今週のお知らせ

浅見光彦シリーズ32『天河伝説殺人事件』(テレビドラマ、TBS版)

 2013年2月25日にMBS(毎日放送)の月曜ゴールデンで放送されたテレビドラマ『浅見光彦シリーズ32「天河伝説殺人事件」』の録画を見る。

 浅見光彦シリーズTBS版のシリーズ32作目から、浅見光彦役が沢村一樹さんから速水もこみちさんに交替になり、今回からTBS版の浅見光彦役の三代目になる速水もこみちさんが初登場するということで見てみることにした。

 この「天河伝説殺人事件」は原作シリーズの中でも人気を誇っているものである。

 速水もこみちさんの浅見光彦は、これまで榎木孝明さんや沢村一樹さん、中村俊介さんらの浅見光彦のイメージとはちょっと違っていたが、それほど違和感はなかった。

 天河伝説殺人事件では、表面的に殺人の動機を色濃く持つのはヒロインの水上秀美(黒川智花)の母親である水上菜津美(伊藤かずえ)である。ところが、父親の愛人だった小学校教諭の長原敏子(田中美佐子)と能の流派・水上流の長老である高崎義則(篠田三郎)のそれぞれが別の犯罪の実行者だったという結果を用意している。しかも、長原敏子は水上流宗家の水上和憲(江原真二郎)を殺そうと仕組んでおいた仕掛けで自分の一人息子の水上和鷹(窪塚俊介)が死んでしまうといった意外性と悲劇へと展開させている。原作シリーズの中でも人気があるというのは宜なるかなと思う。

 テレビドラマとしては他の浅見光彦シリーズと同様相変わらず面白いというほどではないが、他の他の浅見光彦シリーズと比べてまあまあの出来ではないだろうか。

【キャスト】浅見光彦(速水もこみち)、浅見雪江(佐久間良子)、浅見陽一郎(風間杜夫)、長原敏子(田中美佐子)、水上秀美(黒川智花)、高崎義則(篠田三郎)、水上和憲(江原真二郎)、水上菜津美(伊藤かずえ)、水上和鷹(窪塚俊介)、瀬田謙三(岡本信人)、新井佑介(ラサール石井)

【スタッフ】製作:テレパック、TBS、制作:テレパック、原作:内田康夫「天河伝説殺人事件」(角川文庫)、脚本:林誠人、プロデューサー:矢口久雄、篠原茂、演出:村上牧人、編成:永山由紀子

『MIT白熱教室』(NHK Eテレ)

 NHK Eテレで放送された『MIT白熱教室』の第8回(最終回)「星はどう生まれどう死ぬのか」を見る。

 今回のMIT白熱教室の講師はウォルター・ルーウィン教授であった。教授はマサチューセッツ工科大学(MIT)で46年にわたって物理学の基礎講義を教えているという。ウォルター・ルーウィン教授は「教壇のスーパーヒーロー」と呼ばれる名物教授だという。そのウォルター・ルーウィン教授が今回の番組のために全8回の特別講義をしてくれることになった。講義の内容は、MITの学生だけでなく、一般の市民にも公開し、初心者にもわかりやすく物理学の説明をしてくれるという。

 ウォルター・ルーウィン教授の講義は演出が素晴らしかった。教授自身が体を張って奇想天外な実験を行い、聴講生を巻き込んだ劇場さながらの抱腹絶倒のエンターテイメント講義だった。

 講義の内容は、第1回「ガリレオは本当に正しいのか? 〜重力とエネルギー保存の法則」、第2回「電車でジャンプしてもそのまま着地する理由」、第3回「電気はどうやって作るのか?」、第4回「空はなぜ青く 夕焼けはなぜ赤いのか?」、第5回「完璧な虹を見る方法」、第6回「音に秘められた驚きのパワー」、第7回「神はサイコロを振らないのか? 〜量子力学と不確定性原理」、第8回「星はどう生まれ どう死ぬのか?」であった。

 全8回の講義のうち7回分は見たのであるが、残念ながら第2回の講義を見逃してしまった。全8回の講義の中では、私は第5回の虹の講義が興味深かく聴講させてもらった。というのも、講義で説明がったように虹のことについてまったく知らなかったからでである。虹ってそうだったんだと知る喜びを味わえた。

 【出演】ウォルター・ルーウィン[マサチューセッツ工科大学教授]

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義
これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。