『醜聞(スキャンダル)』(日本映画)

 黒澤明監督、三船敏郎、山口淑子、志村喬、桂木洋子、北林谷栄、日守新一、左卜全、三井弘次出演、1950年の日本映画『醜聞(スキャンダル)』を見る。

 映画のタイトルが醜聞(スキャンダル)となっているので、三船敏郎が演じる画家の青江一郎と山口淑子が演じる声楽家の西条美也子の醜聞(スキャンダル)が中心になっているのかなと思っていたら、志村喬が演じる弁護士の蛭田乙吉という人物の人間の弱さや醜さに焦点が当てられていた。それに対して、蛭田乙吉で桂木洋子が演じる蛭田正子は父親と違い天使のような汚れなき存在として登場させ、蛭田乙吉と蛭田正子を正反対の存在として比較される好対照として描き出している。

 この映画では、蛭田乙吉の人間的な弱さや醜さに目が行ってしまうが、実は、そんな信用できない人物である蛭田乙吉を信頼して自分たちの訴訟を任せてしまう三船敏郎が演じる青江一郎の人の良さにも意味があるように思われる。青江一郎は蛭田乙吉をどういう人物であるかを重々承知しながら、自分の名誉と正義を掛けた法廷闘争を蛭田乙吉に任せ続けるのである。私なら、蛭田乙吉がどういう人物であるかを知った時点で、蛭田乙吉を代理人から解任し、他の弁護士に依頼すると思う。青江一郎のように蛭田乙吉を信じて任せるということはできない。人を本当に心から動かせるのは信頼だけなのかもしれない。

 







醜聞(スキャンダル)



価格:4,935円(税込)
通常24時間以内に発送
松竹
【商品詳細】

新進画家の青江(三船敏郎)は、温泉で偶然知り合った美貌の声楽家・美也子とのスナップ写真をネタに、事実無根のスキャンダルを雑誌によってでっちあげられる。憤る青江に、酔いどれ弁護士の蛭田(志村喬)が弁護を申し出るが…。 昔も今も変わりないマスコミの愚劣なスキャンダル合戦と、言論の自由を謙虚に受け止めずに誤った認識だけで突っ走る社会そのものを徹底批判した巨匠・黒澤明監督若き日の秀作。ここでのマスコミは完全に社会に巣くうダニのような存在だが、それが決して誇張でないことは現在の世の中を見渡すだけで一目瞭然だ。やがてドラマは世俗にまみれた蛭田の人間的再生にも焦点が合わされていくあたりが、ヒューマニズムの尊さを訴え続けた黒澤映画らしい。また、蛭田の娘で結核を患う少女に扮した桂木洋子の無垢ではかない可憐さに、作り手は間違いなく汚れなきものへの惜しみなくも哀切極まる想いを込めている。風俗映画仕立てだが、いつ観ても古びない真の必見作。(的田也寸志)

詳しくはこちら









醜聞



価格:3,990円(税込)
通常3〜5週間以内に発送
松竹ホームビデオ
詳しくはこちら









醜聞



価格:3,591円(税込)
1週間以内
楽天ブックス
【商品詳細】

出演:三船敏郎(MIFUNE TOSHIRO)/山口淑子(YAMAGUCHI YOSHIKO)監督:黒澤明(KUROSAWA AKIRA)レーベル:松竹(株)販売元:松竹(株)発売日:2005年08月27日メーカー品番:DA-719ディスク枚数:1枚(DVD1枚)収録時間:105分このアーティストの新着メールを登録する温泉場で出会った新鋭画家とソプラノ歌手。一緒にいる写真を雑誌に発売され、2人は社会の話題となる……。スキャンダラスな愛とその周辺を描いた黒澤明監督による問題作。【ストーリー】特異な画風とオートバイ愛用者で有名な青年画家・青江一郎は、美貌の声楽家・西條美也子と伊豆の旅館に居る所を写真に撮られた。その写真は雑誌「アムール」にスキャンダルとして掲載され、雑誌は煽情的な見出しとともに爆発的に売れた。捏造に激怒した青江は、雑誌編集長と裁判で争うことになるが、そこへ蛭田という弁護士が名乗りを上げる。【映像特典】資料ギャラリー画面サイズ:スタンダードリージョン:2色彩:モノクロ言語:日本語(オリジナル語)音声方式:ドルビーデジタルモノラル(オリジナル音)字幕言語:日本語字幕制作国:日本制作年:1950年[Disc1]『醜聞』/DVD出演:三船敏郎/山口淑子/桂木洋子 ほか監督:黒澤明脚本:黒澤明 ほか「醜聞」この商品の関連ジャンルです。 ・DVD> 邦画> ドラマ

詳しくはこちら


 

 宮崎 駿 (著) 『風の谷のナウシカ 4』と『風の谷のナウシカ 5』を読む。

 宮崎 駿 (著) 『風の谷のナウシカ 4 (4)  (アニメージュコミックスワイド判) 』(徳間書店)

 







風の谷のナウシカ 4 (アニメージュコミックスワイド判)



価格:380円(税込)
通常24時間以内に発送
徳間書店
詳しくはこちら









風の谷のナウシカ(4)



価格:380円(税込)
1週間以内
楽天ブックス
【商品詳細】

アニメージュ・コミックス・ワイド版 著者:宮崎駿出版社:徳間書店サイズ:コミックページ数:140p発行年月:1987年03月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> コミック> 少年> 徳間書店 アニメージュC

詳しくはこちら


 

 宮崎 駿 (著) 『風の谷のナウシカ 5 (5)  (アニメージュコミックスワイド判) 』(徳間書店)

 







風の谷のナウシカ 5 (アニメージュコミックスワイド判)



価格:380円(税込)

徳間書店
詳しくはこちら









風の谷のナウシカ(5)



価格:380円(税込)
1週間以内
楽天ブックス
【商品詳細】

アニメージュ・コミックス・ワイド版 著者:宮崎駿出版社:徳間書店サイズ:コミックページ数:157p発行年月:1991年05月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> コミック> 少年> 徳間書店 アニメージュC

詳しくはこちら









ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」



価格:2,780円(税込)
通常24時間以内に発送
徳間書店
【商品詳細】

アニメーション作家、宮崎駿の名を広く世の中に浸透させた映画『風の谷のナウシカ』の原作コミック。 アニメーション雑誌「アニメージュ」に1982年2月号から連載が始まるや、可憐だが芯が強く行動力のある女性主人公ナウシカをはじめ、「王蟲」などの巨大で不気味な蟲(むし)たちの存在、そしてそれらを取り巻く壮大で奥深い物語世界を精緻に描いて、ファンの間でたちまち話題になった。 「火の七日間」と呼ばれた世界大戦から1000年後、地球は、毒ガスを吐き出し、不気味な蟲たちが徘徊する「腐海」と呼ばれる森に覆われようとしていた。ナウシカは、腐海のほとりにある「風の谷」の族長の娘である。ある日、風の谷に、蟲たちに襲われた1隻の商船が不時着したところから物語は始まる。それは軍事大国トルメキア王国と、それに対抗する土鬼(ドルク)諸侯国との泥沼の戦乱の始まりでもあった。ナウシカはひとり風の谷の命運を背負って、その戦いに飛び込んでいく。 連載中に映画化が決定し、折からのエコロジーブームと絡み合って社会現象にまでなった。映画化されてからも連載は続き、たびたび中断しながら、1994年3月にようやく完結にこぎつける。実に13年も費やした大作となった。 映画では描かれなかった物語の終盤、ナウシカは風の谷ばかりでなく、生き残った人類の存亡をかけて戦いつづけていく。腐海の謎が明らかにされ、未来への道筋が示されたとき、読者は言いしれない感動に包まれる。日本の漫画を語るうえで、いまや欠くことのできない「古典」になったといえるだろう。(文月 達)

詳しくはこちら









風の谷のナウシカ全7巻セット ―アニメージュコミックスワイド判



価格:2,780円(税込)

徳間書店
詳しくはこちら









風の谷のナウシカ7巻セット



価格:2,780円(税込)
1週間以内
楽天ブックス
【商品詳細】

トルメキア戦役バージョンアニメージュ・コミックス・ワイド版出版社:徳間書店サイズ:コミックページ数:7冊発行年月:2003年10月大人気!!トルメキア戦役バージョンの函セット!月刊アニメージュに掲載された・映画『風の谷のナウシカ』の原作コミックス。映像化されたお話は、このコミックスのだいたい2巻目までのお話。だから、気になるその後の世界やナウシカの活躍が読めるコミックスなのです。宮崎駿が描く独特の世界が広がる、何度読んでも感動する超大作!ぜひ、この機会にご購読下さい。【内容】「火の7日間」とよばれる戦争によって、巨大文明が崩壊してから千年。荒れた大地に腐海という死の森が広がっていた。主人公・ナウシカのいる風の谷が、恐ろしい巨神兵を使い腐海を焼き払おうとするクシャナたちに侵略された。腐海の森と共に生きようとするナウシカと、腐海を焼き払おうとする人々。だが、その腐海には、秘密があって・・・⇒『天空の城ラピュタ(4巻セット)』◆『ゲド戦記(全6冊)』この商品の関連ジャンルです。 ・本> コミック> 少年> 徳間書店 アニメージュC

詳しくはこちら


 

醜聞

醜聞

醜聞 スキャンダル

醜聞 スキャンダル


過去ログ
2021年03月(1)
2013年03月(7)
2013年02月(8)
2013年01月(13)
2012年12月(8)
2012年08月(3)
2012年04月(4)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(22)
2011年12月(24)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(31)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(27)
2010年08月(7)
2010年07月(6)
2010年06月(7)
2010年05月(5)
2010年04月(5)
2010年03月(7)
2010年02月(7)
2010年01月(5)
2009年12月(5)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(4)
2009年08月(5)
2009年07月(6)
2009年06月(8)
2009年05月(10)
2009年04月(8)
2009年02月(9)
2009年01月(11)
2008年12月(9)
2008年11月(11)
2008年10月(9)
2008年09月(10)
2008年08月(18)
2008年07月(14)
2008年06月(13)
2008年05月(21)
2008年03月(21)
2008年02月(18)
2008年01月(22)
2007年12月(18)
2007年11月(19)
2007年10月(29)
2007年09月(29)
2007年08月(31)
2007年07月(29)
2007年06月(28)
2007年05月(31)
2007年04月(30)
2007年03月(31)
2007年02月(28)
2007年01月(31)
2006年12月(31)
2006年11月(30)
2006年10月(31)
2006年09月(30)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(30)
2006年05月(31)
2006年04月(30)
2006年03月(31)
2006年02月(28)
2006年01月(31)
2005年12月(31)
2005年11月(30)
2005年10月(31)
2005年09月(30)
2005年08月(31)
2005年07月(31)
2005年06月(25)
2005年05月(31)
2005年04月(30)
2005年03月(30)
2005年02月(21)
2005年01月(15)
2004年12月(31)
2004年11月(30)
2004年10月(30)
2004年09月(28)
2004年08月(31)
2004年07月(26)
2004年06月(4)
2004年05月(26)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。