今週のお知らせ

韓国映画『彼らだけの世界』



 河端一泱氏の情報商材『インターネットで一生稼ぎ続ける方法』というDVDを申し込む。先日、福田耕一氏の紹介というかたちで河端氏の音声CDと案内書が届き、昨夜CDを聞き案内書を読んでみた。そこにはネットビジネスのおけるアフィリエイトの限界が語られていた。河端氏の意見は私にとって痛切に感じていたことであった。5月2日までなら先行予約販売ということで安く購入できるので、河端氏のノウハウを説明しているDVDを申し込んでみることにした。このDVDで何が語られているのか非常に興味がある。


 河端一泱『インターネットで一生稼ぎ続ける方法』


 弥生株式会社に『やよいの青色申告 07』のハイパーサポート契約を申し込む。




やよいの青色申告 07

やよいの青色申告 07



  • 出版社/メーカー: 弥生

  • 発売日: 2006/12/08

  • メディア: CD-ROM







やよいの青色申告07 ガイドブック付確定申告版

やよいの青色申告07 ガイドブック付確定申告版



  • 出版社/メーカー: 弥生

  • 発売日: 2007/02/02

  • メディア: CD-ROM










 サンテレビでチョン・グァンリョル、イ・スンジェ、キム・ビョンセ、ホン・チュンミン、ファン・スジョン出演の韓国ドラマ『ホジュン』の第46話を見る。




ホジュン BOX

ホジュン BOX



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2006/09/28

  • メディア: DVD







ホジュン BOX2 ~宮廷医官への道~

ホジュン BOX2 ~宮廷医官への道~



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2006/10/28

  • メディア: DVD







ホジュン BOX3 ~宮廷医官への道~

ホジュン BOX3 ~宮廷医官への道~



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2006/11/22

  • メディア: DVD







ホジュン BOX4 ~宮廷医官への道~

ホジュン BOX4 ~宮廷医官への道~



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2006/12/22

  • メディア: DVD







ホジュン BOX5

ホジュン BOX5



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2007/01/27

  • メディア: DVD







ホジュン BOX6 ~宮廷医官への道~

ホジュン BOX6 ~宮廷医官への道~



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2007/02/23

  • メディア: DVD







ホジュン BOX7 ~宮廷医官への道~

ホジュン BOX7 ~宮廷医官への道~



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2007/03/28

  • メディア: DVD







ホジュン BOX8 ~宮廷医官への道~

ホジュン BOX8 ~宮廷医官への道~



  • 出版社/メーカー: 松竹

  • 発売日: 2007/04/26

  • メディア: DVD






 1996年に製作された、イム・ジョンジェ監督、イ・ビョンホン出演の韓国映画『彼らだけの世界』を見る。タイトルの「彼らだけの世界」というのは、ラブ(イ・ビョンホン)とチュニャン(チョン・ソンギョン)の世界を指しているのであろう。アメリカ留学中にギャングの世界に足を踏み入れてしまったラブは、ボスの命令で大物のギャングを暗殺した後、中身を知らされず鞄をある人物に渡すように言われ、韓国へ帰国することになる。ある人物が現れるのを待つ間に、ラブはある店でチュニャンという女性ダンサーに見初められ、お互いに愛し合うようになる。しかし、チュニャンは、鞄を渡した後にアメリカへ戻るというラブを引き留めようとする。そこへ鞄を受け取りに現れたのは友人のペクチュン(ユ・オソン)であった。ペクチュンはチュニャンに、ラブはアメリカへ帰れば殺されることと、鞄には大金が入っていると言い寄る。そして、自分は鞄を渡さずにヨーロッパへ持ち逃げすると告白する。鞄をめぐってラブとペクチュンは争うことになり、とうとうラブはペクチュンを殺してしまう。ラブとチュニャンの二人は一緒に逃走する。チュニャンは鞄には大金が入っているからそのお金で逃走しようと進言するが、ラブはボスに殺されるからと鞄を返そうとする。そこで、中身を確かめようと鞄を開けようと試みるが、どうしても鞄を開けることができなかった。ところが、ひょんなことから鞄が開く。鞄の中身を見た二人は・・・。


 鞄の中には拳銃とラブを殺せという命令が入っていたのである。ボスに鞄を返しても無駄だと知ったラブは、チュニャンと一緒に警察の追跡から逃亡する。しかし、二人は追いつめられてしまう。もう離れ離れになって寂しい思いをするのは嫌というチュニャンの言葉で、二人で一緒に・・・・。


 この映画、結構激しいベッド・シーンが多い。ラブ(イ・ビョンホン)がチュニャン(チョン・ソンギョン)に暴力をふるうシーンも凄まじい。ラブ(イ・ビョンホン)は刺青をしていて、チュニャン(チョン・ソンギョン)にも刺青をするシーンもある。何やら60年代のギャング映画を彷彿とさせるものがある作品であった。




彼らだけの世界

彼らだけの世界








彼らだけの世界 インターナ(字

彼らだけの世界 インターナ(字



  • 発売日: 2005/05/27

  • メディア: DVD







彼らだけの世界 インターナ(吹

彼らだけの世界 インターナ(吹



  • 発売日: 2005/05/27

  • メディア: DVD








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。