今週のお知らせ

はじめてのひまし油パック(簡単ヒマシ油パック)


 NHK教育テレビで放送された、【講師】毛利勝彦[国際基督教大学教授]、『白熱教室JAPAN 国際基督教大学(ICU)』の第3回「推進vs反対どう説得するか NGO 推進vs反対 どう説得するか NGO苦悩の選択 資金か使命か」を見る。

 4月の白熱教室JAPANは国際基督教大学の毛利勝彦教授による白熱教室である。世界が直面する問題に国際NGOはどう取り組むべきかについて4回にわたって議論するというものである。

 第3回は、チャイルド・スポンサーシップを通して開発途上国の子どもたちを支援してきた国際NGOワールド・ビジョン・インターナショナルを題材に、HIV/エイズ対策プロジェクトをめぐってエイズ問題に取り組むべきかどうかについて相対する意見を議論し、いかに説得し対処すべきかを学ぶというものであった。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】中野寛也[九段]、【きき手】万波佳奈[四段]、『囲碁講座 中野寛也の戦いの“碁力”(1)基本の力!石の取り方』の「ゲタで要石を封じる」を見る。

 NHK教育テレビで放送された、【ゲスト】斎藤環[精神科医]、【解説】西研[東京医科大学教授]、【出演】瀧口友里奈、カリカ、【キャスター】堀尾正明、【語り】甲斐田裕子、【声】宗矢樹頼、『100分de名著』の「ニーチェ“ツァラトゥストラ”<全4回>」の第4回(最終回)「現代に超人は可能か?」を見る。

 最終回は、特別ゲストとして精神科医の斎藤環氏を交えてニーチェの「ツァラトゥストラ」について対談するというものであった。対談の中で一番印象に残った言葉は、斎藤環氏が「精神分析的に正しい生き方というのは自分の欲望をあきらめないということ」だと話されたことであった。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第3週「初恋」の第15話を見る。

 先日クシロ薬局で購入した「簡単ヒマシ油パック・スターターセット」を使って初めてヒマシ油の温湿布を行った。

 簡単ヒマシ油パックはエドガー・ケイシー・リーディングに基づいたヒマシ油パックの方法をフィル・トーマス氏がヒマシ油パックを使い易く考案した最新のヒマシ油パックということである。 簡単ヒマシ油パック・スターターセットはそれを日本向けに製品化した商品である。

 初めてのことなので昨日説明書を読んで説明に従って行った。やってみれば簡単である。右横腹が少し温かい感じがするだけでどうってことはない。ところが、45分を過ぎた頃だろうか20分ほど眠ってしまった。

 アメリカン氷嚢に入れるお湯は電気ポットで60度になるよう調節してから入れたのであるが、あややはお湯が少し熱かったようで皮膚が紅くなってしまった。私はそんなことはなかった。電気ポットの温度表示は60度から65度まで間で表示されるので、同じ60度でも65度に近い温度と60度に近い温度では熱さに違いが出たものらしい。あややのアメリカン氷嚢にお湯を入れる場合は60度以上にならないように55度を目安にしたほうが良いと思った。

クシロ薬局 簡単ヒマシ油パック・スターターセット
クシロ薬局 簡単ヒマシ油パック・スターターセット

 渡邉耕氏の情報商材『モ禿げ』と『もでぶ』と『ミニモテ』を入手する。

 渡邉 耕『モ禿げ』
 http://url.nabetsugu.net/mohage.html

 渡邉 耕『もでぶ』
 http://url.nabetsugu.net/modebu.html

 渡邉 耕『ミニモテ』
 http://url.nabetsugu.net/minimote.html

 サンテレビで放送された、キム・ヨンソププロデューサー、ムン・ボミ制作、ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、チョン・ミンジュ(ユン・ソイ)、キム・ジュンソン(イ・ジヌク)、パク・ソンジン(キム・スンス)、キム・ドゥヒョン(パク・クニョン)、ユン・インギョン(パク・ウォンスク)、キム・ジュンヒ(ユ・ソジン)、キム・ギュソン(チャン・ヒョンソン)、オ・ユラン(ヤン・ジョンア)、キム・ムソン[事故死]、パク・スルギ(イ・ジュヨン)、ユン・インスク(チョン・ジェスン)、イ・ジュヒ(ユン・アジョン)、カン・ヘヨン(ハン・ヨルム)、ソン・ガンミン(シン・ドンウ)、チャン・テス(ユン・ジョンファ)、チョン・オクチャ(キム・ソナ)、ハン・ヤンスク(イ・ヘスク)、ソン・ドンシク(イ・ハヌィ)出演、SBSで2008年9月6日から2009年3月1日まで放送された韓国ドラマ『ガラスの城』の第50話「愛する人よ」を見る。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】高橋幸宏[榊原記念病院副院長]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「もしかして!?子どもの心臓病」を見る。

 あややがすき家の牛丼を食べたいと言うので、先にダイソーフレスポ赤穂店へ寄りスプーンを買って、次にイオン赤穂店のミスタードーナツへ寄り新商品の「ほっとする、ホットケーキ食感。」の「ホッとリング」のメープルとエンゼルを1個ずつ買い、それからすき家赤穂店へ行き牛丼ミニを買って帰った。先に牛丼を食べた、それから「ホッとリング」のメープルとエンゼルは半分に切って分けて紅茶を飲みながら食べた。

 DAISO|ダイソーホームページ
 http://www.daiso-sangyo.co.jp/

 ミスタードーナツ
 http://www.misterdonut.jp/

 すき家WEBサイト
 http://www.sukiya.jp/

 サンテレビで、キム・ジェヒョン、チョン・ヒョ演出、パク・チョンファ原作、ユン・ジョンゴン脚本、宣祖(イム・ドンジン)、臨海君(キム・ユソク)、光海君(チ・ソン)、金尚宮(パク・ソニョン)、イ・ハンミン(イ・フン)、柳氏夫人(サガン)、懿仁王后朴氏(イ・ヒョチュン)、仁嬪金氏(イ・ヘスク)、許氏夫人(イ・アヒョン)、キム・ゴンリャン(キム・ハクチョル)、ソ・ソンイ(キム・ヘリ)、仁穆王后金氏(ホン・スヒョン)、ジル(チョン・テウ)、ペセジャ嬪(イ・ギョンファ)、定遠君(カン・ソンヒョン、ソン・ジョンボム)、綾陽君(アン・ホンジン)出演、韓国SBSで2003年10月6日から2004年3月2日まで放映された韓国歴史ドラマ『王の女(왕의 여자)』の第10話を見る。

 サンテレビで放送された、キム・スヒョン原作、パク・ジヌ脚本、イ・ジョンス演出、イ・ガンエ[母親、ベストセラー作家、バツイチ、22〜42歳](キム・ヒエ)、ユ・ダミ[娘、高校生、新人映画俳優、19〜20歳](Ara[コアラ])、ユ・ゴニ[イ・ガンエの元夫でユ・ダミの実の父親、在日韓国人、44歳](イ・ジェリョン)、ハ・インチャン[30歳](イ・チャン)、ハ・ヨンチャン[写真家、インチャンの腹違いの弟、22歳](キム・ギボム)出演、2006年11月20日からSBSで放送された韓国ドラマ『雪の花(눈꽃)』の第13話を見る。

 毎日テレビで放送された、橋田壽賀子作、石井ふく子プロデューサー、清弘誠、荒井光明、山崎統司演出、羽田健太郎音楽、岡倉大吉(宇津井健)、野田弥生(長山藍子)、野田良(前田吟)、野田勇気(渡邉奏人)、小島五月(泉ピン子)、小島勇(角野卓造)、小島眞(えなりかずき)、小島キミ(赤木春恵)、岡倉文子(中田喜子)、高橋亨(三田村邦彦)、高橋望(冨田真之介)、大原葉子(野村真美)、大原透(徳重聡)、本間長子(藤田朋子)、本間英作(植草克秀)、本間日向子(大谷玲凪)、本間由紀(小林綾子)、本間常子(京唄子)、野田武志(岩渕健)、野田佐枝(馬渕英俚可)、野田良武(吉田理恩)、田口愛(吉村涼)、田口誠(村田雄浩)、田口さくら(小宮未鈴)、山下久子(沢田雅美)、山下健治(岸田敏志)、田島周平(岡本信人)、田島聖子(中島唱子)、松本達夫(榎本たつお)、野々下加津(宇野なおみ)、大井道隆(武岡淳一)、大井貴子(清水由紀 )、野々下長太(大和田獏)、野々下邦子(東てる美)、野々下隆(森宮隆)、野々下ミカ(小此木麻里)、森山壮太(長谷川純)、吉野杏子(渋谷飛鳥)、金田利子(山下容莉枝)、金田典介(佐藤B作)、中本源太(山本コウタロー)、川上 哲也(井之上隆志)、宗方直之(井上順)、山口政子(草笛光子)、山口太郎(船越英一郎)、竜村初子(中原ひとみ)、北川智子(水町レイコ)、高野夏子(市丸 和代)、菊村サワ(渡辺美佐子)、菊村康史(錦織一清)、菊村みのり(熊谷真実)、青山タキ(野村昭子)、森山珠子(森光子[特別出演])出演、石坂浩二ナレーター、連続テレビドラマ『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 最終シリーズ(渡鬼[わたおに])』の第25回を見る。

 ABC(朝日放送)で放送された、ビートたけし司会、松金よね子、竹内都子、秋本奈緒美、いとうまい子、北陽(虻川美穂子・伊藤さおり)、上原美優ゲスト出演、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の「治らない便秘の正体」と「名医の便秘改善プロジェクト」を見る。

「コールドコイン[炭素鋼]」(バアー)


 NHK教育で放送された、【ゲスト】間寛平、【講師】常岡寛[東京慈恵会医科大学教授]、【講師】谷原秀信[熊本大学大学院教授]、【講師】寺崎浩子[名古屋大学大学院教授]、【司会】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「中高年の目の病気」を見る。

 中高年に多い「白内障」「緑内障」「加齢黄はん変性」について治療法を解説していた。それぞれの病気の代表的な治療法としては、白内障は手術、緑内障は目薬、加齢黄はん変性は目に注射をする薬物療法があげられていた。その中でも私は特に緑内障について効果的な正しい目薬のさし方というのをはじめて知った。

 NHK総合テレビで放送された、【出演】マイケル・サンデル[ハーバード大学教授]、【出演】高畑淳子[女優]、【出演】高田明[ジャパネットたかた社長]、【出演】高橋ジョージ[歌手]、【出演】石田衣良[作家]、『マイケル・サンデル 究極の選択』の「大震災特別講義〜私たちはどう生きるべきか〜」を見る。

 東日本大震災を受けて「ハーバード白熱教室」のマイケル・サンデル教授が主催した特別講義である。出演者のほかにアメリカと中国と日本の学生も参加して、「わたしたちは何をすべきか」「危機への日本人の反応をどう思うか?」「日本と他の国での反応の違いに驚いたか?」「君たちの国でも同様の行動ができるだろうか?」などの論点について意見を交換し合っていた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】高橋幸宏[榊原記念病院副院長]、【キャスター】濱中博久、久田直子、『きょうの健康』の「もしかして!?子どもの心臓病」を見る。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第3週「初恋」の第14話を見る。

 楽天市場内のショップ「産地直送 石井農園」で母の日のカーネーションを注文する。

 2,600円の商品なのだけれども、今日までなら早期予約の割引価格の2050円で申し込めるので注文しておいた。石井農園園長の完全オリジナルのカーネーションの育て方の説明書がついているのでいいかなと思った。

 【5大特典】11色から選べる産直石井農園のカーネーション送料無料・バスケット付(ka-ne02):花色:レッド


11色から選べる【送料無料】11色から選べる産直石井農園のカーネーションバスケット付

 クシロ薬局で注文した「簡単ヒマシ油パック・スターターセット」と「バアー コールドコイン(炭素鋼)」と「PPソーダ」が届いた。

  Cold Coin steel piece、バアー コールドコイン(炭素鋼) 10枚以上

 「バアー コールドコイン(炭素鋼)」はポケットに入れておくようにしたのであるが、筋トレの最中知らない間にポケットから出てしまっていた。就寝時には寝間着に適当なポケットがなく身に付けておくのは難しい。また、ズボンを履き替える度に入れ換えなければのは面倒である。それで、「バアー コールドコイン(炭素鋼)」をペンダントにしてネックレスにしたら良いかもしれないと思った。

 コールドコインは貨幣の硬貨のような形状をしていてポケットに入れていつも身に付けておけるようになっている。また、キーホルダーに付けて持ち運びできたり、ネックレスにして身に付けておけるように穴が空いている。

 私は最近初めて炭素鋼なるものの存在を知った。炭素鋼は風邪予防に効果があるのではないかという説を知って、これはあややに良いかもしれないと思い買ってみることにしたものである。商品ページには電磁波をカットする力があることが分かったという説明があった。付属の説明書には、身体をイオン化し、その特別の振動が風邪や充血、喉や鼻の粘膜が荒れるのを防ぐと書いてある。風邪にかかっても喉と鼻がぐずぐずいいう状態が2時間ほど続くだけで消えてしまうという体験談も載っている。だから、風邪を引いた人やインフルエンザにかかった人が側に来ても恐れを感じなくなったということである。説明には、肩こり、痛み、不快感に悩む方や風邪を引きやすい方、喘息を起こしやすい方は、ポケットに入れたり、コールドコインを手に持ち不快な場所にこすり付けてみると良いとある。

 PP Soda Toothpowder、クシロ薬局 PPソーダ 100g

 夜就寝前の歯磨きを歯磨き粉としてPPソーダを使ってブラッシングをしてみるとこれがなかなか良いことがわかった。これは長く続けられそうだ。今後は歯磨きにぜひPPソーダを使っていきたい。

 Castor Oil Pack Starter Kit、クシロ薬局 簡単ヒマシ油パック・スターターセット(腹巻きサイズ:腹回り90cm以下(小))

 簡単ヒマシ油パック・スターターセットは同梱されていた説明書を読む。

クシロ薬局 簡単ヒマシ油パック・スターターセット
クシロ薬局 簡単ヒマシ油パック・スターターセット

 エドガーケイシー療法:炭素鋼
 http://www.minohonosaru.com/ko-rudokoin.html

 コールドコイン(炭素鋼)
 http://www.minohonosaru.com/inpi/ko-rudokoin.html

 自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局
 http://kushiroph.com/

 あややがモスバーガーの「期間限定旨辛テリヤキバーガー」を食べるというのでモスバーガー赤穂店へ買いに行く。ちょうど「得!モス!クーポン PREMIUMペーパー」があったので「旨辛テリヤキバーガー ポテトSセット」を2セット買って帰った。あややは旨辛テリヤキバーガーは変わっている味だと言って食べていた。

 モスバーガー公式ホームページ
 http://www.mos.co.jp/

 サンテレビで放送された、キム・ヨンソププロデューサー、ムン・ボミ制作、ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、チョン・ミンジュ(ユン・ソイ)、キム・ジュンソン(イ・ジヌク)、パク・ソンジン(キム・スンス)、キム・ドゥヒョン(パク・クニョン)、ユン・インギョン(パク・ウォンスク)、キム・ジュンヒ(ユ・ソジン)、キム・ギュソン(チャン・ヒョンソン)、オ・ユラン(ヤン・ジョンア)、キム・ムソン[事故死]、パク・スルギ(イ・ジュヨン)、ユン・インスク(チョン・ジェスン)、イ・ジュヒ(ユン・アジョン)、カン・ヘヨン(ハン・ヨルム)、ソン・ガンミン(シン・ドンウ)、チャン・テス(ユン・ジョンファ)、チョン・オクチャ(キム・ソナ)、ハン・ヤンスク(イ・ヘスク)、ソン・ドンシク(イ・ハヌィ)出演、SBSで2008年9月6日から2009年3月1日まで放送された韓国ドラマ『ガラスの城』の第49話「ユランの妊娠」を見る。

 サンテレビで、キム・ジェヒョン、チョン・ヒョ演出、パク・チョンファ原作、ユン・ジョンゴン脚本、宣祖(イム・ドンジン)、臨海君(キム・ユソク)、光海君(チ・ソン)、金尚宮(パク・ソニョン)、イ・ハンミン(イ・フン)、柳氏夫人(サガン)、懿仁王后朴氏(イ・ヒョチュン)、仁嬪金氏(イ・ヘスク)、許氏夫人(イ・アヒョン)、キム・ゴンリャン(キム・ハクチョル)、ソ・ソンイ(キム・ヘリ)、仁穆王后金氏(ホン・スヒョン)、ジル(チョン・テウ)、ペセジャ嬪(イ・ギョンファ)、定遠君(カン・ソンヒョン、ソン・ジョンボム)、綾陽君(アン・ホンジン)出演、韓国SBSで2003年10月6日から2004年3月2日まで放映された韓国歴史ドラマ『王の女(왕의 여자)』の第9話を見る。

 サンテレビで放送された、キム・スヒョン原作、パク・ジヌ脚本、イ・ジョンス演出、イ・ガンエ[母親、ベストセラー作家、バツイチ、22〜42歳](キム・ヒエ)、ユ・ダミ[娘、高校生、新人映画俳優、19〜20歳](Ara[コアラ])、ユ・ゴニ[イ・ガンエの元夫でユ・ダミの実の父親、在日韓国人、44歳](イ・ジェリョン)、ハ・インチャン[30歳](イ・チャン)、ハ・ヨンチャン[写真家、インチャンの腹違いの弟、22歳](キム・ギボム)出演、2006年11月20日からSBSで放送された韓国ドラマ『雪の花(눈꽃)』の第12話を見る。

 MBS製作、TBS系列のMBS(毎日テレビ)で放送された、加藤和恵[集英社「ジャンプスクエア」連載]原作、岡村天斎監督、山口亮太シリーズ構成、竹田滋、勝股英夫、近藤裕、太布尚弘、東山敦企画、越智武、茨木政彦、植田益朗、落越友則エグゼクティブプロデューサー、丸山博雄、井上貴允、足立聡史、金庭こず恵、古川慎プロデューサー、林健一アニメーションプロデューサー、佐々木啓悟キャラクターデザイン、岡正春撮影監督、澤野弘之音楽、UVERworld「CORE PRIDE」[オープニングテーマ]、2PM「Take off」[エンディングテーマ]主題歌、奥村燐(岡本信彦)、奥村雪男(福山潤)、杜山しえみ(花澤香菜)、勝呂 竜士(中井和哉)、志摩廉造(遊佐浩二)、三輪子猫丸(梶裕貴)、神木出雲(喜多村英梨)、霧隠シュラ(佐藤利奈)、イゴール・ネイガウス(置鮎龍太郎)、アマイモン(柿原徹也)、メフィスト・フェレス(神谷浩史)、藤本獅郎(藤原啓治)出演、テレビアニメ『青の祓魔師(あおのエクソシスト、青エク)』の第1話「悪魔は人の心に棲む」を見る。

 テレビ朝日系列のABCテレビで放送された、猪崎宣昭康監督、伊藤洋子脚本、松本基弘[テレビ朝日]、三輪祐見子[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、丸山真哉[東映]、横塚孝弘[東映]プロデューサー、MISIA「記憶」主題歌、糸村聡(上川隆也)、織田みゆき(貫地谷しほり)、曽根武雄(佐野史郎)、加賀美亨(大杉漣)出演、黒川智花、山入端佳美、坂田聡ゲスト出演、東映製作の連続テレビドラマ『遺留捜査』の第2話「母子手帳と裂けたおみくじ」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、徳川家康役(佐渡山順久)配役、『歴史秘話ヒストリア』の2011年4月20日第72回送放送「つらい時こそ一歩前へ! 〜ボクの人生どこへ行く? 徳川家康の決断〜」を見る。

 エピソード1「ボクが家康になったわけ 名前が秘めた運命の物語」とエピソード2「家族か?信長か?信玄か? 家康・究極の選択」とエピソード3「対決!秀吉VS.家康 ”鳴くまで待とう”の極意とは」の3部構成になっていた。

 サンテレビで放送された、方孝仁プロデューサー、林清振演出、杜欣怡、吳至偉、曾詠婷、汪秀賢、李登雅脚本、ルーカス[盧卡斯、25歳、Lucas(ルーカス)](阮經[イーサン・ルァン])、シュアン[單無雙、33歳](楊謹華[シェリル・ヤン])、レスリー[宋允浩、34歳、Leslie(レスリー)](温昇豪[ウェン・シェンハオ])、ジア[韓佳佳、21歳、Cindy(シンディ)](楊雅筑[ヤン・ヤージュー])、ジェイ[JJ、25歳](張懐秋(ハリー・チャン、大嘴巴)]出演、台湾の三立電視が製作し台湾電視公司では2009年1月4日から、三立電視では2009年1月10日から2009年5月31日まで放送された台湾ドラマ『敗犬女王-My Queen』の第10話を見る。

ブルーベリーサプリメント


 神戸新聞の朝刊に、元郵政相の野田聖子議員が婚姻届を提出したこと、元バドミントン女子でオグシオの愛称で親しまれた小椋久美子さんが近く結婚すること、タレントの小林麻央さんが妊娠したことなどの記事が掲載されていた。
 
 ムスコの次はムコ 事実婚の野田聖子氏が婚姻届を提出
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110223-00000529-san-soci

 「オグシオ」小椋さん、神鋼ラグビー山本大介選手と結婚
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110223-00000542-san-spo

 海老蔵、7月パパに…麻央おめでた!結婚1年、久々の吉報!
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000006-sph-ent

 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第22週「残されたもの」の第125話を見る。

 あややはベーシックサプリメント以外のターゲットサプリメントとしてブルーベリーサプリメントを摂りたいという希望を持っている。

 これまではカイフさんのおすすめの「インデナ社製ビルベリー100%が1粒に120mg!さらにルテイン、カシス配合ブルーベリー&カシス-ルテイン」を楽天市場内のショップ「きれいになるゾ!」で購入していた。価格が1,260円と比較的安いのも魅力的だ。


インデナ社製ビルベリー100%が1粒に120mg!さらにルテイン、カシス配合ブルーベリー&カシス-...

 最近になってリフレの「ブルーベリー&ルテイン」がアントシアニンの安定性が改良され、アントシアニンの吸収性が改善されている北欧産ビルベリーエキスの「ミルトアルゴス」を知った。ミルトアルゴスは吸収性が従来品よりも1.5倍も高く、胃酸で壊れにくく腸までしっかり届くようになったという。それで先日、リフレの「ブルーベリー&ルテイン」を注文して、現在はリフレの「ブルーベリー&ルテイン」を摂っている。

 健康食品のリフレ 公式オンラインショップ




 健康食品のリフレ 公式オンラインショップ 

 [商品名] ブルーベリー&ルテイン 【北欧産ビルべリーからできたサプリメント】 ([T809] 毎月1袋ずつお届け【お得な定期コース】)




 リフレ ブルーベリー


ブルーベリー&ルテイン
ブルーベリー&ルテイン


【送料無料】驚きの25成分が入ってこの価格はリフレだけ!?発売以来350万袋突破!リフレ ブル...

 ところが、数日前に新聞の折り込み広告にわかさ生活の「ブルーベリーアイ」のチラシが入っていた。それによると、ビルベリーエキスの超微細化(ナノ化)に世界初で成功したということであった。ナノビルベリーはスーッと浸透し溶け込む力でアントシアニンの吸収力(吸収量)が従来の2倍になったというのである。


◆ モンドセレクション金賞受賞商品 ◆『ブルーベリーアイ ファミリータイプ』3本セット【全国...

 リフレの「ブルーベリー&ルテイン」とわかさ生活の「ブルーベリーアイ」を比較して迷うところである。

 現時点では、いくら吸収力が良くても胃酸で壊れてしまい腸まで到達しなければ意味がないのではないかと考えられるのでリフレの「ブルーベリー&ルテイン」のほうが良いかなと思う。また、リフレの「ブルーベリー&ルテイン」には現在摂っているベーシックサプリメントには含まれていない栄養素が入っていることも判断材料になり得る。

 次に、新聞の折り込み広告に「えがおのブルーベリー」のチラシが入っていた。それによると、「えがおのブルーベリー」も「ミルトアルゴス」によるものだということである。そすると、その点では、リフレの「ブルーベリー&ルテイン」と、「えがおのブルーベリー」は同じということになる。しかし、他の栄養素を比較するとリフレの「ブルーベリー&ルテイン」のほうが多いことや、価格面で両者を比較すると「えがおのブルーベリー」のほうが高くリフレの「ブルーベリー&ルテイン」のほうが安いことを考えれば、リフレの「ブルーベリー&ルテイン」のほうに軍配が上がる。


★☆視野、ますますスッキリ!☆★<5%OFF!>えがおのブルーベリー 1袋(450mg×31粒入り) <...

 ブルベリーサプリメントには他にも、やわたの「北の国から届いたブルーベリー」や山田養蜂場の「ビルベリー」、「健康生活のブルーベリー」、小林製薬の「ブルーベリー&メグスリノキ」と「ブルーベリー」、サントリーの「ブルーベリー」、サン・プロジェクトの「ブルーベリーエキス」、ボイセンベリーの「長寿生活」、ファンケルの「ブルーベリー」、日本けんこう倶楽部の「ルテインベリーアイ」、アサヒの「ブルーベリー」、日本サーナの「ビルベリープレミアム」、リケン(理研)の「クロセチンアイ」、キューオールエル倶楽部の「クロセチン スーパーアイ」、キューサイの「ブルーベリー・メグスリノキ」などいろいろ出ている。

 これだけ出ていれば、消費者はどのメーカーのブルベリーサプリメントを選べば良いか大いに迷うところであろう。また、これだけ出ているということはブルーベリーサプリメントを購入する人も多いのだろう。

 島崎広彦 (著) 『首を整えると脳が体を治しだす』を注文する。

 島崎広彦 (著) 『首を整えると脳が体を治しだす』(アチーブメント出版; 四六版)

首を整えると脳が体を治しだす
首を整えると脳が体を治しだす

 サンテレビで放送された、キム・ヨンソププロデューサー、ムン・ボミ制作、ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、チョン・ミンジュ(ユン・ソイ)、キム・ジュンソン(イ・ジヌク)、パク・ソンジン(キム・スンス)、キム・ドゥヒョン(パク・クニョン)、ユン・インギョン(パク・ウォンスク)、キム・ジュンヒ(ユ・ソジン)、キム・ギュソン(チャン・ヒョンソン)、オ・ユラン(ヤン・ジョンア)、キム・ムソン[事故死]、パク・スルギ(イ・ジュヨン)、ユン・インスク(チョン・ジェスン)、イ・ジュヒ(ユン・アジョン)、カン・ヘヨン(ハン・ヨルム)、ソン・ガンミン(シン・ドンウ)、チャン・テス(ユン・ジョンファ)、チョン・オクチャ(キム・ソナ)、ハン・ヤンスク(イ・ヘスク)、ソン・ドンシク(イ・ハヌィ)出演、SBSで2008年9月6日から2009年3月1日まで放送された韓国ドラマ『ガラスの城』の第10話「進めない道」を見る。

 サンテレビで放送された、チョン・ハヨン脚本、イ・ヨングク演出、チャン・ノクス[張緑水]/淑容張氏[スギョンチャンシ](パク・チヨン、子役:チュ・ハヌル)、燕山君[ヨンサングン](ユ・ドングン[柳東根]、子役:チュ・ハヌル)、廃妃慎氏(チェ・ソニ)、キム・ジャウォン[金子猿](チョン・ホグン)、仁粋大妃[インスデビ](パン・ヒョジョン)、成宗[(ソン・ジョン](ヒョン・ソク)、安順王后(チェ・ウンスク)、貞顕王后(パク・ヨンギ)、月山大君[ウォルサンデグン](シン・グィソク)、月山大君夫人朴氏(ヤン・ミギョン[梁美京])、斉安大君(ペク・ユンシク)、斉安大君夫人金氏(イ・サンスク)、任士洪[イム・サホン](イ・ヨンフ)ほか出演、1995年に韓国KBSで放送された韓国ドラマ『王妃 チャン・ノクス −宮廷の陰謀−』の第23話「戊午士禍」を見る。

 サンテレビで放送された、ファン・イルレ演出、キム・グァンシク脚本、イルジメ(チョン・イル)、ダル/ウォルヒ[二役](ユン・ジンソ)、ク・ジャミョン(キム・ミンジョン)、ペンメ(チョン・ヘヨン) ほか出演、2009年1月21日から2009年4月9日までMBCで放送された韓国ドラマ『美賊イルジメ伝』の第6話を見る。

 NHK教育で再放送された、中岡由佳【キャスター】、饗場直美[国立健康・栄養研究所プログラムリーダー]【講師】、『きょうの健康 食で健康づくり!』の「乳酸菌パワーをいかせ」を見る。

 NHK総合で放送された、国谷裕子【キャスター】、諸澤英道[常盤大学理事長]【出演】、『クローズアップ現代』の「遺族の声が司法を変えた〜犯罪被害者・岡村勲さんの闘い〜」を見る。

 突然の事件で妻の命を奪われ、司法の場で犯罪被害者が「カヤの外」に置かれていた現実を知り、14年間被害者の権利獲得のために闘い続けた弁護士の岡村勲氏のことはこの番組を見るまで私はまったく知らなかった。

 元日弁連副会長の岡村勲氏は「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の代表を設立以来11年にわたって務めてきたが、先月代表を退任されたという。岡村勲氏が中心になって、被害者が裁判で被告に直接質問できる制度など犯罪被害者が司法手続きへを参加することを実現させたのである。裁判制度の改革における岡村勲氏の功績は大きいと痛感した。

 犯罪被害者の経済的補償や精神的被害の回復などまだ残された課題も大きいことを知った。

 毎日テレビで放送された、橋田壽賀子作、石井ふく子プロデューサー、清弘誠、荒井光明、山崎統司演出、羽田健太郎音楽、岡倉大吉(宇津井健)、野田弥生(長山藍子)、野田良(前田吟)、野田勇気(渡邉奏人)、小島五月(泉ピン子)、小島勇(角野卓造)、小島眞(えなりかずき)、小島キミ(赤木春恵)、岡倉文子(中田喜子)、高橋亨(三田村邦彦)、高橋望(冨田真之介)、大原葉子(野村真美)、大原透(徳重聡)、本間長子(藤田朋子)、本間英作(植草克秀)、本間日向子(大谷玲凪)、本間由紀(小林綾子)、本間常子(京唄子)、野田武志(岩渕健)、野田佐枝(馬渕英俚可)、野田良武(吉田理恩)、田口愛(吉村涼)、田口誠(村田雄浩)、田口さくら(小宮未鈴)、山下久子(沢田雅美)、山下健治(岸田敏志)、田島周平(岡本信人)、田島聖子(中島唱子)、松本達夫(榎本たつお)、野々下加津(宇野なおみ)、大井道隆(武岡淳一)、大井貴子(清水由紀 )、野々下長太(大和田獏)、野々下邦子(東てる美)、野々下隆(森宮隆)、野々下ミカ(小此木麻里)、森山壮太(長谷川純)、吉野杏子(渋谷飛鳥)、金田利子(山下容莉枝)、金田典介(佐藤B作)、中本源太(山本コウタロー)、川上 哲也(井之上隆志)、宗方直之(井上順)、山口政子(草笛光子)、山口太郎(船越英一郎)、竜村初子(中原ひとみ)、北川智子(水町レイコ)、高野夏子(市丸 和代)、菊村サワ(渡辺美佐子)、菊村康史(錦織一清)、菊村みのり(熊谷真実)、青山タキ(野村昭子)、森山珠子(森光子[特別出演])出演、石坂浩二ナレーター、連続テレビドラマ『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 最終シリーズ(渡鬼[わたおに])』の第18回を見る。

 関西テレビの木曜劇場で放送された、真保裕一原作、古家和尚、池上純哉脚本、臼井裕詞企画、牧野正プロデュース、西坂瑞城演出、菅野祐悟音楽、フジテレビドラマ制作センター制作、黒田康作(織田裕二)、大垣利香子(柴咲コウ)、霜村瑠衣(夏帆)、西園寺守(田中 圭)、鴨下祐司(大倉孝二)、君島祐太朗(西島隆弘)、斉藤修助(近藤正臣)、安藤庸介(鹿賀丈史)、佐々木藍子(片瀬那奈)、悠木圭一(萩原聖人)、観上祥子(草刈民代)、霜村毅(香川照之)、山野アミ(高橋真唯)、武井勇人(樋渡真司)、野中美月(三浦まゆ)、大島寿志(渡辺邦斗)、山路貴繁(岩松了)、廣田(坂田聡)、永井(本郷壮二郎)、女性警官(小出ミカ)、新居田一彦(田中哲司)、鷹村修司(君沢ユウキ)、大垣保(六平直政)、大垣今日子(美保純)、霜村倫世(紺野まひる)、ジョン(イ・ビョンホン)、ほか出演、フジテレビ系で放送されたテレビドラマ『外交官 黒田康作(外交官・黒田康作)』の第7回(第7話)「裏切り、切ない絆」を見る。

 ABCテレビで放送された、竹山洋、吉本昌弘、ちゃき克彰脚本、藤田明二[テレビ朝日]演出、沢田完音楽、五十嵐文郎[テレビ朝日]チーフプロデューサー、内山聖子、藤本一彦[テレビ朝日]プロデューサー、遠藤憲一ナレーション、佐原卓吉(田村正和)、田中純子(真矢みき)、佐原鶴子(相武紗季)、鶴岡健次(近藤芳正)、富田博(松尾敏伸)、佐藤健吾(山口智充)、岡部雅也(橋爪功)出演、市原悦子、西村雅彦ゲスト出演、テレビ朝日系列の木曜ドラマ枠で放送された連続テレビドラマ『告発〜国選弁護人』の第7話「時効殺人の女」を見る。

 これまで放送された第6話まで全話とも面白かったが、なぜか今回の第7話だけは面白みに欠ける内容だった。

手が大きくなった!?


 NHK教育テレビで放送された、淡路修三[九段]【講師】、木下かおり[アマ六段]【きき手】、『囲碁の時間 囲碁講座 淡路修三の楽しく学べるヨセ(4)』の「よく使う一線のテクニック 狙いのあるサガリ」を見る。

 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第19週「いのちの灯り」の第106話を見る。

 あやが私の手を見て言うには、手が大きくなったということである。女性の掌のように小さな手をしていた私の手が大きくなったというのである。手の指も太くなったともいう。あややは私のような年齢になっても手が大きくなることがあるとは思わなかったとか、私の年齢でも手が大きくなることがあるんだと言う。筋トレで重いダンベルを持ってやっているから手が大きくなったのだろうと言う。

 私は毎日自分の手と付き合っているせいか、手の大きさは以前とまったく変わらない感じである。自分では手が大きくなったとは思えないのである。自分でも女の子のような手をしていると思っていたので、それが大きくなったとしたら嬉しい出来事である。ただ、それを感じられないのが残念である。

 サンテレビで放送された、チョン・ヘリョン演出、チョ・ジョンソン脚本、イ・ボクス(キム・ジフン)、チョ・ミシン(イ・スギョン)、イ・スギル(パク・イナン)、ソ・ミスン(ユン・ヨジョン)、オ・ヒャンシム(キム・ウルドン)出演、韓国ドラマ『ヨメ全盛時代』の第57話「入院の影響」を見る。

 サンテレビで放送された、チョン・ハヨン脚本、イ・ヨングク演出、チャン・ノクス[張緑水]/淑容張氏[スギョンチャンシ](パク・チヨン、子役:チュ・ハヌル)、燕山君[ヨンサングン](ユ・ドングン[柳東根]、子役:チュ・ハヌル)、廃妃慎氏(チェ・ソニ)、キム・ジャウォン[金子猿](チョン・ホグン)、仁粋大妃[インスデビ](パン・ヒョジョン)、成宗[(ソン・ジョン](ヒョン・ソク)、安順王后(チェ・ウンスク)、貞顕王后(パク・ヨンギ)、月山大君[ウォルサンデグン](シン・グィソク)、月山大君夫人朴氏(ヤン・ミギョン[梁美京])、斉安大君(ペク・ユンシク)、斉安大君夫人金氏(イ・サンスク)、任士洪[イム・サホン](イ・ヨンフ)ほか出演、1995年に韓国KBSで放送された韓国ドラマ『王妃 チャン・ノクス −宮廷の陰謀−』の第8話「女の野望」を見る。
 イ・ユジン脚本、オ・セガン演出、イ・シンジョン(チュ・ジンモ)、カン・ウンソル(イ・ボヨン)、キム・ピルソ(チェ・ジュニョン)、パク・ジュウォン(キム・スヒョン)出演、カン・ジェホ[ウンソルの父親](ハン・ジニ)、ハン・ミスク[シンジョンの母親](ナ・ヨンヒ)、チャン・スジャ(ユン・ミラ)出演、 2006年11月18日から2007年1月28日まで放送された韓国ドラマ『ゲームの女王』の第13話「俺を知ってるのか」を見る。

 東伸児監督、徳永富彦脚本、松本基弘[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]プロデューサー、山田兼司[テレビ朝日]プロデューサー補、今村勝範ラインプロデューサー、杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)出演、青山倫子、小松政夫、森次晃嗣ゲスト出演、テレビドラマ『相棒 season9』の第14話「右京のスーツ」を見る。

 サンテレビで放送された、イ・ソンチャン(キム・レウォン)、キム・ジンス(ナム・サンミ)、オ・ボンジュ(クォン・オジュン)、コン・ミヌ(ウォン・ギジュン)、ユン・ジュヒ(キム・ソヨン)、オ・ソングン(チェ・プラム)ほか出演、韓国ドラマ『食客』の第17話「決断の記者会見」を見る。

ゼラチンを買う


 NHK総合テレビでアンコール再放送された、伊達洋至[医師]、貫地谷しほり、橋本さとし【語り】出演、『プロフェッショナル 仕事の流儀』の「絆(きずな)を、最高のメスに〜伊達洋至〜」を見る。

 がんや呼吸器難病の治療で世界的に知られる呼吸器外科医の伊達洋至医師の治療現場に密着した記録であった。伊達洋至医師の医療技術もさることながら「威厳より、笑顔」という姿勢と態度に心打たれた。映像で見ていても、気さくな感じがして患者さんからも心を打ち解けやすい先生なのではないだろうかと思えた。また、「手術は恐ろしい」と毎朝出勤前にお寺へ参拝する姿に医師として敬虔な姿を見せられた。

 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第19週「いのちの灯り」の第105話を見る。

 エドガー・ケイシーがゼラチンを摂るよう勧めていることを知って、先週スーパーで探したのだけれど見つからなかった。今日も探してみたところ、やっとお菓子の材料を置いてある売り場に置いてあるのを見つけた。置いてあったのは薄い板状の板ゼラチンと顆粒状の顆粒ゼラチンの2種類である。2つの商品のうち「森永 クックゼラチン 65g(5g*13袋)」を購入した。その他、ゼラチンの種類には粉状の粉ゼラチン(粉末ゼラチン)というのもある。

 これまで意識的にゼラチンを摂ったことがない。今日はお米と一緒にゼラチンを加えてご飯を炊いてみた。それとコーヒーにゼラチンを入れて飲んでみた。

 森永 クックゼラチン 65g(5g*13袋)


 「森永 クックゼラチン 65g(5g*13袋)」ふやかす手間なしですぐ溶けるゼラチンパウダーです。...

 あややがお昼は「ステーキハウス・ドルフィン」へ行きたいと言うので二人で出掛けた。前回ドルフィンへ行ったときに携帯で撮影した写真がメールで送れなかったのでもう一度取り直したいというのが理由である。注文したのは前回と同じランチメニューで網焼きステーキ&コロッケ(クリームコロッケ)と網焼きステーキ&rミンチカツで、コロッケとミンチカツは半分ずつ分けて食べた。あとドリンクかデザートを選べるので前回と同様アイスクリームにした。

 ステーキハウス・ドルフィン - ステーキ、ハンバーグ(播州赤穂駅) | Yahoo!グルメ
 http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0002545387/


 ステーキハウス・ドルフィン - 播州赤穂/ステーキ [食べログ]
 http://r.tabelog.com/hyogo/A2805/A280502/28019405/


 サンテレビで放送された、チョン・ヘリョン演出、チョ・ジョンソン脚本、イ・ボクス(キム・ジフン)、チョ・ミシン(イ・スギョン)、イ・スギル(パク・イナン)、ソ・ミスン(ユン・ヨジョン)、オ・ヒャンシム(キム・ウルドン)出演、韓国ドラマ『ヨメ全盛時代』の第56話「ヒャンシム倒れる」を見る。

 サンテレビで放送された、チョン・ハヨン脚本、イ・ヨングク演出、チャン・ノクス[張緑水]/淑容張氏[スギョンチャンシ](パク・チヨン、子役:チュ・ハヌル)、燕山君[ヨンサングン](ユ・ドングン[柳東根]、子役:チュ・ハヌル)、廃妃慎氏(チェ・ソニ)、キム・ジャウォン[金子猿](チョン・ホグン)、仁粋大妃[インスデビ](パン・ヒョジョン)、成宗[(ソン・ジョン](ヒョン・ソク)、安順王后(チェ・ウンスク)、貞顕王后(パク・ヨンギ)、月山大君[ウォルサンデグン](シン・グィソク)、月山大君夫人朴氏(ヤン・ミギョン[梁美京])、斉安大君(ペク・ユンシク)、斉安大君夫人金氏(イ・サンスク)、任士洪[イム・サホン](イ・ヨンフ)ほか出演、1995年に韓国KBSで放送された韓国ドラマ『王妃 チャン・ノクス −宮廷の陰謀−』の第7話「我が子を捨てて」を見る。

 イ・ユジン脚本、オ・セガン演出、イ・シンジョン(チュ・ジンモ)、カン・ウンソル(イ・ボヨン)、キム・ピルソ(チェ・ジュニョン)、パク・ジュウォン(キム・スヒョン)出演、カン・ジェホ[ウンソルの父親](ハン・ジニ)、ハン・ミスク[シンジョンの母親](ナ・ヨンヒ)、チャン・スジャ(ユン・ミラ)出演、 2006年11月18日から2007年1月28日まで放送された韓国ドラマ『ゲームの女王』の第12話「」を見る。

 関西テレビで放送されているテレビドラマ『CONTROL〜犯罪心理捜査〜』の#IV(第4話)「心理学者対決!! 交換殺人の罠」とテレビドラマ『美しい隣人』の第4話を見るのを中止する。

 モンキー・D・ルフィ (田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ (岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ (山口勝平)、サンジ (平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー(大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン(山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー(矢尾一樹、野田順子[幼少期])出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』9th エニエス・ロビー編の第290話「制御不能! チョッパー禁断のランブル!」と第293話「泡使いカリファ! ナミに迫る石鹸の罠」と第294話「響き渡る凶報! 発動バスターコール!」を見る。

ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 piece.8 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 piece.8 [DVD]

スイマグの購入


 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第16週「イヤよイヤよも鰹(かつお)節」の第88話を見る。

 NHK総合テレビの『ドラマ10』枠で放送されてた、大原拓、辻野正人、末永創演出、岩下悠子ほか脚本、中村志保脚本協力、安原裕人[NHK大阪]、手塚治[東映]制作統括、浦沢右(財前直見)、白石亜子(南野陽子)、板谷周五郎(佐川満男)、謎の男「K」(?)、中山一樹(三谷昌登)、友野輝男(城土井大智)、吉岡健太(小堀正博)、真野琢磨(佐野史郎)、須藤安太郎(寺田農)、浦沢曜子(藤村志保)出演、向井忠(宅麻伸[第1回])、小和田久美(松本明子[第1回])、淡路恵子、神山繁、手塚理美、倉科カナ、テレビ番組のMC(月亭八光)ゲスト出演、テレビドラマ『フェイク 京都美術事件絵巻(フェイク〜京都美術事件絵巻)<全6回>』の第2回「信長の油滴天目茶碗」を見る。

 楽天市場内のショップ「くすりのイサミ」でスイマグを注文する。

 私がスイマグのことを知ったのは西式健康法からである。もう20年以上前のことになろうか。その後、西会本部でスイマグを求めたところミルマグという製品を購入することになった。一般の薬局ではスイマグを置いていないところが多くなかなか入手しにくい面があった。それがインターネットの普及のお陰で通販で買えるようになったのはありがたいことである。

 スイマグは海水のエッセンスである苦汁(にがり)をもとの原料としてしており、制酸薬・寫下薬(緩下剤)としての効果・効能がある。スイマグは腸管内に水分を保持し、組織からも水を引き寄せる作用があり、それによって腸の運動が誘発され排便がもたらされる。

 【3本セット】スイマグ(360ml)


すっきりお腹のお掃除します!自然が原料だから安心制酸薬・瀉下薬【3本セット】スイマグ(360m...

 サンテレビで放送された、チョン・ヘリョン演出、チョ・ジョンソン脚本、イ・ボクス(キム・ジフン)、チョ・ミシン(イ・スギョン)、イ・スギル(パク・イナン)、ソ・ミスン(ユン・ヨジョン)、オ・ヒャンシム(キム・ウルドン)出演、韓国ドラマ『ヨメ全盛時代』の第42話「どうしようもない別れ」を見る。

 サンテレビで放送された、シン・チャンソク、ファン・イニョク演出、ソン・ヨンモ、イ・サンミン、カン・ヨンラン脚本、千秋太后[チョンチュテフ]/ファンボ・ス[皇甫壽](チェ・シラ、青年期:キム・ソウン)、キム・チヤン[金致陽](キム・ソックン、子役:ナム・ユヒョン)、カン・ジョ[康兆](チェ・ジェソン)、カン・ガムチャン[姜邯賛](イ・ドクファ[李徳華])、ワン・ウク[王郁](キム・ホジン)、ファンボ・ソル[皇甫雪](シネ、子役:パク・ウンビン)、ソンジョン[成宗](キム・ミョンス)、シンジョン[神静]皇太后(パン・ヒョジョン)、ソ・ヒ[徐熙](イム・ヒョク)、キム・ウォンスン[金元崇](キム・ビョンギ)、蕭太后(シム・ヘジン)、耶律隆緒(チャン・ドンジク、青年期:ジェームス・オ)、韓徳譲(イ・ジヌ)、蕭排押(チョン・フンチェ)、耶律迪烈(キム・ミョングク)、耶律的魯(ユン・ヨンヒョン)、耶律盆奴(キム・ソンヒョン)、蕭遜寧(チ・デハン)、耶律無忌(イ・ハンスル)、蕭チャルリ(ユ・ジュヒ)、耶律チョ(ヨム・チョロ)出演、2009年1月3日から同年9月27日まで韓国KBS2にて放送された韓国時代劇ドラマ『千秋太后 チョンチュテフ(ちょんちゅたいこう)』の第73話「契丹襲来」を見る。

 イ・ユジン脚本、オ・セガン演出、イ・シンジョン(チュ・ジンモ)、カン・ウンソル(イ・ボヨン)、キム・ピルソ(チェ・ジュニョン)、パク・ジュウォン(キム・スヒョン)出演、カン・ジェホ[ウンソルの父親](ハン・ジニ)、ハン・ミスク[シンジョンの母親](ナ・ヨンヒ)、チャン・スジャ(ユン・ミラ)出演、 2006年11月18日から2007年1月28日まで放送された韓国ドラマ『ゲームの女王』の第2話「宿敵との対面」を見る。

 池上彰ニュース解説、劇団ひとり、土田晃之レギュラー出演、柴田理恵、えなりかずき、内田恭子、本仮屋ユイカ、村井美樹ゲスト出演、加藤ローサイスラエルロケ出演、『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』を見る。

 今回の番組内容は「試験で見つけた学べるニュース」と「池上彰が聖地・エルサレムで課外授業!」であった。

 映像で聖地・エルサレムの現地の状況を見ることができたし、ユダヤ人とパレスチナ人が領土をめぐり長年にわたって争いを続けているパレスチナ問題についてわかりやすく解説してくれていた。

 橋本一監督、ブラジリィー・アン・山田脚本、松本基弘[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]プロデューサー、山田兼司[テレビ朝日]プロデューサー補、今村勝範ラインプロデューサー、杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)出演、中原果南、河合美智子ゲスト出演、テレビドラマ『相棒 season9』の第11話「死に過ぎた男」を見る。

 サンテレビで放送された、イ・ソンチャン(キム・レウォン)、キム・ジンス(ナム・サンミ)、オ・ボンジュ(クォン・オジュン)、コン・ミヌ(ウォン・ギジュン)、ユン・ジュヒ(キム・ソヨン)、オ・ソングン(チェ・プラム)ほか出演、韓国ドラマ『食客』の第14話「最終決戦:兄弟対決」を見る。

自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局


 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第10週「ソースが目にしみる」の第58話を見る。

 クシロ薬局でエプソム塩とピーナッツ油とオリーブ油の混合油とスリペリー・エルム(樹皮粉)とアメリカ・サフランを注文する。

 Epsom Salt(クシロ薬局 エプソム塩・硫酸マグネシウム 2kg)

 Special Oil, Olive Oil & Peanut Oil(クシロ薬局 スペシャルオイル・オリピー 250mL[キャンペーン商品])


エドガー・ケイシー・リーディングに忠実につくられたマッサージオイルをベースにエッセンシャ...


エドガー・ケイシー・リーディングに基づいたマッサージオイルをベースに厳選したエッセンシャ...

 Slippery Elm Powder Vegetarian(ナウ スリッペリーエルム(楡茶))

 クシロ薬局 紅花(イエローサフラン) 300g

 「クシロ薬局」のホームページ
 http://www.minohonosaru.com/

 自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局
 http://kushiroph.com/

 イ・ソンチャン(キム・レウォン)、キム・ジンス(ナム・サンミ)、オ・ボンジュ(クォン・オジュン)、コン・ミヌ(ウォン・ギジュン)、ユン・ジュヒ(キム・ソヨン)、オ・ソングン(チェ・プラム)ほか出演、韓国ドラマ『食客』の第9話「伝説の解体職人」を見る。

 チョン・ヘリョン演出、チョ・ジョンソン脚本、イ・ボクス(キム・ジフン)、チョ・ミシン(イ・スギョン)、イ・スギル(パク・イナン)、ソ・ミスン(ユン・ヨジョン)、オ・ヒャンシム(キム・ウルドン)出演、韓国ドラマ『ヨメ全盛時代』の第13話「結婚への障害」を見る。

 サンテレビで放送された、シン・チャンソク、ファン・イニョク演出、ソン・ヨンモ、イ・サンミン、カン・ヨンラン脚本、千秋太后[チョンチュテフ]/ファンボ・ス[皇甫壽](チェ・シラ、青年期:キム・ソウン)、キム・チヤン[金致陽](キム・ソックン、子役:ナム・ユヒョン)、カン・ジョ[康兆](チェ・ジェソン)、カン・ガムチャン[姜邯賛](イ・ドクファ[李徳華])、ワン・ウク[王郁](キム・ホジン)、ファンボ・ソル[皇甫雪](シネ、子役:パク・ウンビン)、ソンジョン[成宗](キム・ミョンス)、シンジョン[神静]皇太后(パン・ヒョジョン)、ソ・ヒ[徐熙](イム・ヒョク)、キム・ウォンスン[金元崇](キム・ビョンギ)、蕭太后(シム・ヘジン)、耶律隆緒(チャン・ドンジク、青年期:ジェームス・オ)、韓徳譲(イ・ジヌ)、蕭排押(チョン・フンチェ)、耶律迪烈(キム・ミョングク)、耶律的魯(ユン・ヨンヒョン)、耶律盆奴(キム・ソンヒョン)、蕭遜寧(チ・デハン)、耶律無忌(イ・ハンスル)、蕭チャルリ(ユ・ジュヒ)、耶律チョ(ヨム・チョロ)出演、2009年1月3日から同年9月27日まで韓国KBS2にて放送された韓国時代劇ドラマ『千秋太后 チョンチュテフ(ちょんちゅたいこう)』の第46話「母の愛する人」を見る。

 パク・チヒョン脚本、イ・ジンソク監督、チン・ソンミ(チェリム)、ホ・ヨンミ(キム・ソヨン)、ユン・ヒョンチョル(チャン・ドンゴン)、キム・ウジン(ハン・チェソク)、ユ・ジュヒ(キム・ジョンウン)、チン・ギソン(ヒョン・ソク)、ソン・ジョンスク(パク・ウォンスク)、ペ・インス(チェ・ジュニョン)、アン・ジュンモ(アン・ジョンフン)、シン・キジョン(イ・グニ)、イ・キョンヒ(パク・スンチョン)、チェ・ジンス(ユン・ギウォン)、チョ・チョジェ(キム・ヒョジン)、キム・ソンダル(パク・チョル)、チン・ソンミの叔母(キム・ヒョンジャ)、イ・スンゴル(ソン・イルグク)、ソンミ、ヨンミの大学の先輩、チョン・グァンリョル[ホ・ジュン](チョン・グァンリョル)出演、2000年4月26日から7月6日にかけて韓国のMBCで放送された韓国ドラマ『イヴのすべて(이브의 모든 것、All about Eve)』の第10話「新たなターゲット」を見る。

 毎日テレビで放送された、橋田壽賀子作、石井ふく子プロデューサー、清弘誠、荒井光明、山崎統司演出、羽田健太郎音楽、岡倉大吉(宇津井健)、野田弥生(長山藍子)、野田良(前田吟)、野田勇気(渡邉奏人)、小島五月(泉ピン子)、小島勇(角野卓造)、小島眞(えなりかずき)、小島キミ(赤木春恵)、岡倉文子(中田喜子)、高橋亨(三田村邦彦)、高橋望(冨田真之介)、大原葉子(野村真美)、大原透(徳重聡)、本間長子(藤田朋子)、本間英作(植草克秀)、本間日向子(大谷玲凪)、本間由紀(小林綾子)、本間常子(京唄子)、野田武志(岩渕健)、野田佐枝(馬渕英俚可)、野田良武(吉田理恩)、田口愛(吉村涼)、田口誠(村田雄浩)、田口さくら(小宮未鈴)、山下久子(沢田雅美)、山下健治(岸田敏志)、田島周平(岡本信人)、田島聖子(中島唱子)、松本達夫(榎本たつお)、野々下加津(宇野なおみ)、大井道隆(武岡淳一)、大井貴子(清水由紀 )、野々下長太(大和田獏)、野々下邦子(東てる美)、野々下隆(森宮隆)、野々下ミカ(小此木麻里)、森山壮太(長谷川純)、吉野杏子(渋谷飛鳥)、金田利子(山下容莉枝)、金田典介(佐藤B作)、中本源太(山本コウタロー)、川上 哲也(井之上隆志)、宗方直之(井上順)、山口政子(草笛光子)、山口太郎(船越英一郎)、竜村初子(中原ひとみ)、北川智子(水町レイコ)、高野夏子(市丸 和代)、菊村サワ(渡辺美佐子)、菊村康史(錦織一清)、菊村みのり(熊谷真実)、青山タキ(野村昭子)、森山珠子(森光子[特別出演])出演、石坂浩二ナレーター、連続テレビドラマ『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 最終シリーズ(渡鬼[わたおに])』の第7回を見る。

 関西テレビの木曜劇場で、乃木坂太郎原作、永井明原案、吉沼美恵取材協力、林宏司脚本、水田成英、葉山裕記演出、長部聡介企画、渡辺恒也[『ユンゲル』]プロデュース、澤野浩之、河野伸音楽、朝田龍太郎(坂口憲二)、加藤晶(稲森いずみ)、伊集院登(小池徹平)、荒瀬門次(阿部サダヲ)、真柄冬実(谷村美月)、木原毅彦(池田鉄洋)、黒木慶次郎(遠藤憲一)、藤吉圭介(佐々木蔵之介)、鬼頭笙子(夏木マリ)、野口賢雄(岸部一徳) ほか出演、テレビドラマ『医龍3(-Team Medical Dragon3-)』のKARTE:08(第8話)「朝田復活! 奇跡の手術!右手に託された命の約束…先生僕を助けて!」を見る。

 NHK教育で放送された、横浜市立大学准教授上村雄彦講師、『白熱教室JAPAN 横浜市立大学』の第2回「地球の命を救うには」を見る。

 今回は横浜市立大学の上村雄彦准教授の講義の2回目である。今回の講義の内容は地球の寿命を残り400年と仮定した場合の地球の命を救う方法についてである。

 上村准教授は学生たちに「君たちは宇宙人。宇宙の王様から命令が来た。このままだったら地球は40年も保たない。地球に行って、みんなで力を合わせて、誰もがハッピーな世界に作り替えて来い」という命題を問いかけ、学生達はチームで課題について知恵を出し合い、チームの結果を教室の学生たちの前で発表し、その報告に対して他の学生たちが質問し議論を深めていくという形式だった。

 今回の講義は理想の地球とは何かを考える機会を与えてくれるものだった。

アキュフォーカス(老眼治療・老眼矯正手術)


 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第8週「二代目はおのみっちゃん」の第48話を見る。

 奥村美里さんの情報商材『つぶやき英会話』を入手する。

 奥村美里『ネイティヴ英語環境シリーズ どこでも発声! つぶやき英会話』
 http://url.nabetsugu.net/tsubuyaki.html
 http://www.tsubuyaki-english.com/

 毎日テレビで放送された、金平茂紀、日下部正樹メインキャスター、 久保田智子[TBSアナウンサー]ニュースキャスター、岡村仁美[TBSアナウンサー]スポーツキャスター、『報道特集』の「老眼は手術で治す時代に?老眼に朗報?最新治療ここまで」を見る。

 番組の内容は、手術で治す老眼、幅3.8ミリの黒いリング、老眼のメカニズム、ピンホール効果とは?、日下部キャスターのシミュレーション、近視治療レイシックでのトラブルから学ぶことなどであった。

 この番組でアキュフォーカスという老眼の手術を初めて知った。真ん中には小さな口径の穴が開いてる黒いリングのような形をしたアキュフォーカスリング(カメラインレー)を片眼の角膜内に挿入するとのことであった。ピンホール効果によって近くの物が見えるようになるらしい。

 番組内でアキュフォーカスとレーシックの手術を同時に行う老眼で遠視の患者さんが登場していた。慶応義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授が手術を担当されていた。レーシックというと近視治療というイメージが強いが、老眼や遠視にも行うのだと知ることができた。

 NHK教育テレビジョンで放送された、カサヰケンイチ、秋田谷典昭監督、大場つぐみ、小畑健原作、吉田玲子シリーズ構成、吉田玲子、水上清資、上代務、綾奈ゆにこ脚本、下谷智之キャラクターデザイン・総作画監督、Audio Highs音楽、真城最高(阿部敦)、高木秋人(日野聡)、亜豆美保(早見沙織)、見吉香耶(矢作紗友里)、新妻エイジ(岡本信彦)、福田真太(諏訪部順一)、中井巧朗(志村知幸)、蒼樹紅(川澄綾子)、岩瀬愛子(藤村歩)、服部哲(利根健太朗)、服部雄二郎(野島裕史)、瓶子副編集長(川田紳司)、佐々木編集長(堀内賢雄)、川口たろう[真城信弘](浜田賢二)、真城昌弘(宇垣秀成)、真城加代子(比嘉久美子)、亜豆美雪(井上喜久子)出演、テレビアニメ『バクマン。』の第8話「不安と期待」を見る。

 NHK教育テレビジョンで放送された、紅優監督、ツジトモ原作、川瀬敏文、守屋竜史、竹下健一脚本、川瀬敏文シリーズ構成、熊谷哲矢キャラクターデザイン、森英治音楽、達海猛(関智一)、椿大介(水島大宙)、村越茂幸(置鮎龍太郎)、ルイジ 吉田(小野大輔)、黒田一樹(伊藤健太郎)、杉江勇作(桐井大介)、赤崎遼(武藤正史)、世良恭平(川野剛稔)、夏木陽太郎(楠大典)、堺良則(川田紳司)、緑川宏(藤真秀)、清川和巳(中川慶一)、石浜修(深津智義)、堀田健二(岡哲也)、亀井武士(川島得愛)、丹波聡(真仲恵吾)、宮野剛(佐藤健輔)、矢野真吾(島崎信長)、松原(魚建)、金田(斉藤次郎)、徳井(黒沢剛史)、後藤恒生(川島得愛)、永田会長(ふくまつ進紗)、永田副会長(後藤哲夫)、永田有里(浅野真澄)、羽田(宮内敦士)、田沼吾郎(多田野曜平)、田沼幸太(儀武ゆう子)、シゲ(広田みのる)、平泉(有本欽隆)、持田(神奈延年)、城西(三上哲)、不破(小室正幸)、ゼウベルト(ギボ・アギナルド/志村知幸)、カルロス(ノザキ・オジエル/荻野晴朗)、板垣(斉藤次郎)、ダルファー(アントン・ルベル/楠見尚己)、園田(中田隼人)、窪田(山中真尋)、ハウアー(マイク・ジバーグ/三宅健太)、片山(田中一成)、畑(福田賢二)、志村(高瀬右光)、平賀(井田国男)、寺内(黒澤剛史)、小室(島崎信長)、坂元(三上哲)、今井(斉藤次郎)、葛城(真仲恵吾)、倉茂(小島敏彦)、井端(井田国男)、元木(広田みのる)、ブラン(ローラン・テーセル/仲野裕)、藤澤桂(岡寛恵)、山井(岡哲也)出演、テレビアニメ『GIANT KILLING(ジャイアントキリング、ジャイキリ)』の#09(第9話)を見る。

 J・J・エイブラムス製作総指揮、ジャック(マシュー・フォックス)、ケイト(エヴァンジェリン・リリー)、ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)、チャーリー(ドミニク・モナハン)、ブーン(イアン・サマーホルダー)、シャノン(マギー・グレイス)、マイケル(ハロルド・ペリノー)、ウォルト(マルコム・デヴィッド・ケリー)、サイード(ナヴィーン・アンドリュース)、クレア(エミリー・デ・レイビン)、ハーリー(ホルゲ・ガルシア)、ジン(ダニエル・ディ・キム)、サン(キム・ユンジン)、ロック(テリー・オクィン)、ミスター・エコー(アドウェール・アキノエ=アグバエ)出演、 2008年1月31日から2008年5月29日にかけてアメリカ合衆国のABCで放送された『LOST(ロスト) シーズン5』の第1話(第87話)「責めを負う者(Because You Left)」と第2話(第88話)「嘘(The Lie)」と第3話(第89話)「ジャグヘッド(Jughead)」を見る。

 方孝仁プロデューサー、陳銘章演出、周平之、王國光、彭盛青、黃新高、方靜儀、鄒維剛、陳炘怡、杜欣怡脚本、シンディ[陳欣怡](ジョー・チェン[陳喬恩])、ジェイ[紀存希](イーサン・ルァン[阮經天])、ディラン[Dylan](バロン・チェン[陳楚河])、アンナ[Anna](ビアンカ・パイ[白歆惠])、シースー[林西施](リン・メイシュウ[林美秀])、チンシア[陳青霞](ジェシカ・ソン[宋新妮])、フォンチャオ[陳鳳嬌](ツォン・シンリン[鍾欣凌])、アンソン[Anson](ナー・ウェンシュン[那維勳])、[烏陸陸](ルオ・ベイアン[羅北安])、チーチー[烏柒柒](チェン・ウェイミン[陳為民])、グッチ[古馳](パトリック・リー[李沛旭])、ハオ・ジョンチャン[郝正常](チー・チョンヘン)出演、2008年3月16日から2008年8月24日まで台湾の台湾電視公司、三立都会台で放送された台湾ドラマ『ハートに命中100%[ハートに命中100%](命中注定我愛你)』の#26(第26話)「乗り越えたい過去」と#27(第27話)「別れの覚悟」を見る。

 サンテレビで第26話が放送された時間帯がNHK大河ドラマ『龍馬伝』と重複していたため第26話は録画できなった。それで、第26話が収録されているDVDを借りて来て見た。第27話は録画していたのだけれどDVDには第25話から第27話まで収録されているので第27話もDVDのほうで見た。

 ABCテレビで放送された、東野圭吾『秘密』(文藝春秋・刊)原作、吉田紀子脚本、唐木希浩[5年D組]、高橋伸之[テレビ朝日]演出、溝口肇音楽、横地郁英[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、中川慎子[テレビ朝日]、太田雅晴[5年D組]プロデューサー、杉田藻奈美(志田未来)、杉田平介(佐々木蔵之介)、橋本多恵子(本仮屋ユイカ)、小坂洋太郎(橋本さとし)、吉本和子(池津祥子)、藤崎和郎(升毅)、川辺由梨絵(林丹丹)、相馬春樹(竜星涼)、梶川征子(堀内敬子)、梶川幸広(吹越満)、梶川逸美(日向ななみ)、根岸文也(田中圭)、杉田直子(石田ひかり)、大森暁美、河原さぶ、村岡希美、ほか出演、テレビドラマ『秘密』の#5(05話、第5話)「東野圭吾原作〜妊娠!」を見る。

眼鏡に慣れる

 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第8週「二代目はおのみっちゃん」の第47話を見る。

 最近になってどうやらやっと眼鏡市場で買った新しい眼鏡に慣れて来た。これまで掛けていた眼鏡はフレームの種類がメタル・フレームでフレームの形がセミオートであった。ところが、新しく購入したフレームのうち一つは、フレームの種類がセル・フレームでリムレス・フレーム(ファセット)のハーフリムまたはナイロールで、フレームの形がブローである。もう一つは、フレームの種類がセル・フレーム (ノー芯)でフレームの形がスクエアである。

 新しく買った眼鏡のフレームの形がブローとスクエアというのはリムの縦幅(レンズの縦玉幅)が短いのである。そのため縦の視野即ち視野の高さが狭くなってしまう。レンズを通して見える範囲が狭いので、眼球を動かして見れる視界も狭く、どうしても首を動かして頭部を移動させなければならない。

 フレームの形がスクエアの眼鏡は視界にフレームのレンズが入る枠であるリム部分が見えてしまい、まるでフレームの枠であるリム内で望遠鏡や双眼鏡のように覗いている感じになってしまう。それはまあいいとして、問題はフレームの形がブローの眼鏡である。

 ブローの眼鏡はフレームのリムの下半分がないためレンズの縁が白っぽく見えて目障りというのか非常に気になってしまう。その上、リムの縦幅(レンズの縦玉幅)が短いので、レンズ部分とレンズの下部分が同時に視界に入って来て視覚の対象がレンズを通した視覚と裸眼で見る視覚が交錯して視覚情報が混線してしまう。このため、眼鏡をしていると異常に疲れて気分まで悪くなってしまっていた。ブローの眼鏡は度数を3.0で見えるようにして屋内で常時掛けるつもりで買ったのであるが、こんなブローの眼鏡はとても掛けていられないと思った。できればフレームの形をバリかオート、セミオート、ボストン、ウエリトン、ヘキサゴン、オクタゴンなどのようなリムの縦幅(レンズの縦玉幅)が長いもの交換してもらえないかとさえ思った。もっとも、保証の対象はレンズの度数が合わないなどの場合は適用されるだろうけれどフレームが合わない場合は交換に応じてもらえないだろうと思った。それで、新しくフレームを買い直さなければいけないと考え続けていた。

 ところが、どうしたことだろう?気が付いたらブローの眼鏡に慣れ始めたのか、以前ほど眼鏡を掛けていることが苦痛ではなくなって来た。また、リムの縦幅(レンズの縦玉幅)が短いことで一番不便だった46型の液晶テレビの大画面の視聴もあまり気にせずに見れるようになって来た。自分のことで今さらながら人間の適用力に驚かされた。

 NHK教育で放送された、坂本龍一、ピーター・バラカン出演、高橋幸宏, 細野晴臣ゲスト講師、小山田圭吾、権藤知彦演奏、岩槻里子語り、『白熱教室JAPAN スコラ 坂本龍一 音楽の学校』の「スコラ特別講座(4)」を見る。

 音楽家の坂本龍一氏が講師を務める「音楽の学校 スコラ」の特別講座4回目である。今回は、高橋幸宏氏と細野晴臣氏を迎えて、ドラムとベースの魅力に迫っていた。子どもたちと一緒にリズムの協演もあった。子どもたちに演奏させながらリズムとは何かを学ばせるという教え方には興味を持てた。子どもたりは拍子とリズムに違いを学び取ったようである。また、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)による演奏もあった。

 楽曲は、イエロー・マジック・オーケストラ、小山田圭吾、権藤知彦「Hellow,Goodbye」、イエロー・マジック・オーケストラ、小山田圭吾、権藤知彦「Thank You For Talkin’ To Me Africa」、イエロー・マジック・オーケストラ、小山田圭吾、権藤知彦「千のナイフ」などが演奏された。

 チョン・ヘリョン演出、チョ・ジョンソン脚本、イ・ボクス(キム・ジフン)、チョ・ミシン(イ・スギョン)、イ・スギル(パク・イナン)、ソ・ミスン(ユン・ヨジョン)、オ・ヒャンシム(キム・ウルドン)出演、韓国ドラマ『ヨメ全盛時代』の第4話「結婚相手には誰を?」を見る。

 サンテレビで放送された、シン・チャンソク、ファン・イニョク演出、ソン・ヨンモ、イ・サンミン、カン・ヨンラン脚本、千秋太后[チョンチュテフ]/ファンボ・ス[皇甫壽](チェ・シラ、青年期:キム・ソウン)、キム・チヤン[金致陽](キム・ソックン、子役:ナム・ユヒョン)、カン・ジョ[康兆](チェ・ジェソン)、カン・ガムチャン[姜邯賛](イ・ドクファ[李徳華])、ワン・ウク[王郁](キム・ホジン)、ファンボ・ソル[皇甫雪](シネ、子役:パク・ウンビン)、ソンジョン[成宗](キム・ミョンス)、シンジョン[神静]皇太后(パン・ヒョジョン)、ソ・ヒ[徐熙](イム・ヒョク)、キム・ウォンスン[金元崇](キム・ビョンギ)、蕭太后(シム・ヘジン)、耶律隆緒(チャン・ドンジク、青年期:ジェームス・オ)、韓徳譲(イ・ジヌ)、蕭排押(チョン・フンチェ)、耶律迪烈(キム・ミョングク)、耶律的魯(ユン・ヨンヒョン)、耶律盆奴(キム・ソンヒョン)、蕭遜寧(チ・デハン)、耶律無忌(イ・ハンスル)、蕭チャルリ(ユ・ジュヒ)、耶律チョ(ヨム・チョロ)出演、2009年1月3日から同年9月27日まで韓国KBS2にて放送された韓国時代劇ドラマ『千秋太后 チョンチュテフ(ちょんちゅたいこう)』の第38話「心の恋人として」を見る。

 モンキー・D・ルフィ (田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ (岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ (山口勝平)、サンジ (平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー(大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン(山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー(矢尾一樹、野田順子[幼少期])出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』8th ウォーターセブン篇の第244話「秘めた絆! アイスバーグとフランキー」と第245話「帰って来いロビン! CP9との対決!」と第246話「麦わら海賊団全滅? モデル豹の脅威!」を見る。

ONE PIECE ワンピース エイトスシーズン ウォーターセブン篇 piece.6 [DVD]
ONE PIECE ワンピース エイトスシーズン ウォーターセブン篇 piece.6 [DVD]

 ABCテレビで放送された、白川士監督、鍋島雅治作・池辺かつみ画『東京地検特捜部長 鬼島平八郎』(小池書院)原作、樫田正剛脚本、郷田美雄[ABC]ゼネラルプロデューサー、安井一成[ABC]、飯田爽[テレビ朝日]、稲冨聡[よしもとクリエイティブ・エージェンシー]、池田禎子[ザ・ワークス]プロデューサー、中村竜哉音楽、鬼島平八郎(浜田雅功)、森本真紀(内田有紀)、越中二朗(濱田岳)、土方小百合(西山茉希)、戸勉(田山涼成)、寺岡政次郎(板尾創路)、藤波達彦(松重豊)、武藤伸司(西村雅彦)、鬼島美夜(刈谷友衣子)、鬼島涼(濱田龍臣)、岳法徳(古谷一行)、敷島康広(石橋凌)、大橋はじめ(細川茂樹)、坂下保(風見しんご)、橘寛二(松方弘樹)、和久井雄二(小沢仁志)、小石川悟(金山一彦)、安東正親(ビートたけし[特別出演])出演、朝日放送(ABC)とテレビ朝日の共同制作により「ABC創立60周年記念ドラマ」として放映されているテレビドラマ『検事・鬼島平八郎』のFile.5(第5話)「仮面を脱ぐ女検事」を見る。

 毎日テレビの金曜ドラマで放送された、西荻弓絵脚本、堤幸彦、加藤新、今井夏木、金子文紀演出、植田博樹、今井夏木プロデュース、赤羽智比呂[オフィスクレッシェンド]ラインプロデュース、渋谷慶一郎、ガブリエル・ロベルト音楽、当麻 紗綾[24](戸田恵梨香)、瀬文焚流[36](加瀬亮)、野々村光太郎[70](竜雷太)、津田 助広[42](椎名桔平[特別出演])、近藤昭男[50](徳井優)、馬場香[40](岡田浩暉)、鹿浜歩[55](松澤一之)、猪俣宗次[28](載寧龍二)、正汽雅[20](有村架純)、志村優作[24](伊藤毅)、一十一[年齢不詳](神木隆之介)、志村美鈴[19](福田沙紀)、地居聖[24](城田優)、海野亮太[35](安田顕)、冷泉俊明[年齢不詳](田中哲司)出演、TBS系列で放送されているテレビドラマ『SPEC(スペック) 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜)』の己の回(第6話)「病の処方箋」を見る。

NHK「あさイチ」で紹介された梅エキス


 NHK総合テレビジョンで、井上剛 ほか演出、寺田敏雄、今井雅子[兼脚本協力]、よしだあつこ脚本、海辺潔[CP]プロデューサー、葉加瀬太郎音楽、村上あかり(瀧本美織)、村上真知子(安田成美)、村上錠(遠藤憲一)、村上欽也(遠藤要)、村上鉄平(森田直幸)、田中千春(木南晴夏)、横山隆円(尾美としのり)、篠宮久太(柳沢慎吾)、篠宮加奈(朝倉あき)、田中初音(富司純子)、西尾冬美(ともさかりえ)、滝沢薫(長田成哉)、中岡徹(松尾諭)、中岡民男(前田航基)、笹井拓朗(神戸浩)、浜野一(趙a和)、松下小夜子(川中美幸)、神田栄治(赤井英和)、長谷川伝(竜雷太)、岩崎潤(柏原収史)、根本孝志(松田悟志)出演、中村玉緒語り、連続テレビ小説『てっぱん』の第7週「ひらけ!開かずの間」の第39話を見る。

 NHK総合テレビジョンのドラマ10で、大石静脚本、黒崎博、柳川強演出、田村文孝制作統括、梅林茂音楽、中村るい(鈴木京香)、鈴木万理江(深田恭子)、鈴木行(長谷川博己)、愛子(YOU)、中村亮(綾野剛)、森脇英理子、田丸麻紀、小木茂光、石田太郎、北見敏之、山村美智、朝加真由美、秋夫・ウィリアム・ターナー(布施明)、向井肇(段田安則)、眞垣秀月(草笛光子)出演、テレビドラマ『セカンドバージン』の第6話「愚かな女」を見る。

 楽天市場内のショップ「梅干し商人『福梅本舗』」で「!【無添加】梅エキス(梅肉エキス)」を注文する。

 2010年6月2日に放送されたNHK総合の『あさイチ』という番組の「イチオシ 良いこと続々!“梅パワー”」のコーナーで、梅エキスが肝臓の病気やがん細胞を死滅させる効果があると紹介されたらしい。

 今回梅エキスを購入する際に商品広告でそのことを知った。今回はこれまで買っていたのと別の梅エキスを購入した。

 樹木希林さんは、5年前に乳がんの手術を受けた後から、知人のすすめで乗松祥子さんのお店の「延楽梅花堂」という梅肉エキスを利用しているということである。

 イチおし 良いこと続々!!“梅パワー” 【番組冒頭】ついにスタート!子ども手当|NHK あさイチ
 http://www.nhk.or.jp/asaichi/2010/06/02/01.html

 延楽梅花堂 梅おばさんのHP
 http://www.sugitaumeobasan.jp/

梅肉エキス(梅エキス) 150g 
【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【father_2010_tv】


紀州南高梅を煮詰めた梅肉エキス(純国産無添加品)※NHKあさイチで梅肉エキスが紹介されました...

 NHK 「あさイチ」で紹介され注文殺到中!【無添加】梅エキス(梅肉エキス) 練状90g【レビュー対象商品】(me26)


紀州産の青梅のみを使用して作られた梅エキス(梅肉エキス)です。NHK 「あさイチ」で紹介され...

 延楽梅花堂

 チョン・ウリョン[ジョン・ウルヨン、チョン・セホ]監督・演出、キム・スヒョン脚本、アン・ソンシル(キム・ヒエ)、パク・チャンス(ホ・ジュノ)、キム・オクファ(キム・ヘスク)、アン・ジェヒョ(ソン・ジェホ)、アン・ジョンファン(イ・ドンウク)、アン・ソンミ(イ・ユリ)、ソン・アリ(ソン・ソンミ)ほか出演、韓国KBSで2004年から2005年に放送された韓国ドラマ『拝啓、ご両親様』の第65話「つのる想い」を見る。

 サンテレビで放送された、シン・チャンソク、ファン・イニョク演出、ソン・ヨンモ、イ・サンミン、カン・ヨンラン脚本、千秋太后[チョンチュテフ]/ファンボ・ス[皇甫壽](チェ・シラ、青年期:キム・ソウン)、キム・チヤン[金致陽](キム・ソックン、子役:ナム・ユヒョン)、カン・ジョ[康兆](チェ・ジェソン)、カン・ガムチャン[姜邯賛](イ・ドクファ[李徳華])、ワン・ウク[王郁](キム・ホジン)、ファンボ・ソル[皇甫雪](シネ、子役:パク・ウンビン)、ソンジョン[成宗](キム・ミョンス)、シンジョン[神静]皇太后(パン・ヒョジョン)、ソ・ヒ[徐熙](イム・ヒョク)、キム・ウォンスン[金元崇](キム・ビョンギ)、蕭太后(シム・ヘジン)、耶律隆緒(チャン・ドンジク、青年期:ジェームス・オ)、韓徳譲(イ・ジヌ)、蕭排押(チョン・フンチェ)、耶律迪烈(キム・ミョングク)、耶律的魯(ユン・ヨンヒョン)、耶律盆奴(キム・ソンヒョン)、蕭遜寧(チ・デハン)、耶律無忌(イ・ハンスル)、蕭チャルリ(ユ・ジュヒ)、耶律チョ(ヨム・チョロ)出演、2009年1月3日から同年9月27日まで韓国KBS2にて放送された韓国時代劇ドラマ『千秋太后 チョンチュテフ(ちょんちゅたいこう)』の第31話「屈服などしない」を見る。

 イ・フ[永城公=ヨンソンゴン](SE7EN)、ヤン・スニ(ホ・イジェ[許怡才])、イ・ジュン[文成公=ムンソンゴン](カンドゥ)、シン・セリョン(パク・シネ)ほか出演、 大韓民国の文化放送(MBC)で放送された韓国ドラマ『宮S〜Secret Prince(宮S -Secret Prince-、クンS・シークレットプリンス、궁S]』の第17話「探偵プリンス」を見る。

 池上彰ニュース解説、劇団ひとり、土田晃之レギュラー出演、布施明、斉藤慶子、高田万由子、東貴博、藤本美貴ゲスト出演、ニュース・バラエティ番組『池上彰の学べるニュース』を見る。
 今回の番組内容は、『そうだったのか! 北朝鮮の後継者』と『そうだったのか! 日本とアジアの貿易』だった。

 和泉聖治監督、戸田山雅司脚本、松本基弘[テレビ朝日]ゼネラルプロデューサー、伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]プロデューサー、山田兼司[テレビ朝日]プロデューサー補、今村勝範ラインプロデューサー、杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)出演、テレビドラマ『相棒 season9』の第3話「最後のアトリエ」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、柳原白蓮役(大内サキ)配役、『歴史秘話ヒストリア』の2010年11月10日第56回送放送「華麗なる歌人 愛なき館からの逃避行 〜柳原白蓮の生涯〜」を見る。

 エピソード1「女の情念を歌う歌人 「白蓮」誕生」とエピソード2「700通の恋文 刃物のような愛の形」とエピソード3「前代未聞の「公開絶縁状」  白蓮が時代に突きつけたもの」の3部構成になっていた。

 女流歌人の柳原白蓮[やなぎわらびゃくれん](本名・Y子[あきこ])の名前のうち白蓮という名前は見聞きしたような覚えがある。しかし、柳原白蓮という名前になると覚えがない。女流歌人ということも、宮崎龍介氏との駆け落ちのことも、炭坑王の伊藤伝右衛門氏への絶縁状のことも知らなかった。柳原白蓮さんは宮崎龍介氏と幸せをつかんだようで良かった。

 モンキー・D・ルフィ (田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ (岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ (山口勝平)、サンジ (平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー(大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン(山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー(矢尾一樹、野田順子[幼少期])出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』8th ウォーターセブン篇の第235話「月下の大喧嘩! 哀しみに翻る海賊旗!」を見る。

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。