今週のお知らせ

『100分de名著 デュマ“モンテ・クリスト伯”』(NHK Eテレ)

 NHK Eテレで『100分de名著 デュマ“モンテ・クリスト伯”』の第4回(最終回)を見る。

 100分de名著でアレクサンドル・デュマの『モンテ・クリスト伯』を取り上げるというので毎回放送を楽しみにして見させていただいた。

 私は二十代前半の頃にこの『モンテ・クリスト伯』を読み、その後の人生と生活の問題に見舞われたときこの『モンテ・クリスト伯』が心の支えとなってくれたことを記憶している。私にとって一番辛いときの恩ある小説だといえる。

 それからまだ『モンテ・クリスト伯』は読み返してはいない。だから、小説の内容の細部に関する記憶が薄れている と思う。今回、NHKのEテレの100分de名著で『モンテ・クリスト伯』を取り上げてくれたので、私が読んで理解した内容を解説によってさらに理解が深まるのではないかと期待した。

 『モンテ・クリスト伯』の理解の仕方やアレクサンドル・デュマの生涯などを知ることができ番組の内容は参考になったし見て良かったと思う。

【ゲスト】安部譲二[作家]、【解説】佐藤賢一[作家]、【司会】伊集院光、武内陶子

デュマ『モンテ・クリスト伯』 2013年2月 (100分 de 名著)
デュマ『モンテ・クリスト伯』 2013年2月 (100分 de 名著)

『MIT白熱教室』(NHK Eテレ)

 NHK Eテレで放送された『MIT白熱教室』の第8回(最終回)「星はどう生まれどう死ぬのか」を見る。

 今回のMIT白熱教室の講師はウォルター・ルーウィン教授であった。教授はマサチューセッツ工科大学(MIT)で46年にわたって物理学の基礎講義を教えているという。ウォルター・ルーウィン教授は「教壇のスーパーヒーロー」と呼ばれる名物教授だという。そのウォルター・ルーウィン教授が今回の番組のために全8回の特別講義をしてくれることになった。講義の内容は、MITの学生だけでなく、一般の市民にも公開し、初心者にもわかりやすく物理学の説明をしてくれるという。

 ウォルター・ルーウィン教授の講義は演出が素晴らしかった。教授自身が体を張って奇想天外な実験を行い、聴講生を巻き込んだ劇場さながらの抱腹絶倒のエンターテイメント講義だった。

 講義の内容は、第1回「ガリレオは本当に正しいのか? 〜重力とエネルギー保存の法則」、第2回「電車でジャンプしてもそのまま着地する理由」、第3回「電気はどうやって作るのか?」、第4回「空はなぜ青く 夕焼けはなぜ赤いのか?」、第5回「完璧な虹を見る方法」、第6回「音に秘められた驚きのパワー」、第7回「神はサイコロを振らないのか? 〜量子力学と不確定性原理」、第8回「星はどう生まれ どう死ぬのか?」であった。

 全8回の講義のうち7回分は見たのであるが、残念ながら第2回の講義を見逃してしまった。全8回の講義の中では、私は第5回の虹の講義が興味深かく聴講させてもらった。というのも、講義で説明がったように虹のことについてまったく知らなかったからでである。虹ってそうだったんだと知る喜びを味わえた。

 【出演】ウォルター・ルーウィン[マサチューセッツ工科大学教授]

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義
これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

栗城史多さんの「ノーリミット 終わらない挑戦」

 NHK総合でドキュメンタリー番組『ノーリミット 終わらない挑戦』を見る。

 番組はソロアルピニストの栗城史多さん[27歳]の4度目となるエベレストへの挑戦を追った記録であった。

 栗城史多さんは自分の登山の撮影しその映像をリアルタイムでインターネット配信しながら山に登るという異色の登山家である。栗城史多さんは世界7大陸の最高峰「7サミット」のうちすでに6大陸のサミットを制覇している経歴の持ち主である。残るは世界最高峰の「エベレスト」なのだけれども、2009年以来の挑戦で3年連続で失敗している。今回は、4度目の挑戦ということだった。

 テレビのドキュメンタリーなので4度目の挑戦は成功するのかなと見ていたら、途中で下山することになったのを知って意外だった。それどころか、下山途中で手がまったく動かなくなるという予想外の事態に驚いた。命も危ぶまれる状況になって何とか助かって欲しいと願っていたら、翌日ヘリコプターで救助されたのを見てほっとした。ところが、病院でのインタビューで凍傷がひどくて手が動かなくなってしまったという深刻な結果に唯々ショックを受けた。これまでのようにもう山には登れないというのである。登山家が山に登れないという結果はあまりにもかわいそうではないかと思った。確かに手が動かなければ山に登ることは不可能なのだろうと思えた。ところが、栗城史多さんが何らかのかたちで山へ挑戦したいという気持ちを語っているのを見てできるのだろうかと心配になった。栗城史多さんが今度どうなるのかすごく気に掛かるところである。

【出演者】栗城史多[登山家]、語り:KIKI

栗城史多オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kurikiyama/

 テレビで放映されていたのを録画しておいた『劇場版 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』を見る。

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星【完全生産限定版】 [Blu-ray]
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 ABC(朝日放送)で『相棒 season11 元日スペシャル テレビ朝日開局55周年記念』の第11話「アリス」を見る。

 元旦スペシャルで放送時間も2時間半(9:00〜11:30pm)もあるので期待していたのだけれど内容は大したことはなかった。

【出演者】水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、真飛聖、石坂浩二、川原和久、大谷亮介、山中崇史、山西惇、六角精児、小野了、片桐竜次
【ゲスト】波瑠、滝藤賢一、藤田弓子、中原丈雄、酒井和歌子
【スタッフ】脚本:太田愛、監督:和泉聖治、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]
【音楽】池頼広

タグ:栗城史多

第54回輝く!日本レコード大賞

 橘 玲 (著) 『臆病者のための株入門』(文藝春秋、文春新書)を読む。

臆病者のための株入門 (文春新書)
臆病者のための株入門 (文春新書)

 MBS(毎日放送)でテレビの歌番組『第54回輝く!日本レコード大賞』を見る。

 最近はテレビでレコード大賞を見ることもほとんどなくなっていたのだけれど、今年はどうしてか放送時間も長かったのに最初から最後まで見てしまった。放送時間の裏番組で特に見たいような番組もなかったからだろう。

 個人的には、最優秀新人賞を「故郷(ふるさと) 〜Blue Sky Homeland〜」の臼澤みさきさん、日本レコード大賞をいきものがかり「風が吹いている」に獲得してもらいたかった。けれども、結果は最優秀新人賞が「Shine」の家入レオさん、日本レコード大賞がAKB48「真夏のSounds good!」が受賞した。

 最近は知らない歌手やアーティストも多く、今年はどのような歌手やアーティストの歌や音楽が流行っていたのか知ることができたのはよかった。 

 司会:安住紳一郎(TBSアナウンサー)、新垣結衣

『100分de名著 サン=テグジュペリ 星の王子さま』(NHK)

 2011年公開のアメリカ映画『顔のないスパイ』を見る。

 NHK Eテレでテレビ番組『100分de名著 サン=テグジュペリ 星の王子さま』の最終回(第4回)を見る。
 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』は読んだことがあるのだけれど、この番組を見てこんなに深い内容をもった児童文学の小説だとは思わなかった。私が読んだときは何だかよく分からない話だなあという印象しか残っていない。全然内容を理解して読んでいなかったと言える。テレビ解説はおそらく通説にしたがっていたものと思われる。通説のファンタジー説は小説の内容をファンタジーとして解釈している。ところが、それに対して当時の時代背景にもとづく政治的な告発をしているとする政治説が有力説として主張されているようである。小説に内容に関して異説があるわけだから一般の読者としては戸惑う。ただ、一般の読者は当時のくわしい時代背景など知らないから政治的な事件や出来事と結びつけて読むなんてことはできないだろう。とするなら、ファンタジーとして読むのが普通なのではないだろうか。

【ゲスト】水本弘文[北九州市立大学名誉教授]、中嶋朋子[女優]、【司会】伊集院光、島津有理子、【語り】西堀裕美、【声】浦和めぐみ、寺元勲、仲井陽

サン=テグジュペリ『星の王子さま』 2012年12月 (100分 de 名著)
サン=テグジュペリ『星の王子さま』 2012年12月 (100分 de 名著)

「あなたの不調に漢方パワー オンナの“なんとなく不調” 漢方パワーで解消!」(NHK・あさイチ)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子、夏木マリ)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、木岡(上杉祥三)、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、サエ(黒谷友香)、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、昌子(玄覺悠子)、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、里香[優子の娘](小島藤子)、孝枝(竹内都子)、小笹将継、河瀬譲[生地問屋河瀬商会の跡取り](川岡大次郎)、吉岡栄之助[京都の老舗呉服屋の息子](茂山逸平)、清川(三林京子)、譲の父(佐川満男)、高山守[商社マン](藤間宇宙)、病院の事務長(蟷螂襲)、院長・龍村(辰巳琢郎)、連続テレビ小説『カーネーション』の第25週「奇跡」の第140話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】水道橋博士、浜島直子、渡邉賀子[慶応義塾大学講師・東洋医学医師]、【講師】山根大助[イタリアンレストランオーナーシェフ]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、【キャスター】西堀裕美、小林孝司、『あさイチ』の「あなたの不調に漢方パワー オンナの“なんとなく不調” 漢方パワーで解消! ▽女性の不調漢方で改善!冷え症に頭痛・イライラに効果 漢方治療のコツを有働が実体験 ▽アトピーも治る?」を見る。

 今回のあさイチは、先月25日(土)夜7時から放送された「夜なのにあさイチ〜漢方スペシャル」という番組を受けて漢方についての企画番組である。内容的には前回の番組とほとんど同じだったので特に目新しいものはなかった。

 渡邉 賀子 (監修) 『「脱・冷え症」で、さびない、むくまない、太らない―漢方養生が決め手 (オレンジページOTONA生活科からだ講座) [単行本]』(オレンジページ)

「脱・冷え症」で、さびない、むくまない、太らない―漢方養生が決め手 (オレンジページOTONA生活科からだ講座)
「脱・冷え症」で、さびない、むくまない、太らない―漢方養生が決め手 (オレンジページOTONA生活科からだ講座)

 渡邉賀子 (著) 『体を温めると美人になる [単行本(ソフトカバー)]』(幻冬舎)

体を温めると美人になる
体を温めると美人になる

 W・チャン・キム氏と レネ・モボルニュ氏の『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』を注文する。

 W・チャン・キム (著), レネ・モボルニュ (著), 有賀 裕子 (翻訳) 『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press) [単行本] 』(ランダムハウス講談社)

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第32話「二十歳の父」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第33話「第1王妃の座」を見る。

 NHK Eテレで再放送された、【講師】矢数芳英[東京医科大学兼任講師]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「漢方で対処!慢性の痛み「冷えをとって 腰痛・関節痛を解消」」を見る。

 今回のきょうの健康は、「八味地黄丸(はちみじおうがん)」と「桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)」を紹介していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第15話「揺らぐ心」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第71話「北方征伐の前夜」と第72話「漢陽の緯度」を見る。

「冷凍解凍に新ワザ誕生 速い!プリプリ!美味」(NHK・ためしてガッテン)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子、夏木マリ)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、木岡(上杉祥三)、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、サエ(黒谷友香)、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、昌子(玄覺悠子)、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、里香[優子の娘](小島藤子)、竹内都子、小笹将継、河瀬譲[生地問屋河瀬商会の跡取り](川岡大次郎)、吉岡栄之助[京都の老舗呉服屋の息子](茂山逸平)、清川(三林京子)、譲の父(佐川満男)、高山守[商社マン](藤間宇宙)、連続テレビ小説『カーネーション』の第24週「宣言」の第136話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】山崎樹範[俳優・声優]、宮崎美子[女優]、森悦朗[東北大学病院 高次脳機能障害科 教授]、【講師】藤井恵[料理研究家・管理栄養士]、【キャスター】井ノ原快彦、篠山輝信、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】中谷文彦、松田利仁亜、『あさイチ』の「ガッテンコラボ・治る予防できるタイプの認知症 ガッテンコラボ 認知症 治る・予防できるタイプSP ▽治る認知症がある! ▽ガッテン大反響!1日で改善 ▽予防できるタイプも」を見る。

 今回のあさイチでは、今年の2月22日に放送された『ためしてガッテン』の「認知症 治るタイプ大発見SP」の内容を受けて、認知症のタイプをアルツハイマー型と脳血管性認知症、特発性正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫に分類してそれぞれ治るタイプと予防できるタイプについて紹介していた。

 楽天市場内のショップ「アトワ オメガ蜂蜜と亜麻仁油の店」でオメガプラスを注文する。

 【送料無料】オメガプラス440mg カプセル320粒入り 3個お得セット(OMGPLS-3)


亜麻仁油とルリジサ油をブレンドした必須脂肪酸サプリメントの決定版!【送料無料】オメガプラ...

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第29話「迫る復縁」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】加藤寛[兵庫県こころのケアセンター副センター長]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「震災後のこころのケア「大切な人を失った悲しみ」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【司会】ビートたけし、【アシスタント】喜多ゆかり、【ゲスト】板東英二、研ナオコ、ガダルカナル・タカ、高橋ひとみ、木村祐一、小倉優子、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 3時間スペシャル』の「消化器内科・眼科・女性外来・アレルギー科などあわせて24万人以上もの患者さんを救ってきた。日本を代表する名医たちが集結!皆さんの治らない不調の原因を一挙に解明!」を見る。

 今回の家庭の医学では、三輪洋人先生[兵庫医科大学内科学上部消化管科教授]が消化器内科「胸焼け」を、若倉雅登先生[井上眼科病院院長]が眼科「目のぼやけ」、天野惠子先生[静風荘病院女性外来特別顧問]が女性外来「女性特有の不定愁訴」、角田和彦先生[かくたこども&アレルギークリニック院長]がアレルギー科「アレルギーにまつわる悩み」の症例に答えて解説していた。また、実際の手術映像を織り交ぜたドキュメントとしてはガンマナイフを使った脳神経外科「乳がんが脳に転移!20カ所の腫瘍を取り除く緊迫の手術」を紹介していた。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】矢口真里、内山信二、山瀬まみ、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「冷凍解凍に新ワザ誕生 速い!プリプリ!美味」を見る。

 今回のためしてガッテンでは、冷凍された食材をのおいしさを100%引き出す「解凍術(解凍ワザ)」を紹介していた。その解凍方法というのはアイテムとして氷水を使った「氷水解凍法」である。熱伝導率のできるだけ高いアイテムで解凍温度をできるだけ低く保てるアイテムが氷水だったのである。それと、フライパンとフタを使って冷凍のモノを一気に焼き上げるというワザも紹介していた。

 NHK総合テレビのドラマ10で放送された、【スタッフ】作・脚本:山本むつみ、音楽:村松崇継、演奏:札幌交響楽団、指揮:竹本泰蔵、写真撮影:山岸伸、制作統括:松尾雅隆、演出:陸田元一、【キャスト】北村俊平(高良健吾)、倉橋祐二(寺脇康文)、吉野早紀(蓮佛美沙子)、武井繁治(杉本哲太)、穂積トヨ(赤木春恵)、森山優斗(柄本佑)、吉野厚子(古村比呂)、NHK北海道発スペシャルドラマ『大地のファンファーレ』の(前編)「出走!」を見る。

「池上彰スペシャル世界が変わった日〜あの震災から1年〜」


 フジテレビ系列の関西テレビの土曜プレミアムで放送された、【スタッフ】チーフプロデューサー:塩田千尋、プロデューサー:神田祐子[ドリマックステレビジョン]、演出:小松伸一[ケーテン]、編成担当:濱潤、制作協力:ドリマックス・テレビジョン、制作著作:フジテレビ、【キャスト】解説:池上彰、進行:高島彩、出演:秋野暢子、勝俣州和、加藤紀子、山崎樹範、優木まおみ、VTR出演:住吉美紀、生野陽子[フジテレビアナウンサー]、『池上彰スペシャル世界が変わった日〜あの震災から1年〜』の「震災から1年経った今だからこそ、われわれが知っておくべきことがたくさんある!!大震災を経て、新たに浮かび上がった日本の問題を池上彰が徹底解説!!」を見る。

 今回の番組では池上彰さんが原子力発電に変わる新しい地熱発電やバイオエタノール、メタンハイドレードなど複数のエネルギーによる発電モデルと、「首都直下地震が4年以内に70%」という地震予知や「南海トラフの巨大地震」「アウターライズ地震」などの地震を中心に解説していた。その他、イラン情勢とホルムズ海峡封鎖問題、東日本大震災と世界経済への影響などを解説していた。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子、夏木マリ)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、木岡(上杉祥三)、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、サエ(黒谷友香)、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、昌子(玄覺悠子)、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、里香[優子の娘](小島藤子)、竹内都子、小笹将継、河瀬譲[生地問屋河瀬商会の跡取り](川岡大次郎)、吉岡栄之助[京都の老舗呉服屋の息子](茂山逸平)、清川(三林京子)、譲の父(佐川満男)、高山守[商社マン](藤間宇宙)、連続テレビ小説『カーネーション』の第24週「宣言」の第134話を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第27話「突然の心変わり」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第29話「毒酒」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】武藤学[京都大学大学院准教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「食道がん「早期発見の決め手」」の再放送を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第12話「男のプライド」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第69話「朝鮮の夢」と第70話「女真族の奇襲」を見る。

「毛穴の目立つ人必見!キレイに消す最終ワザ」(NHK・ためしてガッテン)


 NHK総合テレビのよる☆ドラで放送された、【スタッフ】原作:辻村深月「本日は大安なり」、脚本:西荻弓絵、音楽:井筒昭雄、語り手:浅野ゆう子、演出:渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一[テレパック]、制作統括:加賀田透[NHKソフト開発センター]、近見哲平[テレパック]、制作・著作:NHK、テレパック、【主題化】BENI「永遠」、【キャスト】Hotel Armaiti:山井多香子[ウェディングプランナーチーフ](優香)、杉浦薫子[ウェディングプランナー](浅野ゆう子)、岬恭介[ウェディングプランナー](鈴木亮平)、朝比奈留美[ウェディングプランナー](黒川智花)、山本剛[式場支配人](石黒賢)、新郎・新婦両家:相馬家・加賀山家:加賀山妃美佳[花嫁](谷村美月)、加賀山鞠香[妃美佳の双子の姉](谷村美月)、相馬映一[花婿](福士誠治)、十倉家・大崎家:大崎玲奈[花嫁](星野真里)、十倉純一[花婿](田中直樹)、川田真弓[玲奈の友人代表](平岩紙)、十倉和子[純一の母](角替和枝)、東家・白須家:白須真空[りえの息子](加藤清史郎)、白須りえ[花嫁](霧島れいか)、東誠[花婿](渡部豪太)、美梨[真空の従妹](佐々木りお)、山田家・岩倉家:岩倉千波[花嫁](佐津川愛美)、山田勇気[花婿](山口翔悟)、竹内[紘一郎の秘書](波岡一喜)、岩倉紘一郎[千波の父](大地康雄)、塚原愛(宮地眞理子)、鈴木家・三田家:三田あすか[花嫁](大島麻衣)、三田真澄[あすかの母](大島蓉子)、鈴木陸雄[三田あすかの婚約者](岡田義徳)、リッキー[三田家の飼い犬]、その他:清掃係(白石美帆)、シェフ(清水圭)、 着付け師(たくませいこ)、りえの父(大石吾朗)、りえの母(茅島成美)、誠の友人(鳥居みゆき)、テレビドラマ『本日は大安なり<全10回>』の第9話「疑惑の非常ベル」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子、夏木マリ)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、木岡(上杉祥三)、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、サエ(黒谷友香)、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、昌子(玄覺悠子)、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、里香[優子の娘](小島藤子)、竹内都子、小笹将継、河瀬譲[生地問屋河瀬商会の跡取り](川岡大次郎)、吉岡栄之助[京都の老舗呉服屋の息子](茂山逸平)、清川(三林京子)、連続テレビ小説『カーネーション』の第23週「まどわせないで」の第130話を見る。

 インターコムで注文していた「SuperWin Utilities 2」のバージョンアップのパッケージ版が届く。

 早速、インストールをしてみる。インストールはシリアル番号を入力するだけで簡単に終わった。

 『SuperWin Utilities 2』(インターコム)

SuperWin Utilities 2
SuperWin Utilities 2

SuperWin Utilities 2 通常版 [ダウンロード]
SuperWin Utilities 2 通常版 [ダウンロード]

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第24話「負けない心」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第26話「イェワンジインの継承者」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】木村健二郎[聖マリアンナ医科大学教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「慢性腎臓病「透析治療最新情報」」を見る。

 今回のきょうの健康は、血液透析と腹膜透析のほか、自宅で透析ができる「在宅血液透析」を紹介していた。

 NHK Eテレで放送された、【出演】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のためのらくらくデジタル塾 スマホも使える!パソコン活用術』の第9回「電子書籍を楽しもう」を見る。

 今回のデジタル塾は、パソコンやタブレット端末、スマートフォンを使って電子書籍や新聞を読む方法を紹介していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第10話「歓喜のうた」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:ハセベバクシンオー、監督:近藤俊明、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】今井朋彦、合田雅吏、手塚とおる、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第18話「守るべきもの」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】堀ちえみ、JOY、井森美幸、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「毛穴の目立つ人必見!キレイに消す最終ワザ」を見る。

 今回のためしてガッテンでは、毛穴ケアを紹介していた。毛穴の黒ずみが目立つ人というのは、毛穴の周りの細胞の異常増殖によって毛穴の出口がクレーター状に広がった状態になっているというのである。細胞の異常増殖の原因には、肌にいる皮膚常在菌が皮脂を分解してできたオレイン酸などの不飽和脂肪酸があるという。ただし、オリーブオイルを直接肌につけても問題はない。毛穴は一度大きくなってしまったら小さくすることは難しいとのことである。しかし、毛穴を目立たなくすることは可能である。毛穴そのものではなく、毛穴の周りの肌をキメが細かく整った状態にすることで光の反射を拡散することができ目立たなくすることができる。肌をきめ細かくするのは「やさしい泡洗顔」と「すばやく保湿」するという単純な方法で毛穴ケアが可能である。

 次に、毛穴トラブルによる毛穴ケアが必要になるのは「ニキビ」や「吹き出物」がある。2008年に「アダパレン」というニキビの画期的な治療薬が登場し病院で処方されるようになっている。ニキビには「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」とがある。アダパレンは「思春期ニキビ」には効果があるが、「大人ニキビ」にはかえって症状が悪化することがある。、「大人ニキビ」にアダパレンを使用すると肌が乾燥してしまうことがあるからである。その場合、肌を保湿するように注意してアダパレンを使用すると良い。

「スゴ技Q 究極のあさり汁&しじみ汁」(NHK・あさイチ)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子、夏木マリ)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、木岡(上杉祥三)、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、サエ(黒谷友香)、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、昌子(玄覺悠子)、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、里香[優子の娘](小島藤子)、竹内都子、小笹将継、河瀬譲[生地問屋河瀬商会の跡取り](川岡大次郎)、吉岡栄之助[京都の老舗呉服屋の息子](茂山逸平)、連続テレビ小説『カーネーション』の第23週「まどわせないで」の第128話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】石田純一、原千晶、【出演】品川明、【講師】延田然圭[貝料理専門店店主]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、【リポーター】篠山輝信、宮下純一、『あさイチ』の「スゴ技Q 究極のあさり汁&しじみ汁 ▽旬アサリ・シジミ!うまみ&健康効果倍増の技」を見る。

 今回のあさイチは、美味しいアサリ汁の作り方を紹介していた。まず生きているアサリと死んでいるアサリを選別するために水で貝同士をゴシゴシこすり洗いをする。口が少し開いたアサリは死んでいるので取りのける。その後、砂抜きをして水からあげて6時間から12時間放置する。アサリを加熱する場合は、貝の口が1個開くと火を止めて蓋(フタ)をして蓋をしたまま2分ほど蒸らすという料理法・調理法である。シジミは冷凍するとオルニチンとうま味成分が増えることを紹介していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第23話「別れの贈り物」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第25話「王妃の密通」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】木村健二郎[聖マリアンナ医科大学教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「慢性腎臓病「血糖・血圧下げて進行を防ぐ」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第9話「不惑の人」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、【スタッフ】脚本:龍居由佳里、林誠人、旺季志ずか、黒岩勉、演出:佐藤祐市、石川淳一、音楽:林ゆうき、企画:成河広明、佐藤未郷、プロデュース:高丸雅隆、江森浩子、制作著作:共同テレビ、制作:フジテレビ、【主題歌】GReeeeN「ミセナイナミダハ、きっといつか」(ユニバーサルミュージック)、【キャスト】姫川 玲子[30][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係姫川班主任 警部補](竹内結子、高校時代:岡本あずさ)、菊田和男[36][姫川班 巡査部長](西島秀俊)、石倉保[48][姫川班 巡査部長](宇梶剛士)、橋爪俊介[49][警視庁刑事部捜査第一課管理官 警視](渡辺いっけい)、今泉春男[44][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係係長 警部](高嶋政宏)、日下守[41][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係日下班主任 警部補](遠藤憲一)、勝俣健作[56][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査五係勝俣班主任 警部補](武田鉄矢)、井岡博満[42][亀有西署強行犯係 巡査長→巡査部長](生瀬勝久)、國奥定之助[66][東京都監察医務院監察医](津川雅彦)、小峰薫[警視庁刑事部鑑識課主任](田中要次)、姫川瑠江[玲子の母](手塚理美)、葉山則之[28][姫川班 巡査長](小出恵介)、湯田康平[26][姫川班 巡査長](丸山隆平[関ジャニ∞])、朝倉圭吾[勝俣班 巡査長](戸田昌宏)、大山聡[科捜研](中林大樹)、姫川忠幸[玲子の父](大和田獏)、ゲスト:高岡賢一[高岡工務店経営](石黒賢)、三島耕介[高岡工務店大工](濱田岳、9歳:林遼威、15歳:金子尚太郎)、中川美智子[耕介の彼女・美容専門学生](蓮佛美沙子)、戸部真樹夫[木下興業社員](池田鉄洋)、三島忠治[耕介の父親・木下興業鳶職人](近江谷太朗)、松本治[高岡工務店大工](野添義弘)、沢井雄司[高岡賢一の友人](田中壮太郎)、連続テレビドラマ『ストロベリーナイト』の第9話「ソウルケイジ」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの火曜22時ドラマ枠で放送されている、【スタッフ】脚本:大森美香、演出:本橋圭太、白木啓一郎[関西テレビ]、木内健人、音楽:大橋トリオ、プロデューサー:河西秀幸[関西テレビ]、平部隆明[ホリプロ]、制作:関西テレビ、制作著作:ホリプロ、【楽曲】主題歌:THE BAWDIES「ROCK ME BABY」(ビクターエンタテインメント)、挿入歌:安田奈央「真夜中のひだまり」(ユニバーサルミュージック)、劇中曲:THE BAWDIES「HUNGRY」(ビクターエンタテインメント)、【キャスト】山手英介[29](向井理、7歳:長島暉実、13歳:飛田光里)、大楠千絵[20](瀧本美織)、橘まりあ[32](国仲涼子)、麻生時男[39](稲垣吾郎[SMAP])、住吉賢太[30](塚本高史)、平塚拓[25](三浦翔平)、藤沢剛[30](川畑要[CHEMISTRY])、海老名睦子[45](片桐はいり)、和泉佳奈[29](宮地真緒)、柏木一平[29](石黒英雄)、東則夫[55](田山涼成)、戸塚杏[24](林丹丹)、高木奈々[20](山下リオ)、山手華子[享年56](片平なぎさ)、山手太朗[57](大杉漣)、大楠義明[52](橋本じゅん)、大楠佐助[14](佐藤勝利[Sexy Zone])、白山祐希[37](鈴木砂羽)、ゲスト:桃子の父親(矢島健一)、桃子の母親(宮地雅子)、桃子[賢太の彼女](藤井美菜)、本人(大橋トリオ)、テレビドラマ『ハングリー!(ハングリー!)』の第9話「まさか!結婚式で料理対決だ!」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で2012年3月6日(火) 20時00分から20時54分まで放送された、【司会】ビートたけし、【アシスタント】喜多ゆかり、【ゲスト】梅沢富美男、柴田理恵、浅草キッド[水道橋博士・玉ちゃん]、椿鬼奴、鹿沼憂妃、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の「今夜は、不眠に関する悩みを徹底解消! 今や“不眠”は、日本人の5人に1人が抱えているという国民的な悩み。その原因を名医が探ります! 」を見る。

 今回のみんなの家庭の医学は、不眠の原因のひとつには脳の扁桃体という場所にあったということを紹介していた。不眠は脳の扁桃体という場所が敏感になっているせいで、眠りの浅さだけではない脳が暴走することで引き起こされるパニック障害という深刻な病になることもあるという。番組では、不眠スパイラルにはまってしまう脳のメカニズム解説するとともに、脳の暴走を防ぐぐっすり眠れる方法として実際の医療現場でも行われている認知行動療法という治療法をアレンジしたいつでもどこでもデキるコラム法という快眠法を紹介していた。

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。