今週のお知らせ

『必殺仕事人2013』(テレビドラマ)

 朝日放送(ABC)で 2013年2月17日(日) 21:00 〜 23:10に放送されたスペシャルドラマ『必殺仕事人2013』を見る。

 必殺シリーズは中村主水役を演じてきた藤田まことさんから、渡辺小五郎役の東山紀之さんに代替わりしてから見なくなってしまっていた。ところが、今回は里見浩太朗さんが俳優人生57年にして初の悪役に挑んだということで見てみることにした。

 どうやらメインのレギュラーとなっているのは、渡辺小五郎(東山紀之)と涼次(松岡昌宏)、匳(田中聖)、お菊(和久井映見)の4人だということを今回初めて知った。

 ドラマのあらすじは以下の通りだった。天下泰平になって久しい江戸の町に辻斬りが現れる。ところが、不思議なことに辻斬りにあった被害者はすべて急所を外して斬られており、斬り殺された者はいなかった。そのため、犯人は腕の悪い辻斬りの仕業ではないかと考えられた。被害者は皆近くにある小宮山診療処に運ばれて手当を受けていた。

 犯人は、小宮山診療処の医師である小宮山勝之進(渡辺大)の父親である小宮山泰山(里見浩太郎)であった。医術が未熟な息子のために腕の確かな医師であった片岡悠馬(波岡一喜)を見習いとして雇って、自ら辻斬りを行いその被害者を練習台として小宮山診療処に運ばせていたのである。

 里見浩太朗さんが仕事人にやられてしまうのかどうかが今回のドラマの見物だった。小宮山泰山は咳をしたとき血が出ていたので、仕事人に殺される前に病気で死んでしまう可能性もあると思われた。結末は、里見浩太朗さんが演じる小宮山泰山は渡辺小五郎に見事に斬られて死んでしまう。

 それにしても、小宮山泰山という人物は無茶苦茶なことを息子の小宮山勝之進に強要している。なぜ医術の未熟な息子を腕の確かな医師のもとへ弟子としてつき修行させないで、いきなり診療処を開かせたのか理解に苦しむ。

 今回は、流しの仕事人として胡桃割りの坐坊役の中村獅童さんが謎の人物として登場しドラマを複雑にしている。また、片岡悠馬の妹の志乃役として桜庭ななみさんが出演し花を添えていた。

 今回新作の必殺シリーズを見て、やはり昔の必殺シリーズのほうが良かったと思った。新しい必殺は明るくてきれいでスマートなのである。昔の必殺は暗くて悪があって味があった。昔の必殺シリーズを見ていたのでどうしても比較してしまい新しい必殺があまり面白いとは思えない。

【出演者】東山紀之、松岡昌宏、田中聖 ・ 桜庭ななみ、渡辺大、中村獅童 ・ 野際陽子、中越典子、竹内力、左とん平 ・ 田口浩正、生瀬勝久、和久井映見 ・ 里見浩太朗 ほか

【スタッフ】脚本:寺田敏雄、監督:石原興、音楽:平尾昌晃、制作:ABC、テレビ朝日、松竹



『堂場瞬一サスペンス 逸脱 捜査一課・澤村慶司』(テレビドラマ)


 関西テレビの金曜プレステージで2月15日(金)21時〜22時52分に放送されたテレビドラマ『堂場瞬一サスペンス 逸脱 捜査一課・澤村慶司』を見る。

 神奈川県警捜査一課の刑事・澤村慶司(反町隆史)は不眠症の治療のため内勤扱いになっていたが、捜査一課長の谷口吾郎(橋爪功)に呼び出され、新米刑事の永沢初美(比嘉愛未)をパートナーに10年前の未解決事件を模倣したような連続猟奇殺人事件の捜査にあたることになる。今回の連続猟奇殺人事件の手口は10年前の未解決事件の犯人しか知り得ないものだった。もし同一人物だとすれば、なぜ10年もの間犯行が行われなかったのか?また、犯人が別の人物だとすれば、なぜ警察しか知り得ない犯行の手口をまねることができたのか?

 ドラマでは、犯罪手口を模倣できるのは警察関係者ということと、谷口吾郎が個人的に捜査を行っていたということなどから、容疑者は谷口吾郎ではないかと疑いを持たせるようになっていた。しかし、犯人は4年前に警察を辞職した元刑事の鬼塚修平(片岡鶴太郎)だったのである。

 澤村慶司は先輩刑事の鬼塚修平とかつてコンビを組んでいて、正義を貫き通した最高の刑事として鬼塚修平のことを最も尊敬していたのである。私もまさか鬼塚修平が犯人だとは気がつかなかった。実は、10年前の未解決事件で殺害されたのは鬼塚修平の恋人だったのである。当時、捜査が打ち切りになったことがきっかけで、苦情を言い上司を殴ったことで鬼塚修平は警察を辞めることになったのである。そして、鬼塚修平は恋人が殺された事件の関係者に正義という名の復讐を行っていたのである。

 澤村慶司もまた過去の事件でトラウマを背負っていた。少女の首にナイフを突きつけて人質に取った犯人を射殺しようとしていたところ上司の命令で発砲を止められ、そこへ来た鬼塚修平に発砲を促されたのだが、犯人を射殺するため発砲することができなかった。そのため、少女は犯人に首を切られ声が出なくなってしまったのである。澤村慶司はその少女との交流をずっと続けている。

 サスペンスドラマとしては犯人が意外な人物だったということを除いて平均的な出来であった。

【キャスト】澤村慶司(反町隆史)、永沢初美(比嘉愛未)、鬼塚修平(片岡鶴太郎)、橋詰真之(ムロツヨシ)、西浦喬(相島一之)、浅羽克己(白竜)、菊村勇夫(飯田基祐)、武生仁(本城丸裕)、柏原一光(窪園純一)、狭間千恵美(日向ななみ)、谷口吾郎(橋爪功)

【スタッフ】原作:堂場瞬一『逸脱 捜査一課・澤村慶司』(角川文庫)、脚本:吉川次郎、編成企画:水野綾子、プロデューサー:椿宜和[角川映画]、竹下舞[角川映画]、監督:西浦正記[FCC]、制作:フジテレビ、制作著作:角川映画

過去ログ
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
2004年04月(29)
  • 無料SEOツール
  • SEOブログパーツ
検索
 

アクセスランキング
カレンダー
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
カテゴリ
特集記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。