今週のお知らせ

ONE PIECE(ワンピース)、遂に追い着いた!

 今日、『ONE PIECE(ワンピース)』の13thシーズンのインペルダウン編のpiece.2のDVDを見ていたら、第431話の「牢番長サルデスの罠 LV3・飢餓地獄」で見覚えのあるシーンが出て来た。続いて、第432話の「解き放たれた白鳥! 再会! ボン・クレー」と第433話の「署長マゼラン動く 完成! 麦わら包囲網」に至ってははっきりと以前に見た記憶が残っていた。

 あややも第432話「解き放たれた白鳥! 再会! ボン・クレー」と第433話「署長マゼラン動く 完成! 麦わら包囲網」も覚えていた。

 間違いない。とうとうテレビ放送で見始めたところまでやっと追い着いたのである。「1st 東の海編」の第1話「俺はルフィ! 海賊王になる男だ!」からDVDで過去の放送を見始めてから追い着くまで長かった。2年近くになるのかもしれない。これからはDVDをレンタルしなくても、テレビ放送だけ見れば良いので一段落である。

ONE PIECE ワンピース 13thシーズン インペルダウン編 piece.2 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 13thシーズン インペルダウン編 piece.2 [DVD]

『ONE PIECE ワンピース』(テレビアニメ)の「12thシーズン 女ヶ島編」

 テレビアニメ『ONE PIECE ワンピース』の「12thシーズン 女ヶ島編」を見終わる。

 男子禁制の島アマゾン・リリーや海賊女帝ボア・ハンコック(蛇姫)が登場して来た。どうしてハンコックがルフィーに恋したのかも経緯が分かった。女人だけの島アマゾン・リリーで男一人だけのルフィーがなかなか男だと気づかれない経過や、男だと気づかれてから女戦士たちに追いかけ回される姿は「10th スリラーバーク編」に並ぶ可笑しさがあった

 テレビ放送で『ONE PIECE 』を見始めたのは「13th インペルダウン編」だったので、DVDで過去の放送作品を見始めてからやっと追いついて来た。

ONE PIECE ワンピース 12thシーズン 女ヶ島篇 piece.1 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 12thシーズン 女ヶ島篇 piece.1 [DVD]

 夜は、2012年の第63回NHK紅白歌合戦を中心に見て過ごした。

 MBS(毎日放送)の『大晦日スポーツ祭り!KYOKUGEN2012 史上最大の限界バトル』でWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ「井岡一翔×ロドリゲス」とWBA世界ミニマム級タイトルマッチ「宮崎亮×ポンサワン」があったので、チャンネルを紅白と交互に回して見ていた。

 紅白の出場歌手の中では、個人的には「ヨイトマケの唄」を歌った美輪明宏さんが一番印象的だった。私が初めて「ヨイトマケの唄」を聞いたのは米良美一さんが歌ったものだった。米良美一さんが何もかもかなぐり捨てて歌う姿は衝撃的で強烈な印象として残った。それで、本家の美輪明宏さんが歌う「ヨイトマケの唄」を聞いてみたいと思っていたからかもしれない。

ノスタルジア~ヨイトマケの唄
ノスタルジア~ヨイトマケの唄

美輪明宏 全曲集 2012
美輪明宏 全曲集 2012

『天空の城ラピュタ』(日本アニメ映画、3回目)と『サイエンスミステリー2012 見えざる禁断の世界II』


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、玄覺悠子、三島ゆり子、二宮星、綾野剛、六角精児、ほっしゃん。、近藤正臣、連続テレビ小説『カーネーション』の第17週「隠しきれない恋」の第97話を見る。

 昨日の午前中に来所された会員さんから治療院ニュースレター「あすなろ通信自生」の配布を開始し、今日の午前中に来所された会員さんにも手渡したところ家で読みますと持って帰られた。ニュースレターを要らないと言われる会員さんもおられるかもしれないが、これまでのところ概ね好意的に受け取っていただけている。

 先日、ケイ・オプエィコムのeo光サービスから平成24年2月1日より利用開始から3年目以降のユーザーの月額料金が割引となる長期継続割引プラン「長割(ちょうわり)」を提供することになったことを知らせる書簡が届いた。しばらくどうするか考えていたが、もうすぐ受付開始になるので今日申し込んでおいた。私はまだ3年目ということで4,900円のところ4,750円になる。6年目以降は4,500円になるようなので待ち遠しい。

 「長期継続割引プラン 長割」光ファイバーならeo(イオ) 光インターネット by ケイ・オプティコム
 http://eonet.jp/longplan/

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】荻野文子[予備校講師・文筆家]、嵐山光三郎[作家]、【キャスター】堀尾正明、瀧口友里奈、『100分de名著 兼好法師“徒然草”』の第4回(最終回)「人生を楽しむために」を見る。

 今回の100分de名著では、吉田兼好の『徒然草』を解説していた。吉田兼好の『徒然草』といえば私も中学と高校の古典で習ったて前文くらい記憶しているが、その内容にいたってはいったい何が書かれているのか知らなかった。今回の100分de名著で吉田兼好の『徒然草』にどういうことが書かれているかあらましを知ることができてよかった。

兼好法師『徒然草』 2012年1月 (100分 de 名著)
兼好法師『徒然草』 2012年1月 (100分 de 名著)

 日本テレビ系列の読売テレビの金曜ロードショーで2011年12月9日に放映された、【スタッフ】原作・脚本・監督:宮崎駿、プロデューサー:高畑勲、製作:徳間康快、企画:山下辰巳、尾形英夫、音楽:久石譲、作画監督:丹内司、美術監督:野崎俊郎、山本二三、仕上・色指定:保田道世、撮影監督:高橋宏固[高橋プロダクション]、編集:瀬山武司、音響監督:斯波重治、原画頭:金田伊功、原画:遠藤正明、前田真宏、高坂希太郎、近藤勝也、名倉靖博、鍋島修、友永和秀 ほか、仕上げ:見田竜介、ほか、制作:原徹、スタジオジブリ、【楽曲】主題歌:作詞:宮崎駿、作曲:久石譲、編曲:富澤裕、歌:井上杏美(徳間ジャパン)『君をのせて』、イメージソング:作詞:松本隆、作曲:筒美京平、歌:小幡洋子(徳間ジャパン)『もしも空を飛べたら』[本編では未使用]、劇中曲:演奏:数原晋『ハトと少年』[劇中でバズーが演奏するトランペット曲]、【声の出演】パズー(田中真弓)、シータ(横沢啓子[現・よこざわけい子])、ドーラ(初井言榮)、ムスカ(寺田農)、モウロ将軍(永井一郎)、ポムじいさん(常田富士男)、シャルル(神山卓三)、ルイ(安原義人)、アンリ(亀山助清)、老技師(槐柳二)、親方(糸博)、おかみさん(鷲尾真知子)、マッジ(TARAKO)、シータの祖母(鈴木れい子)、軽便鉄道の機関士(西村知道)、黒眼鏡(大塚芳忠、菅原正志)、子分キ(大滝進矢)、子分ク(平井隆博)、子分ケ(峰恵研)、子分コ(菅原正志)、青い服の婦人(林原めぐみ)、役名表記なし(福士秀樹、古田信幸、田中和実、関俊彦)、1986年8月2日公開の日本長編アニメーション映画『天空の城ラピュタ』を見る。

 『天空の城ラピュタ』は何度か繰り返し見ている。最初から最後までちゃんと見たのでも今回で3度目にはなるのではないかと思う。今回の放映は劇場公開時のフィルム風合いを再現したニューマスター版を通常より40分拡大して初放送されるというのでまた見てみることにした。

 前回2度目を見たときは、あらすじが天空の城ラピュタへ行くだけでストーリーが直線的で展開の少ない単純さに物語が短い物足りなさを感じた。しかし、今回は天空の城ラピュタの物語を満喫というのか堪能できた気がした。

天空の城ラピュタ [DVD]
天空の城ラピュタ [DVD]

天空の城ラピュタ [Blu-ray]
天空の城ラピュタ [Blu-ray]

天空の城ラピュタ(サントラ)
天空の城ラピュタ(サントラ)

天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎
天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎

天空の城ラピュタ イメージアルバム 空から降ってきた少女
天空の城ラピュタ イメージアルバム 空から降ってきた少女

天空の城ラピュタ シンフォニー 大樹
天空の城ラピュタ シンフォニー 大樹

小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)
小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)

小説 天空の城ラピュタ〈後篇〉 (アニメージュ文庫)
小説 天空の城ラピュタ〈後篇〉 (アニメージュ文庫)

天空の城ラピュタ (徳間アニメ絵本)
天空の城ラピュタ (徳間アニメ絵本)

映画天空の城ラピュタGUIDE BOOK復刻版(ロマンアルバム)
映画天空の城ラピュタGUIDE BOOK復刻版(ロマンアルバム)

天空の城ラピュタ (ロマンアルバム)
天空の城ラピュタ (ロマンアルバム)

天空の城ラピュタ 全4巻セット ―フィルムコミック
天空の城ラピュタ 全4巻セット ―フィルムコミック

天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉
天空の城ラピュタ スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉

1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5
1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5

1/20 FG4 「天空の城ラピュタ」ロボット兵 (戦闘Ver.)
1/20 FG4 「天空の城ラピュタ」ロボット兵 (戦闘Ver.)


 NHK Eテレで放送された、【スタッフ】原作:大場つぐみ・小畑健、監督:カサヰケンイチ・秋田谷典昭、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン:下谷智之、美術監督:柴田千佳子、色彩設計:店橋真弓、撮影監督:岩井和也、音楽:Audio Highs、音響監督:渡辺淳、アニメーションプロデューサー:松倉友二、アニメーション制作:J.C.STAFF、制作統括:斉藤健治・野島正宏・齋藤雅弘、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK・小学館集英社プロダクション、オープニングテーマ:「Dream of Life」(作詞:伊藤祥平・カワムラユキ、作曲:伊藤祥平、編曲:菱川亜希、歌:伊藤祥平)、【キャスト】真城最高(阿部敦)、高木秋人(日野聡)、亜豆美保(早見沙織)、見吉香耶(矢作紗友里)、新妻エイジ(岡本信彦)、福田真太(諏訪部順一)、中井巧朗(志村知幸)、蒼樹紅(川澄綾子)、岩瀬愛子(藤村歩)、服部哲(利根健太朗)、服部雄二郎(野島裕史)、瓶子副編集長(川田紳司)、佐々木編集長(堀内賢雄)、川口たろう[真城信弘](浜田賢二)、平丸一也(森田成一)、港浦吾郎(桐井大介)、田幸司(子安武人)、相田聡一(風間勇刀)、テレビアニメ『バクマン。2』の第17話「特別な仲と田舎」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビの土曜プレミアムで21時から23時10分まで放送された、【出演】所ジョージ、比嘉愛未、【サイエンスコメンテーター】福岡伸一[青山学院大学教授、生物学者]、『サイエンスミステリー2012”カラダと心”見えざる禁断の世界〜極限の運命と闘う人々SP〜(サイエンスミステリー2012 見えざる禁断の世界II)』を見る。

 今回のサイエンスミステリーは2003年の初回から数えてシリーズ第9弾になる。

 番組の内容は、「たった2年で“老婆の顔”になった26歳の美女[皮膚弛緩症]」「皮膚から“虫”が… “地球上に存在しない謎の物体”[モルゲロンズ病]」「頭部結合双生児タチアナとクリスタ その後の物語[頭蓋結合双生児]」「悪霊vs科学“未知の奇病が襲ってきた!”[ノッディング・ディジーズ]」「見るとは…この不可思議で当たり前のこと」であった。

『借りぐらしのアリエッティ』(日本アニメ映画、2回目)と『らんま1/2』(テレビドラマ)


 日本テレビ系列の読売テレビの木曜ミステリーシアターで放送された、【スタッフ】制作局:読売テレビ、演出:植田尚[MMJ] ほか、脚本:関えり香 ほか、【出演者】高橋エリカ〔28〕(栗山千明)、高橋良介〔35〕(東根作寿英)、高橋航太郎〔5〕(谷合純矢[子役])、園田純平〔23〕(井出卓也)、戸塚宗一〔45〕(杉本哲太)、犬飼真人(神保悟志)、戸塚と接触した謎の女性(NorA)、【ゲスト】松下夕海[スポーツクラブ「NTKスポーツクラブ」インストラクター](西原亜希)、伊佐山篤史/唐木修[「NTKスポーツクラブ」会員、警視庁刑事部捜査共助課](相島一之)、澤田祐也[「NTKスポーツクラブ」支配人](近江谷太朗)、椋樹徹[盗撮DVD制作会社社長](水野直)、テレビドラマ『秘密諜報員 エリカ』のMISSION 11(第11話)「フィットネスクラブで密室セクハラ! 女性襲う色欲男を倒せ!」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【出演】乾貴美子[タレント]、【出演】鈴木裕樹[俳優]、【講師】増山修[アニメーション美術家]、【語り】関山美沙紀、『あなたもアーティスト 増山修のアニメ流風景スケッチ術<全8回>』の第2回「海を描く」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【解説】ロジャー・パルバース[作家・東京工業大学世界文明センター長]、【キャスター】堀尾正明, 瀧口友里奈、『100分de名著 宮沢賢治“銀河鉄道の夜”<全4回>』の第2回「悲しみから希望へ」を見る。

 2011年12月15日(木)に新バージョン「ESET Smart Security V5.0」が発売され、ESET Smart Security の「最新版無償バージョンアップ」の案内が届いたので、早速バージョンアップ作業をした。バージョンアップ作業は現在利用中のESET Smart Security をアンインストールする必要はなかった。

 新バージョン「ESET Smart Security V5.0」では、クラウド技術を応用した「ESET Live Grid」が追加されたほか、システム設定の改竄などを防ぐ「HIPS(ホスト侵入防止システム)」やペアレンタルコントロール、ゲームモードが追加されている。。

 「ESET Smart Security(イーセット・スマート・セキュリティ)」
 http://url.nabetsugu.net/eset.html

 ベクターPCショップ「ESET Smart Security(イーセット・スマート・セキュリティ)」
 http://url.nabetsugu.net/esetss.html

ESET Smart Security V5.0
ESET Smart Security V5.0

 小野達也氏が販売を手掛ける白石真理氏の情報商材『【再愛】』を入手する。

 白石真理『--3日間限定の特別限定価格--【再愛】』(株式会社バリューブレイン)
 http://url.nabetsugu.net/saiai.html

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第25話「休暇の余波」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第107話を見る。

 2011年12月9日に日本テレビ系列の読売テレビの金曜スーパープライムで放送された、【スタッフ】監督:西村了、原作:高橋留美子(小学館・少年サンデーコミックス)、脚本:いずみ吉紘、演出:西村了[日テレアックスオン]、音楽:吉川慶、スタントコーディネーター:川澄朋章[K-Stunt Films]、剣道指導:山形奈美、特殊造形:藤原カクセイ、技術協力:NiTRo、スタジオ:日活撮影所、チーフプロデューサー:森實陽三、プロデュース:高明希[日テレアックスオン]、遠藤正累[日本テレビ]、制作プロダクション:日テレアックスオン、製作著作:日本テレビ、【主題歌】9nine『チクタク☆2NITE』、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】天道あかね(新垣結衣)、早乙女乱馬(賀来賢人)、らんま(夏菜)、九能帯刀(永山絢斗)、天道なびき(西山茉希)、五寸釘光(金井勇太)、天道かすみ(長谷川京子)、小乃東風(谷原章介)、小蒲田加毛依(田山涼成)、鎌鼬(渋江譲二)、早乙女玄馬(古田新太)、天道早雲(生瀬勝久)、我妻三輪子、吉田優華、中島妙子、谷本峰、林初実、薄井伸一、松本春姫、松井晶煕、大沼遼平、ナレーション(永井一郎)、アイパートナー[副音声](石丸博也)、スペシャルドラマ『らんま1/2』[視聴率:7.9%]を見る。

 あの発行部数5300万部を超える大人気コミック「らんま1/2」の初実写ドラマということで内容はどうなのかなあと疑問を持ちつつ見た。期待していなかってのだけれど、笑いあり、涙ありで子供から大人まで家族揃って楽しめるエンターテインメントドラマに仕上がっていた。

 あらすじは、天道家が守る、入った人は全て男になる伝説の泉「和風男溺泉」を巡って、天道あかね(新垣結衣)が母親の形見として肌身離さず持っている和風男溺泉の鍵を狙って早乙女乱馬(賀来賢人)若しくはらんま(夏菜)と、マダム・カマンベールこと小蒲田加毛依( 田山涼成)が率いる謎の組織との争奪戦を繰り広げるというオリジナルストーリーになっていた。キャストも原作のイメージに近く好演していた。

らんま1/2 [Blu-ray]
らんま1/2 [Blu-ray]

らんま1/2 [DVD]
らんま1/2 [DVD]

らんま1/2 全38巻完結(少年サンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
らんま1/2 全38巻完結(少年サンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

らんま1/2〜TVドラマ記念・よりぬき完全版〜上巻 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
らんま1/2〜TVドラマ記念・よりぬき完全版〜上巻 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

らんま1/2〜TVドラマ記念・よりぬき完全版〜下巻 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
らんま1/2〜TVドラマ記念・よりぬき完全版〜下巻 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

らんま1/2 (1) (少年サンデーコミックス)
らんま1/2 (1) (少年サンデーコミックス)

 日本テレビ系列の読売テレビの金曜ロードショーで地上波初放送された、【スタッフ】監督:米林宏昌監督、原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」(林容吉訳、岩波少年文庫刊)、企画:宮崎駿、脚本:宮崎駿、丹羽圭子、プロデューサー:鈴木敏夫、制作:星野康二、音楽:セシル・コルベル、作画監督:賀川愛、山下明彦、美術監督:武重洋二、吉田昇、色指定:森奈緒美、映像演出:奥井敦、音響演出・整音:笠松広司、アフレコ演出:木村絵理子、製作担当:奥田誠治、福山亮一、藤巻直哉、特別協賛:MS&ADホールディングス、特別協力:ローソン、読売新聞、配給:東宝、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】アリエッティ(志田未来)、翔[しょう](神木隆之介)、ホミリー(大竹しのぶ)、牧貞子[まき さだこ](竹下景子)、スピラー(藤原竜也)、ポッド(三浦友和)、ハル(樹木希林)出演、2010年7月17日公開の日本アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ(The Borrower Arrietty、The Secret World of Arrietty)』を見る。

 このアニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』は去年の劇場公開時に映画館で見ているので今回で2度目になる。

 前回『借りぐらしのアリエッティ』を見たとき気になっていることが1つあった。それは、1週間後に心臓の手術を控えていた翔(神木隆之介)がアリエッティを見送った後、手術を受けてどうなったのかということである。手術に成功して生き延びることができたのか、それとも死んでしまったのか気になっていた。今回はそれを確認したかった。その回答は映画が始まって翔の語りですぐに分かった。映画のオープニングで翔は「僕はあの夏母が育った屋敷で1週間暮らしたことがある」と過去を回想するかのように語っている。翔が生きていなければ話せない台詞なので手術の後も生きていたことは明かである。

 『借りぐらしのアリエッティ』を見た感想は以下のページに書いてある通りである。

 なべつぐのあすなろ徒然日記【人気ブログ】/『借りぐらしのアリエッティ』(日本アニメ映画、劇場)と『パク・ヨンハの悲歌』(韓国ドラマ、2回目)
 http://diary.nabetsugu.net/article/171666908.html

借りぐらしのアリエッティ [DVD]
借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]
借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]

[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [DVD]
[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [DVD]

[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]
[「アリエッティ」の洗濯ばさみ付]借りぐらしのアリエッティ [Blu-ray]

借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック

Kari-gurashi〜借りぐらし〜(借りぐらしのアリエッティ・イメージ歌集アルバム)
Kari-gurashi〜借りぐらし〜(借りぐらしのアリエッティ・イメージ歌集アルバム)

Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)
Arrietty's Song(借りぐらしのアリエッティ・主題歌)

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

床下の小人たち (小人の冒険シリーズ 1)
床下の小人たち (小人の冒険シリーズ 1)

小人の冒険シリーズ 全5冊セット (岩波少年文庫)
小人の冒険シリーズ 全5冊セット (岩波少年文庫)

小人の冒険シリーズ 全5冊セット
小人の冒険シリーズ 全5冊セット

ジ・アート・オブ 借りぐらしのアリエッティ(ジ・アート)
ジ・アート・オブ 借りぐらしのアリエッティ(ジ・アート)

徳間アニメ絵本31 借りぐらしのアリエッティ
徳間アニメ絵本31 借りぐらしのアリエッティ

フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 1(アニメージュコミックス)
フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 1(アニメージュコミックス)

フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 2(アニメージュコミックス)
フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 2(アニメージュコミックス)

フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 3(アニメージュコミックス)
フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 3(アニメージュコミックス)

フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 4(アニメージュコミックス)
フィルム・コミック 借りぐらしのアリエッティ 4(アニメージュコミックス)

借りぐらしのアリエッティ(ロマンアルバム)
借りぐらしのアリエッティ(ロマンアルバム)

ジス・イズ・アニメーション 借りぐらしのアリエッティ
ジス・イズ・アニメーション 借りぐらしのアリエッティ

少年と少女の一週間 借りぐらしのアリエッティ ガイドブック
少年と少女の一週間 借りぐらしのアリエッティ ガイドブック

借りぐらしのアリエッティ カードコレクション
借りぐらしのアリエッティ カードコレクション

『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』(テレビアニメ)とABC創立60周年記念スペシャルドラマ『境遇』(テレビドラマ)


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、板尾創路、中村美律子、連続テレビ小説『カーネーション』の第8週「いつも想う」の第54話を見る。

 日本テレビ系列の読売テレビの金曜特別ロードショーで2011年12月2日に放送された、【スタッフ】監督:滝口禎一、企画:菅沼直樹、演出:富沢信雄、プロデューサー:中谷敏夫、尾ア穏通、岩佐直樹、竹内孝次、原作:モンキー・パンチ、脚本:土屋理敬、音楽:大野雄二、音楽監督:鈴木清司、音響監督:清水洋史、音響効果:倉橋静男、山谷尚人[サウンドボックス]、美術監督:山子泰弘、総作画監督:佐藤好春、作画監督:白井裕美子、中田博文、色彩設計:磯部知子、撮影監督:宮川淳子、編集:笠原義宏、アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、石川五ェ門(浪川大輔)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、美沙(清水理沙)、麻紀(渋谷はるか)、氷室(石田彰)、影浦(斎藤志郎)、藤堂昌江(野沢雅子)、支配人(村治学)、司会者(中川慶一)、刑事(阪口周平)、園長(大澤洋子)、警官A(早志勇紀)、警官C(荻沢俊彦)、子供A(下田レイ)、子供B(斉藤佑圭)、女の子(楠見藍子)、囚人(中田隼人)、ブローカーA(かぬか光明)、部下A(広田みのる)、部下B(山口りゅう)、館内アナウンス(兼田奈緒子)、2011年のテレビアニメ『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜(ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜)』を見る。

 本作は、アニメ「ルパン三世」テレビスペシャルシリーズの第22作目である。ルパン三世TVSPシリーズとしては初の完全地上デジタル放送である。テレビアニメ版誕生から40周年でもある。

 今回の『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』は、新キャストを迎え、新たに生まれ変わった「ルパン三世」最新作である。、テレビアニメ『ルパン三世』の第2シリーズからのメインキャストのうち、石川五エ門と峰不二子と銭形警部の3名が従来の声優から新しい声優に変更されて制作されている。これでテレビアニメ『ルパン三世』の第1シリーズからメインキャストの声優が変わっていないのは次元大介の小林清志さんだけになる。ルパン三世の声優が栗田貫一さんに変わったときは元祖・ルパン三世の声優である山田康雄さんの声色を真似てくれていて交代した最初の頃は少し違和感がったものの作品の回数を重ねる毎に上達し上手くなって最近では違和感がほとんどなくなっているのはルパン三世のファンとしてはありがたいことである。ところが、今回のメインキャストの交代はオリジナルの声優の声色とは違っている。新声優陣もオリジナルの声優の話し方や喋り方に近づけて雰囲気を似せるようにはしているもののオリジナルの声優たちとは別人の声である。交替した3人のうちでは、山寺宏一さんの銭形警部が一番違和感を感じた。それだけ、納谷悟朗さんの声に特徴があり上手かったということなのだろう。その次に違和感をおぼえたのは浪川大輔さんの石川五ェ門である。井上真樹夫さんの声にも特徴があって五ェ門らしかった。沢城みゆきさんの峰不二子は増山江威子さんとは違うと感じるものの新しい峰不二子の声として受け入れやすい気がした。

 声優の声だけではなく、作画も気がついたことがある。それは、人物の絵がスタジオジブリの絵と似ていたということである。佐藤好春氏が総作画監督として加わったことが関係しているのであろうか。

 あらすじは、幻のお宝「人魚の鱗」にまつわる伝説の謎を追って辿り着いたのは不老不死の女性「八百比丘尼(やおびくに)」の秘密だったという話である。

 内容的には傑出しているほどではないもののまあまあ面白かった。

ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜 豪華版 [Blu-ray]
ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜 豪華版 [Blu-ray]

ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~ [DVD]
ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~ [DVD]

ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜 通常版 [Blu-ray]
ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜 通常版 [Blu-ray]

ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜オリジナル・サウンドトラック 「Eternal Mermaid」
ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜オリジナル・サウンドトラック 「Eternal Mermaid」

 【スタッフ】原作:大場つぐみ・小畑健、監督:カサヰケンイチ・秋田谷典昭、シリーズ構成:吉田玲子、キャラクターデザイン:下谷智之、美術監督:柴田千佳子、色彩設計:店橋真弓、撮影監督:岩井和也、音楽:Audio Highs、音響監督:渡辺淳、アニメーションプロデューサー:松倉友二、アニメーション制作:J.C.STAFF、制作統括:斉藤健治・野島正宏・齋藤雅弘、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK・小学館集英社プロダクション、オープニングテーマ:「Dream of Life」(作詞:伊藤祥平・カワムラユキ、作曲:伊藤祥平、編曲:菱川亜希、歌:伊藤祥平)、【キャスト】真城最高(阿部敦)、高木秋人(日野聡)、亜豆美保(早見沙織)、見吉香耶(矢作紗友里)、新妻エイジ(岡本信彦)、福田真太(諏訪部順一)、中井巧朗(志村知幸)、蒼樹紅(川澄綾子)、岩瀬愛子(藤村歩)、服部哲(利根健太朗)、服部雄二郎(野島裕史)、瓶子副編集長(川田紳司)、佐々木編集長(堀内賢雄)、川口たろう[真城信弘](浜田賢二)、平丸一也(森田成一)、港浦吾郎(桐井大介)、田幸司(子安武人)、相田聡一(風間勇刀)、テレビアニメ『バクマン。2』の第10話「ギャグとシリアス」を見る。

 【ゲスト】伍代夏子、【講師】上西一弘[女子栄養大学教授]、竹内靖博[虎の門病院 部長]、森諭史[聖隷浜松病院部長]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「効果あり!骨粗しょう症 予防と治療の最新情報」を見る。

 今回の名医にQでは、従来からある薬で、ビスホスホネートやSERM[選択的エストロゲン受容体作動薬](破骨細胞の働きを抑える)や、重い骨粗しょう症にも効果が期待される画期的な新薬「テリパラチド」(骨芽細胞の働きを促す)のほか、骨を強くするおすすめの運動や食事も紹介していた。

 2011年12月3日(土) 21:03 〜 23:06、【スタッフ】原作:湊かなえ『境遇』(双葉社刊)、脚本:矢島正雄、監督:若松節朗[共同テレビジョン]、音楽:S.E.N.S.(サウンドトラック『組曲〜空がこころになる日』)、制作統括:脇阪聰史、エグゼクティブプロデューサー:岡村道範、プロデューサー:飯田新[ABC]、郷田美雄[ABC]、深沢義啓[ABC]、志村彰[The icon]、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】松雪泰子、りょう、沢村一樹、東幹久、田畑智子、岸部一徳、白川由美、谷村美月、市川由衣、芦名星、名倉潤、西村雅彦、野際陽子、いしだあゆみ、ABC創立60周年記念スペシャルドラマ『境遇』を見る。

 あらすじは、幼児誘拐の犯人が要求した内容とはテレビ番組で過去の真実を告白することだったという話である。

 推理ものとしては犯人はわかりやすくミステリーとしての面白さは足りない気がした。最後に過去の自分を誤解していたというどんでん返しが推理不足を補っているところはある。ドラマは事件の推理よりも人間関係に焦点が当たっていてヒューマンミステリーとしては見させるところのある作品であった。

 このドラマでいう境遇の意味は、同じ境遇に育った二人の女性が勘違いから相手の境遇が自分の境遇だと思い込んでしまったことから事件を起こしてしまう運命の悪戯とその運命であった境遇を乗り越えて二人が邂逅したことを指しているものと思われる。ドラマの内容としては、息子を誘拐した犯人を許しもとのような友達に戻れたというところが現実にはありえないような素晴らしい話だと思えるところがあった。

境遇
境遇

境遇 絵本付特別版
境遇 絵本付特別版

椎名軽穂『君に届け』(集英社、マーガレットコミックス)[少女漫画]


 NHK総合テレビで、【作】渡辺あや、【出演】尾野真千子、二宮星、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、須賀貴匡、上杉祥三、高須瑠香、吉岡竜輝、桂茶がま、宝田明、十朱幸代、田中隆三、トミーズ雅、石田太郎、甲本雅裕、柳生みゆ、眞木めい、吉田葵依、尾上寛之、渡辺大知、田丸麻紀、財前直見、小泉孝太郎、國村隼、宮嶋麻衣、黒谷友香、団時朗、駿河太郎、連続テレビ小説『カーネーション』の第6週「移りゆく日々」の第38話を見る。

 NHK Eテレで放送された、【ゲスト】伊藤かずえ[女優]、【講師】門田淳一[大分大学教授]、【講師】松瀬厚人[長崎大学大学院准教授]、【講師】長瀬隆英[東京大学大学院教授]、【キャスター】古屋和雄、唐橋ユミ、『ここが聞きたい!名医にQ』の「あなどるな!長引くせき」と「長引くせき あなたの疑問に答えます!」を見る。

 長引くせきの原因として、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎や百日ぜき、結核などの感染症や、せきぜんそくやぜんそくなどのアレルギー、喫煙習慣によるCOPDを取り上げ、それぞれの症状の違いや検査、診断、治療のほか予防法・感染症対策を紹介していた。

 妹等と小豆島へ一泊二日の旅行へ出掛けていたあややが夜になって帰って来た。帰る時刻はお昼過ぎか遅くても夕方にはと予想したいたのだけれどそれよりも帰宅時間は遅かった。お昼すぐに小豆島を出発したようで夕方には回転寿司屋へ寄ったそうである。

 椎名軽穂さんの少女漫画『君に届け』の第13巻を読む。

 やっと会員さんからお借りしていた『君に届け』の全巻を読むことができた。現在は既に第14巻が出ているようである。13巻まで読んでまず気がついたことは1巻と2巻以降の違いである。1巻は読むのに結構時間がかかったが、2巻以降は1巻ほど時間はかからなかった。というのも、1巻は漫画のコマがぎっしり詰まっているのに対して2巻以降ではコマが大きく取られているページが多くなっていたからである。これはおそらく1巻くらいのページ数でストーリーを終わらせる予定だったので物語を詰め込んだからではないかと推測される。ところが、読者から支持されて人気が出たため連載されることになって余裕をもって漫画を描くことができるようになったのではないだろうか。これは漫画のタイトルである「君の届け」という言葉からも裏付けることができる。「君の届け」という言葉の意味は、風早翔太の想いが黒沼爽子に届くようにという願いが込められたものである。つまり、この漫画は風早翔太の想いが黒沼爽子に届いた時点で終わりにする予定だったのだと思われるのである。ところが、10巻で黒沼爽子から気持ちを告白されて、風早翔太も想いを告げてふたりの想いは結ばれたにもかかわらずそれで終わりにならず、それ以降はふたりにつきあい(交際)が描かれて続いている。

 この『君に届け』で一番目立つのは主人公である黒沼爽子のキャラクターであろう。黒沼爽子には不気味で恐い貞子と可愛くコミカルな爽子、そして綺麗で美人な爽子という3つのキャラクターがある。漫画では黒沼爽子の3つのキャラクターを駆使して彼女の人格を浮き彫りにしている。

 また、連載が決まったと思われる2巻以降では、黒沼爽子を取り巻く矢野あやねや吉田千鶴、真田龍、胡桃沢梅、荒井一市などのキャラクターもくわしく描かれているのもこの漫画の大きな特徴であろう。風早翔太と黒沼爽子の恋愛関係だけでは単調になりがちなストーリーを、他の登場人物も比重を大きくして描くことによって読者の思い入れを引き込む内容にまで仕上げている。

 椎名 軽穂 (著) 『君に届け 13 (マーガレットコミックス) [コミック]』(集英社)

君に届け 13 (マーガレットコミックス)
君に届け 13 (マーガレットコミックス)

君に届け 1~最新巻(マーガレットコミックス ) [マーケットプレイス コミックセット]
君に届け 1~最新巻(マーガレットコミックス ) [マーケットプレイス コミックセット]

 田中孝顕氏の電子書籍『自分を思いどおりに動かす CDブック』を入手する。

 田中孝顕 (著) 『自分を思いどおりに動かす CDブック』(きこ書房)


自分を思いどおりに動かす CDブック

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:パク・マニョン、チョン・ユギョン、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】キム・テホ[長男・大学教授](イ・ジョンヒョク)、ナム・ジョンイム[長男の嫁](キム・ジヨン)、キム・ヨノ[長女・教員・小学校教師](オ・ユナ)、ハン・ギョンフン[シングルファーザー](ハン・サンジン)、オ・スノク[母・主婦](コ・ドゥシム)、キム・ジョンデ[父・元公務員](ペク・イルソプ)、キム・ガンホ[次男・求職中・就職活動中](ソン・ヒョク)、ユ・ダヘ[学生・留学準備中](イ・ダイン)、キム・ジョンナム[父の兄妹](チャン・ジョンヒ)、ユン・ソヨン[アナウンサー](イ・テイム)、パク先生[弁護士](キム・ジンウ)、2010年の韓国ドラマ『結婚してください!?(결혼해주세요)』(全56話)の第2話「結婚は条件次第?」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第85話を見る。

 NHK Eテレで再放送された、【講師】河盛隆造[順天堂大学大学院教授]、【キャスター】武藤友樹、久田直子、『きょうの健康』の「最新糖尿病対策「働き盛りは放置しない!」」を見る。

 サンテレビで放送された、【スタッフ】演出:チョン・セホ、脚本:イ・グムジュ、原作・監修:キム・スヒョン、【キャスト】パク・ヨンウン(パク・ソニョン)、チョン・ドヒョン(イ・テゴン)、チュ・ギョンウ(ユン・サンヒョン)、会長夫人(ユン・ミラ)、チョン会長(チャン・ヨン)、ウンスク(イム・イェジン)、チョン・ミニ(イ・ダジン)、カン女史(パク・ウォンスク)、ジナ(ファン・ジョンウム)、ヒジン(チャン・シニョン)、スクジャ(パク・チョンス)、グァンウク(ユ・ジェリャン)、2007年韓国MBCの韓国ドラマ『冬鳥』の第26話「仮病」を見る。

 NHK Eテレで放送された、【出演者】渡辺正行、奈美悦子、【講師】岡嶋裕史[関東学院大学准教授]、『中高年のための らくらくデジタル塾 デジタル写真徹底活用法』の第7回「クリスマスカードを作ろう」を見る。

 NHK総合テレビのドラマ10で放送された、【スタッフ】原作:江國香織、脚本:浅野妙子、音楽:大島ミチル、演出:佐々木章光、古厨智之、制作統括:銭谷雅義、黒沢淳、主題歌:安藤裕子「輝かしき日々」、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】犬山治子(真木よう子)、多田麻子(木村多江)、犬山育子(夏帆)、犬山洋子(高畑淳子)、多田邦一(ユースケ・サンタマリア)、熊木圭介(徳井義実[チュートリアル])、相川光夫(若葉竜也)、草壁修司(長塚京三)、草壁雅美(片岡礼子)、八木弘樹(平岳大)、富野久美(高橋かおり)、小宮山(柄本時生)、岡部(島田洋八)、美佐江(真下玲奈)、ありさ(松田百香)ほか、テレビドラマ『カレ、夫、男友達』の第3回「キスマーク」を見る。

 NHK総合テレビの「よる☆ドラ」で放送された、【スタッフ】原作:大島真寿美「虹色天気雨」「ビターシュガー」、脚本:今井雅子、音楽:田中拓人、演出:西谷真一、土井祥平、制作統括:後藤高久、菅原浩、制作:NHKエンタープライズ、制作・著作:NHK 、【キャスト・配役・登場人物・役名・出演者】江島 市子(りょう、高校時代/写真:松浦りょう)、橋本まり(和久井映見、高校時代/写真:田中梨花)、五十嵐奈津(鈴木砂羽、高校時代/写真:指出瑞貴)、五十嵐憲吾[奈津の夫](カンニング竹山)、五十嵐美月[奈津の娘](荒川ちか)、岩本耕太朗(袴田吉彦)、飛沢旭(忍成修吾)、三宅 拓巳(豊原功補)、辻房恵(井上和香)、内藤真治(東儀秀樹)、江島浩子[市子の母親、病気で他界](山口果林)、土方[カメラマン、拓巳の仕事仲間](ジョニー吉長)、小糸[デザイン会社経理、アルバイト](中村静香)、ゲスト:、テレビドラマ『ビターシュガー』の第5回「大人になる夏」を見る。

『コクリコ坂から』(日本アニメ映画、劇場)


 ABC(朝日放送)で放送された、リン・ハーロン監督、アンジー・チャイ、リー・ジーシェン、チェン・ルー プロデューサー、クォン・ソヨン(權昭娟/韓国)脚本総括、リャン・ジンハオ(ウィルバー・パン[潘瑋柏])、ソン・ルイエン(チャン・ロンロン[張榕容])、リー・ミンシュオ(リン・ヨウウェイ[林佑威])、シュー・シンジエ(住谷念美[スミヤネミ])、台湾ドラマ『愛∞無限』の#07(第7話)「もう騙せない」を見る。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第20週「女たちに乾杯」の第118話を見る。

 あややと一緒に映画館のプラット赤穂シネマへ行き、【スタッフ】宮崎吾朗監督、高橋千鶴、佐山哲郎「コクリコ坂から」(角川書店刊)原作、宮崎駿、丹羽圭子脚本、宮崎駿企画、鈴木敏夫プロデューサー、武部聡志音楽、手嶌葵『さよならの夏 〜コクリコ坂から〜』主題歌、スタジオジブリアニメーション制作、【キャスト・配役・役名・出演者】松崎海(長澤まさみ)、風間俊(岡田准一)、松崎花(竹下景子)、北斗美樹(石田ゆり子)、広小路幸子(柊瑠美)、松崎良子(風吹ジュン)、小野寺善雄(内藤剛志)、水沼史郎(風間俊介)、風間明雄(大森南朋)、徳丸理事長(香川照之)、松崎空(白石晴香)、松崎陸(小林翼)、2011年7月16日公開の日本アニメーション映画『コクリコ坂から(From Up On Poppy Hill)』(劇場版アニメ)を見る。

 映画を見た感想は以下のページを参照してください。
 http://movie.nabetsugu.net/article/312894077.html

コクリコ坂から
コクリコ坂から

コクリコ坂から (角川文庫 み 37-101)
コクリコ坂から (角川文庫 み 37-101)

脚本 コクリコ坂から
脚本 コクリコ坂から

脚本 コクリコ坂から (角川文庫)
脚本 コクリコ坂から (角川文庫)

スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」

コクリコ坂から サウンドトラック
コクリコ坂から サウンドトラック

さよならの夏〜コクリコ坂から〜 (コクリコ坂から・主題歌)
さよならの夏〜コクリコ坂から〜 (コクリコ坂から・主題歌)

徳間アニメ絵本32 コクリコ坂から
徳間アニメ絵本32 コクリコ坂から

 映画館からの帰り道でケンタッキーフライドチキンのイオン赤穂店へ寄って、チラシのクーポンを利用して期間限定のサンド「ローストチキンラップ」のセットをテイクアウトで2セット買って帰った。家は帰ったらすぐにあややと一緒にローストチキンラップを食べた。ケンタッキーフライドチキンでは共通ポイントの「Ponta」が利用できるらしく、ゲオで作ったPontaカードが使用しできた。

 ケンタッキーフライドチキン
 http://www.kfc.co.jp/

 サンテレビで放送された、オ・ヒョンチャン、チュ・ソンウ演出、チョ・ウンジョン脚本、イ・テヨン(イ・テゴン)、ハン・ジミン(チョ・ユニ)、ムン・ジョンホ(パク・サンウォン)、ムン・ヒョンジン(ソ・ユジン)、イ・セリン(キム・ボヨン)、ハン・ガンミン(パク・ギウン)、ムン・ソクジン(イ・ヘウ)出演、MBCで2010年5月3日〜2010年11月11日まで放送された韓国ドラマ『黄金の魚(황금물고기)』の第6話「ユニの反対」を見る。

 サンテレビで放送された、キム・ジョンソン、ユン・ソンシク監督、キム・ジョンソン演出、チャン・ヨンチョル脚本、 テ・ジョヨン[大祚榮](パク・コンテ→チェ・スジョン[崔秀宗])、チョリン[草潾](パク・イェジン[朴藝珍])、スギョン[淑英](ホン・スヒョン[洪秀賢])、イ・ヘゴ[李楷固](チョン・ボソク[鄭普碩])、ソル・イングィ[薛仁貴](イ・ドクファ[李徳華])、【大祚榮一党(東明天帝団) / (渤海)】コルサビウ[乞四比羽](チェ・チョロ)、フクスドル[黒水乭](キム・ハクチョル[金学哲])、テ・ジュンサン[大仲象](イム・ヒョク[任赫])、ミモサ[彌模思](キム・ジョンヒョン[金正鉉])、クムラン[金蘭](シム・ウンジン[沈恩珍])、ケピルサムン[契苾四門](ユン・ヨンヒョン)、トゥンソ[同蘇](パク・ヒョンジュ)、【高句麗】ポジャン王[宝蔵王](キル・ヨンウ)、ヨン・ゲソムン[淵蓋蘇文](キム・ジンテ)、ヤン・マンチュン[楊萬春](:イム・ドンジン)、プ・ギウォン[扶奇遠](キム・ハギュン)、サブグ[師夫仇](チョン・ホグン)、ヨン・ナムセン[淵男生](イム・ホ[林湖])、ヨン・ナムゴン[淵男建](アン・ホンジン)、コム・モジャム[剣牟岑](キム・ミョンス[金明洙])、アンスン[安勝](カン・ジフ)、【唐】イ・セミン[李世民](ソン・ヨンテ[宋龍台])、イ・チ[李治](ハン・ボムヒ[韓範熙])、イ・ドジョン[李道宗](チョン・ジェゴン)、イ・ジョク[李勣](ソン・ドンヒョク)、イ・ムン[李炆](ナム・ソンジン)、フクチ・サンジ[黒歯常之](チェ・サンフン)、【契丹】イ・ジンチュン[李盡忠](キム・ドンヒョン)、イ・コム[李剣](チョン・テウ)、ソン・マニョン[孫萬榮](チョ・インピョ)、【突厥】ムクチョル[黙綴](カン・ジェイク)出演、2006年9月16日から2007年12月23日まで韓国KBSテレビで放送された韓国時代劇ドラマ『大祚榮(テジョヨン、대조영)[全134話]』の第23話を見る。

 パク・チャンホン監督、キム・ジウ脚本家、カン・オス[警察官(捜査5課所属)](オム・テウン)、オ・スンハ[弁護士](チュ・ジフン)、ソ・ヘイン[図書館司書](シン・ミナ)出演、監督ドラマ『魔王』の第3話「すべての要素が 1つの全体をなす」を見る。

 NHK総合テレビで放送された、【出演】くわばたりえ、【講師】小原孝[ピアニスト]、『あなたもアーティスト 小原孝のピアノでポップスを弾こう』の第3回「『第三の男』 〜両手で軽やかに弾こう〜」を見る。

 TBS系列の毎日テレビで放送された、橋田壽賀子作、石井ふく子プロデューサー、清弘誠、荒井光明、山崎統司演出、羽田健太郎音楽、岡倉大吉(宇津井健)、野田弥生(長山藍子)、野田良(前田吟)、野田勇気(渡邉奏人)、小島五月(泉ピン子)、小島勇(角野卓造)、小島眞(えなりかずき)、小島キミ(赤木春恵)、岡倉文子(中田喜子)、高橋亨(三田村邦彦)、高橋望(冨田真之介)、大原葉子(野村真美)、大原透(徳重聡)、本間長子(藤田朋子)、本間英作(植草克秀)、本間日向子(大谷玲凪)、本間由紀(小林綾子)、本間常子(京唄子)、野田武志(岩渕健)、野田佐枝(馬渕英俚可)、野田良武(吉田理恩)、田口愛(吉村涼)、田口誠(村田雄浩)、田口さくら(小宮未鈴)、山下久子(沢田雅美)、山下健治(岸田敏志)、田島周平(岡本信人)、田島聖子(中島唱子)、松本達夫(榎本たつお)、野々下加津(宇野なおみ)、大井道隆(武岡淳一)、大井貴子(清水由紀 )、野々下長太(大和田獏)、野々下邦子(東てる美)、野々下隆(森宮隆)、野々下ミカ(小此木麻里)、森山壮太(長谷川純)、吉野杏子(渋谷飛鳥)、金田利子(山下容莉枝)、金田典介(佐藤B作)、中本源太(山本コウタロー)、川上 哲也(井之上隆志)、宗方直之(井上順)、山口政子(草笛光子)、山口太郎(船越英一郎)、竜村初子(中原ひとみ)、北川智子(水町レイコ)、高野夏子(市丸 和代)、菊村サワ(渡辺美佐子)、菊村康史(錦織一清)、菊村みのり(熊谷真実)、青山タキ(野村昭子)、森山珠子(森光子[特別出演])出演、石坂浩二ナレーター、連続テレビドラマ『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 最終シリーズ(渡鬼[わたおに])』の第42回を見る。

 坂元裕二脚本、石井浩二プロデュース、永山耕三監督、永山耕三、宮本理江子、並木道子演出、辻井伸行音楽、小田和正「東京の空」主題歌、フジテレビドラマ制作センター制作、深見洋貴[29](瑛太)、深見達彦[55](柄本明)、日垣[深見]耕平[26](田中圭)、日垣由佳[25](村川絵梨)、日垣 涼太(竹部有紗)、日垣誠次[57](段田安則)、深見亜季[享年7](信太真紀)、野本[深見]響子[55](大竹しのぶ)、遠山[三崎]双葉[25](満島ひかり、少女時代の双葉:山本舞香)、雨宮健二[三崎文哉][29](風間俊介[ジャニーズJr])、三崎駿輔[54](時任三郎)、遠山[三崎]隆美[55](風吹ジュン)、遠山[三崎]灯里[15](福田麻由子)、三崎泰子(森康子)、遠山悟志(山田明郷)、草間真岐[31](佐藤江梨子)、臼井紗歩[24](安藤サクラ)、草間五郎[62](小野武彦)、草間ゆり(原涼子)、藤村五月[25](倉科カナ)、東雪恵(酒井若菜)、高田進一郎(でんでん)出演、川藤(宮田早苗)、東京医療少年院 院長(花ヶ前浩一)ゲスト出演、フジテレビ系列の木曜劇場枠で放送されたテレビドラマ『それでも、生きてゆく』の第7話「心の闇について…」を見る。

『ONE PIECE(ワンピース) 9th エニエス・ロビー編』(テレビアニメ)を見る


 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第19週「再出発と嫁姑」の第110話を見る。

 昨日購入した中田俊行氏の情報商材『1ブログで、たった開設3ヶ月で月間10万PVを達成したブログのテンプレート「TCD」』を早速この日記に適用してみる。3カラムで左カラムと右カラムのサイドが右側にまとまって表示されるデザインなので見にくいかなあと心配していたのだけれど、テキストの文字も大きく読みやすい日記になったので安心した。大雑把なブログテンプレートの変更しかできていないので、細かいカスタマイズは追々としていくことにしようと思う。

 中田 俊行 『1ブログで、たった開設3ヶ月で月間10万PVを達成したブログのテンプレート「TCD」』
 http://url.nabetsugu.net/tcd.html

 楽天市場内のショップ「collagenKirei」で金時しょうが(金時生姜、金時ショウガ)の粉末を注文する。

 【大人気 ショウガ】*金時しょうが (金時生姜) 粉末 100% 100g (金時ショウガ)*【メール便対応可】
【重要】ご注文前にご指定下さい:↓
 ●1cc計量スプーンについて:1個つける。
 ●レビューで増量キャンペーン:書いちゃう♪120g入(20g増量)


☆★レビューで増量キャンペーン対象商品★☆無農薬栽培の金時しょうが粉末100%!栽培には化学...

 モンキー・D・ルフィ [麦わらのルフィ](田中真弓)、ロロノア・ゾロ[海賊狩りのゾロ](中井和哉、浦和めぐみ[幼少期])、ナミ[泥棒猫](岡村明美、山崎和佳奈[代役])、ウソップ[狙撃の王様そげキング](山口勝平)、サンジ[黒足のサンジ](平田広明、大谷育江[幼少期])、トニートニー・チョッパー[わたあめ大好きチョッパー](大谷育江、伊倉一恵[代役])、ニコ・ロビン[悪魔の子](山口由里子、小林優子[代役]、永井杏[幼少期])、フランキー[鉄人(サイボーグ)](矢尾一樹、野田順子[幼少期])出演、テレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』9th エニエス・ロビー編の第329話「襲い来る刺客たち! 氷上大バトル開始」と第330話「大苦戦麦わら一味! 旗にかける海賊魂」と第331話「暑苦しさ全開! 迫る双子の磁力パワー」と第332話「大混乱の館! 怒るドンと囚われの一味」と第333話「不死鳥ふたたび! 友に誓う海賊旗の夢」と第334話「アツアツ超決戦! ルフィvs灼熱のドン」と第335話「新世界で待つ! 勇ましき海賊との別れ」を見る。

 今日でテレビアニメ『ONE PIECE(ワンピース)』の 9th エニエス・ロビー編を見終える。今回の物語はエニエス・ロビーでのCP9との闘いが中心になっていた。バスターコールという海軍による一斉攻撃も明らかになる。麦わら海賊団に新しい仲間であるフランキーが加わる。麦わら海賊団の仲間では、まずウソップがゴーイングメリー号の問題でモンキー・D・ルフィと意見を異にして麦わら海賊団から退団することになる。もっとも、ウソップは狙撃の王様そげキングに変装して一味に参加する。最後は、仲間に謝罪して麦わら海賊団に戻る。ニコ・ロビンはCP9から仲間を守るため麦わら海賊団から退団しようとするが、ニコ・ロビンを救出しようと迎えに来た仲間に自分の本音を叫んで退団せずに済む。

ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 PIECE.20 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 PIECE.20 [DVD]


ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 PIECE.21 [DVD]
ONE PIECE ワンピース 9THシーズン エニエス・ロビー篇 PIECE.21 [DVD]

 ホン・チャンウク演出、ユ・ヒョンミ脚本、コ・フンシク チーフプロデューサー、ソン・ジェジュン、キム・ヒヨル制作、マ・ジョンフン制作総括、チャン・ジュナ[司法研修生〜検事。28歳〜30歳](ソン・チャンウィ)、キム・ウビン[28歳〜30歳](イ・サンユン)、シン・ヨンジュ[26歳〜28歳](キム・ユミ)、ノ・セラ[司法研修生〜法律事務所弁護士。24歳〜26歳](チョン・ヘビン)、ムン・ハクボム[司法研修生〜弁護士](ソン・ヨンギュ)、ホン・ゴンピョ[検事、キム・ヒョクジェの部下。後に法律事務所“シンミョン”の訟努チーフ](キム・スンウク)出演、韓国SBSで2008年に放送された韓国ドラマ『神の天秤』の第13話「大韓銀行売却事件」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、成河広明、鹿内植編成企画、貸川聡子[共同テレビ]プロデュース、酒井雅秋、浜田秀哉、黒岩勉 ほか脚本、岩田和行[共同テレビ]、佐藤源太[共同テレビ] ほか演出、フジテレビ、共同テレビ制作、LOVE PSYCHEDELICO「It’s You」(ビクターエンターテインメント)メインテーマ、桜木泉[25→26](上戸彩)、瀧河信次郎[31](桐谷健太)、高峰涼子[35](山口紗弥加)、深沢ユウキ[32](丸山智己)、白石晋太郎[58](中原丈雄)、倉田工[45](杉本哲太)、長嶋秀夫[56](北大路欣也)、大森紗英[31](北川弘美)、竹林匠[27](木村了)、道尾行成(永田彬)、三井朋美(齋藤めぐみ)出演、前島誠司(高杉亘、幼少期:宮澤秀羽)、前島瑞貴(皆川陽菜乃[当時7歳])、梶田真之(松林慎司)、戸山加奈(田島ゆみか)、木田智子(小宮詩乃)、窪田修輔(若林宏二)、高峰詩織(毛利恋子)、世田谷中央警察署塚越交番(塚本浩平)ゲスト出演、テレビドラマ『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜Season2』のCase.5(第5回、第5話)「都市間での多発犯罪及び警棒殴打事件」を見る。

 フジテレビ系列の関西テレビで放送された、「アリアドネの弾丸」(海堂尊著/宝島社刊)原作、後藤法子脚本、今井和久、星野和成、小松隆志演出、豊福陽子[関西テレビ]、遠田孝一[MMJ]、八巻薫[MMJ]プロデューサー、羽岡佳、妹尾武音楽、Do As Infinity 『アリアドネの糸』(avex trax)主題歌、関西テレビ放送、MMJ制作、田口公平[30](伊藤淳史)、白鳥圭輔[44](仲村トオル)、島津吾郎[35](安田顕)、神田技師長(西沢仁太)、高階権太(林隆三)、三船大介(利重剛)、藤原真琴(名取裕子)、斑鳩芳正[45](高橋克典)、笹井スミレ[30](小西真奈美)、須賀秀介[24](市川知宏)、北山錠一郎[55](尾美としのり)、宇佐美壮[28](福士誠治)、玉村誠[40](中村靖日)出演、テレビドラマ『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』のstage 5(第5回、第5話)「女解剖医の復讐」を見る。

『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』(日本アニメ映画)


 MBS製作、TBS系列のMBS(毎日テレビ)で放送された、加藤和恵[集英社「ジャンプスクエア」連載]原作、岡村天斎監督、山口亮太シリーズ構成、竹田滋、勝股英夫、近藤裕、太布尚弘、東山敦企画、越智武、茨木政彦、植田益朗、落越友則エグゼクティブプロデューサー、丸山博雄、井上貴允、足立聡史、金庭こず恵、古川慎プロデューサー、林健一アニメーションプロデューサー、佐々木啓悟キャラクターデザイン、岡正春撮影監督、澤野弘之音楽、UVERworld「CORE PRIDE」[オープニングテーマ]、2PM「Take off」[エンディングテーマ]主題歌、奥村燐(岡本信彦)、奥村雪男(福山潤)、杜山しえみ(花澤香菜)、勝呂 竜士(中井和哉)、志摩廉造(遊佐浩二)、三輪子猫丸(梶裕貴)、神木出雲(喜多村英梨)、霧隠シュラ(佐藤利奈)、イゴール・ネイガウス(置鮎龍太郎)、アマイモン(柿原徹也)、メフィスト・フェレス(神谷浩史)、藤本獅郎(藤原啓治)出演、テレビアニメ『青の祓魔師(あおのエクソシスト、青エク)』の第4話「天空(アマハラ)の庭」を見る。

 NHK教育テレビで放送された、【解説】佐久協[文筆業]、【キャスター】堀尾正明、瀧口友里奈、『100分de名著 論語』の第2回「自分のアタマで考えよう」を見る。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第6週「旅立ちの季節」の第34話を見る。

 山田 豊文 (著) 『病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法 』を注文する。

 山田 豊文 (著) 『病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法 』(河出書房新社)

病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法
病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法

 サンテレビで放送された、ムン・ヨンナム脚本、チン・ヒョンウク演出、キム・イサン(イ・ジュンヒュク)、チュ・オヨン(オ・ジウン)、キム・コンガン(アン・ネサン)、オム・チョンナン(ト・ジウォン)、キム・ヒョンチャル(オ・デギュ)、ト・ウミ(キム・ヒジョン)、キム・スンギョン(パク・イナン)、チョン・グァジャ(イ・ヒョチュン)、ケ・ソル(イ・ボヒ)、ワン・ジェス(コ・セウォン)、チュ・ボミン(ノ・ジュヒョン)、テ・ヨニ(キム・エラン)、ハ・ヘンソン(バン・ジュンヒョン)、チュ・プヨン(チャン・ダユン)、キム・ホンス(キム・ジンソン)、キム・サンテ(クォン・ミンジョン)、チョ・ナンジャ(イ・サンスク)、ジョンナム(チョン・ユンソク)出演、2009年から2010年までKBSで放送された韓国ドラマ『怪しい三兄弟』の第15話「結婚の意味」を見る。

 サンテレビで、キム・ジェヒョン、チョン・ヒョ演出、パク・チョンファ原作、ユン・ジョンゴン脚本、宣祖(イム・ドンジン)、臨海君(キム・ユソク)、光海君(チ・ソン)、金尚宮(パク・ソニョン)、イ・ハンミン(イ・フン)、柳氏夫人(サガン)、懿仁王后朴氏(イ・ヒョチュン)、仁嬪金氏(イ・ヘスク)、許氏夫人(イ・アヒョン)、キム・ゴンリャン(キム・ハクチョル)、ソ・ソンイ(キム・ヘリ)、仁穆王后金氏(ホン・スヒョン)、ジル(チョン・テウ)、ペセジャ嬪(イ・ギョンファ)、定遠君(カン・ソンヒョン、ソン・ジョンボム)、綾陽君(アン・ホンジン)出演、韓国SBSで2003年10月6日から2004年3月2日まで放映された韓国歴史ドラマ『王の女(왕의 여자)』の第26話を見る。

 パク・ホンギュン、キム・グノン演出、キム・ヨンヒョン、パク・ソンヨン脚本、徳曼[トンマン]/善徳[ソンドク]女王(イ・ヨウォン/少女期:ナム・ジヒョン)、美室[ミシル](コ・ヒョンジョン/少女期:ユイ)、天明[チョンミョン]公主(パク・イェジン/少女期:シン・セギョン/幼年期:キム・ユジョン)、金庾信[キム・ユシン](オム・テウン/少年期:イ・ヒョヌ)、曇[ピダム](キム・ナムギル[福山潤]/少年期:パク・チビン)、金春秋[キム・チュンチュ](ユ・スンホ)、乙祭[ウルチェ](シン・グ)、金舒玄[キム・ソヒョン](チョン・ソンモ)、白浄[ペクチョン]/真平[チンピョン]王(チョ・ミンギ/青年期:ペク・チョンミン/少年期:カン・サン)、世宗[セジョン](トッコ・ヨンジェ)、薛原[ソルォン](チョン・ノミン[佳月大人])、文弩[ムンノ](チョン・ホビン)、美生[ミセン](チョン・ウンイン)、夏宗[ハジョン](キム・ジョンヒョン)、金龍春[キム・ヨンチュン](ト・イソン)、虎才[ホジェ](コ・ユヌ)、宝宗[ポジョン](ペク・トビン/少年期:クァク・チョンウク)、万明[マンミョン](イム・イェジン)、誓理[ソリ](ソン・オクスク)、摩耶[マヤ](ユン・ユソン/青年期:パク・スジン)、竹方[チュクパン](イ・ムンシク)、柒宿[チルスク](アン・ギルガン)、昭火[ソファ](ソ・ヨンヒ)、石品[ソップム](ホン・ギョンイン/少年期:ノ・ヨンハク)、高島[コド](リュ・ダム)、雪地[ソルチ](チョン・ホグン)出演、韓国MBCで2009年5月25日から12月22日まで放送された韓国ドラマ『善徳女王[ソンドクじょおう](善徳女王 -The Great Queen Seondeok-、선덕여왕)』の第15話と第16話を見る。

 読売テレビの金曜ロードショーで放送された、モンキー・パンチ監督、モンキー・パンチ(双葉社・中央公論社刊)原作、武井英彦企画、柏原寛司脚本、根岸貴幸音楽、大野雄二メインテーマ、鈴木清司音楽監督、加藤敏録音監督、松井五郎作詞/KIYOSHI作曲/KAZZ&media youth編曲/media youth歌『Damegeの甘い罠』主題歌、村田雅彦、瀬尾康弘、菖蒲隆彦、佐々木守作画監督、江口摩吏介キャラクターデザイン・総作画監督、矢野博之アニメーション監督、今掛勇メカニカルデザイン・メカニカル作画、前田伸一郎、松元理人プロデューサー、ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、峰不二子(増山江威子)、石川五右ェ門(井上真樹夫)、銭形警部(納谷悟朗)、オーリエンダー(高山みなみ)、パニシュ(古谷徹)、首狩り将軍(銀河万丈)、クライシス(野沢那智)、エメラ(横山智佐)、スパンキー(千葉繁)、渡辺美佐、辻村真人、緒方賢一、西川幾雄、茶風林、大友龍三郎、小形満、くじら、入江崇史、石黒久也、水内清光、浅沼喜久子、濱百合亜、小倉淳出演、1996年4月20日公開の日本アニメ映画『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』を見る。

 劇場版アニメ『ルパン三世』シリーズの第6作目である。

 原作者であるモンキー・パンチ氏がシリーズ史上初めて監督を担当した作品ということもあってキャラクターの画も原作に近くなかなか面白かった。映画の設定やストーリーは1979年の第2作『ルパン三世 カリオストロの城』と重なる部分が見受けられた。

 ネタバレになるが前ズフ王国国王の息子でズフの元王子であるパニシュは死んでいて実はルパンがパニシュに化けていて女性工作員オーリエンダーとの恋愛関係が描かれている。そのことはラストでわかるのであるが、映画の中では恋愛関係にルパンが蚊帳の外に置かれている感じがした。ルパン一味と女性工作員オーリエンダーとの人間関係がもう少し深く描かれていればもう少し面白い作品になっていたのではないだろうか。

 ストーリーとしては、パニシュが2年間レジスタンス運動をしていることになるが、パニシュはルパンなのであるからルパンが2年前からパニシュとしてレジスタンスの活動をしているというのはどうも辻褄が合わない。また、ラストではルパンはパニシュに化けて漂流島に入り込めているが、初めからそうすれば島に備えられた驚異的な防御システムに阻まれることなく財宝を盗むことができていたのではないかと思われる。以上、ストーリーに難点があるのも本作品の問題点である。

ルパン三世 DEAD OR ALIVE【劇場版】 [DVD]
ルパン三世 DEAD OR ALIVE【劇場版】 [DVD]

ルパン三世 DEAD OR ALIVE [Blu-ray]
ルパン三世 DEAD OR ALIVE [Blu-ray]

ルパン三世 : DEAD OR ALIVE ― オリジナル・サウンドトラック
ルパン三世 : DEAD OR ALIVE ― オリジナル・サウンドトラック

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(もしドラ)』(テレビアニメ)


 NHK教育テレビで放送された、ティナ・シーリグ[スタンフォード大学エグゼクティブディレクター]出演、アメリカ・スタンフォード大学で収録された『スタンフォード白熱教室』の第1回「ブレーンストーミングで可能性を探せ」を見る。

 NHK総合テレビで、岡田恵和脚本、笠浦友愛演出、小松昌代[CP]制作統括・プロデューサー、渡辺俊幸音楽、須藤陽子(井上真央、幼少期:八木優希)、須藤紘子(原田知世)、須藤良一(寺脇康文)、桐野富士子(渡辺美佐子)、須藤春樹(田中圭、幼少期:中川大志)、須藤茂樹(永山絢斗、幼少期:渡邉甚平)、丸山和成(高良健吾)、丸山徳子(樋口可南子)、丸山道夫(串田和美)、筒井育子(満島ひかり)、相馬真知子(マイコ)、相馬剛三(平泉成)、村上カヨ(渡辺えり)、村上貞夫(斉木しげる)、宮本タケオ(柄本時生、幼少期:勝隆一)、高橋夏子(伊藤歩)、田中ユキ(橋本真実、幼少期:荒川ちか)、川原功一(金子ノブアキ)、飯田小太郎(近藤芳正)、中村先生(ピエール瀧)、福田先生(ダンカン)、須藤陽子(若尾文子[ナレーション(語り)]、原口房子(斉藤由貴)、原口宏(阿南健治)、原口武志(松川尚瑠輝)、原口まどか(山谷花純)出演、連続テレビ小説『おひさま』[朝ドラ、第84シリーズ]の第5週「失恋」の第29話を見る。

 午前中にクシロ薬局から電話があって注文した「バアー 原油ヘアリンス」は原油そのものを使用した場合に利用する製品で、一般のシャンプーの後で利用するリンスのように原油シャンプーを使用した後で利用するのには向いていないということであった。それで、原油シャンプーを使用した場合には「ヘリテージ 原油ヘアコンディショナー」を利用するのが良いとうことであったので注文を変更した。

 Pennsylvania Crude Oil Shampoo バアー 原油シャンプー[キャンペーン商品]
 ヘリテージ 原油ヘアコンディショナー[キャンペーン商品]
 Crudoleum® Cream ヘリテージ 原油クリーム[キャンペーン商品]

 自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局
 http://kushiroph.com/

 サンテレビで放送された、ムン・ヨンナム脚本、チン・ヒョンウク演出、キム・イサン(イ・ジュンヒュク)、チュ・オヨン(オ・ジウン)、キム・コンガン(アン・ネサン)、オム・チョンナン(ト・ジウォン)、キム・ヒョンチャル(オ・デギュ)、ト・ウミ(キム・ヒジョン)、キム・スンギョン(パク・イナン)、チョン・グァジャ(イ・ヒョチュン)、ケ・ソル(イ・ボヒ)、ワン・ジェス(コ・セウォン)、チュ・ボミン(ノ・ジュヒョン)、テ・ヨニ(キム・エラン)、ハ・ヘンソン(バン・ジュンヒョン)、チュ・プヨン(チャン・ダユン)、キム・ホンス(キム・ジンソン)、キム・サンテ(クォン・ミンジョン)、チョ・ナンジャ(イ・サンスク)、ジョンナム(チョン・ユンソク)出演、2009年から2010年までKBSで放送された韓国ドラマ『怪しい三兄弟』の第10話「仕組まれた復縁」を見る。

 サンテレビで、キム・ジェヒョン、チョン・ヒョ演出、パク・チョンファ原作、ユン・ジョンゴン脚本、宣祖(イム・ドンジン)、臨海君(キム・ユソク)、光海君(チ・ソン)、金尚宮(パク・ソニョン)、イ・ハンミン(イ・フン)、柳氏夫人(サガン)、懿仁王后朴氏(イ・ヒョチュン)、仁嬪金氏(イ・ヘスク)、許氏夫人(イ・アヒョン)、キム・ゴンリャン(キム・ハクチョル)、ソ・ソンイ(キム・ヘリ)、仁穆王后金氏(ホン・スヒョン)、ジル(チョン・テウ)、ペセジャ嬪(イ・ギョンファ)、定遠君(カン・ソンヒョン、ソン・ジョンボム)、綾陽君(アン・ホンジン)出演、韓国SBSで2003年10月6日から2004年3月2日まで放映された韓国歴史ドラマ『王の女(왕의 여자)』の第21話を見る。

 浜名孝行監督、岩崎夏海原作、藤咲淳一シリーズ構成、ゆきうさぎキャラクター原案、宮川智恵子キャラクターデザイン・総作画監督、佐藤準音楽、azusa作詞・作曲・歌「夢ノート」[オープニングテーマ]、瀬名恵作詞・若林充作曲・佐藤準編曲・momo歌「大好きだよ」[エンディングテーマ]主題歌、平光琢也音響監督、荒井栄児撮影監督、川島みなみ(日笠陽子)、宮田夕紀(花澤香菜)、北条文乃(仲谷明香)、加地誠(津田健次郎)、浅野慶一郎(柿原徹也)、柏木次郎(陶山章央)、星出純(細谷佳正)、二階正義(浅沼晋太郎)、朽木文明(赤澤涼太)、桜井祐之助(中西英樹)、新見大輔(内匠靖明)、田村春道(野村周平)、宮田靖代(平田絵里子)、玉川茉莉(中島愛)、高坂篤志、小見山佳巳出演、テレビアニメ『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(もしドラ)』の第10話(最終話、最終回)「みなみは高校野球に感動した」を見る。

 放送前は随分楽しみにしていたアニメであったが、全部を見終わった時点での感想としては思ったほど面白い作品ではなかったなあということである。アニメとしてのストーリーの面白さに欠けているし、ドラッカーのことが学べるというほどの内容でもなかった。それでも、ドラッカーの本を読むきっかけにはなる点では意義があるだろう。

もしドラ page:1 [Blu-ray]
もしドラ page:1 [Blu-ray]

もしドラ page:1 [DVD]

 NHK総合テレビで、【ゲスト】岩崎夏海[「もしドラ」原作者]、『私とドラッカー』の#10「岩崎夏海」を見る。

 原作者の岩崎夏海氏のドラッカーについての熱い思いは伝わる内容であった。

 パク・ホンギュン、キム・グノン演出、キム・ヨンヒョン、パク・ソンヨン脚本、徳曼[トンマン]/善徳[ソンドク]女王(イ・ヨウォン/少女期:ナム・ジヒョン)、美室[ミシル](コ・ヒョンジョン/少女期:ユイ)、天明[チョンミョン]公主(パク・イェジン/少女期:シン・セギョン/幼年期:キム・ユジョン)、金庾信[キム・ユシン](オム・テウン/少年期:イ・ヒョヌ)、曇[ピダム](キム・ナムギル[福山潤]/少年期:パク・チビン)、金春秋[キム・チュンチュ](ユ・スンホ)、乙祭[ウルチェ](シン・グ)、金舒玄[キム・ソヒョン](チョン・ソンモ)、白浄[ペクチョン]/真平[チンピョン]王(チョ・ミンギ/青年期:ペク・チョンミン/少年期:カン・サン)、世宗[セジョン](トッコ・ヨンジェ)、薛原[ソルォン](チョン・ノミン[佳月大人])、文弩[ムンノ](チョン・ホビン)、美生[ミセン](チョン・ウンイン)、夏宗[ハジョン](キム・ジョンヒョン)、金龍春[キム・ヨンチュン](ト・イソン)、虎才[ホジェ](コ・ユヌ)、宝宗[ポジョン](ペク・トビン/少年期:クァク・チョンウク)、万明[マンミョン](イム・イェジン)、誓理[ソリ](ソン・オクスク)、摩耶[マヤ](ユン・ユソン/青年期:パク・スジン)、竹方[チュクパン](イ・ムンシク)、柒宿[チルスク](アン・ギルガン)、昭火[ソファ](ソ・ヨンヒ)、石品[ソップム](ホン・ギョンイン/少年期:ノ・ヨンハク)、高島[コド](リュ・ダム)、雪地[ソルチ](チョン・ホグン)出演、韓国MBCで2009年5月25日から12月22日まで放送された韓国ドラマ『善徳女王[ソンドクじょおう](善徳女王 -The Great Queen Seondeok-、선덕여왕)』の第7話と第8話と第9話と第10話を見る。

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。