中島龍矢『YARUTO - ヤルト - 初心者でも確実に成果をあげられる技 なんと4冊セット!新しいノウハウが加わってさらに稼げるYARUTOに進化♪』


 午前中、あややの用事で一緒に出掛ける。その後、すき家へお弁当を買いに行く。中華系の丼を注文したが、注文した商品はないということで、あややが豚丼にするというので、私も豚丼にした。持ち帰って食べると、以前食べたほど美味しくはなかった。あややも同じだったようである。以前豚丼を食べたときはもっと美味しかったのに、どうしてなのか不思議だった。

 「すき家」のウェブサイト
 http://www.zensho.com/

 中島龍矢氏の情報商材『YARUTO - ヤルト - 初心者でも確実に成果をあげられる技 なんと4冊セット!新しいノウハウが加わってさらに稼げるYARUTOに進化♪』を読む。

 この情報商材はmixi(ミクシィ)で●●を使って稼ぐノウハウを解説しているmixi(ミクシィ)関連の商材である。私はこれまでmixi(ミクシィ)関連の商材を数多く読んで来た。そのどれもが大同小異の内容で、mixi(ミクシィ)の商用利用に関する規約に違反するものばかりであった。とても使えるような代物ではない。当然、この中島氏の『YARUTO - ヤルト - 』も同じようなノウハウなのではないかと疑っていた。といっても、商材名は「YARUTO(ヤルト)」と変な名前である。いったい、この「YARUTO(ヤルト)」というのはどういう意味なのかと疑問に思った。後でよく考えると、どうやら「やる」というのは「実行」という意味で使っているのではないかと勘づいた。このノウハウをやると、毎日売上が上がり、成果がリアルタイムで実感できて、ワクワク楽しくナルトいうことらしい。確かに、その通りである。この「YARUTO(ヤルト)」のノウハウは、従来のmixi(ミクシィ)関連商材とはまったく異なる独自のノウハウであった。mixi(ミクシィ)の常道ノウハウであるプロフィールや足跡ツール、メッセージ、コメント回りを利用しないのである。私はmixi(ミクシィ)のノウハウでそれ以外の方法があるなんて思いもしなかったので、「YARUTO(ヤルト)」のノウハウを知ったとき驚いた。また、ブログを使用するノウハウの場合は、ブログのコメント回りやトラックバックも使わないのである。ノウハウの大半がコピペで済んでしまう簡単なものなのである。時間にすれば1つの作業は10〜20分で済んでしまう。それなのに効果は抜群だから、「YARUTO(ヤルト)」のノウハウには感心させらてしまった。しかも、mixi(ミクシィ)の規約違反によるID削除の危険性はかなり低いものと思われる。したがって、mixi(ミクシィ)関連の商材の中では比較的安心して実行できるノウハウである。こんな方法を考え出した中島氏には脱帽である。「YARUTO(ヤルト)」のノウハウは、初心者が取り組みやすくて、しかも、確実に成果を得ることができるというのは大きな特徴である。初心者でも確実に結果を出せるというのは本当に素晴らしいことである。この商材は、これからアフィリエイトに取り組もうという考えている入門者や、アフィリエイトに取り組んだものの思うようになかなか結果が得られていない初心者には最適の戦術であるのは間違いない。

 もっとも、この、「YARUTO(ヤルト)」にも問題がないわけではない。というのは、初心者でも確実に成果を得られるといっても、1ヶ月100万円以上も大儲けできるようなものではないということである。それでも、着実に成果を得られるのは嬉しいし励みにもなるはずである。また、アフィリエイターの中には、「YARUTO(ヤルト)」で使う●●を軽視する者もいる。しかし、初心者でも着実に成果を上げられる●●は馬鹿に出来ない。●●の報酬が貯まればいろいろなものが買えるのである。私は、「YARUTO(ヤルト)」とは別の方法で●●の成果を得ようとコツコツとやっていたが、「YARUTO(ヤルト)」のほうがよほど効果的である。また、「YARUTO(ヤルト)」にはもっと爆発的な成果を得られる別冊編のノウハウが用意されているが、特典2と特典3のノウハウは問題である。効果は抜群ではあるけれど、リスクをともなうものだからである。これは各自の自己責任でやる、やらないを決めればいいであろう。やらないと決めた人は、、「YARUTO(ヤルト)」の王道を行けばよい。私は個人的には特典その2の「【18禁?】裏 de YARUTO」が面白かった。YARUTO裏バージョンともいうべきノウハウで、読みながらニヤニヤと笑ってしまった。特典3の「別冊をヤルトなんにナルト???」は、「YARUTO(ヤルト)」の王道ノウハウにいろいろなバリエーションを組み込んで、「YARUTO(ヤルト)」を加速するのに参考になる。特典4の「ロンリ〜ボ〜イ超簡単「ブログに大量のアクセスを流し込む方法」」は、、「YARUTO(ヤルト)」の王道ノウハウとは違った集客法であり、「YARUTO(ヤルト)」の王道ノウハウと組み合わせると、さらに効果的であろう。しかし、「YARUTO(ヤルト)」の最大の問題は、mixi(ミクシィ)をそのように利用すべきでないと考える人には向いていないノウハウであるという点である。そういう人には、「YARUTO(ヤルト)」は向いていないだろうと思う。

 そういう問題は若干あるものの、「YARUTO(ヤルト)」は初心者がワクワクしながら楽しく取り組める点を評価したい。「YARUTO(ヤルト)」には、半永久サポートがついている点も心強い。また、購入者専用コミュニティーが用意されていて、疑問を解決したり、「YARUTO(ヤルト)」に関する新しい情報を得ることもできる。「YARUTO(ヤルト)」を実行している人をヤルターと言うらしい。コミュニティではヤルター同士が和気あいあいとしている感じで好感がもてる。これも、「YARUTO(ヤルト)」の特徴といっていい。

 中島龍矢『YARUTO - ヤルト - 初心者でも確実に成果をあげられる技 なんと4冊セット!新しいノウハウが加わってさらに稼げるYARUTOに進化♪』

 サンテレビでチョン・グァンリョル、イ・スンジェ、キム・ビョンセ、ホン・チュンミン、ファン・スジョン出演の韓国ドラマ『ホジュン』の第57話を見る。

 ユン・ソクホ監督、 イ・ビョンホン、コ・ソヨン出演の韓国ドラマ『明日は愛』の第15話を見る。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
2021年03月(1)
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)