャパン)、【キャスト・出演者】大久保記念病院:司馬健吾[28歳](岡田将生)、春日井優佳[35歳](中谷美紀)、平井瑶子[25歳](大政絢)、糸川要次郎(渡辺いっけい)、水原良二[42歳](勝村政信)、大久保志郎[60歳](小日向文世)、聖応育英会関係者:日向圭子[27歳](加藤あい)、日向敏雄[35歳](長谷川博己)、有馬三恵[25歳](鈴木杏)、森宮希実代(森脇英理子)、日向華江(山本陽子[特別出演])、その他:司馬宗吾(平田満)、竹内悠(南圭介)、佐藤久美(富永沙織)、日向敏雄(長谷川朝晴)、塩野順三郎(山田明郷)、ゲスト:内海 弘江(朝加真由美)、テレビドラマ『聖なる怪物たち』の第2話「母親のお腹を盗む女」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)の木曜ドラマ9枠で放送された、【スタッフ】脚本:渡辺千穂、音楽:羽毛田丈史、プロデュース:伊與田英徳、演出:石井康晴、川嶋龍太郎、山室大輔、製作著作:TBS、【主題歌】作詞: ティカ・α、作曲・編曲:永井聖一、歌:山下智久「愛、テキサス」(ワーナーミュージックジャパン)、【キャスト】葬儀の井原屋:井原真人( 山下智久、少年期:田中理勇)、井原健人(反町隆史)、井原晴香(前田敦子[AKB48])、井原隼人(知念侑李[Hey! Say! JUMP])、井原桃子(大野いと)、井原浩太郎(蟹江敬三)、田中英輔(大友康平)、警視庁高円寺署:坂巻優樹(榮倉奈々)、長峰潤(水上剣星)、木野原義男(塩見三省)、井原家の周辺人物:水野可南子(岡本玲)、川原達法(黄川田将也)、香川夕子(磯野貴理子)、村内弥生(橋本真実)、岩田逸郎(山崎努)、ゲスト:香川澄子(草笛光子)、聖星矢/高井 良彦(前川泰之)、香川忠(小浜正寛)、テレビドラマ『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』の第3話「嫁VS姑バトルと涙」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの木曜劇場で放送された、【スタッフ】脚本:岡田惠和、演出:宮本理江子、谷村政樹、並木道子、プロデューサー:若松央樹、浅野澄美[FCC]、製作著作:フジテレビ、音楽:平沢敦士、【主題歌】浜崎あゆみ「how beautiful you are」(avex trax)、【キャスト】吉野千明[45][テレビ局ドラマプロデューサー](小泉今日子)、長倉和平[50][鎌倉市役所観光推進課課長](中井貴一)、長倉真璃子[35][長倉家の次女、双子](内田有紀)、長倉 真平[35][長倉家の次男、双子](坂口憲二)、水谷典子[45][専業主婦](飯島直子)、JMTテレビ:三井(久保田磨希)、武田誠(坂本真)、飯田ゆかり(広山詞葉)、栗山はるか(益若つばさ)、鎌倉市役所観光推進課:田所勉(松尾諭)、大橋知美(佐津川愛美)、一条(織本順吉)、その他:荒木啓子[出版業界で働く千明の独身仲間](森口博子)、水野 祥子[音楽業界で働く千明の独身仲間](渡辺真起子)、長倉えりな[11][和平の一人娘](白本彩奈)、水谷広行[53][典子と歳が離れた夫。](浅野和之)、水谷しょう[典子と広行の一人息子](田中碧海)、ゲスト:みどり(吉田羊)、テレビドラマ『最後から二番目の恋』の第3話「大人の青春を笑うな!」を見る。

治療院ニュースレター名の決定


 NHK総合テレビのよる☆ドラで放送された、【スタッフ】原作:辻村深月「本日は大安なり」、脚本:西荻弓絵、音楽:井筒昭雄、語り手:浅野ゆう子、演出:渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一[テレパック]、制作統括:加賀田透[NHKソフト開発センター]、近見哲平[テレパック]、制作・著作:NHK、テレパック、【主題化】BENI「永遠」、【キャスト】Hotel Armaiti:山井多香子[ウェディングプランナーチーフ](優香)、杉浦薫子[ウェディングプランナー](浅野ゆう子)、岬恭介[ウェディングプランナー](鈴木亮平)、朝比奈留美[ウェディングプランナー](黒川智花)、山本剛[式場支配人](石黒賢)、新郎・新婦両家:相馬家・加賀山家:加賀山妃美佳[花嫁](谷村美月)、加賀山鞠香[妃美佳の双子の姉](谷村美月)、相馬映一[花婿](福士誠治)、十倉家・大崎家:大崎玲奈[花嫁](星野真里)、十倉純一[花婿](田中直樹)、川田真弓[玲奈の友人代表](平岩紙)、十倉和子[純一の母](角替和枝)、東家・白須家:白須真空[りえの息子](加藤清史郎)、白須りえ[花嫁](霧島れいか)、東誠[花婿](渡部豪太)、美梨[真空の従妹](佐々木りお)、山田家・岩倉家:岩倉千波[花嫁](佐津川愛美)、山田勇気[花婿](山口翔悟)、竹内[紘一郎の秘書](波岡一喜)、岩倉紘一郎[千波の父](大地康雄)、塚原愛(宮地眞理子)、鈴木家・三田家:三田あすか[花嫁](大島麻衣)、三田真澄[あすかの母](大島蓉子)、リッキー[三田家の飼い犬]、その他:謎の男(岡田義徳)、清掃係(白石美帆)、テレビドラマ『本日は大安なり<全10回>』の第3話「疑惑の父」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第94話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】内藤剛志、辺見えみり、【講師】尾身奈美枝[料理研究家]、【解説】熊野宏昭[早稲田大学教授]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、中谷文彦、『あさイチ』の「ガッテンコラボ“不安感”を抑える!最新“脳トレ” ▽ガッテンで大反響! 危険な不安病頭痛・不眠も一週間で改善!? 脳の簡単トレ&魔法の言葉 ▽不安巨大化の謎」を見る。

 今回のあさイチは、2012年1月11日に放送された『ためしてガッテン』の「不眠ストレス緊張撃退1日15分!脳の簡単トレ」とのコラボ企画である。内容はほとんど同じだった。私は既に同番組を見ていたので復習になった。

 オリエンタルビジョンの治療院ニュースレタードットコムから届いた治療院ニュースレターの見本の住所や氏名、治療院名、電話番号、メールアドレス、ホームページなどの箇所はすぐに変更しておいた。問題は治療院ニュースレターの名前をどうするかで考え込んでしまった。治療院のニュースレターの場合は一般的に名前の後に「通信」や「便り」などがつくようである。あややにも考えてもらった。最終的には「あすなろ通信自生」という題名にした。会員さんに明日は元気になって生活の質を維持・向上しあるがまま自己を生きる支援を力学整体がしたいという意味と願いを込めている。

 代表:古谷眞寛「治療院ニュースレタードットコム」(オリエンタルビジョン)
 ニュースレター代行サービス【初月無料】シルバーコース
 http://www.chiryouin-newsletter.com/member/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第52話「これからは2人で楽しく」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第131話を見る。

 今回は、テ・ジョヨンがイ・ヘゴの手下であるソル・ゲドゥを戦いの末斬り殺した。

 NHK Eテレで放送された、【講師】三浦俊樹[東京大学講師]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「手指のトラブル「明け方にしびれる 手根管症候群」を見る。
 今回のきょうの健康は、「手根管症候群」について解説していた。

 NHK Eテレで放送された、【出演】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のためのらくらくデジタル塾 スマホも使える!パソコン活用術』の第3回「パソコンで音楽を購入しよう」を見る。

 今回のデジタル塾は、ウィンドウズ・メディアプレーヤーを使ってパソコンでインターネットを通して音楽を購入する方法を説明していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第2話「スタートライン」を見る。

  テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:高橋悠也、監督:田村孝蔵、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】梶芽衣子、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第13話「藍よりも青し」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:井原西鶴 役(曽我廼家寛太郎)、『歴史秘話ヒストリア』の2012年1月25日第98回放送「笑って泣いてまた笑い 〜“お笑い”の元祖・井原西鶴〜」を見る。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1「爆笑ライブでお笑い革命」とエピソード2「西鶴の爆笑小説」とエピソード3「「二つの笑い」の悲劇」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1の途中で寝てしまった。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】西村知美、パパイヤ鈴木、山瀬まみ、【解説】本間生夫[昭和大学教授]、宮地元彦[国立健康栄養研プロジェクトリーダー]、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「30秒で肌が!血管が!冬の若返りストレッチ」を見る。
 今回のためしてガッテンは、ストレッチで筋肉をのばしていくと、その刺激によってコラーゲンを製造する「線維芽(せんいが)細胞」が活性化し、糖化されたコラーゲンを壊して、全身のコラーゲンを新しいコラーゲンに置き換えてくれる効果があるという報告であった。ストレッチによって体が柔らかくなるだけでなく、血管も柔らかくなり、さらには「高血圧」「動脈硬化」「不眠」「冷え」なども改善でき、体全体の若返りにもつながるというのである。実習コーナーでは、「血管が若返るストレッチ」と「心肺が若返る!呼吸筋ストレッチ」を紹介していた。

ニュースレター代行サービス「治療院ニュースレター」(治療院ニュースレタードットコム、オリエンタルビジョン)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第93話を見る。

 オリエンタルビジョンの治療院ニュースレタードットコムから治療院ニュースレターの資料が郵送で届いた。今回の治療院ニュースレターはサービス提供開始の通知を受けてからすぐに申し込んだ。シルバーコースにの毎月タイプは今なら価格が4,380円のところ1,000円引きの3,380円の料金で申し込めるということだったので、無事に3,380円の格安価格で申し込めたのか不安があった。資料を見ると間違いなく3,380円で申し込めていた。地域で申込者の人数を限定しているということだったのであるが、資料を見て独自のガイドラインの内容もわかった。ガイドラインによれば研究所の所在地ではもう他の治療院は申し込めないことになる。資料にはニュースレターを使った治療院経営の講義を収録したDVDも付いていた。

 代表:古谷眞寛「治療院ニュースレタードットコム」(オリエンタルビジョン)
 ニュースレター代行サービス【初月無料】シルバーコース
 http://www.chiryouin-newsletter.com/member/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第51話「すぐに手術を受けないと…」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第130話を見る。

 今回はテ・ジョヨンの父親であるテ・ジュンサンが戦死してしまった。

 NHK Eテレで放送された、【講師】三浦俊樹[東京大学講師]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「手指のトラブル「指がはねる?けんしょう炎」を見る。

 今回のきょうの健康は、「ばね指」を中心に「けんしょう炎」について解説していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第1話「運命の再開」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】藤吉久美子[女優]、【講師】有賀悦子[帝京大学准教授]、大西秀樹[埼玉医科大学教授]、辻哲也[慶応義塾大学講師]、【出演】三森由香子[理学療法士]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「つらくない治療を!がん緩和ケア」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、【スタッフ】脚本:龍居由佳里、林誠人、旺季志ずか、黒岩勉、演出:佐藤祐市、石川淳一、音楽:林ゆうき、企画:成河広明、佐藤未郷、プロデュース:高丸雅隆、江森浩子、制作著作:共同テレビ、制作:フジテレビ、【主題歌】GReeeeN「ミセナイナミダハ、きっといつか」(ユニバーサルミュージック)、【キャスト】姫川 玲子[30][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係姫川班主任 警部補](竹内結子、高校時代:岡本あずさ)、菊田和男[36][姫川班 巡査部長](西島秀俊)、石倉保[48][姫川班 巡査部長](宇梶剛士)、橋爪俊介[49][警視庁刑事部捜査第一課管理官 警視](渡辺いっけい)、今泉春男[44][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係係長 警部](高嶋政宏)、日下守[41][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係日下班主任 警部補](遠藤憲一)、勝俣健作[56][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査五係勝俣班主任 警部補](武田鉄矢)、井岡博満[42][亀有西署強行犯係 巡査長→巡査部長](生瀬勝久)、國奥定之助[66][東京都監察医務院監察医](津川雅彦)、小峰薫[警視庁刑事部鑑識課主任](田中要次)、姫川瑠江[玲子の母](手塚理美)、葉山則之[28][姫川班 巡査長](小出恵介)、湯田康平[26][姫川班 巡査長](丸山隆平[関ジャニ∞])、朝倉圭吾[勝俣班 巡査長](戸田昌宏)、大山聡[科捜研](中林大樹)、姫川忠幸[玲子の父](大和田獏)、ゲスト:下坂美樹[女子高生・下坂勇一郎の娘](大政絢)、島千秋[警視庁捜査一課殺人犯捜査三係島班主任 警部補](小木茂光)、下坂勇一郎[医師兼違法薬物撲滅協会理事・現総理大臣の政策ブレーン](北見敏之)、宇和島康平[白桜会組長](山田明郷)、片桐直哉[片桐興業組長](岩寺真志)、連続テレビドラマ『ストロベリーナイト』の第3話「右では殴らない」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの火曜22時ドラマ枠で放送されている、【スタッフ】脚本:大森美香、演出:本橋圭太、白木啓一郎[関西テレビ]、木内健人、音楽:大橋トリオ、プロデューサー:河西秀幸[関西テレビ]、平部隆明[ホリプロ]、制作:関西テレビ、制作著作:ホリプロ、【楽曲】主題歌:THE BAWDIES「ROCK ME BABY」(ビクターエンタテインメント)、挿入歌:安田奈央「真夜中のひだまり」(ユニバーサルミュージック)、劇中曲:THE BAWDIES「HUNGRY」(ビクターエンタテインメント)、【キャスト】山手英介[29](向井理、7歳:長島暉実、13歳:飛田光里)、大楠千絵[20](瀧本美織)、橘まりあ[32](国仲涼子)、麻生時男[39](稲垣吾郎[SMAP])、住吉賢太[30](塚本高史)、平塚拓[25](三浦翔平)、藤沢剛[30](川畑要[CHEMISTRY])、海老名睦子[45](片桐はいり)、和泉佳奈[29](宮地真緒)、柏木一平[29](石黒英雄)、東則夫[55](田山涼成)、戸塚杏[24](林丹丹)、高木奈々[20](山下リオ)、山手華子[享年56](片平なぎさ)、山手太朗[57](大杉漣)、大楠義明[52](橋本じゅん)、大楠佐助[14](佐藤勝利[Sexy Zone])、白山祐希[37](鈴木砂羽)、ゲスト:高嶺薫(かたせ梨乃)、テレビドラマ『ハングリー!(ハングリー!)』の第3話「裏切り者が! 大女優が!」を見る。

 NHK総合テレビのドラマ10で放送された、【スタッフ】 脚本:金子ありさ、演出:梛川善郎、制作統括:海辺潔、音楽:江藤直子、【主題歌】井手綾香「きっと、ずっと」、【出演】十倉由梨(池脇千鶴)、十倉恭子(高岡早紀)、永沢吉行[顧問税理士](小澤征悦)、高木旭(本田博太郎)、橋本昌治(佐川満男)、榊敬一郎(石田卓也)、古谷勇人(姜暢雄)、十倉龍司(田村亮)、小野田克己[十倉ワイヤ社長](笹野高史)、その他:蟷螂襲、木内義一、松寺千恵美、みれいゆ、紅萬子、宮田圭子、押谷かおり、山路梨瀬、テレビドラマ『タイトロープの女<全6回>』の第1回「父の遺産は愛人」を見る。

『冬鳥』(韓国ドラマ)


 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第15話「闇との対決(Shadow)」[登場魔物・妖怪:ダエバ]を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第92話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】水道橋博士、藤本美貴、上野川修一[日本大学教授]、【講師】井桁良樹[中国料理店オーナー]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、『あさイチ』の「イチおし 新発見続々 すごいぞ!ヨーグルトの力 ▽新発見続々 ヨーグルトの力 ▽インフルエンザ予防に内臓脂肪が減少!? ▽話題のギリシャ ▽道端カレン 美の源」を見る。

 上野川 修一 (著) 『人生は運命ではなく「腸」が決定する―「腸」こそ免疫力の原点だ (主婦の友パワフルBOOKS) [単行本(ソフトカバー)] 』(主婦の友社)

人生は運命ではなく「腸」が決定する―「腸」こそ免疫力の原点だ (主婦の友パワフルBOOKS)
人生は運命ではなく「腸」が決定する―「腸」こそ免疫力の原点だ (主婦の友パワフルBOOKS)

 オリエンタルビジョンの治療院ニュースレタードットコムから治療院ニュースレターが届いた。先週の土曜日にニュースレター代行サービスのシルバーコースに申し込んだばかりだったので、ニュースレターの提供は来月からかなと思っていた。それがもう今月から配布されたので予想外の早さで驚いた。

 治療院ニュースレターにはワードの2000用とワード2007用とワード2010用の3種類があった。3種類とも同じ内容ではないかと思われるが、ワードのどのバージョンでも開けるように対応してくれているのであろう。

 私はワード2003なので2000用のファイルを開いて配布されたニュースレターを見てみたのであるが、手書き風の文字とデザインで、内容も治療治療していなくて、むしろ治療とは関係ない内容が多く、これは予想以上に良い。素人の私だととてもこんなニュースレターを作れない。これが3千円ちょっと払えば代行で作ってもらえるなんて価格と内容を比較考慮して満足度が高い。

 何年も前から研究所のニュースレターは出さなければいないとは思っていたのであるが、ものぐさな私はとても自分で書いて出すなんて邪魔くさくてできそうにないのでどうしたものかとずっと考えていた。これまでニュースレターの代行サービスといえば最低でも8千円以上していたので、とても利用する気になれずに現在まで来た。今回の治療院ニュースレターは、シルバーコースの毎月タイプの価格が4,380円と他のニュースレター代行サービスと比較してかなり安い。さらに、今なら4,380円のところ1,000円引きの3,380円と格安で申し込める。それに、地域で申込者の人数を限定しているようなので、同じ地域の人が誰か先に申し込んでしまうと申し込めなくなってしまう。これだけ安いニュースレターの代行サービスは今後登場しないのではないかと思われるので、友人・知人にはニュースレターを出すのなら今のうちに申し込んでいたほうが良いと薦めている。今回の治療院ニュースレターは3千円台で利用できるので本当に良かった。

 代表:古谷眞寛「治療院ニュースレタードットコム」(オリエンタルビジョン)
 ニュースレター代行サービス【初月無料】シルバーコース
 http://www.chiryouin-newsletter.com/member/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第50話「ソヨンの気持ち」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第129話を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】三浦俊樹[東京大学講師]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「手指のトラブル「指の関節が痛い!?変形性関節症」」を見る。

 今回のきょうの健康は、「ヘバーデン結節」と「ブシャール結節」と「母指CM関節症」といった手指の「変形性関節症」について解説していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の最終話(第58話)「冬の鳥 羽ばたく」を見る。

 この韓国ドラマ『冬鳥』は非常に良く出来たドラマである。ヒロインのパク・ヨンウン(パク・ソニョン)のように自分の意に染まない結婚をせざるを得ない女性は過去には大勢いたろうし、現代でも少なからずいるのではないだろうか。また、カン女史(パク・ウォンスク)のような姑やチュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)のような夫も現実にいるものと思われる。そういう意味で、このドラマは単なる作り話とは思えないものがある。

 韓国ドラマ『冬鳥』のあらすじは以下の通り。幼いときに両親を事故でなくしたパク・ヨンウンはチョン会長(チャン・ヨン)のもとに引き取られ、成長するつれて長男のチョン・ドヒョン(イ・テゴン)と愛を育むようになる。ところが、チョン・ドヒョンがパク・ヨンウンとの結婚を言い出すことを恐れた会長夫人(ユン・ミラ)はパク・ヨンウンの見合いを強引に推し進める。育ててもらった恩を裏切ることのできないパク・ヨンウンは会長夫人の意に従って皮膚科医のチュ・ギョンウと結婚する。世間的には恵まれた条件での結婚だったはずが、パク・ヨンウンには思わぬ嫁姑問題と夫婦関係という家庭生活が待ち受けていた。

 ネタバレになるが、パク・ヨンウンはチュ・ギョンウと離婚する。ラストの結末では、チョン会長と会長夫人がチョン・ドヒョンとパク・ヨンウンの結婚を認め二人はめでたく夫婦になる。最終回でで二人が結ばれてホッとできて良かったなあと思えた。

冬鳥 DVD-BOX1
冬鳥 DVD-BOX1

冬鳥 DVD-BOX2
冬鳥 DVD-BOX2

冬鳥 DVD-BOX3
冬鳥 DVD-BOX3

冬鳥 DVD-BOX4
冬鳥 DVD-BOX4

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第55話「刀ではない力」と第56話「ファン・ヒの不祥事」を見る。

『天守物語』(舞台、2011年)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:長谷川理恵、プレゼンター:深沢邦之、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ ○○な頭痛が脳の出血危険サイン! それは前兆かもしれない!大研究!クモ膜下出血」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、スタジオゲスト:岡本夏生、森永卓郎[経済アナリスト]、『がっちりマンデー!!』の「がっちり 海で台所で実はスゴい…アミ業界 せまい業界シリーズ 第13弾 知られざる「アミ業界」の全てがわかる!」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【司会】千住明、森田美由紀、【ゲスト】緒川たまき[女優]、田沼武能[写真家]、【司会】千住明、森田美由紀、【朗読】でんでん、『日曜美術館』の「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」を見る。

 今回の日曜美術館では、日本写真界の巨人・木村伊兵衛氏[1901〜1974]が1954年にパリで撮ったカラー写真を紹介するとともに、千住明氏と緒川たまきさんの二人がフランスのパリの撮影場所へ訪れて緒川たまきさんが同じ場所で撮影するという内容であった。木村伊兵衛氏が使用したカメラフィルムは開発間もない試作品のASA10という低感度のカラーフィルムということであった。写真を見ると何とも言えない趣のあるものだった。

 アートシーンでは、「特別展 平清盛」(江戸東京博物館 1月2日〜2月5日)ほか、各地展覧会情報を紹介していた。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の最後の海 新世界編の16thの第526話「海底火山噴火! 流されて魚人島」を見る。

 NHK Eテレで放送された【講師】戸辺誠[六段]、【司会】つるの剛士、『将棋講座 戸辺流振り飛車で目指せ!初段』の「(4)すっごい破壊力!石田流三間飛車入門「7七銀から機動力で攻略」」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【解説】郷田真隆、【きき手】高崎真子、【司会】福山知沙、『囲碁・将棋フォーカス』を見る。

 今回の番組は、郷田真隆九段が久保利明 将 対 佐藤康光九段「第61期王将戦 第1局」を解説していた。フォーカス・オンでは、「神秘の棋士『郷田真隆』」と題して、郷田真隆九段の棋風を紹介していた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】溝上知親[八段]、【きき手】新垣未希[アマ6段]、『囲碁講座 溝上知親 定石のソムリエ』の「(4)根拠のセレクション「仕掛けのチャンスを見逃すな」」を見る。

 お昼はビリケンさんとあややと3人で丸亀製麺相生店へ行きうどんを食べる。その後、岡山ブルーライン「道の駅」一本松展望園へ寄ってオハヨー乳業のジャージー牛乳のバニラとチョコーのミックスソフトクリームを食べて帰ってきた。

 岡山ブルーライン「道の駅」一本松展望園
 http://www.blueline-michieki.com/ipponmatsu/

 MBS・TBS系全国ネットで放送されている、【スタッフ】企画:サンライズ、原作:矢立肇、富野由悠季、監督:山口晋、ストーリー/シリーズ構成:日野晃博、キャラクターデザイン:長野拓造、メカニックデザイン:海老川兼武、石垣純哉、寺岡賢司、 企画協力:レベルファイブ、制作協力:創通、ADK、製作:サンライズ、毎日放送、【キャラクター・声優】フリット・アスノ(豊永利行)、グルーデック・エイノア(東地宏樹)、ミレース・アロイ(嶋村侑)、アダムス・ティネル(川原慶久)、ラーガン・ドレイス(羽多野渉)、ウルフ・エニアクル(小野大輔)、バルガス・ダイソン(坂東尚樹)、ヘンドリック・ブルーザー(沢木郁也)、エミリー・アモンド(遠藤綾)、ディケ・ガンへイル(大畑伸太郎)、ハロ(遠藤綾)、ナレーション(井上和彦)、テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE(ガンダムエイジ、AGE[エイジ、アゲ]』の第15話「その涙、宇宙に落ちて」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【スタッフ】作:藤本有紀、演出:柴田岳志、渡辺一貴、中島由貴、制作統括:磯智明、落合将、プロデューサー:櫻井壮一、【出演】平清盛[平太→平清盛](松山ケンイチ、幼少期:前田旺志郎)、平忠盛(中井貴一)、宗子(和久井映見)、舞子(吹石一恵)、祇園女御(松田聖子)、平忠正(豊原功補)、平盛康(佐戸井けん太)、鳥羽天皇(三上博史)、璋子[璋子→待賢門院璋子](檀れい)、堀河局(りょう)、北条政子(杏)、平正盛(中村敦夫)、源為義(小日向文世)、平家貞(中村梅雀)、藤原忠実(國村隼)、白河法皇(伊東四朗)、源頼朝(岡田将生)、鱸丸(上川隆也、幼少期:小林廉)、武者丸(玉木宏)、伊藤忠清(藤本隆宏)、鎌田通清(金田明夫)、高階通憲(阿部サダヲ)、西行[佐藤義清→西行](藤木直人)、平維綱(尾美としのり)、平次(大東駿介、幼少期:藤本哉汰)、NHK大河ドラマ第51作『平清盛』の第三回「源平の御曹司」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)の日曜劇場で、【スタッフ】原作:山崎豊子「運命の人」(文藝春秋刊)、脚本:橋本裕志、演出:土井裕泰、、吉田健ほか、音楽:佐藤直紀、プロデュース:瀬戸口克陽、製作著作:TBS、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】主要人物:弓成亮太(本木雅弘)、弓成由里子(松たか子)、三木昭子(真木よう子)、山部一雄(大森南朋)、佐橋慶作(北大路欣也)、毎朝新聞:司修一(松重豊)、清原了(北村有起哉)、金田満(遠藤雄弥)、萩野孝和(梶原善)、恵比寿史朗(でんでん)、荒木繁(杉本哲太)、大館智文[社長](錦引勝彦)、久留[主筆](吉田鋼太郎)、外務省:安西傑(石橋凌)、吉田孫六(升毅)、山本勇(小松和重)、林外務次官(石丸謙二郎)、北米課長(奥田達士)、弓成家・八雲家関連:弓成正助(橋爪功)、弓成しづ(吉村実子)、弓成洋一(今井悠貴)、弓成純二(山崎竜太郎)、八雲泰造(山本圭)、八雲加世(高林由紀子)、青山芙佐子(柴本幸)、鯉沼玲(長谷川博己)、三木家:三木琢也(原田泰造[ネプチューン])、弁護士:大野木正(柳葉敏郎)、高槻(伏見哲夫)、坂元勲(吹越満)、週刊誌記者:鳥井裕三[週刊ジャーナル記者](斎藤歩)、松中雄也[週刊潮流記者](眞島秀和)、政治家:横溝宏(市川亀治郎)、愛川輝一(大和田伸也)、曽根川靖弘(本田博太郎)、田淵角造(不破万作)、鈴森善市(田窪一世)、福出赳雄(笹野高史)、小平正良(柄本明)、警察:十時正春(伊武雅刀)、井口捜査二課班長(小市慢太郎)、検察:森靖之(浅野和之)、その他:坂元千恵子(黒沢あすか)、枝川清美[女性運動団体「三木さんを守る会」構成員](ふせえり)、テレビドラマ『運命の人』第2話「漏れた秘密」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、チョ・ジュンヒョン企画、イ・ビョンフン、キム・グノン演出、キム・イヨン、イム・セヒョン脚本、キム・ジョンハクプロダクション制作、イ・サン[李祘]・チョンジョ[正祖]役(イ・ソジン、川島得愛/幼少期:パク・チビン、本城雄太郎)、ソン・ソンヨン[成松淵]・宣嬪昌寧成氏役(ハン・ジミン、花村さやか/幼少期:イ・ハンナ、前田瀬奈)、パク・テス[朴大壽]役(イ・ジョンス[李鍾洙]、宮内敦士/幼少期:クォン・オミン、新井海人), ヨンジョ[英祖]役(イ・スンジェ、大塚周夫)、サド[思悼]世子[セジャ]役(イ・チャンフン、咲野俊介)、ヘギョングン[恵慶宮]・豊山洪氏役(キョン・ミリ、宮寺智子)、チョンスン[貞純]王妃・慶州金氏役(キム・ヨジン、高島雅羅)、ファワン[和緩]翁主役(ソン・ヒョナ、岡寛恵)出演、韓国時代劇ドラマ『イ・サン(이산 李祘)』の第36回「愛しき友」を見る。

 NHK Eテレの演劇特集で放送された、【スタッフ】作:泉鏡花、演出:白井晃、音楽:三宅純、美術:小竹信節、照明:斎藤茂男、音響:井上正弘、衣装:太田雅公、ヘアメイク:川端富生、振付:康本雅子、殺陣:渥美博、演出助手:河合範子、舞台監督:藤崎遊、芸術監督:宮田慶子、主催:文化庁芸術祭執行委員会、新国立劇場、共催:TBS、後援:TBSラジオ、【キャスト・出演】富姫(篠井英介)、図書之助(平岡祐太)、亀姫(奥村佳恵)、江波杏子、田根楽子、小林勝也、村岡希美、関秀人、関戸将志、坂元健児、粟田麗、平良あきら、2011年の舞台『天守物語』を見る。

 この舞台『天守物語』のあらすじは、魔性の女である妖しい夫人・富姫と若い美男の鷹匠である図書之助が恋に落ちる話である。正直言ってあまり面白くはなかった。

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)
夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。