今週のお知らせ

「これでスッキリ!“腸メンテナンス”」(NHK・あさイチ)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子、夏木マリ)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、木岡(上杉祥三)、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、サエ(黒谷友香)、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、昌子(玄覺悠子)、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、里香[優子の娘](小島藤子)、竹内都子、小笹将継、連続テレビ小説『カーネーション』の第23週「まどわせないで」の第128話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】森公美子、假屋崎省吾、小林弘幸[順天堂大学教授]、【講師】田代和久[フレンチレストランシェフ]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、中谷文彦、藤井彩子、『あさイチ』の「これでスッキリ!“腸メンテナンス” ▽女性に朗報“腸メンテナンス” ▽行列できる医師の 簡単便秘解消法 ▽腸の老化防ぐ○腹 ▽門トレ!?で即便意」を見る。

 今回のあさイチは、順天堂大学医学部の便秘外来を主催している小林弘幸教授が副交感神経の働きを上げる簡単な呼吸法と肛門を鍛える「門トレ(肛門トレーニング)」を紹介していた。

 また、慶應義塾大学医学部の伊藤裕教授はアメリカのウィスコンシン大学の実験による研究結果をもとに腸の老化の遅らせ方としてカロリー制限を紹介していた。伊藤裕教授によれば身長毎の標準体重×25キロカロリーという計算式でマイカロリー(適正摂取カロリー)を算出することができる。

 楽天市場内のショップ「ケンコーコム」で川端のしじみエキス粒を注文する。

 川端のしじみエキス粒 50g[川端のしじみエキス しじみ(シジミ)](K110030H)


川端のしじみエキス粒 50g/川端のしじみエキス/しじみ(シジミ)★特価★送料無料川端のしじみエ...

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第22話「してやれること」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第24話「大将軍旗の行方」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】木村健二郎[聖マリアンナ医科大学教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「慢性腎臓病「腎臓健康度チェック」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第8話「波乱の幕開け」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第67話「揺れる国境問題」と第68話「高麗時代の国境」を見る。

「ニッポン大好き!がんばって! 〜ヘレン・ケラー 日本との友情物語〜」(NHK・歴史秘話ヒストリア)


 NHK総合テレビのよる☆ドラで放送された、【スタッフ】原作:辻村深月「本日は大安なり」、脚本:西荻弓絵、音楽:井筒昭雄、語り手:浅野ゆう子、演出:渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一[テレパック]、制作統括:加賀田透[NHKソフト開発センター]、近見哲平[テレパック]、制作・著作:NHK、テレパック、【主題化】BENI「永遠」、【キャスト】Hotel Armaiti:山井多香子[ウェディングプランナーチーフ](優香)、杉浦薫子[ウェディングプランナー](浅野ゆう子)、岬恭介[ウェディングプランナー](鈴木亮平)、朝比奈留美[ウェディングプランナー](黒川智花)、山本剛[式場支配人](石黒賢)、新郎・新婦両家:相馬家・加賀山家:加賀山妃美佳[花嫁](谷村美月)、加賀山鞠香[妃美佳の双子の姉](谷村美月)、相馬映一[花婿](福士誠治)、十倉家・大崎家:大崎玲奈[花嫁](星野真里)、十倉純一[花婿](田中直樹)、川田真弓[玲奈の友人代表](平岩紙)、十倉和子[純一の母](角替和枝)、東家・白須家:白須真空[りえの息子](加藤清史郎)、白須りえ[花嫁](霧島れいか)、東誠[花婿](渡部豪太)、美梨[真空の従妹](佐々木りお)、山田家・岩倉家:岩倉千波[花嫁](佐津川愛美)、山田勇気[花婿](山口翔悟)、竹内[紘一郎の秘書](波岡一喜)、岩倉紘一郎[千波の父](大地康雄)、塚原愛(宮地眞理子)、鈴木家・三田家:三田あすか[花嫁](大島麻衣)、三田真澄[あすかの母](大島蓉子)、鈴木陸雄[三田あすかの婚約者](岡田義徳)、リッキー[三田家の飼い犬]、その他:清掃係(白石美帆)、シェフ(清水圭)、 着付け師(たくませいこ)、りえの父(大石吾朗)、りえの母(茅島成美)、誠の友人(鳥居みゆき)、テレビドラマ『本日は大安なり<全10回>』の第8話「疑惑の重婚男」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、玉枝(濱田マリ)、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、恵(六角精児)、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、連続テレビ小説『カーネーション』の第22週「悔いなき青春」の第123話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】原千晶[女優]、假屋崎省吾[華道家]、ベニシア・スタンリー・スミス[ハーブ研究家]、【講師】コウケンテツ[料理研究家]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、『あさイチ』の「【番組冒頭】危険!凍った雪道 転ばないコツ ▽雪道警戒 スベらない!歩き方」と「ベニシア流 美しく生きるヒント ▽人生は40歳で始まる!ベニシア流美しく生きるヒント ▽波瀾万丈の半生」を見る。

 今回のあさイチは、住所が京都市大原在住の主婦でハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさん(Venetia Stanley−Smith)のレシピから、イギリスの貴族、離婚、夫、娘さんなどのプロフィールなどを紹介していた。ベニシアさんは日本人なら誰でも憧れる生活を送っておられるを見て羨ましいと思えた。

 ベニシア・スタンリー・スミス (著) 『DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編― [DVD-ROM] 』(世界文化社)

DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編―
DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編―

 ベニシア・スタンリー・スミス (著) 『DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 秋冬編 [DVD-ROM]』(世界文化社)

DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 秋冬編
DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 秋冬編

 ベニシア・スタンリー・スミス (著) 『DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 英国里帰り編 猫のしっぽ カエルの手 [DVD-ROM]』(世界文化社)

DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 英国里帰り編 猫のしっぽ カエルの手
DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 英国里帰り編 猫のしっぽ カエルの手

 ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith (著), 梶山 正 (かじやま ただし) (翻訳) 『ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary [大型本]』(世界文化社)

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary
ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary

 ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith (著), 写真家=梶山 正(かじやま ただし) (イラスト) 『ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living [単行本(ソフトカバー)]』(世界文化社)

ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living
ベニシアの京都里山暮らし ―大原に安住の地を求めて Venetia's Kyoto Country Living

 ベニシア・スタンリー・スミス (著) 『ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち Venetia's Kyoto Country Living [単行本(ソフトカバー)]』(世界文化社)

ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち Venetia's Kyoto Country Living
ベニシアの京都 里山日記 ―大原で出逢った宝物たち Venetia's Kyoto Country Living

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第19話「思い出と後悔」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第21話「趙の討伐軍」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【出演】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のためのらくらくデジタル塾 スマホも使える!パソコン活用術』の第8回「写真を楽しもう」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第6話「プロの壁」を見る。

  テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:戸田山雅司、監督:和泉聖治、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】原田龍二、松本莉緒、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第17話「陣川、父親になる」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:ヘレン・ケラー 役(エレナ山崎[声:小川原かずこ])、『歴史秘話ヒストリア』の2012年2月29日第103回放送「ニッポン大好き!がんばって! 〜ヘレン・ケラー 日本との友情物語〜」を見る。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1「ワンダフル・ニッポン!日本との友情物語」とエピソード2「「博愛の人」ヘレンの原点 たった一度の恋愛秘話」とエピソード3「ヘレンがスパイ!? 来日の極秘ミッション」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、ヘレン・ケラーを紹介していた。ヘレン・ケラーといえば三重苦と「奇跡の人」で有名な女性で、私が小学生だった頃図書館に伝記本があり随分と昔の人というイメージが強かったが、意外なことに最近の人だったんだと知って驚いた。ヘレン・ケラーは童話や絵本の中のお伽話の人というイメージもあったが、ヘレン・ケラーの映像を見ることができて現実の人だったんだという感じがしてきた。しかも、ヘレン・ケラーと日本とは深い関係があったことを知ってまたまた驚いた。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】中村玉緒、徳光和夫、山瀬まみ、【解説】森悦朗[東北大学病院]、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「あなたの知らない寝相 寝言・夢にひそむ病!」を見る。

 今回のためしてガッテンでは、「レム睡眠行動障害」という病気を紹介していた。寝言を言ったり寝相の悪い人の中には「レム睡眠行動障害」という病気の人がいるというのである。番組では「レム睡眠行動障害」の症状から見分け方、最新の治療法を紹介していた。

『夜なのにあさイチ〜漢方スペシャル〜』(NHK)


 NHK総合テレビで放送された、【専門家ゲスト】渡邉賀子[慶應義塾大学医学部漢方医学センター 非常勤講師]、堀口淳[島根大学医学部精神医学講座教授]、木村容子[東京女子医科大学 東洋医学研究所/漢方専門医]、【ゲスト】ピース(又吉直樹、綾部祐二)[お笑い芸人]、トリンドル玲奈[モデル・タレント]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、【パンダ】吉田亜子、【リポーター】マギー[モデル]、【語り】秀島史香、斉藤孝信、家族みんなのヘルシーライフを実現するための情報バラエティー番組『夜なのにあさイチ〜漢方スペシャル〜』を見る。

 今回の『夜なのにあさイチ 漢方スペシャル』では、病院に行くほどでもないけれど、つらい頭痛やけん怠感、不眠などを「なんとなく不調」と命名し、日本人の80%が陥っているとも言われる「なんとなく不調」を漢方で改善する方法を紹介していた。番組内容では、不調のデパートこと有働由美子アナウンサーが東京女子医科大学の東洋医学研究所へ3か月間通って漢方専門医の木村容子医師に漢方薬を処方してもらった漢方体験が報告されていた。また、漢方薬は「なんとなく不調」だけでなく、子どもの虚弱体質も高齢者の認知症にも有効である情報を紹介していた。漢方薬の理解に役立つ啓蒙番組になっていたのではないだろうか。

 木村 容子 (著) 『女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫) [文庫]』(静山社)

女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)
女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)

 木村 容子 (著) 『女50歳からの「変調」を感じたら読む本 (静山社文庫) [文庫]』(静山社)

女50歳からの「変調」を感じたら読む本 (静山社文庫)
女50歳からの「変調」を感じたら読む本 (静山社文庫)

 渡邉 賀子 (監修) 『「脱・冷え症」で、さびない、むくまない、太らない―漢方養生が決め手 (オレンジページOTONA生活科からだ講座) [単行本]』(オレンジページ)

「脱・冷え症」で、さびない、むくまない、太らない―漢方養生が決め手 (オレンジページOTONA生活科からだ講座)
「脱・冷え症」で、さびない、むくまない、太らない―漢方養生が決め手 (オレンジページOTONA生活科からだ講座)

 渡邉賀子 (著) 『体を温めると美人になる [単行本(ソフトカバー)]』(幻冬舎)

体を温めると美人になる
体を温めると美人になる

 日野原 重明 (監修), 宮岡 等 (監修), 堀口 淳 (編集) 『脳とこころのプライマリケア 6 [単行本]』(シナジー)

脳とこころのプライマリケア 6
脳とこころのプライマリケア 6

 山口 徹 (編集), 北原 光夫 (編集), 福井 次矢 (編集) 『今日の治療指針 2012年版 デスク判―私はこう治療している [単行本]』(医学書院)

今日の治療指針 2012年版 デスク判―私はこう治療している
今日の治療指針 2012年版 デスク判―私はこう治療している

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、鳥山(末成由美)、連続テレビ小説『カーネーション』の第22週「悔いなき青春」の第122話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】水道橋博士、宮崎美子、【解説】山口芳裕[杏林大学高度救命救急センター教授]、夏原武[ジャーナリスト]、落合洋司[弁護士]、【講師】高橋拓児[日本料理店若主人]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、黒田信哉、【語り】赤平大、『あさイチ』の「【番組冒頭】意外に知らない 一酸化炭素中毒 ▽続発CO中毒!怖い後遺症」と「あなたの知らないウラの世界 追跡!アリバイ会社 ▽保活ママも利用!?アリバイ会社あなたが別人に・驚き手口▽1億円の被害」を見る。

 夏原武 (著) 『反社会的勢力 (新書y) [新書]』(洋泉社)

反社会的勢力 (新書y)
反社会的勢力 (新書y)

 江川 紹子 (編集) 『特捜検察は必要か [単行本(ソフトカバー)] 』(岩波書店)

特捜検察は必要か
特捜検察は必要か

 インターコムで「SuperWin Utilities 2」のバージョンアップ版を注文する。

 『SuperWin Utilities 2』(インターコム)

SuperWin Utilities 2
SuperWin Utilities 2

SuperWin Utilities 2 通常版 [ダウンロード]
SuperWin Utilities 2 通常版 [ダウンロード]

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第16話「もう隠さない」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第18話「晋城・高平城の戦い」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:イ・ジェギュ、脚本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム、【楽曲】挿入歌:テヨン[少女時代]「聞こえますか?」、【キャスト】カン・マエ(キム・ミョンミン)、トゥ・ルミ(イ・ジア)、カン・ゴヌ(チャン・グンソク)、キム・ガヒョン(イ・スンジェ)、チョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、パク・ヒョックォン(チョン・ソギョン)、ペ・ヨンギ(パク・チョルミン)、ハ・イドゥン(ヒョン・ジュニ)、MBCにて2008年9月10日から11月13日まで放送された韓国ドラマ『ベートーベン・ウイルス(베토벤 바이러스)』の第4話「逃げない勇気」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第65話「泣き虫タミ」と第66話「マルセンの反乱」を見る。

「ここまで来た!うつ病治療」(NHKスペシャル)


 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第19話「呪われた肖像画(Provenance)」[登場魔物・妖怪:悪霊]を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、千代(麻生祐未)、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、悟(内田滋)、連続テレビ小説『カーネーション』の第20週「あなたを守りたい」の第110話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【出演者】筧利夫、南沢奈央、【語り】高橋美鈴、NHKスペシャル『ここまで来た!うつ病治療』を見る。

 番組では、うつ病の先進医療と治療の最前線を紹介していた。これまでうつ病の治療といえば問診による診断と薬物療法が中心であった。しかし、アメリカでは機能が低下している脳の部位に直接、磁気刺激を与え改善するTMS(経頭蓋磁気刺激)や脳に電極を埋め込み胸に電源を埋め込んで脳に電気刺激を与えるDBS(脳深部刺激)などの治療法が始まっていることを報告していた。日本でも前頭葉の血流量の変化を測定することにより「うつ病」と「双極性障害」と「統合失調症」とを客観的に区別してうつ病かどうかを検査する脳血流の画像診断装置:光トポグラフィー検査(NIRS)による診断が始められていことを紹介していた。また、認知行動療法によるカウンセリングがうつ病に患者の脳を変えるメカニズムも解き明かされてきて、うつ病に有効であることが紹介されていた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第9話「突然の訪問」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第10話「濡れ衣」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】岩崎聡[信州大学教授]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「耳のトラブル解決法「耳鳴りは早めに対処」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第12話「それぞれの想い」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第61話「娘の願い」と第62話「報復か正義か」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】布川敏和、【講師】山下敏彦[札幌医科大学教授]、西原真理[愛知医科大学学際的痛みセンター 講師]、矢吹省司[福島県立医科大学教授]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「腰痛 あなたの疑問に答えます!」を見る。

「驚き!がんワクチン治療最前線線 ▽がん消えた 副作用なく再発防止も 驚きワクチン」(NHK・あさイチ)


 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第17話「死を招く屋敷(Hell House)」[登場魔物・妖怪:モーデカイ]を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、近藤正臣、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩)、塚本晋也、連続テレビ小説『カーネーション』の第19週「自信」の第104話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】内藤剛志、城之内早苗、【ゲスト】中村祐輔[東京大学医科学研究所教授]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、内藤裕子、『あさイチ』の「驚き!がんワクチン治療最前線 ▽がん消えた 副作用なく再発防止も 驚きワクチン」を見る。

 今回のあさイチでは、がんワクチンについて最新の臨床研究や治験、久留米大学病院「がんワクチン外来」などについて紹介していた。がんワクチンの効果は個人差があるものの、従来に治療法と比べて副作用が少なく、従来の治療法では効果のみられない場合でも有効性がありそうだということで、がん患者さんには朗報となり得る期待の持てる情報であった。現在の課題は一刻も早く国の承認を得てがんワクチンが実用化され一般の国民ががんワクチンを受けられるようになることであろう。現在は、他の治療を受けても効果のみられないがんの進行した患者さんが対象になっているが、早期の段階でできるだけ早くがんワクチンを受けた場合の効果について関心の持たれるところである。

 中村 祐輔 (著) 『がんペプチドワクチン療法 [単行本]』(中山書店)

がんペプチドワクチン療法
がんペプチドワクチン療法

 栗山食事研究所で「葉緑素」「クリビタ」「クリパール」「葉緑K」「クリカクサン」「特製健康食品」「特製頭脳食」「花粉」「こんぶの黒焼き」「抹茶」「ケンゾール(2個)」「リックレモン(3本)」を注文する。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第4話「好きなもの」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第5話「裏取引」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】溝上雅史[国立国際医療研究センター]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「早めに気づこう!肝臓の病気「異常を発見するには」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第8話「夢と現実」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第59話「身分制度の崩壊」と第60話「500年後への能力」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】布川敏和、【講師】山下敏彦[札幌医科大学教授]、西原真理[愛知医科大学学際的痛みセンター 講師]、矢吹省司[福島県立医科大学教授]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「自分で治す!腰痛」を見る。

「40代から特にキケン!とれない足腰ヒザ痛みの真犯人(変形性股関節症)」(NHK・ためしてガッテン)


 NHK総合テレビのよる☆ドラで放送された、【スタッフ】原作:辻村深月「本日は大安なり」、脚本:西荻弓絵、音楽:井筒昭雄、語り手:浅野ゆう子、演出:渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一[テレパック]、制作統括:加賀田透[NHKソフト開発センター]、近見哲平[テレパック]、制作・著作:NHK、テレパック、【主題化】BENI「永遠」、【キャスト】Hotel Armaiti:山井多香子[ウェディングプランナーチーフ](優香)、杉浦薫子[ウェディングプランナー](浅野ゆう子)、岬恭介[ウェディングプランナー](鈴木亮平)、朝比奈留美[ウェディングプランナー](黒川智花)、山本剛[式場支配人](石黒賢)、新郎・新婦両家:相馬家・加賀山家:加賀山妃美佳[花嫁](谷村美月)、加賀山鞠香[妃美佳の双子の姉](谷村美月)、相馬映一[花婿](福士誠治)、十倉家・大崎家:大崎玲奈[花嫁](星野真里)、十倉純一[花婿](田中直樹)、川田真弓[玲奈の友人代表](平岩紙)、十倉和子[純一の母](角替和枝)、東家・白須家:白須真空[りえの息子](加藤清史郎)、白須りえ[花嫁](霧島れいか)、東誠[花婿](渡部豪太)、美梨[真空の従妹](佐々木りお)、山田家・岩倉家:岩倉千波[花嫁](佐津川愛美)、山田勇気[花婿](山口翔悟)、竹内[紘一郎の秘書](波岡一喜)、岩倉紘一郎[千波の父](大地康雄)、塚原愛(宮地眞理子)、鈴木家・三田家:三田あすか[花嫁](大島麻衣)、三田真澄[あすかの母](大島蓉子)、リッキー[三田家の飼い犬]、その他:謎の男(岡田義徳)、清掃係(白石美帆)、テレビドラマ『本日は大安なり<全10回>』の第4話「疑惑のヒロイン」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【司会】ビートたけし、【アシスタント】喜多ゆかり、【ゲスト】板東英二、尾木直樹、山田邦子、ガダルカナル・タカ、SHELLY、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の「治らない肩こりの原因は身体の“ある部分”のズレだった…!そのズレを引き起こす謎のクセ「TCH」の正体を徹底解明!貼り紙を見るだけでTCHが治る!」を見る。

 何をやっても肩こりが治らないという人たちには顎関節がズレていることが多く、その人たちには私たちが気づかないうちにやってしまっている「TCH」と呼ばれるクセという共通点があることが分かってきた。TCHというのは「Tooth Contacting abit」の簡略語で「歯を接触させる癖」のことをいう。普通、口を閉じていると上と下の歯は離れているのが通常の状態で、普段上下の歯を接触させるクセがあると顎に関連した筋肉が緊張してしまい肩こりに深く関係しているというのである。番組では、TCHが肩こりを引き起こすメカニズムと顎関節症の原因にもなっていることを解説していた。TCHの治療法としては、付箋などに「歯を離して力抜く」や「歯を離す」と書いた張り紙を部屋の目に留まるいたるところに貼っておき、目に付いたら意識して歯を離すようにする。習慣化すると意識しなくても歯を離している状態が癖になる。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、近藤正臣、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩)、連続テレビ小説『カーネーション』の第18週「ライバル」の第100話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】假屋崎省吾、藤本美貴、坪田一男[慶応義塾大学教授]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、【リポーター】小林孝司、『あさイチ』の「ドライアイ なめたらアカン!ドライアイ ▽放置は危険 ドライアイ ▽目薬が逆効果 ▽新治療」を見る。
 今回のあさイチでは、ドライアイの簡単なチェック法を紹介し、ドライアイの病気のメカニズムや症状、ドライアイの治療法として人工涙液とヒアルロン酸の目薬や涙点プラグ、新薬のジクアホソルナトリウムなどを説明していた。そのほか、ドライアイの原因にもなっているアイメイクの仕方やコンタクトレンズの洗い方、アイマスクなども紹介していた。

 坪田 一男 (著) 『10秒間まばたきせずにいられますか―ドライアイの最新治療とアンチエイジングアプローチ [単行本] 』(日本評論社)

10秒間まばたきせずにいられますか―ドライアイの最新治療とアンチエイジングアプローチ
10秒間まばたきせずにいられますか―ドライアイの最新治療とアンチエイジングアプローチ

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第1話「終わりと始まり」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第2話「高句麗の罠」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】中里信和[東北大学大学院教授]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「てんかん 正しい診断を受けるコツ」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【出演】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のためのらくらくデジタル塾 スマホも使える!パソコン活用術』の第4回「音楽を持ち出そう」を見る。

 今回のデジタル塾は、パソコンとスマートフォンとつないでウィンドウズ・メディアプレーヤーを使ってスマフォに音楽を入れる方法を説明していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第6話「折れた翼」を見る。

  テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:徳永富彦、監督:東伸児、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】金井勇太、三宅弘城、松本実、甲斐まり恵、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第14話「悪友」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:西郷隆盛 役(両國宏)、山岡鉄舟 役(浜口望海)、『歴史秘話ヒストリア』の2012年2月1日第99回放送「“相棒”はお前だけ 〜西郷隆盛と山岡鉄舟 明治をつくった熱い絆〜」を見る。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1「江戸を救ったヒーローの悲しき青春時代」とエピソード2「鉄舟の証言ドキュメント 江戸を火の海から守れ!」とエピソード3「さらば相棒 湯けむりの友情秘話」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード3の途中で寝てしまった。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】西田ひかる、竜雷太、山瀬まみ、【解説】杉山肇[神奈川リハビリテーション病院 統括部]、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「40代から特にキケン!とれない足腰ヒザ痛みの真犯人」を見る。

 今回のためしてガッテンは、ヒザや腰などの痛みの原因に「股関節」があり、40代以降の女性を中心に300〜400万人の患者がいるという「変形性股関節症」を取り上げていた。変形性股関節症の患者さんの矯正治療を行って来た私にとって既知の内容が多かった。変形性股関節症の原因に姿勢があることを指摘していて、おなかが前に突き出ることで骨盤が後ろに傾いて、骨盤が後ろに傾くと股関節で大腿骨の骨頭が臼蓋(おわん)のかぶりが浅くなってしまい、圧力がかかる場所が部分的になり負担が増すことで変形が進行するというのである。姿勢の異常が変形性股関節症の原因になっているという指摘は参考になった。番組では、変形性股関節症の予防法「骨盤おこし体操」と股関節の軟骨組織を復活させる自宅でできる超簡単な治療法として「貧乏ゆすり」を紹介していた。力学整体が変形性股関節症の矯正治療に有効であることをテレビ番組で紹介してもらえれば助かる患者さんもいらっしゃるだろうになと思う。

『天守物語』(舞台、2011年)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:長谷川理恵、プレゼンター:深沢邦之、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ ○○な頭痛が脳の出血危険サイン! それは前兆かもしれない!大研究!クモ膜下出血」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、スタジオゲスト:岡本夏生、森永卓郎[経済アナリスト]、『がっちりマンデー!!』の「がっちり 海で台所で実はスゴい…アミ業界 せまい業界シリーズ 第13弾 知られざる「アミ業界」の全てがわかる!」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【司会】千住明、森田美由紀、【ゲスト】緒川たまき[女優]、田沼武能[写真家]、【司会】千住明、森田美由紀、【朗読】でんでん、『日曜美術館』の「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」を見る。

 今回の日曜美術館では、日本写真界の巨人・木村伊兵衛氏[1901〜1974]が1954年にパリで撮ったカラー写真を紹介するとともに、千住明氏と緒川たまきさんの二人がフランスのパリの撮影場所へ訪れて緒川たまきさんが同じ場所で撮影するという内容であった。木村伊兵衛氏が使用したカメラフィルムは開発間もない試作品のASA10という低感度のカラーフィルムということであった。写真を見ると何とも言えない趣のあるものだった。

 アートシーンでは、「特別展 平清盛」(江戸東京博物館 1月2日〜2月5日)ほか、各地展覧会情報を紹介していた。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の最後の海 新世界編の16thの第526話「海底火山噴火! 流されて魚人島」を見る。

 NHK Eテレで放送された【講師】戸辺誠[六段]、【司会】つるの剛士、『将棋講座 戸辺流振り飛車で目指せ!初段』の「(4)すっごい破壊力!石田流三間飛車入門「7七銀から機動力で攻略」」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【解説】郷田真隆、【きき手】高崎真子、【司会】福山知沙、『囲碁・将棋フォーカス』を見る。

 今回の番組は、郷田真隆九段が久保利明 将 対 佐藤康光九段「第61期王将戦 第1局」を解説していた。フォーカス・オンでは、「神秘の棋士『郷田真隆』」と題して、郷田真隆九段の棋風を紹介していた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】溝上知親[八段]、【きき手】新垣未希[アマ6段]、『囲碁講座 溝上知親 定石のソムリエ』の「(4)根拠のセレクション「仕掛けのチャンスを見逃すな」」を見る。

 お昼はビリケンさんとあややと3人で丸亀製麺相生店へ行きうどんを食べる。その後、岡山ブルーライン「道の駅」一本松展望園へ寄ってオハヨー乳業のジャージー牛乳のバニラとチョコーのミックスソフトクリームを食べて帰ってきた。

 岡山ブルーライン「道の駅」一本松展望園
 http://www.blueline-michieki.com/ipponmatsu/

 MBS・TBS系全国ネットで放送されている、【スタッフ】企画:サンライズ、原作:矢立肇、富野由悠季、監督:山口晋、ストーリー/シリーズ構成:日野晃博、キャラクターデザイン:長野拓造、メカニックデザイン:海老川兼武、石垣純哉、寺岡賢司、 企画協力:レベルファイブ、制作協力:創通、ADK、製作:サンライズ、毎日放送、【キャラクター・声優】フリット・アスノ(豊永利行)、グルーデック・エイノア(東地宏樹)、ミレース・アロイ(嶋村侑)、アダムス・ティネル(川原慶久)、ラーガン・ドレイス(羽多野渉)、ウルフ・エニアクル(小野大輔)、バルガス・ダイソン(坂東尚樹)、ヘンドリック・ブルーザー(沢木郁也)、エミリー・アモンド(遠藤綾)、ディケ・ガンへイル(大畑伸太郎)、ハロ(遠藤綾)、ナレーション(井上和彦)、テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE(ガンダムエイジ、AGE[エイジ、アゲ]』の第15話「その涙、宇宙に落ちて」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【スタッフ】作:藤本有紀、演出:柴田岳志、渡辺一貴、中島由貴、制作統括:磯智明、落合将、プロデューサー:櫻井壮一、【出演】平清盛[平太→平清盛](松山ケンイチ、幼少期:前田旺志郎)、平忠盛(中井貴一)、宗子(和久井映見)、舞子(吹石一恵)、祇園女御(松田聖子)、平忠正(豊原功補)、平盛康(佐戸井けん太)、鳥羽天皇(三上博史)、璋子[璋子→待賢門院璋子](檀れい)、堀河局(りょう)、北条政子(杏)、平正盛(中村敦夫)、源為義(小日向文世)、平家貞(中村梅雀)、藤原忠実(國村隼)、白河法皇(伊東四朗)、源頼朝(岡田将生)、鱸丸(上川隆也、幼少期:小林廉)、武者丸(玉木宏)、伊藤忠清(藤本隆宏)、鎌田通清(金田明夫)、高階通憲(阿部サダヲ)、西行[佐藤義清→西行](藤木直人)、平維綱(尾美としのり)、平次(大東駿介、幼少期:藤本哉汰)、NHK大河ドラマ第51作『平清盛』の第三回「源平の御曹司」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)の日曜劇場で、【スタッフ】原作:山崎豊子「運命の人」(文藝春秋刊)、脚本:橋本裕志、演出:土井裕泰、、吉田健ほか、音楽:佐藤直紀、プロデュース:瀬戸口克陽、製作著作:TBS、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】主要人物:弓成亮太(本木雅弘)、弓成由里子(松たか子)、三木昭子(真木よう子)、山部一雄(大森南朋)、佐橋慶作(北大路欣也)、毎朝新聞:司修一(松重豊)、清原了(北村有起哉)、金田満(遠藤雄弥)、萩野孝和(梶原善)、恵比寿史朗(でんでん)、荒木繁(杉本哲太)、大館智文[社長](錦引勝彦)、久留[主筆](吉田鋼太郎)、外務省:安西傑(石橋凌)、吉田孫六(升毅)、山本勇(小松和重)、林外務次官(石丸謙二郎)、北米課長(奥田達士)、弓成家・八雲家関連:弓成正助(橋爪功)、弓成しづ(吉村実子)、弓成洋一(今井悠貴)、弓成純二(山崎竜太郎)、八雲泰造(山本圭)、八雲加世(高林由紀子)、青山芙佐子(柴本幸)、鯉沼玲(長谷川博己)、三木家:三木琢也(原田泰造[ネプチューン])、弁護士:大野木正(柳葉敏郎)、高槻(伏見哲夫)、坂元勲(吹越満)、週刊誌記者:鳥井裕三[週刊ジャーナル記者](斎藤歩)、松中雄也[週刊潮流記者](眞島秀和)、政治家:横溝宏(市川亀治郎)、愛川輝一(大和田伸也)、曽根川靖弘(本田博太郎)、田淵角造(不破万作)、鈴森善市(田窪一世)、福出赳雄(笹野高史)、小平正良(柄本明)、警察:十時正春(伊武雅刀)、井口捜査二課班長(小市慢太郎)、検察:森靖之(浅野和之)、その他:坂元千恵子(黒沢あすか)、枝川清美[女性運動団体「三木さんを守る会」構成員](ふせえり)、テレビドラマ『運命の人』第2話「漏れた秘密」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、チョ・ジュンヒョン企画、イ・ビョンフン、キム・グノン演出、キム・イヨン、イム・セヒョン脚本、キム・ジョンハクプロダクション制作、イ・サン[李祘]・チョンジョ[正祖]役(イ・ソジン、川島得愛/幼少期:パク・チビン、本城雄太郎)、ソン・ソンヨン[成松淵]・宣嬪昌寧成氏役(ハン・ジミン、花村さやか/幼少期:イ・ハンナ、前田瀬奈)、パク・テス[朴大壽]役(イ・ジョンス[李鍾洙]、宮内敦士/幼少期:クォン・オミン、新井海人), ヨンジョ[英祖]役(イ・スンジェ、大塚周夫)、サド[思悼]世子[セジャ]役(イ・チャンフン、咲野俊介)、ヘギョングン[恵慶宮]・豊山洪氏役(キョン・ミリ、宮寺智子)、チョンスン[貞純]王妃・慶州金氏役(キム・ヨジン、高島雅羅)、ファワン[和緩]翁主役(ソン・ヒョナ、岡寛恵)出演、韓国時代劇ドラマ『イ・サン(이산 李祘)』の第36回「愛しき友」を見る。

 NHK Eテレの演劇特集で放送された、【スタッフ】作:泉鏡花、演出:白井晃、音楽:三宅純、美術:小竹信節、照明:斎藤茂男、音響:井上正弘、衣装:太田雅公、ヘアメイク:川端富生、振付:康本雅子、殺陣:渥美博、演出助手:河合範子、舞台監督:藤崎遊、芸術監督:宮田慶子、主催:文化庁芸術祭執行委員会、新国立劇場、共催:TBS、後援:TBSラジオ、【キャスト・出演】富姫(篠井英介)、図書之助(平岡祐太)、亀姫(奥村佳恵)、江波杏子、田根楽子、小林勝也、村岡希美、関秀人、関戸将志、坂元健児、粟田麗、平良あきら、2011年の舞台『天守物語』を見る。

 この舞台『天守物語』のあらすじは、魔性の女である妖しい夫人・富姫と若い美男の鷹匠である図書之助が恋に落ちる話である。正直言ってあまり面白くはなかった。

夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)
夜叉ヶ池・天守物語 (岩波文庫)

物忘れとワーキングメモリの関係


 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第15話「血塗られた家(The Benders)」[登場魔物・妖怪:快楽殺人鬼]を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第16週「揺れる心」の第86話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】平山あや、勝村政信、苧阪満里子[大阪大学大学院教授]、小泉英明[日立製作所中央研究所・脳科学者]、【講師】マリオ・フリットリ[イタリア料理店総料理長]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、中谷文彦、『あさイチ』の「物忘れよ さようなら ▽もの忘れを改善・子供の学力向上 脳のWMを鍛えろ! ▽日常生活に一工夫するだけで ▽認知症の予防にも!?」を見る。

 今回のあさイチでは、物忘れにはワーキングメモリが関係していることを紹介していた。ワーキングメモリとはおでこの辺りにある脳の前頭前野にある一時的な記憶の働きと仕組みのことである。脳の中で「海馬」は長い間覚えている記憶に関係していが、ワーキングメモリは一時的な記憶に関係していると言うのである。物忘れはこのワーキングメモリの記憶が低下することによって起こる現象だということである。番組では、働きの衰えたワーキングメモリに機能を鍛える方法として、スロージョギングと料理を紹介していた。

 苧阪 満里子 (著) 『ワーキングメモリ―脳のメモ帳 [単行本] 』(新曜社)

ワーキングメモリ―脳のメモ帳
ワーキングメモリ―脳のメモ帳

 苧阪 直行 (編集) 『脳とワーキングメモリ [単行本] 』(京都大学学術出版会)

脳とワーキングメモリ
脳とワーキングメモリ

 小泉 英明 (著) 『脳は出会いで育つ [単行本]』(青灯社)

脳は出会いで育つ
脳は出会いで育つ

 小泉 英明 (著) 『脳の科学史 フロイトから脳地図、MRIへ [新書]』(角川マーケティング(角川グループパブリッシング) 、角川SSC新書 (角川SSC新書))

脳の科学史  フロイトから脳地図、MRIへ  角川SSC新書 (角川SSC新書)
脳の科学史 フロイトから脳地図、MRIへ 角川SSC新書 (角川SSC新書)

 小泉 英明 (著) 『脳科学の真贋―神経神話を斬る科学の眼 [単行本]』(日刊工業新聞社、B&Tブックス)

脳科学の真贋―神経神話を斬る科学の眼 (B&Tブックス)
脳科学の真贋―神経神話を斬る科学の眼 (B&Tブックス)

 楽天市場内のショップ「上野アメ横・小島屋」でくるみとカシューナッツと松の実を注文する。

 【★無添加★ カルフォルニア産:くるみ 《1kg》 生産者の顔が見える安心、栄養豊富なクルミ ナッツ専門店の新鮮な品をお届けします生ナッツ・nuts】(N-04-02)


【無添加 くるみ 生ナッツ♪ nuts ☆☆専門卸問屋の卸特価でご提供☆☆】【★無添加★ カルフォ...

 【★無添加 生ナッツ★ インド産:生カシューナッツ 《1kg》 栄養満点なカシューナッツを毎日の生活に♪ ナッツ専門店の新鮮な品をお届けします】(N-02-22)


【生カシューナッツ 1kg 無添加 おつまみ 生ナッツ nuts ☆☆ナッツ専門卸問屋の卸特価でご提供...

 【★無添加★ 極上・松の実《250g》 新物で大分お安くなりました!特級AAグレードだから、ふっから大粒 まつの実ナッツ専門店の新鮮な品をお届けします】(N-10-02)


【無添加 生ナッツ♪ 松の実 まつの実 nuts ☆☆専門卸問屋の卸特価でご提供☆☆】【★無添加...

 上川名おさむ氏の『【PDF版購入者限定価格!!】次回予約獲得マニュアル』を注文する。

 私は既に上川名おさむ氏の『次回予約獲得マニュアル』のPDF版を持っているが、今回新しくカイロベーシック社から製本化されて発売されることになった。書籍版では、豪華表紙つきの書籍となっており、あとがきが追加され、細かい表現や誤字脱字の修正が行われているとのことであるが、内容はPDF版とほとんど同じということである。ただし、今回の製本には音声CD「短時間施術成功の秘密」が付いていということである。上川名おさむ氏の無料レポートにしろ有料レポートのPDF版にしろ参考になることが多かったので、音声CD「短時間施術成功の秘密」も聞く価値があり参考になるかもしれないと思えた。私は購入者なので安く購入できるということで申し込むことにした。

 上川名おさむ『次回予約獲得マニュアル』(カイロベーシック社)
 http://www.yoyakumanual.com/yoyaku_book/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第45話「おばさんが好きです」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第124話を見る。

 今回のテジョヨンでは、テジョヨン軍の中でNo.5ともいえるケピルサムンが戦死してしまった。

 NHK Eテレで放送された、【講師】山口俊晴[がん研究有明病院副院長]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「胃がん 早く確実に治したい「早期なら内視鏡治療も」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の第54話「振られたダイス」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第53話「朝鮮の空は民のもの」と第54話「太宗の敗北」を見る。

『池上彰スペシャル〜宗教がわかればニュースのナゾが解ける〜』


 日本テレビ系列の読売テレビの木曜ミステリーシアターで放送された、【スタッフ】原作:滝田務雄『田舎の刑事の趣味とお仕事』『田舎の刑事の動物記』(創元推理文庫)、脚本:大宮エリー、演出:本田隆一、島崎敏樹 ほか、チーフプロデューサー:坂口良則、プロデューサー:福田浩之、河内俊昭[よしもとクリエイティブエージェンシー]、音楽:藤原いくろう、【主題歌】YU-A「あなたの笑顔」、【キャスト】黒川鈴木[40](板尾創路)、白石高作[37](田辺誠一)、赤木忠志[26](田中圭)、黒川静江[35](鶴田真由)、ゲスト:正木(阿部力)、西田(熊切あさ美)、テレビドラマ『デカ黒川鈴木』の第2話「殺される前に釣り上げろ!」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第15週「愛する力」の第84話を見る。

 今日ははじめてDVDレコーダーからDVDへテレビ番組をコピーしてみた。DVDレコーダーでは見れたが、ビデオレコーダーでは見ることあできなかった。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第44話「心を乱されないで」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第123話を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】荻野文子[予備校講師・文筆家]、【キャスター】堀尾正明、瀧口友里奈、『100分de名著 兼好法師“徒然草”』の第2回「上達の極意」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、【スタッフ】チーフプロデューサー:塩田千尋、山中弘明、プロデューサー:池田睦也[スタッフラビ]、演出:原島雅之[スタッフラビ]、編成担当:濱潤、【解説】池上彰、【進行】高島彩、【出演】秋野暢子、坂下千里子、篠山輝信、春香クリスティーン、六角精児、【ロケ出演】遠藤玲子[フジテレビアナウンサー]、杉崎美香、『池上彰スペシャル〜宗教がわかればニュースのナゾが解ける〜』を見る。

 今回の番組では、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の世界三大宗教を中心に、それぞれの聖地であるサウジアラビア、イスラエルのエルサレム、キリスト教最大教派カトリックの総本山「バチカン市国」を訪れて、キリスト教徒とイスラム教の対立、イスラエルとアラブのパレスチナ問題といった世界紛争のルーツや、アメリカ大統領選挙とモルモン教など宗教からニュースを見ることで理解できる内容を解説してくれていた。

タグ:池上彰 宗教

「ああ、討ち入りさえなかったら・・・ 〜悪役・将軍・妻 3つの“裏”忠臣蔵〜」(NHK・歴史秘話ヒストリア)


 赤穂では今日は義士祭だった。毎年同じような内容なので物珍しさはなくなってしまっている。あややはスターパレードがなくなってから見物に行かなくなってしまった。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:吉良上野介 役(門田裕)、徳川綱吉 役(中村英哉)、大石理玖[りく] 役(鮎川なつき)、『歴史秘話ヒストリア』の2011年12月14日第94回放送「ああ、討ち入りさえなかったら・・・ 〜悪役・将軍・妻 3つの“裏”忠臣蔵〜」を見る。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1「真面目に仕事したのに・・・ 吉良上野介」とエピソード2「立派な将軍になりたかったのに・・・ 徳川綱吉」とエピソード3「義士の妻として強く生きる 大石理玖(りく)」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアでは、「忠臣蔵」を四十七士以外の目線から見るのではなく、悪役・吉良上野介と将軍・徳川綱吉と大石内蔵助の妻・りくという3人の関係者の視点から見るという試みがなされていた。

 ABC(朝日放送)海外ドラマの火曜ナイトドラマ枠で放送された、【スタッフ】製作総指揮・脚本:ジェフ・イースティン、脚本:Jeff Eastin/Joseph C.Muscat、監督:John T.Kretchmer、制作:20世紀フォックス、【キャスト】ニール・キャフリー(マット・ボマー、日本語吹替:高橋広樹)、ピーター・バーク(ティム・ディケイ、日本語吹替:池田秀一)、エリザベス・バーク(ティファニー・ティーセン、日本語吹替:小林さやか)、モジー(ウィリー・ガーソン、日本語吹替:多田野曜平)、ケイト(アレクサンドラ・ダダリオ)、ダイアナ・バリガン(マーシャ・トマソン)、クリントン・ジョーンズ(シャリフ・アトキンズ、声:高岡瓶々)、ローレン・クルーズ(ナタリー・モラレス)、アメリカ(USAネットワーク)のテレビドラマ『ホワイトカラー(WHITE COLLAR)』ファースト・シーズン(シーズン1)の第9話「消した証拠(Bud Judgment)」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、連続テレビ小説『カーネーション』の第10週「切なる願い」の第63話を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】RIKACO[タレント]、宮崎美子[女優]、鈴木彩子[京都大学医学部産婦人科助教]、【講師】藤井恵[料理研究家・管理栄養士]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、内藤裕子、『あさイチ』の「ガッテンコラボ 子宮筋腫 ガッテンコラボ 子宮のコブの大誤解 ▽成人女性の5人に1人!子宮筋腫の大誤解 ▽ガッテンで大反響!がんになる?予防法は?閉経後どうなる?」を見る。

 今回のあさイチは、2011年11月30日に放送されたためしてガッテンの「守れ、女性のカラダ!子宮のコブの大誤解」の内容とほとんど同じだった。私は既に同番組を見ていたので既知の内容ではあったが復習になって良かった。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第23話「別れさせます」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第105話を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】岡田靖[国立病院機構九州医療センター脳血管内科]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「変わる脳梗塞治療「再発予防薬の新常識」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の第43話「離婚に向けて」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:櫻井武晴、監督:安養寺工、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】利重剛、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第9話「あすなろの唄」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】うつみ宮土理、ワッキー、山瀬まみ、【解説】瓜田純久[東邦大学]、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「腸の不調を根治せよ!しつこい下痢の“新”犯人」を見る。

 今回のためしてガッテンでは、慢性的な下痢である過敏性腸症候群を紹介していた。慢性的な下痢である過敏性腸症候群は一般的にストレスが原因だと考えられているが、実はストレス以外にも原因があったというのである。

 原因のひとつは、腸内細菌があげられる。大腸にいるはずの腸内細菌が風邪でお腹を壊したり食あたりでお腹を壊したりしたのがきっかけで小腸のほうへ住み着くことがあり、小腸は腸内細菌を異物と見なし追い出そうと激しく運動を始め、その結果、食べ物が未消化のまま大腸に達してしまい下痢になるというのである。慢性的な下痢の原因のひとつは、小腸で腸内細菌が異常増殖した場合である。この場合は、小腸に異常増殖した腸内細菌を抗生物質で死滅させれば良い。

 次ぎに慢性的な下痢の原因には、薬があげられる。胃薬や鎮痛薬、高血圧の薬などを飲み続けたり、2種類以上を組み合わせて飲むと、薬が分解されないまま大腸に到達することがあり、大腸は薬の成分を吸収しないようにコラーゲンのバリアを作ることがあり、そのため水分の吸収まで妨げられて下痢になってしまうというのである。この場合は、その薬を中止して他の薬に変えれば良い。

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。