今週のお知らせ

『ハート・ロッカー』(アメリカ映画)と『マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜』(NHKテレビドラマ)


 NHK総合テレビのNHKドラマ10枠で放送された、海堂尊「マドンナ・ヴェルデ」「ジーン・ワルツ」(新潮社)原作、宮村優子脚本、本木一博演出、佐野元彦、田村文孝制作統括、村松崇継音楽、リベラ『生命の奇跡(いのちのきせき)』主題歌、山咲みどり(松坂慶子)、曽根崎理恵(国仲涼子)、曽根崎伸一郎(片桐仁)、青井ユミ(南明奈)、妙高みすず(柴田理恵)、荒木浩子(相田翔子)、熊田幸子(大島蓉子)、阿部大吾(芦川誠)、高木路子(市川千恵子)、清川吾郎(勝村政信)、屋敷統(本田博太郎)、三枝茉莉亜(藤村志保)、丸山慧(長塚京三)出演、テレビドラマ『マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜』の最終回(第6話)「未来の子どもたち」を見る。

 このドラマは、母親が代理母出産で娘の子どもを産むという話である。このドラマでは代理母出産を比較的肯定的に扱っているものと考えられる。ドラマとしてはまあまあの出来であろうか。

マドンナ・ヴェルデ
マドンナ・ヴェルデ

ジーン・ワルツ
ジーン・ワルツ

ジーン・ワルツ (新潮文庫)
ジーン・ワルツ (新潮文庫)

マドンナ・ヴェルデ ~娘のために産むこと~ (松坂慶子 出演) [DVD]

NHKドラマ「マドンナ・ヴェルデ」OST
NHKドラマ「マドンナ・ヴェルデ」OST

 NHK教育テレビで放送された、【解説】佐久協[文筆業]、【ゲスト】佐々木常夫[東レ経営研究所特別顧問]、【キャスター】堀尾正明、瀧口友里奈、『100分de名著 論語』の最終回(第4回)「信念を持ち逆境を乗り切ろう」を見る。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第8週「それぞれの朝」の第47話を見る。

 NHK総合で放送された、【出演】島崎和歌子、地井武男、山瀬まみ、【解説】竹山宜典[近畿大学]、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「内臓が突然、溶ける!」を見る。

 今回の番組内容は「すい臓」に関するものであった。すい臓を溶かす急性すい炎と溶けないけどやっかいな慢性すい炎について説明していた。どちらも一番の原因はアルコールであり、すい炎になる確率が高くなるアルコールの量は意外と少なく、アルコールを飲み過ぎないことが予防や治療につながる。ただし、アルコールを飲んですい炎になるかどうかは体質による個人差も大きい。

 ABC(朝日放送)の『朝だ!生です旅サラダ』というテレビ番組の「日本全国 コレ!うまかろう!!」のコーナーで、神田正輝さんが東京都港区六本木にある「六本木 ル・コック」から電話があり、これからローストチキンを発送してくれるということで振込先を知らせててもらった。発送までには約3週間ほどかかるということであったが、予定よりも早く発送してもらえることになった。

 朝日放送 | 朝だ!生です旅サラダ | 日本全国 コレ!うまかろう!!「六本木ル・コック」
 http://www.asahi.co.jp/tsalad/koreuma/20110507.html

 六本木ル・コック
 http://www2.plala.or.jp/lecoq/

 馬場乾竹氏の教材『究極の専門治療院の作り方セミナーDVD』を注文する。

 馬場乾竹『究極の専門治療院の作り方セミナーDVD』(治療院経営サポートドットコム)
 http://www.chiryouinkeiei-support.com/senmon/

 あややが今週もお好み焼き屋の奈奈でランチセットを食べたいというので二人で出掛けた。先週奈奈で初めてランチセットを食べたのだけれど、豚玉が美味しくなっていた。それであややはまた豚玉が食べたくなったのである。それでランチセットと単品で豚玉も注文した。ランチセットは豚玉とうどん焼きと揚げシューマイとサラダとデザートだった。あややも私も同じメニューだと思っていたので、前回とはメニューの内容が違っていたのにはちょっと驚いた。考えたらランチのメニューが違っているほうが普通なのになぜ同じだと思い込んでしまったのか不思議である。

 サンテレビで放送された、ムン・ヨンナム脚本、チン・ヒョンウク演出、キム・イサン(イ・ジュンヒュク)、チュ・オヨン(オ・ジウン)、キム・コンガン(アン・ネサン)、オム・チョンナン(ト・ジウォン)、キム・ヒョンチャル(オ・デギュ)、ト・ウミ(キム・ヒジョン)、キム・スンギョン(パク・イナン)、チョン・グァジャ(イ・ヒョチュン)、ケ・ソル(イ・ボヒ)、ワン・ジェス(コ・セウォン)、チュ・ボミン(ノ・ジュヒョン)、テ・ヨニ(キム・エラン)、ハ・ヘンソン(バン・ジュンヒョン)、チュ・プヨン(チャン・ダユン)、キム・ホンス(キム・ジンソン)、キム・サンテ(クォン・ミンジョン)、チョ・ナンジャ(イ・サンスク)、ジョンナム(チョン・ユンソク)出演、2009年から2010年までKBSで放送された韓国ドラマ『怪しい三兄弟』の第25話「不審な行動」を見る。

 サンテレビで、キム・ジェヒョン、チョン・ヒョ演出、パク・チョンファ原作、ユン・ジョンゴン脚本、宣祖(イム・ドンジン)、臨海君(キム・ユソク)、光海君(チ・ソン)、金尚宮(パク・ソニョン)、イ・ハンミン(イ・フン)、柳氏夫人(サガン)、懿仁王后朴氏(イ・ヒョチュン)、仁嬪金氏(イ・ヘスク)、許氏夫人(イ・アヒョン)、キム・ゴンリャン(キム・ハクチョル)、ソ・ソンイ(キム・ヘリ)、仁穆王后金氏(ホン・スヒョン)、ジル(チョン・テウ)、ペセジャ嬪(イ・ギョンファ)、定遠君(カン・ソンヒョン、ソン・ジョンボム)、綾陽君(アン・ホンジン)出演、韓国SBSで2003年10月6日から2004年3月2日まで放映された韓国歴史ドラマ『王の女(왕의 여자)』の第36話を見る。

 キャスリン・ビグロー監督、キャスリン・ビグロー、マーク・ボール、ニコラ・シャルティエ、グレッグ・シャピロ、マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース製作、マーク・ボール脚本、マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース音楽、バリー・アクロイド撮影、ボブ・ムラウスキー、クリス・イニス編集、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)、J・T・サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)、オーウェン・エルドリッジ特技兵(ブライアン・ジェラティ)、マシュー“マット”・トンプソン軍曹(ガイ・ピアース)、ジョン・ケンブリッジ軍医中佐(クリスチャン・カマルゴ)、PMC(民間軍事会社)分隊長(レイフ・ファインズ)、リード大佐(デヴィッド・モース)、コニー・ジェームズ(エヴァンジェリン・リリー)出演、2009年6月26日(2010年3月6日、日本)公開のアメリカ映画『ハート・ロッカー(The Hurt Locker)』を見る。

 この映画は、イラクで従事するアメリカ軍爆弾処理班の活動を描いている戦争アクションであり社会派ドラマでもある。

 映画のタイトルにもなっている「ハート・ロッカー」という言葉は「苦痛の極限地帯」とか「棺桶」を意味する兵隊用語である。

 本作は、第82回アカデミー賞最多6部門受賞!【作品賞・監督賞・脚本賞・編集賞・音響編集賞・録音賞】のほか、全米映画批評家協会賞、全米監督組合賞、全米製作者組合賞、NY映画批評家協会賞、LA映画批評家協会賞、英国アカデミー賞など、世界の映画賞で合計104部門の映画賞を受賞した作品である。

 世界の主要映画賞 104冠に輝いた話題作ということで、私もぜひ見てみたいと思っていた。実際に見てみると、映画としてはそれほど面白い作品ではなかった。見ている途中で退屈することもあったくらいだ。戦争映画としても本作以上のものは沢山ある。

ハート・ロッカー [DVD]
ハート・ロッカー [DVD]

ハート・ロッカー [Blu-ray]
ハート・ロッカー [Blu-ray]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。