今週のお知らせ

戸栗公男「スティックシステムセミナーDVD」と『僕と妻の1778の物語』(日本映画)


 毎日テレビ(MBS)で放送された、MC:三宅裕司、進行:根本美緒、ゲスト:とよた真帆、プレゼンター:深沢邦之[Take2]、『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』の「カラダ むくみと心臓の意外&危険な関係? あなたの内臓をむくませる!慢性心不全の恐怖」を見る。

 毎日テレビ(MBS)で放送された、司会:加藤浩次、進藤晶子、スタジオゲスト:松雪泰子、森永卓郎[経済アナリスト]、『がっちりマンデー!!』の「がっちり 田舎なのにお客殺到(秘)ドル箱鉄道 実は儲かってる「ヒミツのドル箱路線」大特集!山奥に!田舎に!道路の真ん中にも・・・走ってる走ってる!!」を見る。

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])、ブルック[鼻唄のブルック](チョー)出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の最後の海 新世界編の16th魚人島編の第530話「魚人島の王 海神ネプチューン!」を見る。

 NHK Eテレで放送された【講師】戸辺誠[六段]、【司会】つるの剛士、『将棋講座 戸辺流振り飛車で目指せ!初段』の「初段(5)どこまで広がる 夢のスーパー三間飛車「できるかな? 後手番石田流!」」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【解説】井上慶太、【きき手】高崎真子、【司会】福山知沙、『囲碁・将棋フォーカス』を見る。

 今回の番組は、井上慶太九段が久保利明棋王 対 郷田真隆九段「第37期棋王戦 第1局」と久保利明王将 対 佐藤康光九段「第61期王将戦 第3局」を解説していた。フォーカス・オンでは、「シンデレラガール! 長谷川優貴」と題して、注目の16歳の女子高生女流棋士・長谷川優貴さん[女流二段]を紹介していた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】溝上知親[八段]、【きき手】新垣未希[アマ6段]、『囲碁講座 溝上知親 定石のソムリエ』の「(5)必争点の格付け「美しい石の形に敏感に」」を見る。

 戸栗公男氏の「スティックシステムセミナーDVD」を見る。

 旭カイロプラクティックの戸栗公男氏がスティックシステムの座学編と実践編を解説したセミナーDVDである。座学編はスティックシステムの理論編になる。実践編はスティックシステムのリクアファクション・テクニックを使用した「骨盤・仙骨の検査と調整」「アームテストと頚椎1番2番の調整」「頭蓋骨の検査と調整」「顔面骨の検査と調整」という内容になっている。「スティックシステムセミナーDVD」を見て、スティックシステムは潜在意識にアプローチして治療を行う理論とテクニックの一大治療体系になっていることが理解できた。スティックシステム自体に治療法のテクニックは存在するが、スティックシステムの座学は患者さんの潜在意識を活用するシステムでどんなテクニックを使用している治療法も活用できる理論を持っている。スティックシステムの座学を活用すれば、患者さんの理解だけでなく治療効果も向上し延いてはリピート率も高くなることは間違いないものと思われる。

 私は戸栗公男氏の「スティックシステムセミナーDVD」を見たとき、スティックシステムの座学では治療家や施術家にとって最も重要なことが語られているに気がついた。それは、治療家や施術家の根本的な姿勢であり、治療家や施術家の最も大事な心得であり、治療家や施術家の魂でもあることを悟った。スティックシステムの座学を身に付け体得している場合とそうでない場合を比較すると、治療家や施術家として雲泥の差が生まれてしまうに違いない。それほど治療家や施術家にとって重要なことが語られている。私が学んだ治療と治療院経営関係の本やセミナーやDVDの中では現在のところこの「スティックシステムセミナーDVD」が最も優れた教材の一つである。特にスティックシステムの座学は患者さんとの接遇・コミュニケーションに関するものとしては一番である。この「スティックシステムセミナーDVD」はあらゆる治療家や施術家にとって必見であると言っていい。治療家や施術家たる者、スティックシステムの座学を知らないということ自体大きな損失であると言える。これを見れば必ずや一皮剥けた治療家や施術家になれるはずである。

 私はこの「スティックシステムセミナーDVD」を見ることで力学整体師として目から鱗が落ちる思いをした。これまで自分が治療家や施術家として失格だったとさえ反省するところ頻りであった。

 「スティックシステムセミナーDVD」の実践編はスティックシステムのリクアファクション・テクニックを実演と練習している。リクアファクション・テクニックはスティックシステムの座学を実現し活かせる技術になっている。治療家や施術家によっては必ずしも自身の治療メニューに採用する必要はないものを思われるが、治療家や施術家であるならばリクアファクション・テクニックを知っておくべきだろう。リクアファクション・テクニックは治療過程の始めから最後まで使える技術であるが、治療家や施術家にとって最終兵器にもなり得る要素を秘めている。

 力学整体研究所でも戸栗公男氏のスティックシステムの座学を導入し活用していくつもりである。

 戸栗公男「スティックシステムセミナーDVD」(カイロベーシック社)
 http://www.ninki-sensei.com/

 MBS・TBS系全国ネットで放送されている、【スタッフ】企画:サンライズ、原作:矢立肇、富野由悠季、監督:山口晋、ストーリー/シリーズ構成:日野晃博、キャラクターデザイン:長野拓造、メカニックデザイン:海老川兼武、石垣純哉、寺岡賢司、 企画協力:レベルファイブ、制作協力:創通、ADK、製作:サンライズ、毎日放送、【キャラクター・声優】アセム・アスノ(江口拓也)、ユノア・アスノ(大亀あすか)、フリット・アスノ(井上和彦)、エミリー・アスノ(遠藤綾)、バルガス・ダイソン(坂東尚樹)、ロマリー・ストーン(花澤香菜)、シャーウィー・ベルトン(石井一貴)、マシル・ボイド(梶裕貴)、ミレース・アロイ(嶋村侑)、ウルフ・エニアクル(小野大輔)、アリーサ(小清水亜美)、マックス・ハートウェイ(阪口大助)、オブライト・ローレイン(遊佐浩二)、ディケ・ガンヘイル(大畑伸太郎)、フレデリック・アルグレアス(子安武人)、ゼハート・ガレット(神谷浩史)、メデル・ザント(稲葉実)、ナレーション(井上和彦)、テレビアニメ『機動戦士ガンダムAGE(ガンダムエイジ、AGE[エイジ、アゲ]』の第2部・アセム編の第19話「アセムの旅立ち」を見る。

 【スタッフ】監督:星護、原作:眉村卓、脚本:半澤律子、制作:堤田泰夫、亀山千広、飯島三智、島谷能成、細野義朗、プロデューサー:重松圭一、種田義彦、岩田祐二、アソシエイトプロデューサー:川上一夫、瀬田裕幸、ライン・プロデューサー:伊藤正昭、技術プロデューサー:友部節子、美術プロデューサー:杉川廣明、音楽:本間勇輔、撮影:浅野仙夫、編集:河村信二、【キャスト】牧村朔太郎[SF作家・通称サク](草g剛)、 牧村節子[朔太郎の妻・銀行員](竹内結子)、滝沢蓮[朔太郎の親友で同期の作家](谷原章介)、滝沢美奈[蓮の妻](吉瀬美智子)、新美健太郎[朔太郎担当の編集者](陰山泰)、清掃係のおじいさん(高橋昌也)、野々垣佳子[牧村家の大家さん](佐々木すみ江)、新聞の集金人(小日向文世)、玩具店の店主(浅野和之)、朔太郎の父(山浦栄)、朔太郎の母(今本洋子)、松下照夫[節子の担当医](大杉漣)、片岡晴子(風吹ジュン)、2011年1月15日公開の日本映画『僕と妻の1778の物語』を見る。

 この映画『僕と妻の1778の物語』は、SF作家の眉村卓氏と末期の大腸ガンを宣告された悦子夫人との実話をもとにした作品である。草g剛主演の「僕の生きる道」シリーズの初の映画化作品である。

 『僕と妻の1778の物語』のあらすじは以下の通り。牧村節子(竹内結子)は腹痛をきっかけに末期の大腸ガンに侵されていることが判明する。牧村朔太郎(草g剛)は医師の松下照夫(大杉漣)から余命1年であると告げられる。妻のために何とかしてあげたいと考えていた牧村朔太郎は「笑うと免疫力が上がる」という言葉を聞いたことから、妻のため1日1篇の笑える小説を書き始める。

 映画を見る前はタイトルの「1778の物語」とはどういうことなのか疑問があったが、映画を見てどういうことなのかが分かった。ネタバレになるが、小説を書き始めてから1778話目すなわち1778日目で牧村節子は死亡してしまう。映画では牧村節子が亡くなった後の牧村朔太郎が描かれていないが、あのような性格の牧村朔太郎が妻を失ってどのような生活を送ることになるのか興味が残る。

僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションDVD
僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションDVD

僕と妻の1778の物語 コレクターズ・エディションBlu-ray
僕と妻の1778の物語 コレクターズ・エディションBlu-ray

僕と妻の1778の物語 コレクターズ・エディションDVD
僕と妻の1778の物語 コレクターズ・エディションDVD

僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションBlu−Ray [Blu-ray]
僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションBlu−Ray [Blu-ray]

僕と妻の1778の物語 オリジナル・サウンド・トラック

【映画パンフレット】 『僕と妻の1778の物語』 出演:草なぎ剛.竹内結子.谷原章介
【映画パンフレット】 『僕と妻の1778の物語』 出演:草なぎ剛.竹内結子.谷原章介

僕と妻の1778の物語 (角川文庫)
僕と妻の1778の物語 (角川文庫)

僕と妻の1778話 (集英社文庫)
僕と妻の1778話 (集英社文庫)

妻に捧げた1778話 (新潮新書)
妻に捧げた1778話 (新潮新書)


 NHK総合テレビで放送された、【スタッフ】作:藤本有紀、演出:柴田岳志、渡辺一貴、中島由貴、制作統括:磯智明、落合将、プロデューサー:櫻井壮一、【出演】平清盛[平太→平清盛](松山ケンイチ、幼少期:前田旺志郎)、平忠盛(中井貴一)、宗子(和久井映見)、舞子(吹石一恵)、祇園女御(松田聖子)、平忠正(豊原功補)、平盛康(佐戸井けん太)、鳥羽天皇(三上博史)、璋子[璋子→待賢門院璋子](檀れい)、堀河局(りょう)、北条政子(杏)、平正盛(中村敦夫)、源為義(小日向文世)、平家貞(中村梅雀)、藤原忠実(國村隼)、白河法皇(伊東四朗)、源頼朝(岡田将生)、鱸丸(上川隆也、幼少期:小林廉)、武者丸(玉木宏)、伊藤忠清(藤本隆宏)、鎌田通清(金田明夫)、高階通憲(阿部サダヲ)、西行[佐藤義清→西行](藤木直人)、平維綱(尾美としのり)、平次(大東駿介、幼少期:藤本哉汰)、鎌田正清(趙a和)、藤原忠通(堀部圭亮)、藤原長実(国広富之)、顕仁親王(井浦新、少年期:桑代貴明、幼少期:小山颯)、得子[得子→美福門院](松雪泰子)、由良御前(田中麗奈)、兎丸(加藤浩次、少年期:前田航基、幼少期:庄司龍成)、高階基章(平田満)、時子(深田恭子)、明子(加藤あい)、NHK大河ドラマ第51作『平清盛』の第七回「光らない君」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)の日曜劇場で、【スタッフ】原作:山崎豊子「運命の人」(文藝春秋刊)、脚本:橋本裕志、演出:土井裕泰、、吉田健ほか、音楽:佐藤直紀、プロデュース:瀬戸口克陽、製作著作:TBS、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】主要人物:弓成亮太(本木雅弘)、弓成由里子(松たか子)、三木昭子(真木よう子)、山部一雄(大森南朋)、佐橋慶作(北大路欣也)、毎朝新聞:司修一(松重豊)、清原了(北村有起哉)、金田満(遠藤雄弥)、萩野孝和(梶原善)、恵比寿史朗(でんでん)、荒木繁(杉本哲太)、大館智文[社長](錦引勝彦)、久留[主筆](吉田鋼太郎)、外務省:安西傑(石橋凌)、吉田孫六(升毅)、山本勇(小松和重)、林外務次官(石丸謙二郎)、北米課長(奥田達士)、弓成家・八雲家関連:弓成正助(橋爪功)、弓成しづ(吉村実子)、弓成洋一(今井悠貴)、弓成純二(山崎竜太郎)、八雲泰造(山本圭)、八雲加世(高林由紀子)、青山芙佐子(柴本幸)、鯉沼玲(長谷川博己)、三木家:三木琢也(原田泰造[ネプチューン])、弁護士:大野木正(柳葉敏郎)、高槻(伏見哲夫)、坂元勲(吹越満)、週刊誌記者:鳥井裕三[週刊ジャーナル記者](斎藤歩)、松中雄也[週刊潮流記者](眞島秀和)、政治家:横溝宏(市川亀治郎)、愛川輝一(大和田伸也)、曽根川靖弘(本田博太郎)、田淵角造(不破万作)、鈴森善市(田窪一世)、福出赳雄(笹野高史)、小平正良(柄本明)、警察:十時正春(伊武雅刀)、井口捜査二課班長(小市慢太郎)、検察:森靖之(浅野和之)、その他:坂元千恵子(黒沢あすか)、枝川清美[女性運動団体「三木さんを守る会」構成員](ふせえり)、テレビドラマ『運命の人』の第6話「“女"の復讐」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第20話「父との再会(Dead Man's Blood)」[登場魔物・妖怪:吸血鬼]を見る。

 NHK総合テレビで放送された、チョ・ジュンヒョン企画、イ・ビョンフン、キム・グノン演出、キム・イヨン、イム・セヒョン脚本、キム・ジョンハクプロダクション制作、イ・サン[李祘]・チョンジョ[正祖]役(イ・ソジン、川島得愛/幼少期:パク・チビン、本城雄太郎)、ソン・ソンヨン[成松淵]・宣嬪昌寧成氏役(ハン・ジミン、花村さやか/幼少期:イ・ハンナ、前田瀬奈)、パク・テス[朴大壽]役(イ・ジョンス[李鍾洙]、宮内敦士/幼少期:クォン・オミン、新井海人), ヨンジョ[英祖]役(イ・スンジェ、大塚周夫)、サド[思悼]世子[セジャ]役(イ・チャンフン、咲野俊介)、ヘギョングン[恵慶宮]・豊山洪氏役(キョン・ミリ、宮寺智子)、チョンスン[貞純]王妃・慶州金氏役(キム・ヨジン、高島雅羅)、ファワン[和緩]翁主役(ソン・ヒョナ、岡寛恵)出演、韓国時代劇ドラマ『イ・サン(이산 李祘)』の第40回「最後の切り札」を見る。

戸栗公男「患者さんは先生の言った通り思った通りになる方法」(無料レポート)


 ABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】監督:呉建新、原作:ななじ眺「パフェちっく!」(集英社マーガレットコミックス)、プロデューサー:馮家瑞、王信貴、黄萬伯、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】亀山風呼(リーン・ユウ)、新保大也(ケルビン[飛輪海])、新保壱(アーロン[飛輪海])、小森(幃幃)、大林(王怡文)、藤秋桜(シンシア・ワン)、伊織恵(パティ・ホウ)、磯部智(脩[東城衛])、2010年の台湾ドラマ『パフェちっく!〜スイート・トライアングル〜』の第10話「ねじれた恋のベクトル」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、連続テレビ小説『カーネーション』の第19週「自信」の第107話を見る。

 旭カイロプラクティックの戸栗公男氏の「スティックシステムセミナーDVD」の販売ページから無料レポートをプレゼントしてもらうためステップメールの登録をした。登録後に送られたメールに記述されていたアドレスにアクセスして、スティックシステムの無料PDFファイル「患者さんは先生の言った通り思った通りになる方法」を読んでみた。それで、これはぜひ勉強して自分の研究所にも取り入れるべきだと確信した。やはり昨日に「スティックシステムセミナーDVD」を申し込んでおいて良かったと思えた。私のところだけでなく他の治療院でもスティックシステムを導入すれば、2回目以降のリピート率に格段の差が出ると思えた。それで、友人や知人に無料レポートを紹介しておいた。

 戸栗公男「スティックシステムセミナーDVD」(カイロベーシック社)
 http://www.ninki-sensei.com/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第7話「閉ざされた心」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第8話「太子の乱心」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】溝上雅史[国立国際医療研究センター]、河野公子[国立国際医療研究センター]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「早めに気づこう!肝臓の病気「肝硬変から身を守る」」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】山本博文[東京大学史料編纂所教授]、【キャスター】堀尾正明、瀧口友里奈、【語り】黒澤保裕、『100分de名著 新渡戸稲造“武士道”<全4回>』の第2回「名誉・日本人の責任の取り方」を見る。

 今回は、切腹についての解説がなされた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第11話「もうひとつの夢」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)の木曜ドラマ枠で放送された、【スタッフ】原作:河原れん『聖なる怪物たち』(幻冬舎文庫)、脚本:荒井修子、演出:藤田明二[テレビ朝日]、ゼネラルプロデューサー:内山聖子[テレビ朝日]、プロデューサー:船津浩一[テレビ朝日]、霜田一寿[ザ・ワークス]、池田禎子[ザ・ワークス]、【主題歌】キャサリン・ジェンキンス『アヴェ・マリア(シューベルト)』(ワーナーミュージック・ジャパン)、【キャスト・出演者】大久保記念病院:司馬健吾[28歳](岡田将生)、春日井優佳[35歳](中谷美紀)、平井瑶子[25歳](大政絢)、糸川要次郎(渡辺いっけい)、水原良二[42歳](勝村政信)、大久保志郎[60歳](小日向文世)、聖応育英会関係者:日向圭子[27歳](加藤あい)、日向敏雄[35歳](長谷川博己)、有馬三恵[25歳](鈴木杏)、森宮希実代(森脇英理子)、日向華江(山本陽子[特別出演])、その他:司馬宗吾(平田満)、竹内悠(南圭介)、佐藤久美(富永沙織)、日向敏雄(長谷川朝晴)、塩野順三郎(山田明郷)、ゲスト:、テレビドラマ『聖なる怪物たち』の第4話「誘拐逃げる女と追う女!!」を見る。

 TBS系列のMBS(毎日放送)の木曜ドラマ9枠で放送された、【スタッフ】脚本:渡辺千穂、音楽:羽毛田丈史、プロデュース:伊與田英徳、演出:石井康晴、川嶋龍太郎、山室大輔、製作著作:TBS、【主題歌】作詞: ティカ・α、作曲・編曲:永井聖一、歌:山下智久「愛、テキサス」(ワーナーミュージックジャパン)、【キャスト】葬儀の井原屋:井原真人( 山下智久、少年期:田中理勇)、井原健人(反町隆史)、井原晴香(前田敦子[AKB48])、井原隼人(知念侑李[Hey! Say! JUMP])、井原桃子(大野いと)、井原浩太郎(蟹江敬三)、田中英輔(大友康平)、警視庁高円寺署:坂巻優樹(榮倉奈々)、長峰潤(水上剣星)、木野原義男(塩見三省)、井原家の周辺人物:水野可南子(岡本玲)、川原達法(黄川田将也)、香川夕子(磯野貴理子)、村内弥生(橋本真実)、岩田逸郎(山崎努)、ゲスト:及川孝太(鈴木一真)、エリカ(平愛梨)、テレビドラマ『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』の第5話「2つの指輪〜弟の恋兄の秘密」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの木曜劇場で放送された、【スタッフ】脚本:岡田惠和、演出:宮本理江子、谷村政樹、並木道子、プロデューサー:若松央樹、浅野澄美[FCC]、製作著作:フジテレビ、音楽:平沢敦士、【主題歌】浜崎あゆみ「how beautiful you are」(avex trax)、【キャスト】吉野千明[45][テレビ局ドラマプロデューサー](小泉今日子)、長倉和平[50][鎌倉市役所観光推進課課長](中井貴一)、長倉真璃子[35][長倉家の次女、双子](内田有紀)、長倉 真平[35][長倉家の次男、双子](坂口憲二)、水谷典子[45][専業主婦](飯島直子)、JMTテレビ:三井(久保田磨希)、武田誠(坂本真)、飯田ゆかり(広山詞葉)、栗山はるか(益若つばさ)、鎌倉市役所観光推進課:田所勉(松尾諭)、大橋知美(佐津川愛美)、一条(織本順吉)、その他:荒木啓子[出版業界で働く千明の独身仲間](森口博子)、水野 祥子[音楽業界で働く千明の独身仲間](渡辺真起子)、長倉えりな[11][和平の一人娘](白本彩奈)、水谷広行[53][典子と歳が離れた夫。](浅野和之)、水谷しょう[典子と広行の一人息子](田中碧海)、ゲスト:畑中みどり(吉田羊)、テレビドラマ『最後から二番目の恋』の第5話「人生最後の恋って何だろう」を見る。

戸栗公男「スティックシステムセミナーDVD」の注文


 NHK総合テレビのよる☆ドラで放送された、【スタッフ】原作:辻村深月「本日は大安なり」、脚本:西荻弓絵、音楽:井筒昭雄、語り手:浅野ゆう子、演出:渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一[テレパック]、制作統括:加賀田透[NHKソフト開発センター]、近見哲平[テレパック]、制作・著作:NHK、テレパック、【主題化】BENI「永遠」、【キャスト】Hotel Armaiti:山井多香子[ウェディングプランナーチーフ](優香)、杉浦薫子[ウェディングプランナー](浅野ゆう子)、岬恭介[ウェディングプランナー](鈴木亮平)、朝比奈留美[ウェディングプランナー](黒川智花)、山本剛[式場支配人](石黒賢)、新郎・新婦両家:相馬家・加賀山家:加賀山妃美佳[花嫁](谷村美月)、加賀山鞠香[妃美佳の双子の姉](谷村美月)、相馬映一[花婿](福士誠治)、十倉家・大崎家:大崎玲奈[花嫁](星野真里)、十倉純一[花婿](田中直樹)、川田真弓[玲奈の友人代表](平岩紙)、十倉和子[純一の母](角替和枝)、東家・白須家:白須真空[りえの息子](加藤清史郎)、白須りえ[花嫁](霧島れいか)、東誠[花婿](渡部豪太)、美梨[真空の従妹](佐々木りお)、山田家・岩倉家:岩倉千波[花嫁](佐津川愛美)、山田勇気[花婿](山口翔悟)、竹内[紘一郎の秘書](波岡一喜)、岩倉紘一郎[千波の父](大地康雄)、塚原愛(宮地眞理子)、鈴木家・三田家:三田あすか[花嫁](大島麻衣)、三田真澄[あすかの母](大島蓉子)、鈴木陸雄[三田あすかの婚約者](岡田義徳)、リッキー[三田家の飼い犬]、その他:清掃係(白石美帆)、シェフ(清水圭)、 着付け師(たくませいこ)、りえの父(大石吾朗)、りえの母(茅島成美)、誠の友人(鳥居みゆき)、テレビドラマ『本日は大安なり<全10回>』の第5話「疑惑の双子」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】糸子(尾野真千子)、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、木之元(甲本雅裕)、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、八重子(田丸麻紀)、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、北村(ほっしゃん。)、三浦(近藤正臣)、長女・優子(新山千春)、次女・直子(川崎亜沙美)、三女・聡子(村崎真彩→安田美沙子)、塚本晋也、源太(郭智博)、連続テレビ小説『カーネーション』の第19週「自信」の第106話を見る。

 戸栗公男氏の「スティックシステムセミナーDVD」を注文する。

 旭カイロプラクティックの戸栗公男氏のスティックシステムには予てから関心を持っていた。スティックシステムは患者さんの潜在意識を活用するシステムでどんなテクニックを使用している治療法も活用でき、治療効果やリピート率も違ってくるということである。今回、カイロベーシック社のほうから割引価格で販売してくれるというオファーを頂き申し込むことにした。力学整体研究所でも戸栗公男氏のスティックシステムの導入を検討したいと考えている。

 戸栗公男「スティックシステムセミナーDVD」(カイロベーシック社)
 http://www.ninki-sensei.com/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:イ・グンリム、ムン・ボヒョン、【キャスト】ハン・スイン(チャン・シニョン)、ユ・ヒョンス(イ・サンウ)、ユ・ミンス(シム・ヒョンタク)、ソ・ミリョン(チョ・ヨジョン)、ユ・ゴニョン(パク・クニョン)、クク・ヒョスン(バン・ヒョジョン)、ユ・ヨンジュン(チャン・ヨン)、ナム・スンジョン(ユン・ヨジョン)、オ・ソニョン(イ・ボヒ)、ハン・デフン(ハン・ジニ)、ヒロ[アキヤマヒロイチ](大谷亮平)、2009年の韓国ドラマ『家に帰る道(집으로 가는 길)』(全120話)の第6話「助け合い」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョン・ソンヒ、演出:ユン・チャンボム、キム・ヨンジョ、【キャスト・登場人物】プヨ・グ[扶余句]/クンチョゴ[近肖古]王(カム・ウソン)、プヨファ[扶余花] (キム・ジス)、ヘ・ゴン (イ・ジフン)、ポックゴム[ポックゴム→モンナグンジャ](ハン・ジョンス)、2010年11月6日から2011年5月29日まで韓国KBSで放送された韓国ドラマ『百済の王 クンチョゴワン(近肖古王)』の第7話「父王の涙」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【講師】溝上雅史[国立国際医療研究センター]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「早めに気づこう!肝臓の病気「C型肝炎 最新治療」」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【出演】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のためのらくらくデジタル塾 スマホも使える!パソコン活用術』の第4回「ネットラジオを楽しもう」を見る。

 今回のデジタル塾はインターネットを通じてNHKネットラジオ「らじる★らじる」と民放「ラジコ」などのラジオ番組を聞く方法を紹介していた。また、インターネット配信専門のネットラジオのホームページで「音楽」「朗読」「落語」などを聞く利用方法を紹介していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第10話「すれ違い」を見る。

  テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:櫻井武晴、監督:和泉聖治、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】萩原聖人、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第15話「アンテナ」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:桂昌院 役(笛木優子)、『歴史秘話ヒストリア』の2012年2月8日第100回放送「大奥 シンデレラ・ストーリー 〜将軍の母・桂昌院 元祖「玉の輿」物語〜」を見る。
 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1「江戸時代のシンデレラ 元祖「玉の輿(こし)」物語」とエピソード2「我が子を将軍に!シンデレラの祈り」とエピソード3「我が子に世継ぎを! シンデレラ 最後の願い」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、途中で寝ることなく最後まで見ることができた。お玉こと桂昌院は五代将軍・徳川綱吉の生母として「大奥」などのドラマでお馴染みの人物であるが、番組では日本版初のシンデレラ物語としてその生い立ちから玉の輿に乗って将軍の生母にまで出世するサクセスストーリーを紹介していた。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】芳本美代子、東貴博、山瀬まみ、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「甘!1秒で糖度急上昇 イチゴびっくり裏技集」を見る。

 今回のためしてガッテンでは、「イチゴ狩りで甘いイチゴを見つける極意」と「スーパーなどの店頭で甘いイチゴを見分ける方法」などのいちごの選び方、「ヘタを一発できれいに取り去る技」と「傷んだイチゴを2分で復活させる技」などの裏技などを紹介していた。イチゴの赤い実の部分はもともとは茎だった花床(花たく)という部分が肥大したもので本当の果実ではないので「偽果(ぎか)」といい、イチゴの本当の果実は赤い実の表面に無数にある「ツブツブ」であるという知識は衝撃的だった。

治療院ニュースレター名の決定


 NHK総合テレビのよる☆ドラで放送された、【スタッフ】原作:辻村深月「本日は大安なり」、脚本:西荻弓絵、音楽:井筒昭雄、語り手:浅野ゆう子、演出:渋谷未来、河原瑶、岡嶋純一[テレパック]、制作統括:加賀田透[NHKソフト開発センター]、近見哲平[テレパック]、制作・著作:NHK、テレパック、【主題化】BENI「永遠」、【キャスト】Hotel Armaiti:山井多香子[ウェディングプランナーチーフ](優香)、杉浦薫子[ウェディングプランナー](浅野ゆう子)、岬恭介[ウェディングプランナー](鈴木亮平)、朝比奈留美[ウェディングプランナー](黒川智花)、山本剛[式場支配人](石黒賢)、新郎・新婦両家:相馬家・加賀山家:加賀山妃美佳[花嫁](谷村美月)、加賀山鞠香[妃美佳の双子の姉](谷村美月)、相馬映一[花婿](福士誠治)、十倉家・大崎家:大崎玲奈[花嫁](星野真里)、十倉純一[花婿](田中直樹)、川田真弓[玲奈の友人代表](平岩紙)、十倉和子[純一の母](角替和枝)、東家・白須家:白須真空[りえの息子](加藤清史郎)、白須りえ[花嫁](霧島れいか)、東誠[花婿](渡部豪太)、美梨[真空の従妹](佐々木りお)、山田家・岩倉家:岩倉千波[花嫁](佐津川愛美)、山田勇気[花婿](山口翔悟)、竹内[紘一郎の秘書](波岡一喜)、岩倉紘一郎[千波の父](大地康雄)、塚原愛(宮地眞理子)、鈴木家・三田家:三田あすか[花嫁](大島麻衣)、三田真澄[あすかの母](大島蓉子)、リッキー[三田家の飼い犬]、その他:謎の男(岡田義徳)、清掃係(白石美帆)、テレビドラマ『本日は大安なり<全10回>』の第3話「疑惑の父」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第94話を見る。

 NHK総合テレビで、【ゲスト】内藤剛志、辺見えみり、【講師】尾身奈美枝[料理研究家]、【解説】熊野宏昭[早稲田大学教授]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、中谷文彦、『あさイチ』の「ガッテンコラボ“不安感”を抑える!最新“脳トレ” ▽ガッテンで大反響! 危険な不安病頭痛・不眠も一週間で改善!? 脳の簡単トレ&魔法の言葉 ▽不安巨大化の謎」を見る。

 今回のあさイチは、2012年1月11日に放送された『ためしてガッテン』の「不眠ストレス緊張撃退1日15分!脳の簡単トレ」とのコラボ企画である。内容はほとんど同じだった。私は既に同番組を見ていたので復習になった。

 オリエンタルビジョンの治療院ニュースレタードットコムから届いた治療院ニュースレターの見本の住所や氏名、治療院名、電話番号、メールアドレス、ホームページなどの箇所はすぐに変更しておいた。問題は治療院ニュースレターの名前をどうするかで考え込んでしまった。治療院のニュースレターの場合は一般的に名前の後に「通信」や「便り」などがつくようである。あややにも考えてもらった。最終的には「あすなろ通信自生」という題名にした。会員さんに明日は元気になって生活の質を維持・向上しあるがまま自己を生きる支援を力学整体がしたいという意味と願いを込めている。

 代表:古谷眞寛「治療院ニュースレタードットコム」(オリエンタルビジョン)
 ニュースレター代行サービス【初月無料】シルバーコース
 http://www.chiryouin-newsletter.com/member/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第52話「これからは2人で楽しく」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第131話を見る。

 今回は、テ・ジョヨンがイ・ヘゴの手下であるソル・ゲドゥを戦いの末斬り殺した。

 NHK Eテレで放送された、【講師】三浦俊樹[東京大学講師]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「手指のトラブル「明け方にしびれる 手根管症候群」を見る。
 今回のきょうの健康は、「手根管症候群」について解説していた。

 NHK Eテレで放送された、【出演】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のためのらくらくデジタル塾 スマホも使える!パソコン活用術』の第3回「パソコンで音楽を購入しよう」を見る。

 今回のデジタル塾は、ウィンドウズ・メディアプレーヤーを使ってパソコンでインターネットを通して音楽を購入する方法を説明していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第2話「スタートライン」を見る。

  テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:高橋悠也、監督:田村孝蔵、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】梶芽衣子、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第13話「藍よりも青し」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:井原西鶴 役(曽我廼家寛太郎)、『歴史秘話ヒストリア』の2012年1月25日第98回放送「笑って泣いてまた笑い 〜“お笑い”の元祖・井原西鶴〜」を見る。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1「爆笑ライブでお笑い革命」とエピソード2「西鶴の爆笑小説」とエピソード3「「二つの笑い」の悲劇」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアは、エピソード1の途中で寝てしまった。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】西村知美、パパイヤ鈴木、山瀬まみ、【解説】本間生夫[昭和大学教授]、宮地元彦[国立健康栄養研プロジェクトリーダー]、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「30秒で肌が!血管が!冬の若返りストレッチ」を見る。
 今回のためしてガッテンは、ストレッチで筋肉をのばしていくと、その刺激によってコラーゲンを製造する「線維芽(せんいが)細胞」が活性化し、糖化されたコラーゲンを壊して、全身のコラーゲンを新しいコラーゲンに置き換えてくれる効果があるという報告であった。ストレッチによって体が柔らかくなるだけでなく、血管も柔らかくなり、さらには「高血圧」「動脈硬化」「不眠」「冷え」なども改善でき、体全体の若返りにもつながるというのである。実習コーナーでは、「血管が若返るストレッチ」と「心肺が若返る!呼吸筋ストレッチ」を紹介していた。

ニュースレター代行サービス「治療院ニュースレター」(治療院ニュースレタードットコム、オリエンタルビジョン)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第93話を見る。

 オリエンタルビジョンの治療院ニュースレタードットコムから治療院ニュースレターの資料が郵送で届いた。今回の治療院ニュースレターはサービス提供開始の通知を受けてからすぐに申し込んだ。シルバーコースにの毎月タイプは今なら価格が4,380円のところ1,000円引きの3,380円の料金で申し込めるということだったので、無事に3,380円の格安価格で申し込めたのか不安があった。資料を見ると間違いなく3,380円で申し込めていた。地域で申込者の人数を限定しているということだったのであるが、資料を見て独自のガイドラインの内容もわかった。ガイドラインによれば研究所の所在地ではもう他の治療院は申し込めないことになる。資料にはニュースレターを使った治療院経営の講義を収録したDVDも付いていた。

 代表:古谷眞寛「治療院ニュースレタードットコム」(オリエンタルビジョン)
 ニュースレター代行サービス【初月無料】シルバーコース
 http://www.chiryouin-newsletter.com/member/

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第51話「すぐに手術を受けないと…」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第130話を見る。

 今回はテ・ジョヨンの父親であるテ・ジュンサンが戦死してしまった。

 NHK Eテレで放送された、【講師】三浦俊樹[東京大学講師]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「手指のトラブル「指がはねる?けんしょう炎」を見る。

 今回のきょうの健康は、「ばね指」を中心に「けんしょう炎」について解説していた。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】脚本:チョ・ユニョン、演出:ユ・ジョンジュン、【エンディングテーマ】JONTE「Can I be the one」、【キャスト】オ・デサン役&イ・ジュニ役(クォン・サンウ)、ソ・ユジン役(ユナ[少女時代])、イ・ジェミン役(ソン・チャンウィ)、チャン・セウン役(ハン・ウンジョン)、韓国ドラマ『シンデレラマン』の第1話「運命の再開」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】藤吉久美子[女優]、【講師】有賀悦子[帝京大学准教授]、大西秀樹[埼玉医科大学教授]、辻哲也[慶応義塾大学講師]、【出演】三森由香子[理学療法士]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「つらくない治療を!がん緩和ケア」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、【スタッフ】脚本:龍居由佳里、林誠人、旺季志ずか、黒岩勉、演出:佐藤祐市、石川淳一、音楽:林ゆうき、企画:成河広明、佐藤未郷、プロデュース:高丸雅隆、江森浩子、制作著作:共同テレビ、制作:フジテレビ、【主題歌】GReeeeN「ミセナイナミダハ、きっといつか」(ユニバーサルミュージック)、【キャスト】姫川 玲子[30][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係姫川班主任 警部補](竹内結子、高校時代:岡本あずさ)、菊田和男[36][姫川班 巡査部長](西島秀俊)、石倉保[48][姫川班 巡査部長](宇梶剛士)、橋爪俊介[49][警視庁刑事部捜査第一課管理官 警視](渡辺いっけい)、今泉春男[44][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係係長 警部](高嶋政宏)、日下守[41][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査十係日下班主任 警部補](遠藤憲一)、勝俣健作[56][警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査五係勝俣班主任 警部補](武田鉄矢)、井岡博満[42][亀有西署強行犯係 巡査長→巡査部長](生瀬勝久)、國奥定之助[66][東京都監察医務院監察医](津川雅彦)、小峰薫[警視庁刑事部鑑識課主任](田中要次)、姫川瑠江[玲子の母](手塚理美)、葉山則之[28][姫川班 巡査長](小出恵介)、湯田康平[26][姫川班 巡査長](丸山隆平[関ジャニ∞])、朝倉圭吾[勝俣班 巡査長](戸田昌宏)、大山聡[科捜研](中林大樹)、姫川忠幸[玲子の父](大和田獏)、ゲスト:下坂美樹[女子高生・下坂勇一郎の娘](大政絢)、島千秋[警視庁捜査一課殺人犯捜査三係島班主任 警部補](小木茂光)、下坂勇一郎[医師兼違法薬物撲滅協会理事・現総理大臣の政策ブレーン](北見敏之)、宇和島康平[白桜会組長](山田明郷)、片桐直哉[片桐興業組長](岩寺真志)、連続テレビドラマ『ストロベリーナイト』の第3話「右では殴らない」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの火曜22時ドラマ枠で放送されている、【スタッフ】脚本:大森美香、演出:本橋圭太、白木啓一郎[関西テレビ]、木内健人、音楽:大橋トリオ、プロデューサー:河西秀幸[関西テレビ]、平部隆明[ホリプロ]、制作:関西テレビ、制作著作:ホリプロ、【楽曲】主題歌:THE BAWDIES「ROCK ME BABY」(ビクターエンタテインメント)、挿入歌:安田奈央「真夜中のひだまり」(ユニバーサルミュージック)、劇中曲:THE BAWDIES「HUNGRY」(ビクターエンタテインメント)、【キャスト】山手英介[29](向井理、7歳:長島暉実、13歳:飛田光里)、大楠千絵[20](瀧本美織)、橘まりあ[32](国仲涼子)、麻生時男[39](稲垣吾郎[SMAP])、住吉賢太[30](塚本高史)、平塚拓[25](三浦翔平)、藤沢剛[30](川畑要[CHEMISTRY])、海老名睦子[45](片桐はいり)、和泉佳奈[29](宮地真緒)、柏木一平[29](石黒英雄)、東則夫[55](田山涼成)、戸塚杏[24](林丹丹)、高木奈々[20](山下リオ)、山手華子[享年56](片平なぎさ)、山手太朗[57](大杉漣)、大楠義明[52](橋本じゅん)、大楠佐助[14](佐藤勝利[Sexy Zone])、白山祐希[37](鈴木砂羽)、ゲスト:高嶺薫(かたせ梨乃)、テレビドラマ『ハングリー!(ハングリー!)』の第3話「裏切り者が! 大女優が!」を見る。

 NHK総合テレビのドラマ10で放送された、【スタッフ】 脚本:金子ありさ、演出:梛川善郎、制作統括:海辺潔、音楽:江藤直子、【主題歌】井手綾香「きっと、ずっと」、【出演】十倉由梨(池脇千鶴)、十倉恭子(高岡早紀)、永沢吉行[顧問税理士](小澤征悦)、高木旭(本田博太郎)、橋本昌治(佐川満男)、榊敬一郎(石田卓也)、古谷勇人(姜暢雄)、十倉龍司(田村亮)、小野田克己[十倉ワイヤ社長](笹野高史)、その他:蟷螂襲、木内義一、松寺千恵美、みれいゆ、紅萬子、宮田圭子、押谷かおり、山路梨瀬、テレビドラマ『タイトロープの女<全6回>』の第1回「父の遺産は愛人」を見る。

廿日出庸治「患者さんに向けた文章を書く時の20のポイント」


 サンテレビで放送された、【スタッフ】製作者:エリック・クリプキ、製作総指揮:エリック・クリプキ、マックG、デビッド・ナッター、ロバート・シンガー、キム・マナーズ[2005年-2009年]、セラ・ギャンブル、【キャスト】ディーン・ウィンチェスター(ジェンセン・アクレス、井上聡)、サム・ウィンチェスター(ジャレッド・バダレッキ、成宮寛貴)、ジョン・ウィンチェスター(ジェフリー・ディーン・モーガン)、メアリー・ウィンチェスター(サマンサ・スミス)、アメリカ合衆国 The CW 系列で放送された外国テレビドラマ『スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)』のシーズ1(ファースト・シーズン)の第7話「偽りの十字架(Hook Man)」[登場魔物・妖怪:フックマン]を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、連続テレビ小説『カーネーション』の第6週「移りゆく日々」の第37話を見る。

 午前11時頃、あややは妹等と小豆島へ出掛けた。

 椎名軽穂さんの少女漫画『君に届け』の第12巻を読む。

 椎名 軽穂 (著) 『君に届け 12 (マーガレットコミックス) [コミック]』(集英社)

君に届け 12 (マーガレットコミックス)
君に届け 12 (マーガレットコミックス)

 廿日出庸治氏の情報商材「患者さんに向けた文章を書く時の20のポイント」を注文する。

 患者さんのために想いや気持ちのこもった「挨拶状」「自己紹介文」「病状説明書」「新メニューの案内」「ニュースレター」「年賀状・暑中見舞い」「パンフレット」「各種案内文」を書く時に役に立つマニュアルということである。今回のマニュアルは「どのような内容を書くか?」「どのように届けるか?」という戦略的なモノではなく、各治療院の戦略に基づいて、または、各治療家が想いを書き連ねた文章を一番効果的に見せるための戦術マニュアルということである。実際に依頼のあったK整骨院の「患者さんに渡す自己紹介文」の原稿をもとに11回書き直してもらった経緯から産まれた20のポイントということである。そのため、マニュアルの他に参考資料として、最初にK先生の原稿と廿日出氏が修正した原稿が入っているとのことである。本物のデータをもとに「改行」「面」「行間」「フォント」「装飾」「名詞化」「接続言葉」「ミニタイトル」「構成」「読者心理」「バランス」などの20のポイントについて解説しているということである。最後に「戦略」についても少し触れているとのことらしい。

 これからは、会員さんへ手渡したり送ったりする文書を書いていく必要を感じているので、もしかしたら参考になるのではと思えた。口頭で会員さんに説明するだけではなく、文書で交流を図ったり説明していく重要性を感じているので、そのためにも会員さんに向けて文章を書く作法を知っておいたほうがいいかもしれないと思い購入してみることにした。

 「患者さんに向けた文章を書く時の20のポイント」
 http://www.kokoronosasae.com/FormMail/20point.html

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第1話「お似合いです」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第84話を見る。

 NHK Eテレで再放送された、【講師】河盛隆造[順天堂大学大学院教授]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「最新糖尿病対策「新しい治療の考え方」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の第25話「絶体絶命」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ソングン演出、ユン・ソンジュ脚本、忠寧[チュンニョン]大君/世宗[セジョン、李祹/イ・ド)(キム・サンギョン[金相慶]、子役:イ・ヒョヌ)、太宗[テジョン、李芳遠/イ・バンウォン](キム・ヨンチョル[金永哲])、世子/譲寧大君[セジャ(王太子)/ヤンニョンテグン、李褆/イ・ジェ](パク・サンミン)、昭憲王后/青松沈氏「ソホン王后・ソホンワンフ、1395年〜1446年](イ・ユンジ[李允芝]、子役:ナム・ジヒョン)、元敬[ウォンギョン]王后(チェ・ミョンギル[崔明吉]、特別出演)、定宗[チョンジョン、李芳果/イ・バンハ](ノ・ヨングク[盧英國])、孝寧大君[ヒョリョンテグン、李補/イ・ボ](ソンミン、子役:ユ・テウン)、誠寧大君[ソンニョンテグン、李褈/イ・チョン](ペク・スンド)、嬪宮金氏(ユ・ソジン)、孝嬪金氏(キム・ソンニョン[金成鈴])、敬寧君[キョンニョングン、1395年〜1458年/李裶](ユン・ヨンジュン[尹永峻]、子役:ノ・ヨンハク)、楚宮粧[チョグンジャン](カン・ギョンホン[姜慶羨])、シム・オン[沈温、1375年〜1418年12月23日](チェ・サンフン[崔相勲])、キム・ハルロ/ハンロ[金漢老、1367年〜?年](チェ・ジュボン[崔周鳳])、イ・スクボン[李叔蕃、1373年〜1440年](キム・ジュヨン)、ユン・フェ[尹淮、1380年〜1436年](イ・ウォンジョン[李源宗])、イ・ス[李隨、1374年?〜1430年?](チョ・ソンハ)、チェ・ヘサン[崔海山、1380年〜1443年](イ・デヨン[李對淵])、2008年1月5日から11月16日まで韓国KBS(韓国放送公社)にて放送された韓国時代劇ドラマ『大王世宗[だいおうせいそう、テワンセジョン、대왕세종]』の第38話「世子の本音」と第39話「新世子の試練」を見る。

「1万円で一生食っていく治療院を作り上げる方法」


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、連続テレビ小説『カーネーション』の第5週「乙女の真心」の第32話を見る。

 株式会社ゴラッソの石井慎哉氏の緊急公開ビデオセミナー『1万円で一生食っていく治療院を作り上げる方法』のセミナー映像を見てレポートを読む。

 ■「新米治療家が3日で115,500円の売上を記録する方法」
 http://www.golazo.co.jp/seminar/entry.html?00097

に登録して無料で貰える資料を読んだのであるが、これだけの内容を無料でくれるというのは驚きであった。難を言えば、マニュアルは良しとして、実物のサンプルがちょっと少ないかなと思えたことである。ホームページではないやり方で患者さんを減らさないで延べ人数を増やす方法である。経営にことをある程度勉強した人なら誰でも知っている方法であるが、それをより効果的な方法でかつ患者さんに嫌われないようにしていて、そのうえ患者さんとコンタクトを取る期間が絶妙な間隔になっていると思えた。マニュアルのノウハウをやるやらないは別にして(勿論やったほうがいいに決まっているが)、無料で手に入れることができるので治療院の経営者ならばこれはぜひ貰って読んでおいたほうが良い。

 電気シェーバーで髭を剃っていたら顔の表面が痛い。電気シェーバーの外刃をそうっと当てても痛くてヒリヒリする。痛くて当てたくない感じがするのをおそるおそる当てて髭を剃っていく。これはどう考えてもおかしいと電気シェーバーの外刃をよく見てみるとどうも穴が少しだけ大きくなっているところが2個所見つかった。どうやらこれが原因らしいとやっと気がついた。それで、数日前に右顎周辺を切って血が出ていたことを思い出した。電気シェーバーで髭を剃った後皮膚がヒリヒリして痛い。鏡を見ると右頬に血がついていた。血を拭ってみても血が拭き取れない。拭き取れないはずである。血がついているのではなく、血に見えた全体の線ごと切っているのである。切れている部分は線になっていて長い。誰が見ても明らかに分かる。これはもうこの電気シェーバーは使えないと思った。新しく刃を買うか、別の電気シェーバーを買うか考えていたら、あややが以前からあったと言って古いパナソニックの2枚刃の電気シェーバーを出して来た。どうやらハルちゃんの電気シェーバーだったらしい。せっかく新品の電気シェーバーが見つかったので明日使ってみようと思う。

 椎名軽穂さんの少女漫画『君に届け』の第4巻を読む。

 椎名 軽穂 (著) 『君に届け 4 (マーガレットコミックス) [コミック]』(集英社)

君に届け 4 (マーガレットコミックス)
君に届け 4 (マーガレットコミックス)

 サンテレビで放送された、オ・ヒョンチャン、チュ・ソンウ演出、チョ・ウンジョン脚本、イ・テヨン(イ・テゴン)、ハン・ジミン(チョ・ユニ)、ムン・ジョンホ(パク・サンウォン)、ムン・ヒョンジン(ソ・ユジン)、イ・セリン(キム・ボヨン)、ハン・ガンミン(パク・ギウン)、ムン・ソクジン(イ・ヘウ)出演、MBCで2010年5月3日〜2010年11月11日まで放送された韓国ドラマ『黄金の魚(황금물고기)』の第64話「母から息子へ」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第80話を見る。

 【講師】牛田享宏[愛知医科大学 学際的痛みセンター 教授]、【キャスター】武藤友樹, 久田直子、『きょうの健康』の「組み合わせが大切 腰痛対策「手術する?しない?」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の第22話「結婚の条件」を見る。

 NHK総合テレビのドラマ10で放送された、【スタッフ】原作:江國香織、脚本:浅野妙子、音楽:大島ミチル、演出:佐々木章光、古厨智之、制作統括:銭谷雅義、黒沢淳、主題歌:安藤裕子「輝かしき日々」、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】犬山治子(真木よう子)、多田麻子(木村多江)、犬山育子(夏帆)、犬山洋子(高畑淳子)、多田邦一(ユースケ・サンタマリア)、熊木圭介(徳井義実[チュートリアル])、相川光夫(若葉竜也)、草壁修司(長塚京三)、草壁雅美(片岡礼子)、八木弘樹(平岳大)、富野久美(高橋かおり)、小宮山(柄本時生)、岡部(島田洋八)、美佐江(真下玲奈)、ありさ(松田百香)ほか、テレビドラマ『カレ、夫、男友達』の第2回「プロポーズは突然に」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、司会:ビートたけし、出演者【ゲスト】徳光和夫、ガダルカナル・タカ、はるな愛、綾部祐二、又吉直樹、安田美沙子、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の「いま日本人の目に異変が起こっている!なんと約6人に1人の目に黒い筋があるというのだ。しかもその人達は玉葱を切っても涙が出ない…果たして黒い筋とは一体!?」を見る。

 今回のみんなの家庭の医学では、ダークスポットという目にある黒い筋を解説していた。ダークスポットの原因は加齢にあるが、その他にもエアコンやコンタクトレンズ、パソコンなどの「3コン」がある。番組ではダークスポットをたったの5分間で解消する方法として、蒸しタオルとボールペンを使って家庭でも簡単に出来る改善法を紹介していた。加齢によってマイボーム腺出口の皮膚が厚くなって通り道が狭くなったためマイボーム腺の中で油が滞ってドロドロの粘っこくなっている。「超簡単 油改善法」は蒸しタオルで目の周囲を温めて油をサラサラと滑らかにする。それから、ボールペンのキャップの縁をまぶたに押し当てて圧を加え油を押し出すというものである。

■新米治療家が3日で115,500円の売上を記録する方法


 ABC(朝日放送)海外ドラマの火曜ナイトドラマ枠で放送された、【スタッフ】製作総指揮・脚本:ジェフ・イースティン、脚本:Tom Garrigus、監督:John T.Kretchmer、制作:20世紀フォックス、【キャスト】ニール・キャフリー(マット・ボマー、日本語吹替:高橋広樹)、ピーター・バーク(ティム・ディケイ、日本語吹替:池田秀一)、エリザベス・バーク(ティファニー・ティーセン、日本語吹替:小林さやか)、モジー(ウィリー・ガーソン、日本語吹替:多田野曜平)、ケイト(アレクサンドラ・ダダリオ)、ダイアナ・バリガン(マーシャ・トマソン)、クリントン・ジョーンズ(シャリフ・アトキンズ、声:高岡瓶々)、ローレン・クルーズ(ナタリー・モラレス)、アメリカ(USAネットワーク)のテレビドラマ『ホワイトカラー(WHITE COLLAR)』ファースト・シーズン(シーズン1)の第3話「売られた聖書 (Book of Hours)」を見る。

 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、連続テレビ小説『カーネーション』の第4週「私を見て」の第27話を見る。

 NHK総合テレビの「よる☆ドラ」で放送された、【スタッフ】原作:大島真寿美「虹色天気雨」「ビターシュガー」、脚本:今井雅子、音楽:田中拓人、演出:西谷真一、土井祥平、制作統括:後藤高久、菅原浩、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK 、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】江島 市子(りょう、高校時代/写真:松浦りょう)、橋本まり(和久井映見、高校時代/写真:田中梨花)、五十嵐奈津(鈴木砂羽、高校時代/写真:指出瑞貴)、五十嵐憲吾[奈津の夫](カンニング竹山)、五十嵐美月[奈津の娘](荒川ちか)、岩本耕太朗(袴田吉彦)、飛沢旭(忍成修吾)、三宅 拓巳(豊原功補)、辻房恵(井上和香)、内藤真治(東儀秀樹)、江島浩子[市子の母親、病気で他界](山口果林)、土方[カメラマン、拓巳の仕事仲間](ジョニー吉長)、小糸[デザイン会社経理、アルバイト](中村静香)、ゲスト:恋愛映画の男(尾関伸嗣)、恋愛映画の女(柊子)、テレビドラマ『ビターシュガー』の第3回「泥沼な女たち」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【出演者】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のための らくらくデジタル塾 デジタル写真徹底活用法』の第5回「スライドショーDVDを作ろう」を見る。

 偶然、株式会社ゴラッソの石井慎哉氏が運営する「新米治療家が3日で115,500円の売上を記録する方法」という治療院経営に関するページを知った。動画を閲覧すると既に既知の内容が多かったが他人から聞かされるのはなかなか面白い話であった。メールアドレスを登録すると明日から患者さんを集める7つのステップを説明したビデオセミナーを閲覧できレポートも貰えるというので登録してみた。そしたら、緊急公開ビデオセミナー『1万円で一生食っていく治療院を作り上げる方法』という動画を閲覧でき関連レポートの資料をダウンロードできるページを紹介するメールが送られて来た。動画を見たらなるほどこういう方法なのかと思った。これなら役に立ちそうだと思ったので関連レポートの資料を読んでみようかなと思えた。治療家や治療院経営者は知っておいたほうが良い情報だろう。

 ▽新米治療家が3日で115,500円の売上を記録する方法
 http://www.golazo.co.jp/seminar/entry.html?00097

 サンテレビで放送された、オ・ヒョンチャン、チュ・ソンウ演出、チョ・ウンジョン脚本、イ・テヨン(イ・テゴン)、ハン・ジミン(チョ・ユニ)、ムン・ジョンホ(パク・サンウォン)、ムン・ヒョンジン(ソ・ユジン)、イ・セリン(キム・ボヨン)、ハン・ガンミン(パク・ギウン)、ムン・ソクジン(イ・ヘウ)出演、MBCで2010年5月3日〜2010年11月11日まで放送された韓国ドラマ『黄金の魚(황금물고기)』の第60話「カン女史の暴走」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第76話を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の第19話「網の透き間から」を見る。

 テレビ朝日系列のABC(朝日放送)で放送された、【スタッフ】脚本:太田愛、監督:近藤俊明、ゼネラルプロデューサー:松本基弘[テレビ朝日]、プロデューサー:伊東仁[テレビ朝日]、西平敦郎[東映]、土田真通[東映]、音楽:池頼広、【キャスト・出演者】杉下右京(水谷豊)、神戸尊(及川光博)、宮部たまき(益戸育江)、伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)、角田六郎(山西惇)、米沢守(六角精児)、大河内春樹(神保悟志)、中園照生(小野了)、内村完爾(片桐竜次)、【ゲスト】三田佳子、小林勝也、テレビドラマ『相棒 season10 (相棒ten)』の第3話「晩夏」を見る。

 NHK総合で放送された、渡邊あやみアナウンサー案内役出演、配役:徳川家光役(今村雄一)、『歴史秘話ヒストリア』の2011年11月2日第89回放送「孫の私が がんばらねば! 〜日光東照宮 徳川家康と家光の絆〜」を見る。

 エピソード1「日光東照宮誕生ミステリー 家康の暗号を解読せよ」とエピソード2「日光名物 彫刻の謎 三代目 家光の悩み」とエピソード3「家康が枕元に!家光の夢日記」の3部構成になっていた。

 今回の歴史秘話ヒストリアで紹介されていた日光東照宮は、栃木県小山市に住む大学時代の友人のもとへ遊びに行った折連れていってもらったことのある場所である。番組では日光東照宮についてくわしい内容を知ることができたので良かった。

 NHK総合テレビで放送された、【ゲスト】清水ミチコ、福澤朗、山瀬まみ、【司会】立川志の輔、小野文恵、【語り】生野文治、『ためしてガッテン』の「秋!根菜に大感謝 とっておき裏ワザ百科」を見る。

 今回のためしてガッテンは、新じゃが、ニンジン、大根、ゴボウ、里芋などの野菜「根菜」を紹介していた。おいしいニンジンを一発で見分ける方法、ジャガイモの甘さを引き出して増やす方法、ゴボウの調理法、大根おろしを辛くも甘くもする方法、サトイモの料理法などは参考になり役立つ情報だった。

上川名修『次回予約獲得マニュアル』


 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第18週「太陽の決心」の第104話を見る。

 NHK総合テレビジョンで放送された、【ゲスト】つるの剛士、宮崎美子、田中俊一[(財)高度情報科学技術研究機構・会長]、【講師】堀江ひろ子[料理研究家]、【キャスター】井ノ原快彦、有働由美子、柳澤秀夫、西堀裕美、【リポーター】篠山輝信、松田利仁亜、中谷文彦、『あさイチ』の「【番組冒頭】ペットボトル症候群 夏に急増 死に至る○○糖尿病」を見る。

 今回の番組を見て、ペットボトル症候群と呼ばれる「清涼飲料水ケトーシス」という)という病名の原因と症状を知ることができた。糖分を多く含む清涼飲料水や缶コーヒーなどの嗜好飲料を大量に飲み続けることで発症するわけであるから当然と言えば当たり前過ぎる結果かもしれない。

 上川名修氏の情報商材『次回予約獲得マニュアル』を読む。

 この情報教材は、上川名修氏がご自身の治療院で患者さんから次回予約を獲得するために実行しているノウハウを公開したマニュアルである。教材に書かれている内容は上川名修氏がご自身の治療院で行っているノウハウではあるものの、他の整体院やサロンなどの治療院でも患者さんから次回予約を獲得するために役立つノウハウが掲載されている。

 私はこの教材によって次回予約と事前予約と当日予約というものを明確に分けて考えることを学ぶことができた。また、この教材によって3種類の予約の中でも特に次回予約の重要性を認識することができた。私のところでは会員さんお一人だけに一定の施術時間を占められるということはないので予約の意味や形態について深く考えることはなかったので非常に参考になった。 治療家や治療院経営者の中には次回予約を、次回予約と事前予約と当日予約を全部含めた次回の予約を勘違いしている人もいるのではないかと思われる。

 私が一番参考になったのは上川名修氏がH先生とのやり取りで得た回答である。治療家というものは患者さんに時間や労力や経済的な負担を掛けないよう患者さんの病気や症状をできるだけ早期に回復させて治療院に来ないよう患者さんを治療院から解放することを考えているところがある。ところが、この考え方は治療院経営という観点からは治療院の経営安定化に反するという面がある。そのため、治療家は患者さんを優先すべきか、それとも治療院経営を優先すべきかで、患者さんと治療院経営の間に横たわる矛盾に悩むことになる。そうした心理状態を抱え込んだ真面目な治療家であればあるほど患者さんに治療院へ継続して来院してもらうことに何やら患者さんに悪いことをしているような後ろめたさを感じ、それが治療家の負い目や引け目になっていることがある。治療家にとってこの問題は非常に重大な問題である。ところが、この問題に対してH先生は明快な解決策ともいえる回答を与えてくれている。その回答をH先生から引き出したのは他でもないH先生に質問した作者の上川名修氏である。ここの部分は治療家と治療院経営のマインド面ではるもののこの教材の中で最も重要な個所であると言って良い。

 次ぎに、私が参考になったのは新規の患者さんに予約の説明をするのにどのようにしたらよいかという説明の仕方である。私は教材に書かれているような順序で予約の説明をすることなど考えたことさえなかった。患者さんにきちんと継続して通院していただくにはそのような説明の仕方のほうが優れていると思う。上川名修氏のような予約の説明の仕方を知ることができたのは私にとって大きな収穫と言って良い。

 とにかく、この教材は次回予約についてよく考えられており、次回予約を深く知るには非常に参考になる。治療家と治療院経営者はぜひとも読んでおきたい教材である。

 上川名修『次回予約獲得マニュアル』
 http://url.nabetsugu.net/yoyaku.html

 サンテレビで放送された、オ・ヒョンチャン、チュ・ソンウ演出、チョ・ウンジョン脚本、イ・テヨン(イ・テゴン)、ハン・ジミン(チョ・ユニ)、ムン・ジョンホ(パク・サンウォン)、ムン・ヒョンジン(ソ・ユジン)、イ・セリン(キム・ボヨン)、ハン・ガンミン(パク・ギウン)、ムン・ソクジン(イ・ヘウ)出演、MBCで2010年5月3日〜2010年11月11日まで放送された韓国ドラマ『黄金の魚(황금물고기)』の第2話「白鳥のプロポーズ」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第19話を見る。

 ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、コ・フンシク チーフプロデューサー、ソン・ジェジュン、キム・ヒヨル制作、マ・ジョンフン制作総括、チャン・ジュナ[司法研修生〜検事。28歳〜30歳](ソン・チャンウィ)、キム・ウビン[28歳〜30歳](イ・サンユン)、シン・ヨンジュ[26歳〜28歳](キム・ユミ)、ノ・セラ[司法研修生〜法律事務所弁護士。24歳〜26歳](チョン・ヘビン)、ムン・ハクボム[司法研修生〜弁護士](ソン・ヨンギュ)、ホン・ゴンピョ[検事、キム・ヒョクジェの部下。後に法律事務所“シンミョン”の訟努チーフ](キム・スンウク)出演、韓国SBSで2008年に放送された韓国ドラマ『神の天秤』の第9話「疑心」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、成河広明、鹿内植編成企画、貸川聡子[共同テレビ]プロデュース、酒井雅秋、浜田秀哉、黒岩勉 ほか脚本、岩田和行[共同テレビ]、佐藤源太[共同テレビ] ほか演出、フジテレビ、共同テレビ制作、LOVE PSYCHEDELICO「It’s You」(ビクターエンターテインメント)メインテーマ、桜木泉[25→26](上戸彩)、瀧河信次郎[31](桐谷健太)、高峰涼子[35](山口紗弥加)、深沢ユウキ[32](丸山智己)、白石晋太郎[58](中原丈雄)、倉田工[45](杉本哲太)、長嶋秀夫[56](北大路欣也)、大森紗英[31](北川弘美)、竹林匠[27](木村了)、道尾行成(永田彬)、三井朋美(齋藤めぐみ)出演、氏家嘉子(七瀬なつみ)、福井正恵(キムラ緑子)、大塚則人(青山和也)、大塚美保子(高田和加子)、三峰浩太(戸谷駆)、諸角メグル(大口兼悟)ゲスト出演、テレビドラマ『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜Season2』のCase.4(第4回、第4話)「刑事失格 教応学園連続誘拐事件」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、「アリアドネの弾丸」(海堂尊著/宝島社刊)原作、後藤法子脚本、今井和久、星野和成、小松隆志演出、豊福陽子[関西テレビ]、遠田孝一[MMJ]、八巻薫[MMJ]プロデューサー、羽岡佳、妹尾武音楽、Do As Infinity 『アリアドネの糸』(avex trax)主題歌、関西テレビ放送、MMJ制作、田口公平[30](伊藤淳史)、白鳥圭輔[44](仲村トオル)、島津吾郎[35](安田顕)、神田技師長(西沢仁太)、高階権太(林隆三)、三船大介(利重剛)、藤原真琴(名取裕子)、斑鳩芳正[45](高橋克典)、笹井スミレ[30](小西真奈美)、須賀秀介[24](市川知宏)、北山錠一郎[55](尾美としのり)、宇佐美壮[28](福士誠治)、玉村誠[40](中村靖日)出演、テレビドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』のstage 4(第4回、第4話)「2人目の不審死」を見る。

鈴木直之『治療院経営パーフェクト戦略セミナーDVD』(治療院経営サポートドットコム)


 NHK教育テレビで放送された、【解説】勝浦修、【きき手】笠井友貴、【司会】福山知沙、『囲碁・将棋フォーカス』を見る。

 今回の番組は、勝浦修九段が広瀬章人王位 対 羽生善治NHK杯の「第52期王位戦 第1局」を解説していた。「フォーカス・オン」では、「穴熊王子の強さに迫る」と題して若手棋士の中で活躍ナンバーワンの広瀬王位の魅力を紹介していた。

 NHK教育テレビで放送された、【講師】中野寛也[九段]、【きき手】万波佳奈[四段]、『囲碁講座 中野寛也の戦いの“碁力”(4)一段上の攻撃力をつける』の「戦いの勝機は切断にあり」を見る。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第16週「女たちの時間」の第92話を見る。

 木多崇将氏の情報商材『人に好かれる会話術【男女兼用】』を入手する。

 木多 崇将『人に好かれる会話術【男女兼用】』
 http://url.nabetsugu.net/kaiwajyutu.html

 鈴木直之氏の教材『治療院経営パーフェクト戦略セミナーDVD』を視聴する。

 このセミナーDVDは治療院の経営戦略の中でも心臓部ともいえる事業戦略を中心に解説されいた。したがっって、治療院経営の中でも最重要事項を扱っている。私は治療院経営のいろいろな教材を見て来たが、現時点ではこのセミナーDVDが一番であると言っても良い内容だった。このセミナーDVDを見れば治療院経営で何が一番大事かということがわかる。また、私が思っていたことが間違いだったり、知らなかったことを学ぶこともできた。正直、私はもっと早くこのセミナーDVDを見ておきたかった。というか、治療院を開業する前に知っておきたかった。

 このセミナーDVDにはCMS(クライアント・マネージメント・システム)という患者さんを管理することのできる表計算ソフト用のファイルが付属している。表計算ソフトはエクセルのほかフリーソフトの無料総合オフィスソフトウェアOpenOffice.org(オープンオフィス ドット オルグ)の表計算ソフトの「Calc」でも利用が可能である。このCMSは患者さんのリピート対策と流失対策と連結していて治療院の患者さんをマネジメントできる優れもののツールである。教材にはリピート対策と流失対策用のレターやカード、トリセツ、手紙なども付属していてCMSと連結して個々の患者さんへ配布や送付して運用できるのである。これは患者さんのデータ管理とフォローを行ううえで大変便利なツールである。こうした何気ないような患者さんへのフォローが無視できない効用を生むのだと思う。私の治療院でもこのCMSを導入して活用させていただこうと思う。

 鈴木直之『治療院経営パーフェクト戦略セミナーDVD』(治療院経営サポートドットコム)
 http://www.chiryouinkeiei-support.com/perfect_s/

 サンテレビで放送された、ムン・ヨンナム脚本、チン・ヒョンウク演出、キム・イサン(イ・ジュンヒュク)、チュ・オヨン(オ・ジウン)、キム・コンガン(アン・ネサン)、オム・チョンナン(ト・ジウォン)、キム・ヒョンチャル(オ・デギュ)、ト・ウミ(キム・ヒジョン)、キム・スンギョン(パク・イナン)、チョン・グァジャ(イ・ヒョチュン)、ケ・ソル(イ・ボヒ)、ワン・ジェス(コ・セウォン)、チュ・ボミン(ノ・ジュヒョン)、テ・ヨニ(キム・エラン)、ハ・ヘンソン(バン・ジュンヒョン)、チュ・プヨン(チャン・ダユン)、キム・ホンス(キム・ジンソン)、キム・サンテ(クォン・ミンジョン)、チョ・ナンジャ(イ・サンスク)、ジョンナム(チョン・ユンソク)出演、2009年から2010年までKBSで放送された韓国ドラマ『怪しい三兄弟』の第62話「裁判の行方」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第10話を見る。

 Eテレで再放送された、【講師】檜垣祐子[東京女子医科大学女性生涯健康センター教授]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「間違っていませんか?夏のスキンケア」の「しみ・しわ 予防と治療」を見る。

 今回の番組内容は、「しみ」「しわ」の大半は紫外線が原因で起こり、紫外線対策に加え、適度な保湿や食事・睡眠などに気を配ることで、予防できることを説明していた。また、できてしまった「しみ」「しわ」の治療法についても紹介していた。

 ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、コ・フンシク チーフプロデューサー、ソン・ジェジュン、キム・ヒヨル制作、マ・ジョンフン制作総括、チャン・ジュナ[司法研修生〜検事。28歳〜30歳](ソン・チャンウィ)、キム・ウビン[28歳〜30歳](イ・サンユン)、シン・ヨンジュ[26歳〜28歳](キム・ユミ)、ノ・セラ[司法研修生〜法律事務所弁護士。24歳〜26歳](チョン・ヘビン)、ムン・ハクボム[司法研修生〜弁護士](ソン・ヨンギュ)、ホン・ゴンピョ[検事、キム・ヒョクジェの部下。後に法律事務所“シンミョン”の訟努チーフ](キム・スンウク)出演、韓国SBSで2008年に放送された韓国ドラマ『神の天秤』の第1話「合格発表」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、成河広明、鹿内植編成企画、貸川聡子[共同テレビ]プロデュース、酒井雅秋、浜田秀哉、黒岩勉 ほか脚本、岩田和行[共同テレビ]、佐藤源太[共同テレビ] ほか演出、フジテレビ、共同テレビ制作、LOVE PSYCHEDELICO「It’s You」(ビクターエンターテインメント)メインテーマ、桜木泉[25→26](上戸彩)、瀧河信次郎[31](桐谷健太)、高峰涼子[35](山口紗弥加)、深沢ユウキ[32](丸山智己)、白石晋太郎[58](中原丈雄)、倉田工[45](杉本哲太)、長嶋秀夫[56](北大路欣也)、大森紗英[31](北川弘美)、竹林匠[27](木村了)、道尾行成(永田彬)、三井朋美(齋藤めぐみ)出演、飯野正也(田中幸太朗)、藤井香織(前田亜季)、日高信之(和田聰宏)、沢田知己(平岳大)、朝倉千佳子(戸田菜穂)、田中茂夫(左右田一平)、松山(荒井志郎)、板倉(湯沢勉)、大塚(最所美咲)、角田昌良(斎藤弘勝)ゲスト出演、テレビドラマ『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜Season2』のCase.2(第2回、第2話)「決断 企業の不祥事による一連の死亡事故事件」を見る。

 企業の不祥事による一連の死亡事故事件を第1話と第2話と2話に分けて扱っていて、第1話と第2話を見てきたわけであるが、今回の「絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜Season2」は前回のシリーズ「絶対零度〜未解決事件特命捜査〜Season1」よりも大幅に内容を変更してかなりパワーアップしていてる。刑事ドラマとしては見応えのある作品になっていた。次回のCase.3以降が楽しみである。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、「アリアドネの弾丸」(海堂尊著/宝島社刊)原作、後藤法子脚本、今井和久、星野和成、小松隆志演出、豊福陽子[関西テレビ]、遠田孝一[MMJ]、八巻薫[MMJ]プロデューサー、羽岡佳、妹尾武音楽、Do As Infinity 『アリアドネの糸』(avex trax)主題歌、関西テレビ放送、MMJ制作、田口公平[30](伊藤淳史)、白鳥圭輔[44](仲村トオル)、島津吾郎[35](安田顕)、神田技師長(西沢仁太)、高階権太(林隆三)、三船大介(利重剛)、藤原真琴(名取裕子)、斑鳩芳正[45](高橋克典)、笹井スミレ[30](小西真奈美)、須賀秀介[24](市川知宏)、北山錠一郎[55](尾美としのり)、宇佐美壮[28](福士誠治)、玉村誠[40](中村靖日)出演、友野優一(矢柴俊博)、矢神院長(佐戸井けん太)、日野亘(真田五郎)ゲスト出演、テレビドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』のstage 2(第2回、第2話)「Aiが見逃した殺意」を見る。

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。