今週のお知らせ

「生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌」(姫路市立美術館)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:寺脇康文、進行:根本美緒、ゲスト:高橋英樹、多岐川裕美、プレゼンター:深沢邦之[Take2]、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ 北里柴三郎…“感染症"との戦い(2) 命を懸けて日本を救った男!北里柴三郎と感染症との戦いパート2」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、リポーター:杉山真也[TBSアナウンサー]、岡村仁美[TBSアナウンサー]、水野真裕美[TBSアナウンサー]、ナレーション:堀井美香[TBSアナウンサー]、スタジオゲスト:森永卓郎[経済アナリスト]、友近、『がっちりマンデー!!』の「がっちり 地味?実はスゴい!統計局に潜入 お役所シリーズ第4弾!「統計局」・・・ってどんなお役所?」を見る。

 NHK Eテレで、【ゲスト】中田英寿[元日本代表]、金子賢治[茨城県陶芸美術館長]、【出演】左座朋子[截金師]、神農巌[青磁作家]、春木均夫[人形作家]、鳥毛清[漆芸家]、【司会】千住明、森田美由紀、『日曜美術館』の「現在(いま)を生きる美〜第58回 日本伝統工芸展〜」を見る。
 今回のアートシーンでは、「世界美術館紀行 短編「アメリカ バーンズ財団美術館」」だった。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の第510話「サンジの受難 王国へと帰還した女王!」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【解説】森下卓、【きき手】高崎真子、【司会】福山知沙、『囲碁・将棋フォーカス』を見る。

 今回の番組は、森下卓九段が広瀬章人王位 対 羽生善治NHK杯の「第52期王位戦 第7局」を解説していた。「フォーカス・オン」では、「竜王戦初対決!渡辺vs丸山」と題して、渡辺竜王の経歴を紹介していた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】中野寛也[九段]、【きき手】万波佳奈[四段]、『囲碁講座 中野寛也の戦いの“碁力”(6)みずから仕掛ける戦闘力』の「根拠を奪って戦いを仕上げろ」を見る。

 姫路市立美術館の企画展示室で開催されている「生誕250年記念展 酒井抱一と江戸琳派の全貌」を見に行くため、あややとビリケンさんと3人で出掛ける。先ずは丸亀製麺相生店へ寄り腹ごしらえをしてから姫路市立美術館へ向かった。姫路市立美術館は入ると、これまでにない入館者数に驚いた。こんなに入場者が多いとちょっと見にくいかなと思ったが、何とか順番に見て行くことができた。今回の目的は、酒井抱一の代表作「夏秋草図屏風」[重要文化財](東京国立博物館蔵)を見ることであった。展示は3期に別れていて、酒井抱一「夏秋草図屏風」が展示されるのは第三期(9月21日〜10月2日)である。実物は思っていた以上に汚れが目立っていた。その他の作品の中には色彩が美しいものがあったのが印象に残った。

 姫路市立美術館ホームページ
 http://www.city.himeji.lg.jp/art/

 MBS製作、TBS系列のMBS(毎日テレビ)で放送された、加藤和恵[集英社「ジャンプスクエア」連載]原作、岡村天斎監督、山口亮太シリーズ構成、竹田滋、勝股英夫、近藤裕、太布尚弘、東山敦企画、越智武、茨木政彦、植田益朗、落越友則エグゼクティブプロデューサー、丸山博雄、井上貴允、足立聡史、金庭こず恵、古川慎プロデューサー、林健一アニメーションプロデューサー、佐々木啓悟キャラクターデザイン、岡正春撮影監督、澤野弘之音楽、UVERworld「CORE PRIDE」[オープニングテーマ]、2PM「Take off」[エンディングテーマ]主題歌、奥村燐(岡本信彦)、奥村雪男(福山潤)、杜山しえみ(花澤香菜)、勝呂 竜士(中井和哉)、志摩廉造(遊佐浩二)、三輪子猫丸(梶裕貴)、神木出雲(喜多村英梨)、霧隠シュラ(佐藤利奈)、イゴール・ネイガウス(置鮎龍太郎)、アマイモン(柿原徹也)、メフィスト・フェレス(神谷浩史)、藤本獅郎(藤原啓治)出演、テレビアニメ『青の祓魔師(あおのエクソシスト、青エク)』の第24話「魔神(サタン)の落胤(こ)」を見る。

 NHK Eテレで、【出演】草野厚[慶応義塾大学教授]、『白熱教室JAPAN 慶応義塾大学』の第4回「3.11後の国際協力」を見る。

 今回の『白熱教室JAPAN』は慶応大学湘南藤沢キャンパスから20年前から討論形式の授業を続けてきた草野厚教授の講義である。草野厚教授は既成概念に捕らわれず大胆な発想を育むことを目指し、グループワークや討論など個性的な教育を続けている。今回の草野厚教授の講義のテーマは日本の外交政策である。

 今回のテーマは「3.11後の国際協力」であった。ODA(政府開発援助)と国連PKOなど自衛隊の国際協力活動について国際社会における日本の役割と方向性を議論していた。

 田渕久美子原作・脚本、伊勢田雅也演出、屋敷陽太郎、櫻井賢制作統括、大杉太郎プロデューサー、鈴木保奈美語り、井上二郎ナレーション、江(上野樹里)、茶々[淀](宮沢りえ)、初[常高院](水川あさみ)、織田信長(豊川悦司)、市(鈴木保奈美)、浅井長政(時任三郎)、須磨(左時枝)、ヨシ(宮地雅子)、サキ(伊佐山ひろ子)、ウメ(和泉ちぬ)、羽柴秀吉[木下藤吉郎秀吉 → 羽柴秀吉 → 豊臣秀吉](岸谷五朗)、明智光秀(市村正親)、柴田勝家(大地康雄)、おね[→ 北政所 → 高台院](大竹しのぶ)、なか[ → 大政所](奈良岡朋子)、徳川家康(北大路欣也)、徳川秀忠[竹千代 → 徳川竹千代 → 徳川秀忠](向井理、幼少期:嘉数一星)、織田信包(小林隆)、千宗易[千利休](石坂浩二)、細川たま[細川ガラシャ](ミムラ)、羽柴秀長[→ 豊臣秀長](袴田吉彦)、旭(広岡由里子)、黒田官兵衛(柴俊夫)、豊臣秀勝[羽柴秀勝 → 豊臣秀勝](AKIRA)、酒井忠次(桜木健一)、本多忠勝(苅谷俊介)、織田信雄(山崎裕太)、織田信孝(金井勇太)、三法師(庄司龍成)、佐久間盛政(山田純大)、京極龍子[→松の丸殿](鈴木砂羽)、京極高次(斉藤工)、佐治一成(平岳大)、羽柴秀次[→ 豊臣秀次](北村有起哉)、大姥局[おおばのつぼね](加賀まりこ)、なか[秀忠の侍女](朝倉あき)、千[秀忠の長女、母は江](芦田愛菜、幼少期:高崎ハル、少女期:忽那汐里)、珠[秀忠の次女、母は江](渡辺葵)、勝[秀忠の三女、母は江](浦田結乃)出演、NHK大河ドラマ・第50作『江〜姫たちの戦国〜』の第37回「千姫の婚礼」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:黒土三男、演出:清弘誠、音楽:佐良直美、プロデューサー:石井ふく子、製作:TBS、【出演者】米本平次(水谷豊)、佐伯陽子(松坂慶子)、三郎(桂文珍)、校長先生(角野卓造)、五郎(川ア麻世)、ミシン屋(松村雄基)、社長(六平直政)、フジモト(佐藤輝)、幸助(緒形幹太)、川端澄子(北川弘美)、明(高田翔)、さやか(諸星すみれ)、実(土師野隆之介)、由亀(奈良岡朋子)、青島(石坂浩二)、ナレーション(泉ピン子)、ドラマ特別企画『居酒屋もへじ』を見る。

 水谷豊さんが出演する人情ドラマのようだったので見てみることにした。ドラマのあらすじは、常連客専用の居酒屋もへじに突然現れた謎の女、佐伯陽子(松坂慶子)が居酒屋もへじでアルバイトをすることになり、ある日彼女には悲しい秘密があったことを知ることになるという話である。正直見なくても良かったと思えた。

 NHK総合テレビで放送された、チョ・ジュンヒョン企画、イ・ビョンフン、キム・グノン演出、キム・イヨン、イム・セヒョン脚本、キム・ジョンハクプロダクション制作、イ・サン[李祘]・チョンジョ[正祖]役(イ・ソジン、川島得愛/幼少期:パク・チビン、本城雄太郎)、ソン・ソンヨン[成松淵]・宣嬪昌寧成氏役(ハン・ジミン、花村さやか/幼少期:イ・ハンナ、前田瀬奈)、パク・テス[朴大壽]役(イ・ジョンス[李鍾洙]、宮内敦士/幼少期:クォン・オミン、新井海人), ヨンジョ[英祖]役(イ・スンジェ、大塚周夫)、サド[思悼]世子[セジャ]役(イ・チャンフン、咲野俊介)、ヘギョングン[恵慶宮]・豊山洪氏役(キョン・ミリ、宮寺智子)、チョンスン[貞純]王妃・慶州金氏役(キム・ヨジン、高島雅羅)、ファワン[和緩]翁主役(ソン・ヒョナ、岡寛恵)出演、韓国時代劇ドラマ『イ・サン(이산 李祘)』の第23回「王妃の陰謀」を見る。

「生誕130年 松岡映丘展」(姫路市立美術館)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:井森美幸、プレゼンター:パックンマックン、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ 春スタートゆるボディー改造計画 春から始める!ぷよぷよボディー改造計画」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、リポーター:杉山真也[TBSアナウンサー]、岡村仁美[TBSアナウンサー]、水野真裕美[TBSアナウンサー]、ナレーション:堀井美香[TBSアナウンサー]、スタジオゲスト:中谷美紀、森永卓郎、『がっちりマンデー!!』の「がっちり プロが使う“業務用"炊飯器の力 プロが買ってる!「業務用」で大ヒット プロがこっそり使うレトルトカレー!?漁師専用リール!?」を見る。

  NHK教育テレビで、[出演者]【司会】千住明、森田美由紀、【ゲスト】高橋明也[三菱一号館美術館館長]、【ゲスト】中野京子[翻訳家・早稲田大学講師・ドイツ文学者]、日曜美術館の「マリー=アントワネットと二人の画家 ヴィジェとダヴィッド」を見る。

 マリー・アントワネットを描いたヴィジェ・ルブランとダヴィッドを紹介していた。

 日曜美術館のアートシーンでは▽香り展 香り かぐわしき名宝展」(東京藝術大学大学美術館にて 5月29日まで)ほか各地展覧会情報を紹介していた。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の第488話「必死の叫び 運命を変える勇気ある数秒」を見る。

 この4週間、なぜ第426話から第429話までの『ONE PIECE FILM STRONG WORLD 連動特別篇 金獅子の野望』)を再放送したのが理由がわかった。第488話では白ひげの能力を奪った黒ひげが起こした津波のシーンがあったから放送を自粛したのだろう。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】山崎隆之[七段]、【きき手】鈴木真里[元女流アマ名人]、『将棋講座 山崎隆之のちょいワル逆転術(1)居飛車を惑わす!』の「大胆に誘ってワナを仕掛けろ」を見る。

 あややがマッサージ器を買ってみると言うので、ECカレントでアテックスの「ルルド マッサージクッション AX-HL148」を注文する。

 ECカレント
 http://www.ec-current.com/

 ハンディマッサージャー
 AX-HL148PK(ピンク) マッサージクッション ルルド ふかふか生地Ver.


【在庫あり】【15時までのご注文完了で当日出荷可能!】ATEX AX-HL148PK(ピンク) マッサージク...

 あややが姫路市立美術館の企画展示室で開催されている「生誕130年 松岡映丘展」を見に行きたいと言うので、ビリケンさんと3人で出掛けることになった。途中、丸亀製麺相生店へ寄りうどんを食べた。その後、姫路市立美術館へ行った。松岡映丘の大和絵は古典的な日本絵の典型のような作品であった。私が惹かれたのは「うつろう花」[大正10(1921)年、個人蔵]という作品である。あややが気に入ったのは「池田の宿」[大正10(1921)年、財団法人野間文化財団]という作品であった。見終わった後、あややは売店で松岡映丘の絵がプリントされたバッグを買った。そらから、あややが美術館内のMuseum Café(喫茶室コーナー)で何か飲みたいと言うので、アメリカンとミニワッフルを注文して、ミニワッフルを食べながらアメリカンコーヒーを飲んだ。


 姫路市立美術館ホームページ
 http://www.city.himeji.lg.jp/art/

 田渕久美子原作・脚本、伊勢田雅也演出、屋敷陽太郎、櫻井賢制作統括、大杉太郎プロデューサー、鈴木保奈美語り、井上二郎ナレーション、江(上野樹里)、茶々[淀](宮沢りえ)、初[常高院](水川あさみ)、織田信長(豊川悦司)、市(鈴木保奈美)、浅井長政(時任三郎)、須磨(左時枝)、ヨシ(宮地雅子)、サキ(伊佐山ひろ子)、ウメ(和泉ちぬ)、羽柴秀吉[木下藤吉郎秀吉 → 羽柴秀吉 → 豊臣秀吉](岸谷五朗)、明智光秀(市村正親)、柴田勝家(大地康雄)、おね[→ 北政所 → 高台院](大竹しのぶ)、徳川家康(北大路欣也)、織田信包(小林隆)、千宗易[千利休](石坂浩二)、細川たま[細川ガラシャ](ミムラ)、羽柴秀長(袴田吉彦)、黒田官兵衛(柴俊夫)、酒井忠次(桜木健一)、本多忠勝(苅谷俊介)、織田信雄(山崎裕太)、織田信孝(金井勇太)、三法師(庄司龍成)、佐久間盛政(山田純大)、京極龍子[→松の丸殿](鈴木砂羽)、佐治一成(平岳大)出演、NHK大河ドラマ・第50作『江〜姫たちの戦国〜』の第14回「離縁せよ」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日テレビ)の日曜劇場で放送された、村上もとか「JIN−仁−」(集英社刊)原作、森下佳子脚本、平川雄一朗、山室大輔、那須田淳演出、石丸彰彦、津留正明 プロデュース、高見優、長岡成貢音楽、志田博英音楽プロデュース、平井堅「いとしき日々よ」(デフスターレコーズ)主題歌、南方仁(大沢たかお)、友永未来/野風(中谷美紀[特別出演])、橘咲(綾瀬はるか)、橘恭太郎(小出恵介)、佐分利祐輔(桐谷健太)、山田純庵(田口浩正)、橘栄(麻生祐未)、勝海舟(小日向文世)、坂本龍馬(内野聖陽)、喜市(伊澤柾樹)、茜(橋本真実)、松本良順(奥田達士)、浜口儀兵衛(石丸謙二郎)、多紀元琰(相島一之)、福田玄孝(佐藤二朗)、八木[医学所学生](斉木テツ)、横松[医学所学生](中江大樹)、澤村田之助(吉沢悠)、新門辰五郎(中村敦夫)、西郷吉之助(藤本隆宏)、東修介(佐藤隆太)、中岡慎太郎(市川亀治郎)、近藤勇(宮沢和史[THE BOOM])、皇女和宮(黒川智花)、佐久間象山(市村正親)出演、テレビドラマ『JIN-仁-(JIN−仁−)』[TBS開局60周年作品]の第1話「時空を超えた愛と命の物語〜完結編始動!!歴史の針が今、再び動き出す…人は人でしか救えない」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、チョ・ジュンヒョン企画、イ・ビョンフン、キム・グノン演出、キム・イヨン、イム・セヒョン脚本、キム・ジョンハクプロダクション制作、イ・サン[李祘]・チョンジョ[正祖]役(イ・ソジン、川島得愛/幼少期:パク・チビン、本城雄太郎)、ソン・ソンヨン[成松淵]・宣嬪昌寧成氏役(ハン・ジミン、花村さやか/幼少期:イ・ハンナ、前田瀬奈)、パク・テス[朴大壽]役(イ・ジョンス[李鍾洙]、宮内敦士/幼少期:クォン・オミン、新井海人), ヨンジョ[英祖]役(イ・スンジェ、大塚周夫)、サド[思悼]世子[セジャ]役(イ・チャンフン、咲野俊介)、ヘギョングン[恵慶宮]・豊山洪氏役(キョン・ミリ、宮寺智子)、チョンスン[貞純]王妃・慶州金氏役(キム・ヨジン、高島雅羅)、ファワン[和緩]翁主役(ソン・ヒョナ、岡寛恵)出演、韓国時代劇ドラマ『イ・サン(이산 李祘)』の第2回「父の絵を見せたくて」を見る。

劇場中継「赤毛のアン」(NHK劇場への招待)


 神戸新聞の朝刊の一面の東日本大震災関連には、「福島第1原発 自主避難圏に1万人超 9市町村 残留者把握は困難」「仮設住宅の募集始まる 岩手・陸前高田」「大震災被害者 死者1万0489人 行方不明者1万6621人 計2万7110人[26日午後9時現在](警察庁まとめ)」「基準値1250倍のヨウ素 福島第1 南放水口付近で検出」「「健康への影響ない」原子力安全委」「震災孤児調査を開始 専門家ら岩手入り 心のケアなど急ぐ」などの見出しが掲載されていた。

 NHK教育テレビで放送さらた、淡路修三[九段]【講師】、木下かおり[アマ六段]【きき手】、『囲碁の時間 囲碁講座 淡路修三の楽しく学べるヨセ(6)』の「レベルアップのテクニック 死活のからむヨセ」を見る。
 
 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:なし、プレゼンター:なし、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ 激変?胃炎脂肪肝改善の秘訣は? あのカラダは今!?私はこうして病に立ち向かう!SP」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、スタジオゲスト:森永卓郎、眞鍋かをり、『がっちりマンデー!!』の「がっちり スゴい職人発!自分よりスゴイ人」を見る。

 楽天市場内のショップ「美味通販 楽天市場店」で卵を注文する。

 あややが美味しい卵かけご飯を食べたいというので旅サラダのコレうま(日本全国 コレ!うまかろう!)で紹介されていたしゅりの里のはなしがいたまごを買ってみることにした。

 旅サラダで話題沸騰!【初回限定】しゅりの里 はなしがいたまご12個(6個×2)<3月下旬頃の発送> 05P15Mar11(tmg23021)


神田正輝さんの「全国コレうまかろう」のコーナーでご試食いただき皆さま大絶賛!旅サラダで話...

 関西テレビで放送された、鳥山明原作、松崎容子、森下孝三企画、情野誠人、木村京太郎、小原康平プロデューサー、山本健司音楽、東映アニメーション制作、孫悟空&孫悟飯(野沢雅子)、ブルマ(鶴ひろみ)、クリリン(田中真弓)、ヤムチャ(古谷徹)、ウーロン(龍田直樹)、餃子(江森浩子)、牛魔王(郷里大輔)、チチ(渡辺菜生子)、神様(青野武)、ピッコロ(古川登志夫)、ラディッツ(千葉繁)、べジータ(堀川りょう)、フリーザ(中尾隆聖)、セル(若本規夫)、ナレーション(八奈見乗児)出演、テレビアニメ『ドラゴンボール改』の人造人間編・セル編の第96話「力合わせろ!最強最後のかめはめ波」を見る。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の第427話「映画連動特別編 狙われた小さな東の海(『ONE PIECE FILM STRONG WORLD 連動特別篇 金獅子の野望』)」を見る。

 「丸亀のこだわり札」第2弾ということで、「丸亀のこだわり札」(裏札も)のどれでも5枚集めると「釜揚げうどん」(並)を一杯サービスで無料で食べられる券が集まったので、ビリケンさんとあややと3人でお昼は亀製麺相生店へ行く。今回はメニューが釜揚げうどんと決まっていたので、讃岐で評判の熱々とろりとくずれる黄身の半熟玉子天を追加購入した。あややのその上にいなりを追加購入した。食べた後は、岡山ブルーライン「道の駅」一本松展望園へ行きジャージー牛乳のソフトクリームを食べた。黒井山グリーンパークでは160円なのだけれども、一本松では170円と10円高い。あややは美味しそうなキャンディを見つけてそれが欲しいと言うので買った。

 「丸亀製麺|店舗案内|株式会社トリドール」のウェブページ
 http://www.toridoll.com/shop/marugame/

 「丸亀製麺 | ホーム」のホームページ
 http://www.marugame-seimen.jp/

 田渕久美子原作・脚本、伊勢田雅也演出、屋敷陽太郎、櫻井賢制作統括、大杉太郎プロデューサー、鈴木保奈美語り、井上二郎ナレーション、江(上野樹里)、茶々[淀](宮沢りえ)、初[常高院](水川あさみ)、織田信長(豊川悦司)、市(鈴木保奈美)、浅井長政(時任三郎)、須磨(左時枝)、ヨシ(宮地雅子)、サキ(伊佐山ひろ子)、ウメ(和泉ちぬ)、羽柴秀吉[木下藤吉郎秀吉 → 羽柴秀吉 → 豊臣秀吉](岸谷五朗)、明智光秀(市村正親)、柴田勝家(大地康雄)、おね[→ 北政所 → 高台院](大竹しのぶ)、徳川家康(北大路欣也)、織田信包(小林隆)、千宗易[千利休](石坂浩二)、細川たま[細川ガラシャ](ミムラ)、羽柴秀長(袴田吉彦)、黒田官兵衛(柴俊夫)、酒井忠次(桜木健一)、本多忠勝(苅谷俊介)、織田信雄(山崎裕太)、織田信孝(金井勇太)、三法師(庄司龍成)、佐久間盛政(山田純大)、京極龍子[→松の丸殿](鈴木砂羽)出演、NHK大河ドラマ・第50作『江〜姫たちの戦国〜』の第11回「猿の人質」を見る。

 サンテレビで放送された、方孝仁プロデューサー、林清振演出、杜欣怡、吳至偉、曾詠婷、汪秀賢、李登雅脚本、ルーカス[盧卡斯、25歳、Lucas(ルーカス)](阮經[イーサン・ルァン])、シュアン[單無雙、33歳](楊謹華[シェリル・ヤン])、レスリー[宋允浩、34歳、Leslie(レスリー)](温昇豪[ウェン・シェンハオ])、ジア[韓佳佳、21歳、Cindy(シンディ)](楊雅筑[ヤン・ヤージュー])、ジェイ[JJ、25歳](張懐秋(ハリー・チャン、大嘴巴)]出演、台湾の三立電視が製作し台湾電視公司では2009年1月4日から、三立電視では2009年1月10日から2009年5月31日まで放送された台湾ドラマ『敗犬女王-My Queen』の第7話を見る。

 NHK教育テレビで、ルーシー・モード・モンゴメリー【原作】、ドナルド・ハーロン【脚本】、浅利慶太【演出】、笠松はる、日下武史、木村不時子、五東由衣、斎藤准一郎、山西里奈【出演】、ノーマン・キャンベル【音楽】、『劇場への招待 − 劇場中継「赤毛のアン」 −』[〜東京・自由劇場で収録〜]を見る。

 今回の番組内容は劇団四季によるミュージカル版である。劇団四季では断続的に上演されており、これまでアン役はこれまでにタレントの山川恵里佳さん、歌手の華原朋美さん、島谷ひとみさんなどが務めている。今回のアン役は笠松はるさんだった。

 モンゴメリーの小説『赤毛のアン』は私も高校生の時に読んだことがある好きな作品である。小説の発表から既に100年を越えた今でも読み継がれるというから魅力的な作品であることを証明している。私は『赤毛のアン』を小説を読んだことととアニメで見たくらいなので、今回劇団四季が劇場で公演したミュージカルを見るのは楽しみだった。

 見た感想としては、ミュージカルとして楽しいのであるが、舞台のミュージカルという表現方法では観客が登場人物たちの感情を親身になって汲み取れるまで表現するのは難しいのかなという印象を受けた。

 赤毛のアン 作品紹介|劇団四季
 http://www.shiki.gr.jp/applause/anne/

京都画壇の巨匠 池田遙邨展−旅と自然を愛した画家(姫路市立美術館)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:目黒祐樹、プレゼンター:パックンマックン、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ よくわかる食道がんの真実&予防 ショック!どーすればいいの!?日本人の宿命!? 食道がんの真実」を見る。

 食道がんの主な原因は飲酒であり、お酒を飲むと肝臓でアルコールが分解されて発がん物質であるアセトアルデヒドができる。アセトアルデヒドは酵素によって無毒化されるのであるが、食道では酵素がほとんど働かないため、アセトアルデヒドは分解されず蓄積されていくというわけである。

 お酒に強いか弱いかを基準にして食道がんになりやすいかどうかをチェックすることができる。高活性型はお酒に強いタイプで、ヘテロ欠損型はお酒に弱いタイプであるがお酒に慣れると飲めるようになるタイプで、非活性型はお酒に弱いタイプでまったく飲めないタイプである。3つの中で食道がんに一番なりやすいのはヘテロ欠損型である。この食道がんのリスクチェックだと、私の場合はおそらくヘテロ欠損型ではないかと思われる。私は普段はお酒を飲まないので食道癌の予防にはなっているかもしれない。

 また、番組では食道がんの最新治療法として内視鏡治療を紹介していた。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、スタジオゲスト:いとうあさこ、森永卓郎、『がっちりマンデー!!』の「がっちり TV初公開禁断マルサ国税庁潜入」を見る。

 NHK教育で放送された、高橋道雄[九段]【講師】、 山口恵梨子[女流初段]【きき手】、『将棋の時間 将棋講座 高橋道雄の自由に指そう!楽しい駒落ち(5)』の「いろいろな戦法で上手を攻略しよう 飛車落ちには気合いの5筋位取り」を見る。

 あややが姫路市立美術館へ行きたいというので、ビリケンさんと3人で姫路市へ出掛けることになった。美術館へ行く前に、ステーキのどん姫路店で昼食を取ることにした。ランチメニューの「どんハンバーグランチ(テリヤキソース)」と「ステーキ屋の黒カリーランチ」を注文した。どうやら行き違いがあったようで、私は「ステーキ屋の黒カリーランチ」を注文したのはビリケンさんだと思っていたのだけれど、ビリケンさんは私が「ステーキ屋の黒カリーランチ」を注文したと思っていたらしい。結局、ビリケンさんが「ステーキ屋の黒カリーランチ」を食べることになったのだけれど、あややと私はビリケンさんに「どんハンバーグランチ(テリヤキソース)」を分けてあげた。だから、一番得したのはビリケンさんかもしれない。

 ステーキのどん [株式会社どん]のホームページ
 http://www.steak-don.jp/

 ステーキのどんで昼食を食べた後、姫路市立美術館へ行った。姫路市立美術館の企画展示室では「京都画壇の巨匠 池田遙邨展−旅と自然を愛した画家」が開催されている。あややと私は池田遙邨展を見に来たのだ。私は今回の池田遙邨展が開催されるまでは、画家の池田遙邨(いけだようそん)氏のことはまったく知らなかった。展示されている作品を見て池田遙邨氏の日本画の独創性を感じることができた。あややも見に来て良かったという感想を持ったようだ。

 コレクションギャラリーでは三木翠山「東海道五十三次 箱根」が展示されていた。

 姫路市立美術館ホームページ
 http://www.city.himeji.lg.jp/art/

風に吹かれて山頭火―池田遙邨小画集 (アートルピナス)
風に吹かれて山頭火―池田遙邨小画集 (アートルピナス)

池田遙邨展・高梁川流域の近代洋画家展 (1983年)
池田遙邨 (1983年) (現代美術家シリーズ〈12〉)
池田遙邨作品展―倉敷市へ寄贈記念 (1980年)
池田遙邨集 (1974年) (現代作家デッサン・シリーズ〈1〉)
野趣二景―池田遙邨豪華木版画集 (1982年)

 田渕久美子原作・脚本、伊勢田雅也演出、屋敷陽太郎、櫻井賢制作統括、大杉太郎プロデューサー、鈴木保奈美語り、井上二郎ナレーション、江(上野樹里)、茶々[淀](宮沢りえ)、初[常高院](水川あさみ)、織田信長(豊川悦司)、市(鈴木保奈美)、浅井長政(時任三郎)、須磨(左時枝)、ヨシ(宮地雅子)、サキ(伊佐山ひろ子)、ウメ(和泉ちぬ)、木下秀吉[木下藤吉郎秀吉、羽柴秀吉、豊臣秀吉](岸谷五朗)、明智光秀(市村正親)、柴田勝家(大地康雄)、おね[北政所](大竹しのぶ)、徳川家康(北大路欣也)、織田信包(小林隆)、千宗易[千利休](石坂浩二)、細川たま[細川ガラシャ](ミムラ)、羽柴秀長(袴田吉彦)、黒田官兵衛(柴俊夫)、酒井忠次(桜木健一)、本多忠勝(苅谷俊介)、織田信雄(山崎裕太)、織田信孝(金井勇太)、三法師(庄司龍成)、佐久間盛政(山田純大)出演、NHK大河ドラマ・第50作『江〜姫たちの戦国〜』の第8回「初めての父」を見る。

 MBS毎日放送で放送された、石丸彰彦企画、戸部真里香原案、山室大輔、吉田健演出、高橋麻紀脚本、高橋正尚、韓哲プロデューサー、稲葉祐[36歳](草g剛)、石川萌奈美[45歳](今井美樹)、稲葉肇[24歳](佐藤健)、向井安奈[27歳](加藤ローサ)、稲葉百合[63歳](吉田日出子)、稲葉哲也[58歳](でんでん)、稲葉香織[53歳](大島蓉子)、石川航一[41歳](高嶋政伸)、石川琴音(森迫永依)、石川章子[71歳](江波杏子)、中里次郎[36歳](山崎樹範)、村瀬千尋(遊井亮子)、白石理恵[38歳](白羽ゆり)、チェ・ジウ[友情出演]出演、TBS系列の日曜劇場枠で放映されたテレビドラマ『冬のサクラ』の第7話「娘に遺す、最後の言葉」を見る。

 サンテレビで放送された、方孝仁プロデューサー、林清振演出、杜欣怡、吳至偉、曾詠婷、汪秀賢、李登雅脚本、ルーカス[盧卡斯、25歳、Lucas(ルーカス)](阮經[イーサン・ルァン])、シュアン[單無雙、33歳](楊謹華[シェリル・ヤン])、レスリー[宋允浩、34歳、Leslie(レスリー)](温昇豪[ウェン・シェンハオ])、ジア[韓佳佳、21歳、Cindy(シンディ)](楊雅筑[ヤン・ヤージュー])、ジェイ[JJ、25歳](張懐秋(ハリー・チャン、大嘴巴)]出演、台湾の三立電視が製作し台湾電視公司では2009年1月4日から、三立電視では2009年1月10日から2009年5月31日まで放送された台湾ドラマ『敗犬女王-My Queen』の第3話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、汪俊監督、浅田次郎原作、西太后[せいたいごう](田中裕子)、李春雲[りしゅんうん]・春児[チュンル](余少群[Yu Shao qun]、声:水島大宙)、梁文秀[りょうぶんしゅう](周一囲[Zhou Yi wei]、声:福田賢二)、光緒帝[こうしょてい](張博[Zhang Bo]、声:平川大輔)、ミセス・チャン(殷桃[Yin tao]、声:藤本喜久子)、岡圭之介(小澤征悦)、伊藤博文(平田満)、柴五郎(田中隆三)出演、日中共同制作のテレビドラマ『蒼穹の昴』の第22回「中秋節の宴」を見る。

「現代郷土作家展 江見絹子展」(姫路市立美術館)と『日曜劇場・獣医ドリトル』(テレビドラマ)


 関西テレビで放送された、鳥山明原作、松崎容子、森下孝三企画、情野誠人、木村京太郎、小原康平プロデューサー、山本健司音楽、東映アニメーション制作、孫悟空&孫悟飯(野沢雅子)、ブルマ(鶴ひろみ)、クリリン(田中真弓)、ヤムチャ(古谷徹)、ウーロン(龍田直樹)、餃子(江森浩子)、牛魔王(郷里大輔)、チチ(渡辺菜生子)、神様(青野武)、ピッコロ(古川登志夫)、ラディッツ(千葉繁)、べジータ(堀川りょう)、フリーザ(中尾隆聖)、ナレーション(八奈見乗児)出演、テレビアニメ『ドラゴンボール改』の人造人間編・セル編の第85話「破られた休息!防衛軍、セルに総攻撃」を見る。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』14th マリンフォード篇の第478話「約束のために!! 激突! ルフィとコビー」を見る。

 あややが姫路市立美術館の企画展示室で開催されている「現代郷土作家展 江見絹子展」が今日が最終日なので行きたいというので、あややとビリケンさんと私の3人で出掛けることになった。

 企画展示室へ入る前のコレクションギャラリーでは「青年画家たちの挑戦 戦前の前衛美術」と題する絵画が展示されていてなかなか良かった。

 江見絹子展については姫路市立美術館の展覧会のご案内やテレビCMなどで1986年の「幻想と秩序」(神奈川県立近代美術館蔵)や2008年の「火と水」(個人蔵)などの抽象画が紹介されていて、何だか訳の分からない絵だなあと思い「現代郷土作家展 江見絹子展」へ行くことにあまり気が進まなかった。あややも同様だった。ところが、生で実物を見てみると油絵の絵の具が盛り上がっていて私の感性に感じるものがあり訳が分からないながらもこれらの絵は良いと思えた。それと同時に、これは人真似ではない江見絹子さん独特の絵なのだというふうにも思えた。見に来て良かったと思えた。これは私にとって予想外の感想だった。あややも見に来て良かったということだった。江見絹子展では初期の具象画も展示されていて、こういう絵も描いていたのだとわかった。

 江見絹子さんの展覧会鑑賞後に館内の喫茶コーナー「Museum Café(ミュージーアム・カフェ)」に立ち寄って350円のコーヒーと50円のミニワッフルを楽しんだ。姫路市立美術館には何度も来ているが喫茶コーナーの「Museum Café(ミュージーアム・カフェ)」へ入ったのは初めてのことである。

 姫路市立美術館ホームページ
 http://www.city.himeji.lg.jp/art/

 NHK総合テレビで放送された、司馬遼太郎(『坂の上の雲』、『明治という国家』、『司馬遼太郎が考えたこと』)原作、野沢尚、柴田岳志、佐藤幹夫脚本、柴田岳志、佐藤幹夫、加藤拓、木村隆文、一色隆司演出、西村与志木エグゼクティブプロデューサー、菅康弘、藤澤浩一、中村高志制作統括、久石譲音楽、渡辺謙語り、秋山真之(本木雅弘)、秋山好古(阿部寛)、正岡子規(香川照之)、正岡律(菅野美穂)、広瀬武夫(藤本隆宏)、アリアズナ(マリーナ・アレクサンドロワ)、井上馨(大和田伸也)、桂太郎(綾田俊樹)、小村寿太郎(竹中直人)、伊藤博文(加藤剛)、秋山多美(松たか子)、稲生季子(石原さとみ)、陸羯南(佐野史郎)、八代六郎(片岡鶴太郎)、乃木希典(柄本明)、乃木静子(真野響子)、正岡八重(原田美枝子)、秋山貞(竹下景子)、高橋是清(西田敏行)、児玉源太郎(高橋英樹)、明治天皇(尾上菊之助)、明石元二郎(塚本晋也)、日高壮之丞(中尾彬)、大山巌(米倉斉加年)、島村速雄(舘ひろし)、山県有朋(江守徹)、東郷平八郎(渡哲也)、山本権兵衛(石坂浩二)出演、2009年11月29日から足掛け3年にわたって放送されているNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の第2部(1901年〜1904年夏)の第8回「日露開戦」を見る。

 毎日テレビで放送された、夏緑[作]、ちくやまきよし[画]原作、橋本裕志脚本、石井康晴、坪井敏雄、大澤祐樹演出、瀬戸口克陽プロデュース、三田真奈美協力プロデューサー、小川博之[日本動物高度医療センター]動物医療監修、中村淳CG、本山信二郎法律監修、江川悦子、神田文裕特殊造形、鳥取健一(小栗旬)、多島あすか(井上真央)、花菱優(成宮寛貴)、不動ルミ(藤澤恵麻[友情出演])、土門勇蔵(笠原秀幸)、土門順平(菅田将暉)、富沢教授(石坂浩二)、土門大蔵(國村隼)出演、TBS系列で放送されているテレビドラマ『日曜劇場・獣医ドリトル』の最終章最終話(第9話、最終回)「さらばドリトル!! 衝撃のラストと涙の決断!!」を見る。

 獣医はビジネスと割り切りビジネスに徹底している獣医師の鳥取健一が出くわす動物と飼い主との出来事を描いたドラマである。ドラマとしてはまあまあ面白かった。

獣医ドリトル 1  ビッグコミックス
獣医ドリトル 1 ビッグコミックス

『獣医ドリトル』オフィシャルブック (学研ムック)
『獣医ドリトル』オフィシャルブック (学研ムック)

獣医ドリトル DVD-BOX [DVD]
獣医ドリトル DVD-BOX [DVD]

TBS系日曜劇場 獣医ドリトル オリジナル・サウンドトラック
TBS系日曜劇場 獣医ドリトル オリジナル・サウンドトラック




 DVDで、方孝仁プロデューサー、陳銘章演出、周平之、王國光、彭盛青、黃新高、方靜儀、鄒維剛、陳炘怡、杜欣怡脚本、シンディ[陳欣怡](ジョー・チェン[陳喬恩])、ジェイ[紀存希](イーサン・ルァン[阮經天])、ディラン[Dylan](バロン・チェン[陳楚河])、アンナ[Anna](ビアンカ・パイ[白歆惠])、シースー[林西施](リン・メイシュウ[林美秀])、チンシア[陳青霞](ジェシカ・ソン[宋新妮])、フォンチャオ[陳鳳嬌](ツォン・シンリン[鍾欣凌])、アンソン[Anson](ナー・ウェンシュン[那維勳])、[烏陸陸](ルオ・ベイアン[羅北安])、チーチー[烏柒柒](チェン・ウェイミン[陳為民])、グッチ[古馳](パトリック・リー[李沛旭])、ハオ・ジョンチャン[郝正常](チー・チョンヘン)出演、2008年3月16日から2008年8月24日まで台湾の台湾電視公司、三立都会台で放送された台湾ドラマ『ハートに命中100%[ハートに命中100%](命中注定我愛你)』の#32(第32話)「愛の陶芸教室」を見る。

エドゥアール・ヴュイヤール「室内、夜の効果」


 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第11週「立つ鳥ダシを濁さず」の第62話を見る。

 NHK教育で放送された、横浜市立大学准教授上村雄彦講師、『白熱教室JAPAN 横浜市立大学』の第2回「こんな日本を創りたい」を見る。

 今回は横浜市立大学の上村雄彦准教授の講義の3回目である。今回の講義の内容は「2050年に君が日本の首相となった。さてどんな日本を創るのか?」と宇宙の王様からの命令は2050年に日本の首相にするから仲間と内閣を作って日本を作り替えてくれという課題に関して学生たちがチームを組んで話し合った内容を発表し、それを聞いた学生たちが質疑などを行い理想の日本の形を議論し合うという形式であった。

 今回発表に参加した3チームとも理想の日本を実現するため奇しくも雇用問題を取り上げていたのは偶然とは思えないものがあった。学生たちの関心は就職が大きく占めているのだと推測された。

 兵庫県立美術館で開催されている特別展「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」で見た作品の中で、エドゥアール・ヴュイヤールの「室内、夜の効果」という油絵が薄気味悪くて強く印象に残った。今まで見た絵画の中でこれほど奇怪な絵を見たことがない。あややも私と同様の印象を持ったらしい。

 母親はまるで鏡に映った魔法使いの老女のようで顔の目鼻口がぼやけで顔無しの仮面を被っているかのように見える。また、姉のマリーはランプの灯りが逆光になっていて顔ま真っ暗でまるで顔がない悪魔か死に神のようである。室内は全体的に薄暗く不気味な雰囲気を醸し出している。

 チョン・ヘリョン演出、チョ・ジョンソン脚本、イ・ボクス(キム・ジフン)、チョ・ミシン(イ・スギョン)、イ・スギル(パク・イナン)、ソ・ミスン(ユン・ヨジョン)、オ・ヒャンシム(キム・ウルドン)出演、韓国ドラマ『ヨメ全盛時代』の第16話「両家の顔合わせ」を見る。

 サンテレビで放送された、シン・チャンソク、ファン・イニョク演出、ソン・ヨンモ、イ・サンミン、カン・ヨンラン脚本、千秋太后[チョンチュテフ]/ファンボ・ス[皇甫壽](チェ・シラ、青年期:キム・ソウン)、キム・チヤン[金致陽](キム・ソックン、子役:ナム・ユヒョン)、カン・ジョ[康兆](チェ・ジェソン)、カン・ガムチャン[姜邯賛](イ・ドクファ[李徳華])、ワン・ウク[王郁](キム・ホジン)、ファンボ・ソル[皇甫雪](シネ、子役:パク・ウンビン)、ソンジョン[成宗](キム・ミョンス)、シンジョン[神静]皇太后(パン・ヒョジョン)、ソ・ヒ[徐熙](イム・ヒョク)、キム・ウォンスン[金元崇](キム・ビョンギ)、蕭太后(シム・ヘジン)、耶律隆緒(チャン・ドンジク、青年期:ジェームス・オ)、韓徳譲(イ・ジヌ)、蕭排押(チョン・フンチェ)、耶律迪烈(キム・ミョングク)、耶律的魯(ユン・ヨンヒョン)、耶律盆奴(キム・ソンヒョン)、蕭遜寧(チ・デハン)、耶律無忌(イ・ハンスル)、蕭チャルリ(ユ・ジュヒ)、耶律チョ(ヨム・チョロ)出演、2009年1月3日から同年9月27日まで韓国KBS2にて放送された韓国時代劇ドラマ『千秋太后 チョンチュテフ(ちょんちゅたいこう)』の第49話「幻想の誘惑」を見る。

 パク・チヒョン脚本、イ・ジンソク監督、チン・ソンミ(チェリム)、ホ・ヨンミ(キム・ソヨン)、ユン・ヒョンチョル(チャン・ドンゴン)、キム・ウジン(ハン・チェソク)、ユ・ジュヒ(キム・ジョンウン)、チン・ギソン(ヒョン・ソク)、ソン・ジョンスク(パク・ウォンスク)、ペ・インス(チェ・ジュニョン)、アン・ジュンモ(アン・ジョンフン)、シン・キジョン(イ・グニ)、イ・キョンヒ(パク・スンチョン)、チェ・ジンス(ユン・ギウォン)、チョ・チョジェ(キム・ヒョジン)、キム・ソンダル(パク・チョル)、チン・ソンミの叔母(キム・ヒョンジャ)、イ・スンゴル(ソン・イルグク)、ソンミ、ヨンミの大学の先輩、チョン・グァンリョル[ホ・ジュン](チョン・グァンリョル)出演、2000年4月26日から7月6日にかけて韓国のMBCで放送された韓国ドラマ『イヴのすべて(이브의 모든 것、All about Eve)』の第12話「携帯電話事件」を見る。

 関西テレビで、有川浩「フリーター、家を買う。」(幻冬舎刊)原作、橋部敦子脚本、瀧山麻土香、水野綾子編成企画、橋本芙美プロデュース、河野圭太、城宝秀則演出、高見優音楽、フジテレビ制作、共同テレビ制作著作、武誠治[25](二宮和也[嵐]、幼少期:鈴木福)、千葉真奈美[25](香里奈)、武誠一[55](竹中直人)、武寿美子[50](浅野温子)、永田亜矢子[30](井川遥)、永田文也(七海智哉)、永田智也(橋本智哉)、永田則子[65](鷲尾真知子)、西本幸子[60](坂口良子)、西本和彦[28](横尾渉[ジャニーズJr])、大悦貞夫[50](大友康平)、塚本学[53](山本龍二)、真田勝也[45](嶋大輔)、星野あかり[21](岡本玲)、手島信二[20](井上正大)、豊川哲平[25](丸山隆平[関ジャニ∞])、山賀亮介[36](眞島秀和)、北山雅彦[33](児嶋一哉[アンジャッシュ])、岡野忠志[40](田中壮太郎)、島田彰子[20](玄里)出演、フジテレビ系列にて放送されている連続テレビドラマ『フリーター、家を買う。』の第8話「おまえに親父さんの何がわかる?」を見る。

 関西テレビで、相沢友子原案、大久保ともみ、平野悠希脚本、小林義則、植田泰史演出、吉條英希[関西テレビ]チーフプロデューサー、稲田秀樹、山崎淳子[共同テレビ]、佐野拓水[関西テレビ]プロデューサー、野上芽衣子[33](菅野美穂)、真島拓朗[32](玉木宏)、榎本万里[32](吉瀬美智子)、鶴見真人[27](水上剣星)、宇喜田元[52](吉田鋼太郎)、堂島基一[47](唐沢寿明)、門倉了[32](RIKIYA)、三輪周平[53](モロ師岡)、矢部彩乃[29](滝沢沙織)、小山内琴美[42](横山めぐみ)、野上千津[65](岩本多代)出演、関西テレビと共同テレビの共同制作によりフジテレビ系列で放送されている連続テレビドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』の第9話「女の執念・黒幕暴く!」を見る。

特別展「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」(兵庫県立美術館)


 NHK教育テレビで、有川治男[学習院大学教授]ゲスト、姜尚中、中條誠子司会、『日曜美術館』の「魂の色彩を〜“青騎士”美の革命〜」を見る。

 今回の番組は、20世紀初頭にミュンヘンで若き芸術家たちが“美の革命”を唱えて立ち上がっり、“美の革命”に挑んだグループ「青騎士」を取り上げ、「青騎士」の中心を担った前衛画家であるカンディンスキーとマルクの2人の中心メンバーに焦点を当てて、カンディンスキーとマルクの軌跡をたどるものであった。

 私はそもそも「青騎士」という名前さえ知らなかったが、カンディンスキーとマルクが精神的な世界を色彩によって表現していることや「青騎士」が現代美術に大きな功績を残したことを知ることができた。

 関西テレビで放送された、鳥山明原作、松崎容子、森下孝三企画、情野誠人、木村京太郎、小原康平プロデューサー、山本健司音楽、東映アニメーション制作、孫悟空&孫悟飯(野沢雅子)、ブルマ(鶴ひろみ)、クリリン(田中真弓)、ヤムチャ(古谷徹)、ウーロン(龍田直樹)、餃子(江森浩子)、牛魔王(郷里大輔)、チチ(渡辺菜生子)、神様(青野武)、ピッコロ(古川登志夫)、ラディッツ(千葉繁)、べジータ(堀川りょう)、フリーザ(中尾隆聖)、ナレーション(八奈見乗児)出演、テレビアニメ『ドラゴンボール改』の人造人間編・セル編の第83話「テレビが乗っ取られた!セルゲーム会見生放送」を見る。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』14th マリンフォード篇の第476話「ルフィ力尽く! オリス広場の総力戦!!」を見る。

 あややが兵庫県立美術館で開催されている特別展「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」を見に行きたいというので、あややとビリケンさんと私の3人で神戸まで出掛けることになった。

 途中、丸亀製麺相生店へ寄りうどんを食べた。

 神戸に着いて兵庫県立美術館の近くまで来たが場所が分からなくてカーナビの音声ガイドを作動させるとすぐに兵庫県立美術館へ導いてくれた。兵庫県立美術館に着くと兵庫県立美術館の地下駐車場へ車を駐めた。これまでは美術展というと兵庫県立博物館で開催されることが多く、兵庫県立美術館に来るのは初めてのことである。それにしても、兵庫県立美術館は立派な建物なので感心した。兵庫県立近代美術館は昭和45年 10月に開館したが、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災により被災し、現在の兵庫県立美術館は平成14年4月6日に開館している。

 まずは特別展「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」を見ることにした。ヴィンタートゥールはスイスにある小都市であり、その街にヴィンタートゥール美術館がある。今回の特別展「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」はこれまで国外でまとめて展示されることのなかったこの作品群を初めて大規模に紹介するものである。ファン・ゴッホやルノワール、ピカソらの作品に加え、ホードラーやジャコメッティなど、スイスおよびドイツ美術の作品も展示されている。出品作品90点はすべて日本初公開である。

 その後、2010年度コレクション展Vの、展示室1・3で「描かれた人々 | 女その1」、展示室2で「描かれた人々 | 男」、展示室5で「彫刻室 海外の近現代彫刻 / 安藤忠雄コーナー」、展示室4で「描かれた人々 | 女その2」、小磯良平記念室、金山平三記念室、展示室6で「小企画「「その他」のチカラ。−森村泰昌の小宇宙−」を見て回る。

 芸術の館 兵庫県立美術館
 http://www.artm.pref.hyogo.jp/

 兵庫県立美術館-「芸術の館」ゴッホも、ルノワールも、すべてが日本初公開!! ザ・コレクション・ヴィンタートゥール スイス発―知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂
 http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1010/index.html

 兵庫県立美術館-「芸術の館」コレクション展3
 http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1011/index.html

 NHK総合テレビで放送された、司馬遼太郎(『坂の上の雲』、『明治という国家』、『司馬遼太郎が考えたこと』)原作、野沢尚、柴田岳志、佐藤幹夫脚本、柴田岳志、佐藤幹夫、加藤拓、木村隆文、一色隆司演出、西村与志木エグゼクティブプロデューサー、菅康弘、藤澤浩一、中村高志制作統括、久石譲音楽、渡辺謙語り、秋山真之(本木雅弘)、秋山好古(阿部寛)、正岡子規(香川照之)、正岡律(菅野美穂)、広瀬武夫(藤本隆宏)、アリアズナ(マリーナ・アレクサンドロワ)、井上馨(大和田伸也)、桂太郎(綾田俊樹)、小村寿太郎(竹中直人)、伊藤博文(加藤剛)出演、2009年11月29日から足掛け3年にわたって放送されているNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の第2部(1901年〜1904年夏)の第6回「日英同盟」を見る。

 毎日テレビで放送された、夏緑[作]、ちくやまきよし[画]原作、橋本裕志脚本、石井康晴、坪井敏雄、大澤祐樹演出、瀬戸口克陽プロデュース、三田真奈美協力プロデューサー、小川博之[日本動物高度医療センター]動物医療監修、中村淳CG、本山信二郎法律監修、江川悦子、神田文裕特殊造形、鳥取健一(小栗旬)、多島あすか(井上真央)、花菱優(成宮寛貴)、不動ルミ(藤澤恵麻[友情出演])、土門勇蔵(笠原秀幸)、土門順平(菅田将暉)、富沢教授(石坂浩二)、土門大蔵(國村隼)出演、TBS系列で放送されているテレビドラマ『日曜劇場・獣医ドリトル』の第2章第7話「助手失格!! 本当の愛情」を見る。

 ABCテレビで放送された、甲斐谷忍原作、渡辺雄介、森ハヤシ脚本、 常廣丈太[テレビ朝日]ほか演出、横地郁英[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、関拓也[テレビ朝日]、井上竜太[ホリプロ]プロデューサー、山下康介音楽、永井一郎ナレーター、小田霧響子(石原さとみ)、谷口一郎(谷原章介)、飯伏薫(大島優子[AKB48])、女刑事「S」(三浦理恵子)、小田霧幸太(竹内寿)、戸井睦子(篠原真衣)、黒服の男(かねきよ勝則、野間慎平)出演、テレビ朝日系列の「日曜ナイトドラマ」枠で放送されている連続ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』の最終回(第9霊)「透明人間の正体」を見る。 

 本当は霊能力などない偽物のインチキ霊能力者である小田霧響子が持ち前の観察力と調査によって数々の怪奇現象や超常現象の謎を解決していくという一風変わった物語である。

 小田霧響子の通称オダキョーもトーク番組の番組名「オカルトーーク」も音の響きが良く音感に訴えられる印象深い命名である。

 依頼された事件をADとして事前調査した結果謎が分かった際の決め台詞である「ついつい、見えちゃいました」や、小田霧響子に扮してから番組内での決め台詞は「見えました」は記憶に残る言葉である。

 変わっててそこそこ面白かったドラマであった。

霊能力者小田霧響子の嘘 1 (ヤングジャンプコミックス)
霊能力者小田霧響子の嘘 1 (ヤングジャンプコミックス)

霊能力者 小田霧響子の嘘 DVD-BOX
霊能力者 小田霧響子の嘘 DVD-BOX

「特別企画展 没後50年白瀧幾之助展」(姫路市立美術館、企画展示室)


 関西テレビで放送された、鳥山明原作、松崎容子、森下孝三企画、情野誠人、木村京太郎、小原康平プロデューサー、山本健司音楽、東映アニメーション制作、孫悟空&孫悟飯(野沢雅子)、ブルマ(鶴ひろみ)、クリリン(田中真弓)、ヤムチャ(古谷徹)、ウーロン(龍田直樹)、餃子(江森浩子)、牛魔王(郷里大輔)、チチ(渡辺菜生子)、神様(青野武)、ピッコロ(古川登志夫)、ラディッツ(千葉繁)、べジータ(堀川りょう)、フリーザ(中尾隆聖)、ナレーション(八奈見乗児)出演、テレビアニメ『ドラゴンボール改』の人造人間編・セル編の第78話「セル怒涛の悔しがり!クリリン、18号を破壊せよ」を見る。

 モンキー・D・ルフィ (田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉、浦和めぐみ)、ナミ (岡村明美、山崎和佳奈)、ウソップ (山口勝平)、サンジ (平田広明、大谷育江)、トニートニー・チョッパー(大谷育江)、ニコ・ロビン(山口由里子)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』14th マリンフォード篇の第471話「殲滅作戦始動 パシフィスタ軍団の威力」を見る。

 午前中出掛けたついでに「眼鏡物語」へ寄りフレームを見て回る。

 眼鏡物語のホームページ
 http://www.meganemonogatari.jp/

 午後からはあややが姫路市立美術館の企画展示室で開催している「特別企画展 没後50年白瀧幾之助展」を見に行きたいと言うので、ビリケンさんと3人で出掛ける。

 姫路に着いたらビリケンさんが「眼鏡市場」へ寄ってくれたので新メガネ開発プロジェクトの超軽量・超弾性ポリアミド樹脂フレーム「FREE FiT(フリーフィット)」を見る。

 眼鏡市場のホームページ
 http://www.meganeichiba.jp/

 その後、「栄太呂らーめん」というラーメン屋さんへ寄り、和風ラーメンの「ハイカラらーめん」を食べる。

 ラーメンのスープが熱くて、それがラーメンを美味しく感じさせてくれた。

 栄太呂ラーメン (砥堀 / ラーメン)
 http://r.tabelog.com/hyogo/A2805/A280501/28011355/

 それから、姫路市立美術館へ行き、企画展示室の「特別企画展 没後50年白瀧幾之助展」を見る。

 絵画は油絵だけでなく水彩画も展示されていてオーソドックスな作品であった。

 姫路市立美術館ホームページ
 http://www.city.himeji.lg.jp/art/

 白瀧幾之助 富士山NET
 http://www.fujisan-net.jp/data/article/632.html

 東京藝術大学大学美術館 収蔵品データベース: 人物情報 - 白滝幾之助 ;
 http://db.am.geidai.ac.jp/person.cgi?id=1664

 但馬情報特急 - 白瀧幾之助-白瀧幾之助-但馬事典
 http://www.tajima.or.jp/modules/pukiwiki/?%C7%F2%C2%ED%B4%F6%C7%B7%BD%F5

 白瀧幾之助: 絵画作品と所蔵美術館 - FishEyeArt
 http://www2u.biglobe.ne.jp/~fisheye/artist/jyouga/shirataki.html

 白瀧幾之助 とは - コトバンク
 http://kotobank.jp/word/%E7%99%BD%E7%80%A7%E5%B9%BE%E4%B9%8B%E5%8A%A9


白滝幾之助 (日本の水彩画)

白滝幾之助 (日本の水彩画)

  • 作者: 早川 二三郎
  • 出版社/メーカー: 第一法規出版
  • 発売日: 1989/10
  • メディア: 大型本




 NHK総合テレビで、大友啓史演出、福田靖脚本、坂本龍馬(福山雅治、濱田龍臣)、岩崎弥太郎(香川照之、渡邉甚平)、武市半平太(大森南朋、桑代貴明)、坂本乙女(寺島しのぶ、土屋太鳳)、平井加尾(広末涼子、八木優希)、坂本権平(杉本哲太)、お龍(真木よう子)、千葉佐那(貫地谷しほり)、桂小五郎(谷原章介)、西郷隆盛(高橋克実)、岩崎弥次郎(蟹江敬三)、山内容堂(近藤正臣)、坂本伊與(松原智恵子)、勝海舟(武田鉄矢)、千葉定吉(里見浩太朗)、坂本八平(児玉清)ほか出演、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の第44回「雨の逃亡者」を見る。

 夏緑[作]、ちくやまきよし[画]原作、橋本裕志脚本、石井康晴、坪井敏雄、大澤祐樹演出、瀬戸口克陽プロデュース、三田真奈美協力プロデューサー、小川博之[日本動物高度医療センター]動物医療監修、中村淳CG、本山信二郎法律監修、江川悦子、神田文裕特殊造形、鳥取健一(小栗旬)、多島あすか(井上真央)、花菱優(成宮寛貴)、不動ルミ(藤澤恵麻[友情出演])、土門勇蔵(笠原秀幸)、土門順平(菅田将暉)、富沢教授(石坂浩二)、土門大蔵(國村隼)出演、TBS系列で放送されているテレビドラマ『日曜劇場・獣医ドリトル』の第3話「モンスター飼い主」を見る。

 サンテレビで放送された、方孝仁プロデューサー、陳銘章演出、周平之、王國光、彭盛青、黃新高、方靜儀、鄒維剛、陳炘怡、杜欣怡脚本、シンディ[陳欣怡](ジョー・チェン[陳喬恩])、ジェイ[紀存希](イーサン・ルァン[阮經天])、ディラン[Dylan](バロン・チェン[陳楚河])、アンナ[Anna](ビアンカ・パイ[白歆惠])、シースー[林西施](リン・メイシュウ[林美秀])、チンシア[陳青霞](ジェシカ・ソン[宋新妮])、フォンチャオ[陳鳳嬌](ツォン・シンリン[鍾欣凌])、アンソン[Anson](ナー・ウェンシュン[那維勳])、[烏陸陸](ルオ・ベイアン[羅北安])、チーチー[烏柒柒](チェン・ウェイミン[陳為民])、グッチ[古馳](パトリック・リー[李沛旭])、ハオ・ジョンチャン[郝正常](チー・チョンヘン)出演、2008年3月16日から2008年8月24日まで台湾の台湾電視公司、三立都会台で放送された台湾ドラマ『ハートに命中100%[ハートに命中100%](命中注定我愛你)』の#25(第25話)「遅すぎた告白」を見る。

 ABCテレビで放送された、甲斐谷忍原作、渡辺雄介、森ハヤシ脚本、 常廣丈太[テレビ朝日]ほか演出、横地郁英[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、関拓也[テレビ朝日]、井上竜太[ホリプロ]プロデューサー、山下康介音楽、永井一郎ナレーター、小田霧響子(石原さとみ)、谷口一郎(谷原章介)、飯伏薫(大島優子[AKB48])、女刑事「S」(三浦理恵子)、小田霧幸太(竹内寿)、戸井睦子(篠原真衣)出演、テレビ朝日系列の「日曜ナイトドラマ」枠で放送されている連続ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』の第4霊「ポルターガイストの謎」を見る。

岡本太郎・幻の巨大壁画「明日の神話」除幕特番



近藤利明氏の情報商材『初心者でも作れる!稼げるMTテンプレート集』を購入する。MTを設置して何かいいMT用のテンプレートはないかと探していたところ、ちょうど今だけ限定200セットのみ特別価格で販売していたので購入を決めた。


近藤利明『初心者でも作れる!稼げるMTテンプレート集』


http://www.rikigaku-seitai.com/rd/cm/1tempmovie.html


夜、読売テレビで『岡本太郎・幻の巨大壁画「明日の神話」除幕特番』を見る。私は岡本太郎氏の 『自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか 』 (青春出版社、青春文庫 )を読んでから、私にとって岡本太郎氏は最も気になる芸術家である。その岡本太郎氏の巨大壁画「明日の神話」が番組で公開されるというので見ることにした。しかし、テレビで「明日の神話」を見ても巨大壁画という感じがしない。やはり、実物を見ないと駄目ということか。




自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか








自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか








自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか







米谷朝五郎絵画展



午前11時半頃にあややの用事でワゴンRに乗って出掛ける。その後、郷土の画家である米谷朝五郎氏の作品を集めた絵画展を行っている「ぎゃらりー遊」へ行く。会員さんが米谷朝五郎氏の教室へ通っていてぜひ見に行ってくださいと言われていたことと、あややが絵を描くときの参考になるのではないかと思ったからだ。赤穂の風景、建物、花などを描いたパステル画やペン画が展示されていた。


リーくんに音声の録音についてメールで問い合わせをしたら、リーくんからスカイプに電話があり録音機器のことをいろいろ教えてくれた。参考になった。後は私の最近の状況を話した。


『楽天版《自動更新型アフィリエイトサイトエンジン》』の2つのサンプルを設置してみた。


サンプル設置サイト


http://store.rikigaku-seitai.com/rakuten1/


http://store.rikigaku-seitai.com/rakuten2/


中山正男『楽天版《自動更新型アフィリエイトサイトエンジン》』


http://www.rikigaku-seitai.com/rd/cm/jidokosinr.html


伊藤みかさんの情報商材である『女性による女性のための e-ビジネス虎の巻』を購入する。5月10日には値上げするようなので今のうちに購入しておくことにした。


伊藤みか『女性による女性のための e-ビジネス虎の巻』


http://www.rikigaku-seitai.com/rd/cm/toranomaki.html


過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。